FC2ブログ

「ある女流作家の罪と罰」(18年・アメリカ) 落ちぶれた女流作家が有名人の手紙捏造に手を染める実録ドラマやん

ある女流作家の罪と罰
アカデミー賞にノミネートされた秀作だからって、日本で劇場公開されるとは限らないみたい。

この「ある女流作家の罪と罰」も、主演女優賞、助演男優賞、脚色賞の3部門でノミネートされ、批評家からも絶賛されたらしいのに、劇場未公開でソフトスルーとなっちっち。

ま、主演が女性版「ゴーストバスターズ」(16)のメリッサ・マッカーシーと日本じゃ知名度がいまいちなポッチャリ女優だし、実在した女性作家リー・イスラエルって人の自伝の映画化といっても作家自身を知らないしね。

最初は、あまりこの作品に興味がなかったんだけど、監督が「ミニー・ゲッツの秘密」のマリエル・ヘラーと知って、俄然見たくなりレンタルしたんよ。
「ミニー・ゲッツの秘密」(14)は、15歳の女の子のセックスへの好奇心と心の成長を
ユーモラスかつビビッとに描いた佳作で、僕のお気に入りの作品だったからね。

で、「ある女流作家の罪と罰」は、孤独な主人公の心情を丁寧かつ「ミニー・ゲッツ-」同様ビビッとに描き、
なかなか見応えがあって面白い作品だった。
詐欺事件を起こしてしまうヒロインを弾劾するのでもなく、と言って同情するのでもなく、
生活のためにタフに生きようとするヒロインの姿を、そっと見つめているようなタッチで描いていて、
観終わってなんだか不思議に、ほっこりとした前向きな気分にさせられるんよね。
すっぴんで挑んだメリッサ・マッカーシーの演技力もあっぱれって感じで、
なるほど主演女優賞ノミネートも納得。
もし彼女が女優賞をゲットしていたら日本でも劇場公開されたかもしれない、
ってこともないか、やっぱり。

1991年、伝記作家として活躍していたリー・イスラエルは
今ではすっかり落ちぶれ、文筆業では生活できず、校正のアルバイトで食いつないでいた。
でも、そのアルバイトも首になり、困窮生活まっしぐら。
そんなとき、キャサリン・ヘップバーンが彼女宛てに書いた手紙があったことを思い出し、
書店に売りに行くと、思わぬ高値で買い取られた。
有名人の手紙、中でもセンセーショナルな内容のものが高く売れると知ったリーは、
有名人の手紙を捏造(ねつぞう)するビジネスを思い付いた。
書店が食いつきそうな有名人の裏話が書かれた手紙を次々と書いては、
金にしていくリーだったが、やがて捏造が疑われ、FBIに目を付けられてしまった…。

オープニングは、校正のアルバイトをクビになり、
作家やエージェントが集まるパーティに出向いてトイレットペーパーをくすねたり、
極貧状態に陥っていく主人公を手際よく見せる。
恰好も構わず、酒好きでズボラ、掃除もほとんどせず、
部屋に臭い匂いが充満していても平気な暮らしっぷりもなかなかリアル。
困窮生活に追い詰められネコのジャージーと共に孤独に暮らす主人公を、
適度な生々しさと軽さで、鮮やかに映像に切り取っていくな。

ゲイのジャックと知り合い、友情を深めていくところも、実にナチュラル。
リー自身、レスビアンらしいと思わせるところもあるけど、あえてそこには踏み込まない。
実在のリー自身がそうだったのかどうか分からないけどね。

出版業界をちょい皮肉っぽく描写するところは、ありがちな気もするけど、
主人公の追い詰められた心情を納得させられ、悪くはない。

結局、主人公は逮捕され、裁判にかけられるんだけど、
それでも心が折れないというか、自分の捏造事件をもとに自伝を書くと言う
なんともタフで前向きな精神に、ちょっと拍手を送りたくなってくる。

主人公を演じたコデブな体型のメリッサ・マッカーシーは、
コメディ系の女優さんだけど、微妙に表情を変化させて演技派としての実力を見せつけるな。
人当りが悪く性格ブスなところもある主人公を、監督の演出のおかげもあると思うけど、
あまりイヤミにならず、とても自然体で繊細かつ巧妙に演じてるのよ。

主人公の手紙捏造の相棒となるジャックを演じたのはリチャード・E・グラント。
心優しいがお調子者で遊び好き、ゲイライフの果てにエイズを発症する中年男を、
これまた自然体で、気張らずさらりと演じている。
やっぱり上手い俳優さんだと、改めて思ったわ。

捏造事件が発覚し、裁判が終わってリーとジャックが久しぶりに会うラストシーン、
互いを悪く思いながらも、心が良い感じで触れあっていくところは、
なんとも胸にぐっとくる名シーンやん。

脇役で印象に残ったのが、書店を営む女性アンを演じたドリー・ウェルズ。
リーにレスビアン的な思いを寄せている節もある少々控えめな女性で、
素人ながら短編小説を書いて、リーに読んでもらおうとするんよね。
で、リーも彼女と親しくはなっていくんだけど…。

1990年代を切り取ったニューヨークのどこかノスタルジックな風景もベリーグッド。

とにかくミニシアター向けって感じの映画だけど、
人間ドラマとして、適度な深刻さと明るさ、それにユーモアが交じりあった、
なかなかの佳作であ~りました。


20世紀フォックス・ホームエンターテイメント・ジャパン 2019年7月3日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「アルファ 帰還(かえ)りし者たち」(18年・アメリカ) 氷河期に生きた少年と狼のサバイバル・アドベンチャーでおまんにやわ!

アルファ 帰還(かえ)りし者たち
前回紹介した「俺たちホームズ&ワトソン」のDVDに収録されていた本作の予告編を見て、なかなか面白そうやんと思ってレンタルして観たんよ。

この「アルファ 帰還(かえ)りし者たち」は、アメリカじゃ4週連続トップ10のヒットを放ったらしいけど、日本じゃ劇場未公開でソフトスルー。
知名度のあるスタッフ&キャストでもないし、少年と狼のサバイバルを通して芽生える友情ドラマって、日本じゃ当たらないと思われたのかしらね。

観た感想だけど、とにかく再現された氷河期の風景が壮大でリアリティたっぷりなのに、どこか幻想的でビューティフル。
そんな風景をバックに描かれる少年と狼のドラマも丁寧に描かれていて、ファミリー・ピクチャーとして上出来の作品だったやん。
父と息子の家族の絆にホロリッともさせられたしねぇ。

しかしこの作品、風景が美しいだけに劇場の大画面スクリーン観てみたかったなぁって気もしたやん。

舞台は、2万年前の氷河期の時代。
心優しい少年ケダは、部族の首長である彼の父や仲間とともに初めての狩猟の旅に出た。
獲物であるバイソンの群れを見つけ狩ろうとしたが、ケダは獰猛なバイソンに突進され、
断崖絶壁から落下し、突き出た岩床に落ちてしまった。
身動き一つしない愛する息子を見下ろし、死なせてしまったと嘆き悲しんだ父は、
ケダの墓を作り仲間と共に帰路についた。
だが、ケダは死んではいなかった。鳥につつかれ目を覚ました彼は、
痛みと寒さに耐えながら父の名を叫んだ。
そして、自分の墓を見た時、自分が取り残されたことを知った。
何とかして自力で部族のもとに帰ろうとした時、狼の群れに襲われ、
狼の一匹を傷付け、木の上に逃げ、一夜を過ごした。
翌日には、傷ついた狼だけを残し、他の狼たちは姿を消していた。
ケダは、残された狼をそのままにして家族の元に向かおうとしたが、
なぜか気になり、狼を背負って歩くことに…。

オープニングで、ケダの仲間がバイソンを狩ろうとする場面から始まり、
オープニングから、画面に惹き付けられてしまう。
そして、狩りの一週間前からの出来事が描かれ、ケダの性格や、
狩りのために石をけづって作る矢じりの腕比べや木を使って火をおこす技など、
原始生活ならではの描写で、作品世界に説得力を持たせている。

ファミリーを対象とした作品だけに、血が出るなどエグイ描写は極力抑えられているけど、
厳しい自然界で生き抜くさまは、結構リアリティを重視して描かれているな。

アルファと呼ばれる狼と少年ケダの間に、少しずつ友情めいたものが芽生えていくところも、
とてもナチュラルで嘘臭さを感じさせないし、
ケダが旅を通して逞しくなり、顔つきまで大人びていくところもエエ感じ。

監督は、「ザ・ウォーカー」「フロム・ヘル」の双子のヒューズ兄弟の一人、アルバート・ヒューズ。
本作の原案も監督なんだそう。
ケダの部族、ケダと彼の父や母との家族絆、そしてアルファとの人間と狼の友情など、
いずれも端的かつ丁寧に描いていて、文句ない演出やん。
セリフも、本作のためにオリジナル言語を創作したらしく、細部にま手を抜かないのもエエ感じ。

ただ、最初のバイソンは、CGで作られたと思われ、狼のアルファもCGと違うかと思わせられしもたわ。
なにせ、アメリカの最近の映画に登場するアニマルって、結構CGによるものが多いし、
CGでもリアル感満点だから、実物の動物との区別がつかないときがあるんよね。

特典映像で、狼に似たウルフドッグという犬が出演していると分かって、
本物のアニマルなんやと、ヘンなところで納得。
おそらく、監督がリアリティを重視して本物のアニマルを使いたがったんやろと思う。

母から、優しいだけが取り柄で狩りに向いていないと思われていたケダが、
首長である父の期待に応えなくてはと、生き抜くと決め、
厳しい自然界をサバイバルする姿は、なんともいじらしいし、
最後に父に言うセリフ「父さんの自慢の息子になれたかな」にはジワッときてしもたわ。

ケダに扮したコディ・スミット=マクフィーは、
「X-MEN」シリーズでナイトクロラーを演じていた若手俳優だけど、
穏やかな顔立ちで最初はひ弱っぽかったのが、アドベンチャーを通して逞しく成長していくところを、
とても自然に演じていて好感が持てたやん。
水浴びするシーンなどで裸になると、今どきの若者っぽい体つきで、
ちっとも2万年前に生きていた人間とは思えないやんとも思ったけどさ。

父親役は、「アトミック・ブロンド」に出ていたヨハネス・ハウクル・ヨハンソン。
アイルランド系の俳優みたいだけど、武骨で頼りになる首領を好演。
崖下に堕ちた息子を、生きていてくれと一晩呼び続けるところもグッとこさせたやん。

アルファを演じたウルフドッグも、なかなかの名演技を見せるし、
アルファがオスと思わせておいて最後に…ってところもニクイやん。

日本じゃほとんど話題になっていない本作だけど、
観て損はない、ファミリー・ムービーとしてオススメしたいやんかいさぁ!


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2019年6月5日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「俺たちホームズ&ワトソン」(18年・アメリカ) 名(迷?)探偵と彼の相棒が宿敵の陰謀を阻止しようと張り切っちゃうオバカ・コメディやん!

俺たちホームズ&ワトソン
今年のゴールデンラズベリー賞で最低作品賞を受賞したのが、この「俺たちホームズ&ワトソン」。
ゴールデンラズベリー賞とは、アカデミー賞授賞式の前夜に最低の映画を選んで表彰するもので、ラジー賞とも言うわれてるのね。

主演のウィル・フェレルとジョン・C・ライリーって、「タラデガ・ナイト オパールの狼」(06)「俺たちステップファーザース 義兄弟」(08)とコンビを組んできて、本作がコンビ3作目になるんだけど、「俺たちステップファーザース-」は結構面白かったし、「俺たちホームズ-」も、そんなにヒドクはないんと違う?と思ってレンタルしたんよ。

個人的に、ポール・トーマス・アンダーソン監督「ハード・エイト」(96)の頃からジョン・C・ライリーのファンだってこともあるし。

で、作品の感想だけど、なんかもったいないなぁって印象。
シャーロック・ホームズ&ジョン・ワトソンという、いくらでも面白くできそうな探偵コンビのキャラを、
上手に生かし切れなかったかな~って感じ。なんか空回り気味なんだ。
クラシカルな美術や衣装など、ビジュアルはきめ細かいのにね。

ある日、シャーロック・ホームズに内緒で、
彼の功績を称えるサプライズ誕生日パーティが開かれた。
でも、相棒のワトソンの行動から、とっくにそのことを察知していたホームズ。
たいして驚きもせず、会場に出された大きな誕生ケーキを切ろうとすると、
中から死体と宿敵モリアーティ教授の脅迫状が出てきた。
脅迫状には、ヴィクトリア女王の殺害予告が書かれていた。
早速、捜査を開始するホームズ&ワトソンだったが…。

90分に満たない作品で、テンポはいい。
ただ、登場キャラの描写が少々雑というか薄っぺらくて、いまいち物語も弾み損なってるんよね。
ホームズとワトソンの関係も、ワトソンがホームズを慕い、
一方的に奉仕しているって感じはいいんだけど、ホームズのワトソンに対する態度が、
突き放すのでもなく、親しみを込めているわけでもなく、ちょい冷酷気味。
第一、死体に含まれていた毒の効果を知るために、ワトソンに毒を飲ませたり、
あげくは、ホームズの勝手な推理で、ワトソンを真犯人に仕立て上げたり、
単なる捜査の道具としか思っていないのか、鬼畜もどきに無茶しよる。

ホームズがコカイン中毒だったり、彼よりも優秀かもしれない兄のマイクロフトが登場したり、
ホームズものにありがちな要素は、それなりに押さえているな。
でも、そんな要素が、ほとんどストーリーに絡まないし、
とりあえず入れときましたって感じなんだけど。
なぜかエレファントマンまで出てくるけど、単なるニギヤカし。

ホームズ達が暮らすベーカー街221Bの下宿のハドソン夫人が、
小説では女主人だったのを、若い家政婦に変更していて、
彼女が、ワトソンの部屋に毎度毎度、男を連れ込んでるって設定はそれほど悪くない。
連れ込んだ男達と言うのが、マークトウェイン、アインシュタイン、
フーディニというのも、そこそこ笑わしよる。
マークトウェインの自作本が「ファック・フィンの冒険」と
下ネタ・ギャグのモジリなのも、ちょいクスリとさせられる。

一番笑えたのが、捜査状況を知ろうとやってきたヴィクトリア女王を、
間違って殺してしまう?ところかな。
慌てふためくホームズとワトソンが、女王のお供の兵隊に気付かれないよう
どう処理しようかオタオタするんだけど…。

とにかく、ホームズにまつわる色んな要素を出しながら、
そのブレンド具合がヘタクソというか、ストーリー展開が荒っぽ過ぎるんよね。
なぜかホームズが歌いだすミュージカルもどきの場面も登場するけど、
これまた、ちっとも盛り上がらずじまい。

監督は、「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」(08)「メン・イン・ブラック3」(12)の
脚本を担当したイータン・コーエン。
ウィル・フェレル主演の映画「ゲットハード/Get Hard」(15)で監督デビューを飾ったみたい。
その関係で、ウィル主演の本作に起用されたのかもしれないけど、
本作の脚本も書いているわりに、もうちょっと何とかならんかったのかと思ってしまったわ。

脇役では、モリアーティ教授にレイフ・ファインズ、
ワトソンと恋仲になる女性医師グレースにレベッカ・ホール、
ハドソン夫人に、ケリー・マクドナルドと、そこそこ演技達者を揃えているのに、
それぞれの存在感がなんとも希薄。
レイフ・ファインズなんて実にもったいない扱いで、出演を断ったら良かったのに。
ま、ケリー・マクドナルドは、ちょいオイシイ役どころかな。

ジョン・C・ライリーは、いつものごとくフェレルに振り回される役柄で、
あまり出しゃばらないところは好感が持てたやん。

しかしまあ、ラジー賞も仕方ないと思えるコメディであ~りました、ほんまにね。
この作品に懲りて、フェレルとライリー、もうコンビ作を作らないカモ~ンよ。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2019年6月5日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「アナイアレイション -全滅領域-」(18年・アメリカ) 謎の空間で女性調査員たちが恐ろしくも摩訶不思議な体験をしちゃうSF映画の秀作やん。

アナイアレイション -全滅領域-
SF映画は好きなので、気になる劇場未公開作品があると、レンタルして観ることが多い。
アイデア倒れで低予算のいまいちって作品も多いけど、中にはオオッと唸っちゃう作品に出くわすこともあって、そんな時はなんだか嬉しくなってくる。

本作「アナイアレイション -全滅領域-」も、そんな嬉しがらせてくれちゃった個人的にはなかなかの秀作だったやん。
主演が、ナタリー・ポートマンで共演にジェニファー・ジェイソン・リーとメジャーなキャストなのに、日本じゃ劇場未公開でNetflix (ネットフリックス) で配信されたらしい。
なんでも、制作の人間と監督の間で映画の内容変更にトラブルがあったらしく、両者が対立してアメリカと中国だけで公開され、全世界配給権はNetflixに売却されたんだそう。

ま、それはともかく、エリアX呼ばれる謎の空間の調査に赴いた5人の女性チームが
そこで摩訶不思議にして恐ろしい体験をするさまを、
シャープ&スリリング、そしてちょいグロテスクに描いた作品で、
何とも言えない奇妙な余韻を残すのよ。

元軍人で、退役後に生物学者として大学で教鞭をとっていたレナの前に、
1年前に軍の極秘任務に赴いたまま行方不明となっていた夫のケインが突然現れた。
彼の記憶は曖昧で、急に容体を崩し、レナが付き添い病院に向かった。
だが、途中で軍隊によってレナとケインは拘束され、研究施設に連れて行かれた。
そこで、レナは心理学者ヴェントレスから、ケインがエリアXと呼ばれる謎の空間の調査に派遣され、
その空間から生還した唯一の人間であることを知らされる。
レナは、ヴェントレスがチームを組んでエリアXの調査に向かうことを知ると、
夫のことで何か分かるかもしれないと思い、調査隊に同行することを決めた。
そして、エリアXの空間に入るが、
その中で次々と恐ろしくも摩訶不思議な体験をするが…。

物語は、エリアXから帰還したレナが、
尋問を受けてエリアXで体験したことを語るという、回想形式で始まる。

空間内では時間の感覚がおかしくなり、記憶を失ってしまうこと、
DNAが歪められたせいで、ワニもどき、クマもどきの不気味なモンスターが徘徊していること、
一つの茎から複数の花が咲く植物、人間の形をした樹木が生えていることなど、
異様な生態系の生き物などが探検隊の目の前に現れる。

エリアXの周囲の情景だけでなく、探検隊もそれぞれ体の変異に気付き、
レナは自分の血を採取して顕微鏡で観察すると…。

異空間での出来事が、描写はリアルなのに、どこか不気味で謎めいて、
なぜそうなったかの明確な結論を出さず、曖昧模糊としたまま描かれていくな。

ヴェントレスの最終目的地がエリアXの中の灯台であるらしく、
ヴェントレスに遅れて灯台に辿り着いたレナが、
そこに残されたビデオをカメラを通して、ケインに起こった出来事を知ることとなるが…。

エイリアンものと、なんとなく判って来るけど、
じゃあ、エイリアンは地球をどうしようとしているのか、征服か、はたまた人間との共生なのか、
はっきしりとした結論を見る側に語りかけてこないところが、
普通ならもどかしく感じてしまうんだけど、なんていうかこの作品じゃ曖昧なままなのが、
妙に印象的で、レナやケインのその後をいろいろ想像させられて、不思議な余韻を残すやん。

監督のアレックス・ガーランドは、SFスリラー「エクス・マキナ」で注目されたイギリス人。
異空間での体験を、適度なエンタメ要素を加味しながら、節度を持ってじっくりと描いて見せてるな。
主人公であるレナのキャラ描写も丁寧で、他の女性探検隊員に関しても明確に描き分けられてる。
先に調査に来た男性調査隊の一人の腹を裂くと内臓がナマズのように蠢いていたり、
レナ達を襲うクマもどきのモンスターの描写など、
ちょいグロテスクで、ホラー風味を感じさせる描写もいいアクセント。
ラストに現れるエイリアンらしき存在は、ありがちに見えて、そうでもない微妙な感じだったけど。

レナ役のナタリー・ポートマンは、
夫に隠れて同僚の教授と浮気に走った過去があり、
夫に対する後ろめたい気持ちも抱えるヒロインを好演。
内面的演技も巧みだし、30代半ばらしい艶っぽさも匂わせ、いい女優さんになったなぁ。
軍隊上がりということで、ワニもどきに弾丸を浴びせるところも、実に様になってる。
ま、彼女のデビュー作「レオン」でも確か銃を構えていたしなぁ。

ヴェントレス役のジェニファー・ジェイソン・リーは、
僕にはお久しぶりって感じの女優さんだけど、
珍しく知的なキャラが意外に似合ってるなぁって思ったわさ。
最後には、驚きの変容を見せてくれちゃったりするやん。

救急医療隊員アニャ役のラテン系女優ジーナ・ロドリゲスは、
気丈でタフながら、疑心暗鬼に陥って精神に混乱をきたし、レナ達を縛り上げてしまうが、
クマもどきモンスターに○○○されてしまうキャラを、引き締まったボディで力演。

物理学者ラディク役のテッサ・トンプソンは、「マイティ・ソー バトル・ロワイヤル」で、
最強の女戦士ヴァルキリーを演じていたけど、本作じゃ、ちょっと気弱な女性キャラ。

そして人類学者シェパードに、スウェーデン出身のツヴァ・ノヴォトニー。
本作でハリウッド進出した女優さんだけど、出番は少ないながら、いい味出してる女優さんだ。
僕は、デンマークのアクション・コメディ「トランス・ミッション」の主人公を演じた彼女を
観ているけど、華に欠ける気もするが柔軟にいろんな役をこなしそうな女優さんて感じだし、
ハリウッドでも活躍してほしいと思っちゃったやん。

以上、5人の女性隊員たちを演じた女優たちのアンサンブルがなかなかいい感じだな。

とにかく、
個人的には久しぶりに刺激的で手ごたえのある劇場未公開のSF映画に出会えましたわさ。
ほんまにね。

ところで、この映画の原作は
ジェフ・ヴァンダミアが2014年に発表したSF小説「全滅領域(サザーン・リーチ1)」なんだそう。
小説は三部作らしいけど、続編は作られるのかなぁ。


NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン 2019年4月24日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

友人の映画ポスター専門店のホームページをリニューアルさせてもろたやん!

大阪の北区で30年以上も細々と続けている映画ポスター専門店「シネマ自由区(フリーク)」の
ホームページのリニューアルをさせてもらいやした。

かなりマニアックな邦画&洋画のポスターが揃ってて、コレクターはもちろん、
部屋のインテリアに映画ポスターを貼ろうかななんて考えてる人にもベリーナイスなショップ。
通販もしているから、北は北海道から南は沖縄まで、
映画ポスターに興味があるってファンは、一度サイトを覗いてみてチョーダイ!

映画ポスター専門店シネマ自由区(フリーク)サイト→

シネマ自由区

シネマ自由区2

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード