FC2ブログ

「アナイアレイション -全滅領域-」(18年・アメリカ) 謎の空間で女性調査員たちが恐ろしくも摩訶不思議な体験をしちゃうSF映画の秀作やん。

アナイアレイション -全滅領域-
SF映画は好きなので、気になる劇場未公開作品があると、レンタルして観ることが多い。
アイデア倒れで低予算のいまいちって作品も多いけど、中にはオオッと唸っちゃう作品に出くわすこともあって、そんな時はなんだか嬉しくなってくる。

本作「アナイアレイション -全滅領域-」も、そんな嬉しがらせてくれちゃった個人的にはなかなかの秀作だったやん。
主演が、ナタリー・ポートマンで共演にジェニファー・ジェイソン・リーとメジャーなキャストなのに、日本じゃ劇場未公開でNetflix (ネットフリックス) で配信されたらしい。
なんでも、制作の人間と監督の間で映画の内容変更にトラブルがあったらしく、両者が対立してアメリカと中国だけで公開され、全世界配給権はNetflixに売却されたんだそう。

ま、それはともかく、エリアX呼ばれる謎の空間の調査に赴いた5人の女性チームが
そこで摩訶不思議にして恐ろしい体験をするさまを、
シャープ&スリリング、そしてちょいグロテスクに描いた作品で、
何とも言えない奇妙な余韻を残すのよ。

元軍人で、退役後に生物学者として大学で教鞭をとっていたレナの前に、
1年前に軍の極秘任務に赴いたまま行方不明となっていた夫のケインが突然現れた。
彼の記憶は曖昧で、急に容体を崩し、レナが付き添い病院に向かった。
だが、途中で軍隊によってレナとケインは拘束され、研究施設に連れて行かれた。
そこで、レナは心理学者ヴェントレスから、ケインがエリアXと呼ばれる謎の空間の調査に派遣され、
その空間から生還した唯一の人間であることを知らされる。
レナは、ヴェントレスがチームを組んでエリアXの調査に向かうことを知ると、
夫のことで何か分かるかもしれないと思い、調査隊に同行することを決めた。
そして、エリアXの空間に入るが、
その中で次々と恐ろしくも摩訶不思議な体験をするが…。

物語は、エリアXから帰還したレナが、
尋問を受けてエリアXで体験したことを語るという、回想形式で始まる。

空間内では時間の感覚がおかしくなり、記憶を失ってしまうこと、
DNAが歪められたせいで、ワニもどき、クマもどきの不気味なモンスターが徘徊していること、
一つの茎から複数の花が咲く植物、人間の形をした樹木が生えていることなど、
異様な生態系の生き物などが探検隊の目の前に現れる。

エリアXの周囲の情景だけでなく、探検隊もそれぞれ体の変異に気付き、
レナは自分の血を採取して顕微鏡で観察すると…。

異空間での出来事が、描写はリアルなのに、どこか不気味で謎めいて、
なぜそうなったかの明確な結論を出さず、曖昧模糊としたまま描かれていくな。

ヴェントレスの最終目的地がエリアXの中の灯台であるらしく、
ヴェントレスに遅れて灯台に辿り着いたレナが、
そこに残されたビデオをカメラを通して、ケインに起こった出来事を知ることとなるが…。

エイリアンものと、なんとなく判って来るけど、
じゃあ、エイリアンは地球をどうしようとしているのか、征服か、はたまた人間との共生なのか、
はっきしりとした結論を見る側に語りかけてこないところが、
普通ならもどかしく感じてしまうんだけど、なんていうかこの作品じゃ曖昧なままなのが、
妙に印象的で、レナやケインのその後をいろいろ想像させられて、不思議な余韻を残すやん。

監督のアレックス・ガーランドは、SFスリラー「エクス・マキナ」で注目されたイギリス人。
異空間での体験を、適度なエンタメ要素を加味しながら、節度を持ってじっくりと描いて見せてるな。
主人公であるレナのキャラ描写も丁寧で、他の女性探検隊員に関しても明確に描き分けられてる。
先に調査に来た男性調査隊の一人の腹を裂くと内臓がナマズのように蠢いていたり、
レナ達を襲うクマもどきのモンスターの描写など、
ちょいグロテスクで、ホラー風味を感じさせる描写もいいアクセント。
ラストに現れるエイリアンらしき存在は、ありがちに見えて、そうでもない微妙な感じだったけど。

レナ役のナタリー・ポートマンは、
夫に隠れて同僚の教授と浮気に走った過去があり、
夫に対する後ろめたい気持ちも抱えるヒロインを好演。
内面的演技も巧みだし、30代半ばらしい艶っぽさも匂わせ、いい女優さんになったなぁ。
軍隊上がりということで、ワニもどきに弾丸を浴びせるところも、実に様になってる。
ま、彼女のデビュー作「レオン」でも確か銃を構えていたしなぁ。

ヴェントレス役のジェニファー・ジェイソン・リーは、
僕にはお久しぶりって感じの女優さんだけど、
珍しく知的なキャラが意外に似合ってるなぁって思ったわさ。
最後には、驚きの変容を見せてくれちゃったりするやん。

救急医療隊員アニャ役のラテン系女優ジーナ・ロドリゲスは、
気丈でタフながら、疑心暗鬼に陥って精神に混乱をきたし、レナ達を縛り上げてしまうが、
クマもどきモンスターに○○○されてしまうキャラを、引き締まったボディで力演。

物理学者ラディク役のテッサ・トンプソンは、「マイティ・ソー バトル・ロワイヤル」で、
最強の女戦士ヴァルキリーを演じていたけど、本作じゃ、ちょっと気弱な女性キャラ。

そして人類学者シェパードに、スウェーデン出身のツヴァ・ノヴォトニー。
本作でハリウッド進出した女優さんだけど、出番は少ないながら、いい味出してる女優さんだ。
僕は、デンマークのアクション・コメディ「トランス・ミッション」の主人公を演じた彼女を
観ているけど、華に欠ける気もするが柔軟にいろんな役をこなしそうな女優さんて感じだし、
ハリウッドでも活躍してほしいと思っちゃったやん。

以上、5人の女性隊員たちを演じた女優たちのアンサンブルがなかなかいい感じだな。

とにかく、
個人的には久しぶりに刺激的で手ごたえのある劇場未公開のSF映画に出会えましたわさ。
ほんまにね。

ところで、この映画の原作は
ジェフ・ヴァンダミアが2014年に発表したSF小説「全滅領域(サザーン・リーチ1)」なんだそう。
小説は三部作らしいけど、続編は作られるのかなぁ。


NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン 2019年4月24日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

友人の映画ポスター専門店のホームページをリニューアルさせてもろたやん!

大阪の北区で30年以上も細々と続けている映画ポスター専門店「シネマ自由区(フリーク)」の
ホームページのリニューアルをさせてもらいやした。

かなりマニアックな邦画&洋画のポスターが揃ってて、コレクターはもちろん、
部屋のインテリアに映画ポスターを貼ろうかななんて考えてる人にもベリーナイスなショップ。
通販もしているから、北は北海道から南は沖縄まで、
映画ポスターに興味があるってファンは、一度サイトを覗いてみてチョーダイ!

映画ポスター専門店シネマ自由区(フリーク)サイト→

シネマ自由区

シネマ自由区2

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

「ホテル・エルロワイヤル」(18年・アメリカ) 寂れたホテルに集まった宿泊客たちの裏の顔は?ってなクライム・サスペンスやん

ホテル・エルロワイヤル
僕が愛読している映画雑誌「映画秘宝」の今年の5月号で紹介され、ちょっと興味をもってレンタルしたのが、このクライム・サスペンス「ホテル・エルロワイヤル」。

キャストが、オスカー俳優ジェフ・ブリッジス、マーベル・ヒーローで神の世界の戦士ソーを演じてるクリス・ヘイムズワース、「マッド・メン」シリーズのジョン・ハム他、結構メジャーな俳優が揃ってるのに、日本じゃPrime Video シアターで配信され、続けて即ソフトリリース。

本国アメリカでコケのかどうか知らないけど、最近はこういうパターンのリリースが増えてきてる気がするなぁ。

それはともかく、観た感想だけど、ちょっとQ・タランティーノの匂いを感じさせる、充分に楽しめるクライム・サスペンスやったやん。

時は1969年。
カリフォルニア州とネバダ州の州境に建つ寂れ気味のホテル、エルロワイヤル。
ある日、人気のないホテルにしては、熟年の神父ダニエル、二流の黒人歌手のダリーン、
掃除機セールスマンのララミー、ヒッピーのエミリーと次々と宿泊客が訪れる。
ヤク中のボーイ、マイルズが宿泊客に各々の部屋の鍵を渡すと、
客たちは、部屋に入るなり不審な行動をとり始めた…。

オープニングは、
エルロワイヤルの一室で、怪しげな男が床の下に何かが入ったカバンを隠し、
立ち去ろうとして誰かに銃撃されて死んでしまい、それから10年後というところから物語が始まる。
なかなか興味をそそってしまうオープニングやん。

登場キャラの中には、裏の顔を持つ人物もおり、
物語が進むにつれて、それが少しずつ明らかになり、
お互いに見知らぬ者同士だった客たちが、なぜか繋がっていき、トンデモナイ展開を迎える。
だから、物語をあまり書けないんだけど、
次に何が起こるかと、多分にワクワクさせられながら見入ってしまったやん。

エルロワイヤルという限定された場所ながら、
1969年という時代色を隅々まで漂わせる美術や音楽がベリーナイスで、
一昔前の犯罪娯楽映画の匂いが濃厚に立ち込めるやん。

監督は、テレビドラマ「LOST」シリーズの脚本やホラー映画「キャビン」で知られるドリュー・ゴダード。
1960年代のヒット曲と出来事を物語に絡ませながら、先の読めないストーリーを、
バイオレンを交えながらメリハリの利いた演出タッチで見せきってくれる。

ただ、後で考えると、ちょっとご都合主義的な部分もあり、
登場キャラによっては、説明不足なところもあって、いまいち共感しずらい人物もいるけどね。

ジェフ・ブリッジスは、さすがベテランだけに一癖あるキャラをシブさ満々に好演。

二流歌手ダリーンを演じたシンシア・エリヴォは、
ミュージカル版「カラー・パープル」で主役を努めたイギリス出身の注目の女優&歌手。
本当は歌が上手いらしいけど、二流歌手らしい見事(?)な歌唱っぷりやん。
どこか寂しく切なげで、ドサ回りに身をやつす人生にお疲れ気味の黒人歌手を、これまた好演。

エミリー役のダコタ・ジョンソンは、ドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの娘だったと
後で知ったんだけど、そんなに美人ってこともないが、60年代のヒッピー風情を上手く醸し出してる。

エミリーの妹ローズを演じたケイリー・スピーニーは、
「パシフィック・リム:アップライジング」でヒロインを演じた女優さんだけど、
ちょいコワくてキレやすい少女を、憎々しげに演じてる。

ホテルのボーイのマイケル役ルイス・プルマンは、ビル・プルマンの息子で、
父同様に、目立った個性は感じさせないが、どこか生真面目っぽい雰囲気のアクター。
ヤク中ってイメージが、いまいち不似合な気もしたな。

掃除機セールスマン役のジョン・ハムは、
どこか胡散臭いながら、正義感を発揮したばっかりに…。
もうちょっと物語に絡んで欲しいとも思ったけど、物語の展開上しかたないか。

そして、マイティ・ソーことクリス・ヘイムズワース。
マンソン・ファミリーのボス風キャラを、
イカレたエロさムンムン、ブチ切れ気味に楽しげに演じてる。

とにかくこの映画、俳優それぞれの持ち味は、充分に発揮されていると思うな。

ただ、141分と2時間越えの作品のわりに、ダレルはないんだけど、
もうひとひねりあればなぁとも思ってしまったわさ、ほんまに。

ところで、あの隠し撮りしたフィルムに映っている大物が誰なのか、なんか気になるなぁ。
多分、銃撃された実在のあの人じゃなかろうかと思うんだけどさぁ。


20世紀フォックス・ホームエンタテインメント 2019年4月19日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「私立探偵ストライク」(17年・イギリス) 義足のやさぐれ探偵とネアカチックな美人秘書のミステリーやん!

私立探偵ストライク
「ハリー・ポッター」シリーズで知られる作家J・K・ローリングが、新人男性作家ロバート・ガルブレイスとして2013年に発表した探偵小説をテレビドラマ化したのが、この「私立探偵ストライク」。
彼女が別名で発表したのは、「ハリー・ポッター」で有名になり過ぎて、そのイメージで見られてしまうことに抵抗があったかららしい。

日本じゃ、スターチャンネルで放送され、レンタルされたんだけど、探偵ものが好きなんで観てみることにしたんだ。

主人公は、アフガン戦争で片足を失った義足の私立探偵コーモラン・ストライク。
彼の事務所に派遣秘書としてやってきたロビン・エラコットと共に様々な事件の真相を探るミステリーで、
3枚リリースされ、3つの事件が描かれてる。

プロローグとも言える第一章「カッコウの呼び声 ~スーパーモデル死亡事件~」は、3話構成で3時間。
(第二章・第三章は前・後編で2時間)
ストライクとロビンの出会いから始まり、人気モデルの転落死の真相を探る話だけど、
次々と怪しげな人物が登場するわりに、ちょっと展開がユッタリ気味で、あまり緊張感はないかな。
そのぶんストライクとロビンのキャラを丁寧に描いていて、
物語が進むにつれ二人の背景が少しずつ分かって来るんよ。
ストライクの母が元ファッションモデルで父がロックスター、
そして母の死をきっかけに彼がオックスフォード大学を中退して軍に入隊したことが語られる。
また、ストライクには姉がいて、彼女は金欠でやさぐれ気味の弟を心配しており、
一緒に暮らそうと持ちかけるんだけど、彼はそれをはねのけてる。
ロビンは、大学で心理学を学んでいたけど中退しており、結婚を約束したマットと同棲していて、
二人で家を購入するために給料の良い会社への面接に行くんだけど、せっかく就職が決まったのに…。
第二章以下で、彼女の悲しい過去が少しずつ明かされ、
どうして探偵という仕事にそれほど興味を抱くのかが分かってくる。

ちょっと陰気でだらしない生活を送りながらも、ストライクの推理能力はなかなかのもで、
事件現場に行くと、いつも様々なものをコンパクトカメラやスマホで撮りまくり、
その画像をじっくりと眺めて推理を働かせ、真相に近づいていくところはなかなかよ。
ストライクとは反対にネアカなロビンは、機転がきいて行動力もあり、
パソコンにも精通していて情報収集能力が抜群だし、
ストロングの強い味方としての存在感がビンビンッ。

ラストにストライクは意外な真犯人を追いつめるんだけど、
義足ゆえに犯人にやられそうになった時も、ロビンが…。

アメリカのドラマなら、もう少しタイトにメリハリをつけて展開するんじゃないかと思うし、
登場するキャラ達の人間関係も分かりやすく描かれると思うけど、
ストロングとロビン以外のキャラは、ちょっとあっさりし過ぎな気もしたな。
ロンドン警視庁のウォードル刑事や裏稼業のシャンカーなど、
ストロングとどういう関係なのか、いまいち分からないし。

第二章の「カイコの紡ぐ嘘 ~小説家惨殺事件~」は、失踪した小説家を、彼の妻の依頼で探す物語。
中盤で小説家の死体が発見されるんだけど、
少々猟奇的なところもあり、ちょいゾゾッとさせられる。
ラストにストライクが怪しい人間たちの中から真犯人を名指しするんだけど、
まさかこの人物とはっと、ちょっと驚かされたやん。

この話も人間関係がちょっとややこしくて、
途中で何度か前に戻して同じシーンを見直したわさ。
それにしても死体のアレを犬に…。

ロビンは、探偵業にますますハマっていき、
ストロングの秘書というより、彼の相棒チックな存在になっていく。

第三章「悪しき者たち ~探偵脅迫事件~」は、ロビン宛に切断された足の入った小包が事務所に届く、
これまた猟奇じみたオープニング。
その足が若い女性のものと分かり、その女性があるマンションの部屋に訪れた同時刻に、
ストライクもその部屋に訪れていたことが監視カメラから判明し、
彼は殺人犯とみなされそうになるが…。

3人の容疑者らしき人物が登場するけど、
これまた容疑者に説明不足気味なところがあり、
僕には、いまいち物語に入りこみにくいところがあったかな。

3話とも監督は違うけど、映像のムードは一貫しているな。

ストライク役トム・バークとロビン役ホリディ・グレンジャーは、
僕にはお初な俳優だけど、役柄にはぴったりハマってる。
投げやりな日々を送りながらも不思議に女にはもてちゃうストライク、
恋人の反対を無視してまで探偵業にのめりこむロビン、
2人が恋に落ちるのではなく、あくまで相棒としての立ち位置で、
友情を育んでいくところが、なんか良い感じ。

このソフトは字幕のみで吹替えがないのが、僕としてはちょっと残念やったなぁ。
吹き替えなら、もう少し情報量が増えて、推理物として、
話や人間関係が分かりやすくなったのではとも思えるからさぁ。

いずれにしろ、探偵ドラマとしては、まずまずって感じの「私立探偵ストライク」だけど、
ストライクとロビンのその後の活躍がちょっと見たい気もしたやん。


ワーナーホームビデオ 2018年11月21日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」(14年・イタリア) 落ちこぼれ元教授たちが合法ドラッグで一儲けってか!

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち
イタリア本国で大ヒットし、続編も作られた風刺コメディがこの「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」。
日本では、イタリア映画祭2015で上映され、続編2作は劇場公開されたけど、1作目の本作はなぜか劇場未公開。

イタリア産のコメディ映画って、一昔前は日本でも結構劇場公開されていたと思うけど、最近はほとんどお目にかからないな。
まぁ、イタリアに限らず外国のコメディ作品自体、劇場ではあまり上映されなくなったけど。
アメリカでヒットしたコメディって、日本じゃほとんどソフト・スルーになっちっちだしね。

この「いつだってやめられる-」は、職を追われた教授たちが、合法的ドラッグ製造して大儲けするって話で、アメリカでヒットしたドラマ「ブレイキング・バッド」にストーリーが似てるってことで、イタリア版「ブレイキング・バッド」と話題になったらしい。
「ブレイキング・バッド」は、ガンを患った教師が残される家族のためにドラッグ製造に手を出すって話。
確かにストーリーラインは似ているとは思う。
でも、「ブレイキング-」がどちらかと言えばシリアスタッチ
(かなり前に見たのでうろ覚えだけど、そうだったはず)なのに比べ、
「いつだって-」は、コミカルな要素たっぷりで、ケラケラ笑えて、雰囲気も庶民感覚チック。

落ちこぼれ教授たちが個性豊かで、笑いのツボもそこそこ、少々雑なところもあるけど、
個人的にはそれなりに楽しめる作品だったな。

神経生物学者のピエトロは、予算削減で大学での仕事を失ってしまった。
民生委員をしている恋人のジュリアに打ち明けることもできず、思い悩んでいた。
ピエトロは、ふとしたきっかけでクラブに入ってしまい、客たちがドラッグをやっているのを目にした。
そこで彼は警察にマークされていない薬品を使って合法的ドラッグを作ることを思いつく。
ピエトロは、元科学の教授で今は職を追われて中華料理店の皿洗いをしているアルベルトや、
深夜の給油係をしている人類学者コンビ、統計学者、考古学者など元教授たちを集め、
それぞれの得意分野を生かしてドラッグ販売を始めるが…。

仕事を失ったピエトロが、元教授たちを集めるまでが、テンポよく描かれるな。
ピエトロとジュリアの関係やロマ(ジプシー)の恋人がいる元統計学者のエピソードなど、
登場人物それぞれが生活感たっぷりで人間臭いのもナイスやん。
なんだか身近に感じられるんよね。

2009年に始まった欧州危機を受けて、イタリアでも大学の研究費が削減されていったそうで、
多くの研究者たちの収入が激減したんだって。
教授だけに、頭はいいし専門知識もあるんだけど、学者バカというか、生活能力はあんまりない。
細々とその日暮らしの日々を送るしかないみたいなんよ。
そんな元教授たちを、シビアに描くのではなく、
皮肉を交えながら笑いのオブラートで包んでいるのがいいな。

大儲けしても派手に金を使ったら警察に目を付けられるから用心しろと、
ピエトロは教授たちに釘を刺すが、急に羽振りが良くなった教授たちにとっちゃ馬の耳に念仏。
ほいほいリッチな暮らしに突入してしまいよる。
ピエトロ自身も、恋人が欲しがっていた食器洗い機を購入するわ、
高級ファッションに身を包むわ、全然用心しとれへん。
どこまでも人間臭いと言うか、意志がヤワヤワなんよ。
ま、誰でも急に大金が入ったら、ついつい贅沢してしまうわなぁ、ほんまに。

でも、そうそう美味しい儲けが長続きすることはなく、
ドラッグ市場を牛耳っているボスのムレーナに目を付けられてしまう。
それだけでなく、アルベルトが事故を起こして車の中から合法ドラッグを見つけられ、
警察にしょっ引かれてしまった。

ピエトロがジュリアに問い詰められて、合法ドラッグ製造を告白してしまうんだけど、
その時、「いつだってやめられる」と彼女に言い放つ場面がある。
でも、口から出まかせ、ピエトロはやめる気なんてぜんぜんないみたいよ。

人間、一度甘い汁を吸ったら、そう簡単にやめられるわけないもんねぇ。
でも最終的には…。

ラストも、すっとぼけていてムフフッとさせられるやん。

監督は、本作で長編映画デビューをはたしたシドニー・シビリア。
7人の教授たちを、それぞれのキャラを際立たせながらキビキビと描いているけど、
演出がちょい野暮ったく、荒いなと思わせところもある。
でも、それが本作には合っているって気がするやん。

ヒットのおかげで、シビリア監督は続編2作も作ったけど、
2作目の「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」(17年)は、
ピエトロたちが警察に協力してドラッグ蔓延を防ごうとする話で、
スケール感が増し、派手なアクションもあるし、なかなか楽しめた。
3作目の「いつだってやめられる 闘う名誉教授たち」(17年)は、
2作目と前後編の形をとっているけど、展開が少々モタモタしていて尻すぼみ気味。
なんか残念でおましたわ。

しかし、イタリア映画で7人と言えば、泥棒映画「黄金の七人」シリーズを思い浮かべるけど、
ひょっとして、それへのオマージュが監督の中にあったのかなぁ。

主演のピエトロ役は、エドアルド・レオ。
イタリアじゃ監督もこなす才人みたいで、もっぱらコメディ畑で活躍している人みたい。
風采がいまいちパッとしない地味目な顔立ちなんだけど、
知的そうでいて、どこかヌケてる感じがキャラにはまってる。
しかし、日本じゃあんまり人気の出そうな俳優さんじゃないな。

彼より元科学者アルベルト役のステファーノ・フレージのほうが、印象に残ってしまう。
なにせズングリ・ブクブクのデブで、見た目からして存在感あるもんね。
最初は合法ドラッグを自分じゃ試そうとしなかったのに、
可愛い女の子とヤレそうなチャンスが到来すると、あっさりドラッグに手を出してしまいよる。

しかしどの元教授も、人懐こいというか、妙に親近感が湧いてくるなぁ。

ところで、ピエトロたちが合法ドラッグを売るために金持ちの屋敷を訪れるシーンで、
玄関らしきところに日本語カタカナで「ソウスルヤナンデモ、キープ・イット」と書かれていたんよ。
イタリアじゃ、日本語カタカナを壁などに書くことが流行ってたんかな~と、
それとも監督が日本びいき?なのかも。
どうでもいいことだけど気になってしまったわぁ。


ソニーピクチャーズ 2019年1月9日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード