FC2ブログ

「SP 国家情報局:Mr.ZOO」(20年・韓国) 突然、動物と会話できちゃった中年国際情報局員のコミカル・アクションやん!

SP 国家情報局:Mr.ZOO
「動物と会話できる能力」という特殊な能力を持つ人間と言えば、2020年に公開されたロバ-ト・ダウニー・Jr主演の「ドクター・ドリトル」があるけど、本作は、国際情報局の中年室長が頭を打ったせいで突然動物と会話できてしまう、韓国製のコメディ・アクション。

「韓国で驚きの大ヒット!!」ってジャケットのキャプションが気になり、レンタルで見たんだけど、ケラケラと笑えてテンポも良く、でもってちょいハートウォーミングな、なかなか楽しめる作品だったやん。劇場公開してもいいんじゃな~いと思う作品だけど、劇場未公開でソフトスルーとなっちっち!

主演が、「パラサイト 半地下の家族」のソン・ガンボだったら劇場公開されたかもしれないけど、イ・ソンミンではイマイチ興行的にキツイと判断されたのかもしれないな。分からんけど。

国家情報局エリートSPのテジュは、大の動物嫌いなのに、
韓中友好樹立記念のイベントに、中国からVIPとしてメスのパンダが来韓することになり、
その護衛を任されることになった。
動物の護衛なんてとお気楽に構えていたが、パンダが謎のテロ組織に誘拐され、
組織を追いかけた際にテジュは頭を打ち、突然動物の声が聞こえるようになってしまった。
パンダ誘拐現場にいた軍用犬アリと共に、テロ組織からパンダ奪還のために捜査を始めるが…。

動物嫌いだったテジュが、動物と話せることで仕方なく犬のアリとバディとなり、
紆余曲折を経て友情で結ばれていくところを、
コミカルでホンワカしたタッチで描かれいて、妙に好感が持てたな。

動物好きな娘のソヨン、テジュの元部下で情報局の局長にのし上がっている美貌のミン、
そして、テジュの後輩で調子っぱずれなマンシクなど、
脇のキャラも個性的で、物語に弾みをつけている。

犬やパンダ、ハトなど動物たちにも個性を持たせたキャラにしていてニヤリとさせられる。
パンダなんて、VIP扱いに慣れていて、ちょいお高くとまったお嬢様って感じだし、
犬のアリも、自分を可愛がり調教してくれた女性軍人を
ちょっとした気の緩みで爆死させてしまった悲しい過去があるんよね。

メスのパンダやゴリラは、どう見たってヌイグルミなんだけど、
それにCGを加えて、そこそこリアルっぽく見せてるし、
コメディ的な展開だから、不思議に気にならないんだわさ。

人間側のマンシクの度外れなおバカっぷりも笑わせる。
でも、マンシクが持っていた秘密兵器が物語のクライマックスで
大いに役立つなど、バカなんだけど意外にアテにできる部下なんよ。

監督・脚本は、「残酷な出勤」(06)「善惡の刀」(17)のキム・テユン。
前作は観ていないけど、笑いに適度にアクションをプラスし、
軽快なタッチでサラリと物語を運ぶ手際はベリーナイス。
テジュが動物嫌いの理由が、愛する妻が動物の世話に熱中するあまり
自身の病気に気付かず亡くなってしまったというのも、ちょい切なく、
母同様に動物愛に溢れた娘ソヨンの言葉で、
テジュが少しずつ動物愛に目覚めていく展開も良い感じ。

主人公のテジュ役は、イ・ソンミン。
「目撃者」(18年)では、殺人現場を目撃した事なかれ主義の中年サラリーマンを
リアルに好演していたけれど、本作じゃ動物と会話できると言う突飛なキャラを、
ちょっぴりペーソスを滲ませながら、嫌味なくスンナリと演じて見せてる。
ソンミンは、僕は未見だけど「工作 黒金星と呼ばれた男」(18年)で、
百想芸術大賞 男子最優秀演技賞を受賞した演技派だそうで、確かに巧い役者さんだ。

父とすれ違いの日々を送ってる娘ソヨンを演じたカル・ソウォン。
「7番房の軌跡」(13年)でデビューした少女だけど、とにかく健気で可愛いのよ。

マンシク役ペ・チョンナムの、オーバーなお間抜け演技も、作品にナイス・フィット。
エンディングじゃ、事件が解決した後の彼が別の事件で
ダメ押しのバカっぷりを見せて、映画を締めくくりよる。
ひょっとして、本作の続編の予告ともとれるけど、
今度はチョンナム主演で作るんやろか。

ま、娯楽要素たっぷりだし、個人的には十分楽しめる作品だったでおまZOO!


ファインフルムズ 2020年12月02日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年」(13年/フランス・ベルギー) ファンタスティックなフレンチ・アニメでおまんにやわ!

ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年
映画監督に挑んだミュージシャンと言ったら、日本なら「河童」を撮った米米CLUBのカールスモーキー石井こと石井竜也、「いつかどこかで」を撮った小田和正、「長江」を撮ったさだまさしなどがいる。アメリカなら「マーダー・ライド・ショー」などホラーを撮り続けてるロブ・ゾンビがいる。

本作「ジャック&クロックハート 鳩時計の心臓をもつ少年」を撮ったのも、フランスの人気ロックバンド「ディオニソス」のマティアス・マルジューってミュージシャン。自身のグラフィック小説を自身で監督したファンタジー・アニメでおます。

なんでもセザール賞最優秀アニメーション部門やヨーロッパ映画賞・長編アニメーション賞にノミネートされたと聞き、興味がわいて観てみたんよ。

で、これがなんていうか、日本やアメリカのアニメとは一味違う、
ちょっぴり切なくほろ苦くい、情緒的でフレンチ・テイスト漂う作品だった。
作品の出来は少々舌足らずな部分があり、いまいちって気がしたけどな。
でも、映画の創成期に、特撮を使った映画で“20世紀の魔術師”なんて呼ばれた
フランス人ジョルジュ・メリエスを思わせる撮影技師が登場したり、
映像センスも小粋で、見るべきところも多いアニメやなあって思ったわ。

スコットランドのエジンバラで、冬の夜に助産婦マドレーヌの家を訪れた身重の女性。
産気づいてジャックを出産するが、とても寒い日に生まれたため、
ジャックの心臓は凍りついて停止してしまい、
器用なマドレーヌは命を救うため心臓を鳩時計と取り換えた。
出産後、産みの母は失踪し、マドレーヌが彼を育てることにした。
すくすくと生長したジャックだが、怒ったり興奮したり恋をすることを
マドレーヌから禁じられていた。
なぜなら、それをするとジャックの鳩時計の心臓が永遠に停止してしまうから。
ある日、ジャックはマドレーヌと共に初めて街に出た。
そこで、彼は手回しオルガンを弾くド近眼の少女ミス・アカシアと出会い、
恋をしてしまった…。

マドレーヌを説得して、ミス・アカシアを探そうと学校に通うことになったジャックが、
学校の陰険なボスのジョーのイジメにあってしまう。
ジョーもミス・アカシアに恋心を抱いていたらく、
ジョーが持っていたアカシアからの絵葉書を目にし、
それを取ろうとして破れ半分を手にする。
怒ったジョーに殴られかかるが、鳩時計から針が飛び出しジョーの片目を傷つけてしまった。
警察沙汰になると、マドレーヌはジャックを逃がそうとするが…。

ストーリー展開が、どうも肝心な部分、たとえばジャックがアカシアに心ときめかす場面とかが、
あまり上手に描かれておらず、感情移入しにくいところがある。
でも、キャラや様々なアイテムが、いずれも独創的で、物語より絵を見ているだけで、
ついつい見入ってしまえるかな。

蛇腹式の列車ってのもユニークで面白いが、
唐突に切り裂きジャック風の殺人鬼が現れ、
でもっていつのまにか消えてしまうのも、ちょっと拍子抜けしてしまう。
結局、殺人鬼は物語にちっとも絡んでこないし。

映写技師メリエスと出会い、彼がジャックの鳩時計の歯車を借りて、
映画撮影機をつくる展開は、まずまず。

アカシアがいると思われるアンダルシアまでジャックは旅をし、
サーカス小屋で、フラメンコ歌手をしている彼女と再会するんだけど、
出会ってから何年も経っていて、成長したジャックが、
昔会った彼とは別人だと思うアカシア。

グラフィック小説が、どんなストーリーなのか分からないが、
とにかく、アニメ版の展開が、荒っぽいというか唐突過ぎて、
ありゃありゃ、本当はもっと長いのにカット版を見せられてんやろか?
と思ってしまったわ。

サーカス団の二つ頭の美女や、
マドレーヌの家にいる背中に鉄琴を埋め込まれた老人など、
ユニークなキャラが色々登場するのが、メルヘンぽくて良いんだけどね。

メリエスが、ジャックや二つ頭の美女を使って撮ったモノクロ映画も、
ジョルジュ・メリエスへのオマージュが感じられてナイス。

監督のマティアス・マルジューは、ミュージシャンだけにディオニソスとして、
音楽も担当していて、フレンチテイストの滑らかな調べが作品にマッチしている。
でも、演出の面では、どうもなあと思ってしまうやん。

キャラの心情描写が、あまり上手くないんよね。
だから、切なく哀しいラストも、そんなにグッと来ない。

もったいないというか、惜しい、もうひと踏ん張りしたらと思わせる
フレンチ・アニメでおましたわ。

ところで、DVDにはフランス語と日本語吹替えの両方収められているけど、
観るならフランス語版をオススメかな。
フレンチムードを味わえるからね。

インターフィルム 2020年11月20日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ウスタード・ホテル」(12年・インド) 祖父の教えによって人の心を満たす料理に目覚めた青年を描いたハートウォーミング・ドラマやん!

ウスタード・ホテル
インド映画と言えば、たいがい2時間半近くある長~い作品が多いから時間の余裕がある時しか見ようと思わないんよ。

この「ウスタード・ホテル」は、インド映画だけの映画祭「インディ・ムービーウィーク2019」で上映された作品で、劇場未公開だけどDVD化希望が多かった作品らしい。でもって無事DVD化されたので観てみようと思ったんよね。

原題も「ウスタード・ホテル」で、見るまでは僕はてっきり宿泊施設のことだと思っていたんだけど、南インドではホテルは大衆的な食堂を指すんだそう。

主人公の青年の祖父が海辺で営んでいる食堂の名前がウスタード・ホテル。
はじめてこの食堂を訪れた一流のシェフを目指す孫の青年が、祖父や店の従業員たちと日々を過ごすうちに料理を作ることの意味を気づいていく、ホッコリコンと心温まるナイス・ムービーやった。
映画に登場する店の名物料理ビリヤニがめっちゃ食べたくなってきたやんかいさぁ!

裕福な家庭で育った青年ファイジは、
息子に自分の仕事を継がせようと考えていたビジネスマンの父の意に反しシェフになると言い出し、
父と対立して家出し、祖父カリームが営む大衆食堂でしばらく過ごすことにした。
そして、食堂の仕事を手伝っていたファイジは、
カリームの紹介で一流ホテルのレストランで修業することになった。
そんなある日、ファイジは父や姉たちが仕組んだお見合いの相手シャハーナと再会し、
保守的と思って彼女の別の一面を知り好意を持つようになるが…。

この作品もインド映画らしく2時間半もあるけど、
流れるような映像リズムで、あまり長さは感じさせず、ラストまで気持ちよく鑑賞できたな。
なんて言うか心地いい雰囲気が映画に漂っているんよね。
インド映画お得意の歌が随所にあるけど、ダンス・シーンはシャハーナがライブで踊る場面ぐらいで、
大勢で歌って踊りまくる派手なダンス場面は全くない。

ストーリーは、ある意味とてもオーソドックスで、たいしてヒネリもないけど、
アンワル・ラシード監督は、古臭さを感じさせずに地に足の着いた演出で
軽やかにテンポよく描いていく。

だから、ロンドンのレストランで一流シェフになることしか頭になかったファイジが、
カリームと過ごす中で、次第に料理をすることの深い意味を学んでいくところも、
すんなりと納得でき、共感してしまえる。

カリームが語る言葉。
「胃袋を満たすのは簡単。心も満たさなければ」。
ええセリフやん!

出演は、いずれもお初の役者ばかりだけど、
ファイジ役のドゥルカン・サルマーンは、苦労知らずの坊っちゃんから
カリームと暮らすことで人間として成長していくところをさらりと演じていて、
とても好感が持てたな。

カリーム役のティラカンも、いい感じで年輪を重ねた老人をちょい渋めに好演。
ラスト、〇〇の旅に出たときの悟りきったような表情も、実に味があるやんかいさぁ。

そしてシャハーナ役のニティヤ・メーノンは、
インド映画によく登場するゴージャス美人ってのではなく、
どこか庶民的で可愛さもあり、近所の綺麗なお姉さんって感じで、
実にチャーミングやん。

年老いた路上生活者や障碍者施設の子供達など、
インドの現実も描かれるけど、見つめ方がとても穏やか。

カリームの大衆食堂が、大手企業の宅地開発のために潰されそうになり、
ファイジのアイデアで救うことができるところも、
嘘くさくはあるけど、映画ならありやんと素直に受け入れられる。
演出にあざとさがないからだろうね。

ま、アクションやラブロマンスなど派手な展開や描写がなく、
少々地味な映画だけに劇場公開とまではいかなかったけど、
良い気持ちにさせてくれる作品であるのは確か。

観て損はおまへんよ~!

しかし、どこかのインド料理店で、ビリヤニを食べられるんやろか。
食べてみたいわぁ!
ネットで調べてみようかな。


Happinet 2020年9月2日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ダブル・サスペクツ」(19年・フランス) 寡黙な警察署長が、様々な事件解決に挑むヒューマン犯罪ドラマでおまんにやわ!

ダブル・サスペクツ
「あの頃エッフェル塔の下で」でセザール賞で監督賞をはじめ多数の賞を受賞したを受賞したアルノー・デプレシャンが、自分の出身地であるフランスのルーベを舞台に描いた犯罪がらみの人間ドラマ。

WOWWOWで「ルーベ、嘆きの光」という邦題で放映されたらしいけど、リリース・ソフトじゃ、いかにもミステリー・サスペンス風のタイトルに変更されている。

ま、商売上、レンタル・ユーザーの興味をそそるように日本題名を変更するって仕方ないかもね。

ドイツ映画賞で主要3部門を受賞した、鉄道ロードムービー「ハンネス/列車の旅」も、ソフトリリースの邦題が「逃走特急 インターシティ・エクスプレス」だったしね。
映画は、おっとりした展開の味わい深い作品で、ちっともスリリングじゃなかったのにね。

「ダブル・サスペクツ」のアピールポイントは、レア・セドゥが出演しているってこと。
彼女が007シリーズのポンドガールを演じているのでサスペンス色を打ち出したんだろうね。

でも、セドゥは主役ではなく、
メインのキャストはルーベの警察署長ダウードと新人刑事のユートレル。
2人が警察に持ち込まれる様々な事件の解決に取り組む姿を、
人間味たっぷりに描いていて、ミステリー・サスペンス色はほとんどない。
だからサスペンスを期待するとガックリ来るかもしれないな。
でも、フランス映画ならではの人間臭い刑事&犯罪者ドラマとして観たら、
それなりに見応えがある作品だと思うな。

少女失踪、放火、老女殺人、地下鉄の痴漢被害など、幾つかの出来事が描かれ、
後半では老女殺人事件が大きくクローズアップされ、
捜査線上に浮かびあがった2人の女と彼女たちを追いつめようとする刑事たちの話となる。

その容疑者の1人をレア・セドゥが、ほとんどスッピンで演じているんよね。
彼女と同居する女マリーに「太陽のめざめ」のサラ・フォレスティエ。
ジャケットカバーでも、この2人の顔が大きくレイアウトされていて、
署長役のロシュディ・ゼムより大きい。

映画の舞台となるフランス北部の街ルーベは、
ベルギーにほど近く、多様な民族が暮らし凶悪犯罪が多発する街なんだそう。
住民の半分近くが貧困にあえぎ、フランスで最も貧しい街と言われているらしい。
そんな街の姿や実態を、地元出身者でもデプレシャン監督が描き出そうとしたようだな。

でも、その思惑はちょっと伝わりきれなかったような気もしたわ。
危険でヒリヒリするような街の雰囲気が映像からあまり匂ってこなかったのね。

ダウード役のロシュディ・ゼムは、「あるいは裏切りという名の犬」「シャドー・チェイサー」など、
ノワールやサスペンスものよく顔を見る俳優さんだけど、
監督として「ショコラ~君がいて、僕がいる~」なども撮っている。

本作では、妻子が故国に帰り、
ひとりルーベの街に残って日夜犯罪と向き合う寡黙な主人公の署長を、
少々地味ながら渋みたっぷりに演じてる。
署長の唯一の楽しみが競馬で、それもほとんど金をかけず
レースを見守るの好きだと言うところがなんかいい。

レア・セドゥは、小生意気でふてぶてしい女を憎らしいほど生々しく演じていて、
彼女、意外に演技派やったんやと思ってしまったわ。

彼女に金魚の糞みたいにくっ付いてる、
ちょいエキセントリックな女を演じたサラ・フォレスチィエも上手い。
彼女、「漆黒の闇で、パリに踊れ」(12年)で、ロシュディと共演しているのね。

新米刑事ユートレを演じたアントワーヌ・レナルツは、
「BPM ビート・パー・ミニット」(17年)でセザール賞・助演男優賞を受賞したらしいけど、
本作じゃ、ルーベの街に赴任して、いろいろ心悩ませる刑事を淡々と演じているんだけど、
あまり印象に残らないな。

メイン以外の警察署の刑事たちの姿もしっかり描かれ、
署での容疑者への尋問の様子も結構リアルだし、人物描写に薄っぺらさはない。

まあドラマ的には、物足りなさはあるけど、
いずれにしろ久しぶりにフランス映画らしい、ヒューマンな刑事ドラマやったって印象。

ロシュディ・ゼムの他の出演作も見たくなってきたやんかいさぁ。

ニューセレクト 2020年8月5日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「グッド・シリアルキラー」(18年・アメリカ) 悪い親たちを処刑しまくる善良(?)なシリアルキラーってか!

グッド・シリアルキラー
幼い子供への親の虐待が日本でも何かと問題になっているけど、そんな子供に暴力を振るったりするヒド~イ親たちがシリアルキラーによって次々と殺されていくサスペンス。

映画では、虐待にあうのは、幼児ではなく高校生だけどね。でも、子を虐待するヒド~イ親には変わりない。
おそらく、アメリカでもそんな親たちが少なからずいて、それに苦しみ悩んでいる少年&少女も多いんだろうな。

そんな社会的ともいえるテーマを、ちょいホラー風味を加味しサスペンス・タッチで描いたのがこの「グッド・シリアルキラー」。

親たちを殺害するシリアルキラーの男と彼の家族の視点から描かれていて、ある意味、予想を裏切るラストまで、ピカレスクな展開に、僕個人としちゃ、なかなか面白い作品だと思っちゃったわさ。

公立高校でソーシャルワーカーとして生徒たちの相談にのっているエヴァン。
そこで、親や叔父にヒドイ目にあわされている生徒たちの話を聞き、
内心に怒りがこみ上げ、そんな親たちなら殺してしまおうと決意するエヴァン。
実は、エヴァンは幼い頃、父から暴力的に虐待された過去があった。
子供を出産したばかりのエヴァンの妻ローレンは、
夜ごと家を抜け出す夫を、浮気をしているのではと疑うが、
ふとしたことから彼が生徒たちの親を殺害したシリアルキラーだと気づく。
その頃、エヴァンが殺して土に埋めた親たちの死体が発見され、
警察が、彼の周囲を捜査し始めた…。

オープニングは、病院のグラマラスな女医が仕事終わりにシャワーを浴びていて、
殺人鬼にナイフでノドを掻っ切られるシーンでスタート。

そして、その殺人から数か月前に戻って、ストーリーが展開する。

ワル~イ親殺しの話なのに、なぜ女医が殺されるのかは後で分かってくるけど、
この女医が、いけすかないイヤな女なんよ。
それに、彼女を殺したのがエヴァンだと思っていたら、意外や意外!

90分ちょっとの作品だけど、無駄なくテンポよく話がズコズコ展開し、
ダラケタところがないタイトな演出がナイスやん。
監督のヘンリー・ジェイコブソン、ちょっと気にしておいてもいい監督カモ~ン。

適度にスリリングで、適度にシリアス。

殺人シーンも、あまりドロドロと血を流さず、
血みどろスプラッターになりそうなところ寸前で止め、節度がある。
あくまで、エヴァンやローレン、それにマリーの心情を軸に
物語を進めようしているのが好感が持てるやん。

エヴァンの母マリーが、出産したばかりのローレンを手助けしようと、
エヴァンの家にやってくるが、義母をあまり好ましく思わないローレン。
でも、最後には…。

家族を苦しめる親ならいない方がいいと殺しを続けるエヴァンだが、
ヒドイ目にあっていても突然消えた親を心配する生徒もいれば、
消えたことでニンマリ笑みを浮かべる女生徒もいる。

そして、親を殺したのがエヴァンだと気づいた生徒のひとりが、
そのことをローレンに打ち明けたとき、彼女のとった行動が…。

ある意味ハッピーエンドにも思えるラストシーンにニンマリよ、ホンマに。

エヴァンを演じたショーン・ウィリアム・スコットは、「アメリカンパイ」で注目され、
お調子者キャラが得意で、そんなオバカな役柄が多い俳優さんだけど、
本作じゃ、物静かで淡々と殺人を続ける家族思いの主人公を力むことなく好演。
表情や仕草で、内なる狂気をジンワリと滲み出してるのよ。

妻のローレン役マリエラ・ガリガは、テレビドラマで活躍する女優さんのようだけど、
殺人を犯す夫の理由を知った後のローレンの思い切った行動など、
家族を守るためなら何でもやったるわいって潔い妻を、それなりに説得力を持って演じてる。

母マリーを演じたデイル・ディッキーは、数多くの映画やテレビに出演しているベテラン女優。
最初は、近親相姦と思えるほど息子のエヴァンにべったりで、
ローレンから変な眼で見られることもあるが、
彼女も家族に嫌な思いをさせた相手にはしっかり罰してしまうという、
狂気をはらんでいる女性を、さりげなく演じてる。

とにかく、エヴァンを、ユアン・マクレガーなど名のある俳優が演じていたら、
ひょっとして劇場公開もあったかなと思える、そこそこ良く出来た娯楽サスペンスであ~りました。


ニューセレクト 2020年6月3日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード