FC2ブログ

「黒蜥蜴」(62年・大映) 女盗賊・京マチ子がムチをビシバシ、ダンシング!キッチュでポップな、アメイジング・ムービーでおまんにやわ!

黒蜥蜴
あちこちのネット・サイトで、ヘンだけどオモシロイと書かれていて、ぜひ見てみたいなあと思っていたのが、この京マチ子・主演の「黒蜥蜴(くろとかげ)」。
それが、初DVD化されると聞き、発売日に大阪ナンバのヤマダデンキに行ったら売り切れ。ヤマダデンキじゃ、大映名作シリーズ廉価版が安く購入(定価2800円が確か1900円)できたのに~。
仕方なく、日本橋のディスク・ピアならあるやろうと行ったら、ここでも売り切れ。人気あるんやねぇ。結局、ディスク・ピアで予約注文して、一週間後にやっと手に入れることができましたわさ。

早速、見てみたんだけど、成る程なるほど、聞きしにまさる面白さ!
ミュージカル風とは聞いていたけど、単なるミュージカルってもんじゃなく、全編、現実感をとことん削ぎ落とし、女賊と名探偵の犯罪と愛を、文学的セリフと遊び心満々のケバくてキッチュな映像で見せる、何ともまか不思議な娯楽作でありました。

一応、作品紹介しておくと、江戸川乱歩の原作を、三島由紀夫が戯曲化したものを映画化したもので、
映画版・脚本は、名匠・新藤兼人。音楽が黛敏郎、歌詞が三島由紀夫と、実にゴージャスなスタッフ揃い。
(撮影当時は、そういう意識はなかったかも知れないけど)

宝石商・岩瀬は、娘・早苗の誘拐予告が届き、名探偵・明智小五郎にボディガードを依頼した。
娘を伴い、明智と共に大阪にやってきたが、そこには、岩瀬のひいき客・緑川夫人がいた。
予告通り、早苗は誘拐されてしまうが、明智の部下で尾行の達人たちにより、彼女は無事救出された。
そして、現場にいた緑川夫人こそが、誘拐の首謀者・黒蜥蜴と見抜くが、まんまと逃げられてしまう。
その後、岩瀬邸で、黒蜥蜴に早苗はまたもや誘拐されてしまった。
彼女と岩瀬所蔵の豪華な宝石「エジプトの星」を、東京タワーで交換すると黒蜥蜴から連絡が入るが‥。

冒頭、いきなり明智小五郎に扮した大木実が登場し、カメラ目線で観客に向かって話し出す。
「昨今は凶悪な犯罪が多いが、犯罪にも夢があり、美しさがあっていいはずです」
そして、ムチの音が響き、網タイツ姿の京マチ子が登場。
タイトルロールのバックで、「黒蜥蜴のテーマ」曲にのって、ムチをビシバシ、妖艶に踊るんよ。
まるで、ステージショーを見ているようなタッチ。
ここでハマるというか、オモシロがらなきゃ、これから始まる物語には入っていけないかもよ。

ミュージカル風と言っても、岩瀬邸の用心棒たちが歌う「用心棒の歌」とか、
黒蜥蜴の部下が、彼女から褒美に宝石を貰って、ステップ踏みながら歌う歌とか、
え、なんでアンタ等がここで?と思ってしまうような場面で唐突に歌が始まる。

京マチ子と大木実も歌うと思いきや‥。

見ている側の予測を、するするとすり抜けてしまうというか、ほんとにあっけにとられてしまうわ。

大阪で、令嬢・早苗が、黒蜥蜴の部下・雨宮と出会う場面じゃ、
互いに見つめ合う背景が、赤い照明に切り替わったり、
(これは、「ウエストサイド物語」で、マリアとトニーの出会いシーンのもじりっぽい)
明智の事務所場面と黒蜥蜴のアジト場面が交互に映り、
カメラがひいていくと、二つの場所が繋がっていて、
明智と黒蜥蜴が向かい合いながら、互いの心情を告げるなど、
時空もひとっ飛びの、映画ならではの演出があったり、とことん人工的な描写に徹してるみたい。

明智と黒蜥蜴の愛のテーマとも言える曲が、随所に流れるんだけど、
これが、切なくも美しい、なかなかの佳曲。
ラストじゃ、女性が歌うこの曲をバックに、明智が黒蜥蜴を腕に抱きかかえて、
紫色に輝く光に向かって、白い階段を上っていくんだけど、なんかウットリしてしまったわ。
(ちょい宝塚歌劇チックな気もしたわ)
別のシーンで、元トランペッターの雨宮が奏でるトランペット・バージョンも聞き惚れたやん。

京マチ子は、確かOSK出身だったせいか、流れるような身のこなしで踊り、
男装も披露しちゃってくれて、なかなかの快演。
女王様っぽい雰囲気もあるし、女ボス的風格も申し分なしね。

ちょい役柄に合ってないかなって思うのが、明智に扮する大木実。
存在感はあるんだけど、どうも生真面目過ぎるというか、無骨というか、
キッチュな虚構世界に合っていないように思ったな。
「子連れ狼 三途の川の子守歌」の悪役三兄弟の弁は、凄みがあってナイスだったけどね。

岩瀬役・ずんぐり小太りの三島雅夫が、やたらハイテンションでオーバー気味にしゃべったり、
岩瀬家の女中の一人を演じる久里千春のキンキン声が耳についたり、
いろんなものが、コッテリコンと、なんか過剰気味。
それが、より人工的テイストを増しているというか、あえてそれを狙ってたんだろね。

他にも、見所、聞き所(文学的で現実味のないセリフの数々)が随所にあって、
何度でも楽しめる、個人的にカルトな作品かな。

監督は、プログラムピクチャーの名手として知られた井上梅次。
彼の劇場映画はあんまり見ていなくて、
テレビのサスペンスドラマ(江戸川乱歩シリーズ他)をいっぱい演出していた監督って印象しかなかったけど、
こんな、ぶっ飛んだ作品を、商業映画として作っていたんだなあと、ちょい見直してしまったわさ。
彼の他の作品も見てみようかな。


角川映画 2013年11月22日発売



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ゾンビランド」(09年・アメリカ) ゾンビ・ワールドで生き残るための幾つかのルールってか!

ゾンビランド

久しぶりに試写室で映画を見ましたわさ。
「ゾンビランド」の上映時間が88分ってのがナイスだったから。
歳のせいかトイレが近くて、2時間を超える映画って、
途中で尿意を我慢しずらくなってしまう時が結構あり、
試写室で途中で席を立つのも、映画会社の人に対して失礼だし、
ついつい、2時間越えの作品を敬遠してしまうことがあるんよね。
どうしても観たい作品の時は、朝から水気を一切取らないようにしている。
それでもね…。

映画秘宝7月号の記事で、映画「告白」の監督・中島哲也インタビューを読んでいたら、
中島さんもトイレが近いそうで、自身の監督作「嫌われ松子の一生」が2時間10分あり、
自分の作品ながら、全編ノンストップで観たことがなかったそうだ。
それで、「嫌われ松子-」以降は、自分がトイレに行きたくなってしまうギリギリの
ランニングタイムが1時間45分ぐらいの作品を作るようにしているんだとか。
同じトイレが近い者としちゃ、めっちゃ分かるなぁ。
なんだか、中島監督に親しみが湧いてきてしまったわさ。

前置きが長くなったけど、「ゾンビランド」の感想を。

一言でいえば、コミカル・アクション・ホラーってことになるんだけど、
気弱で臆病な大学生、タフで気が荒そうなオッサン、キュートな姉と陽気な妹の詐欺師姉妹、
この4人が、紆余曲折を経て、血は繋がっていないけど、
心が強く結びついた<ファミリー>になるまでを描いた、
痛快アメリカン・ロード・ムービーって印象もあったな。

オープニングから、いきなり世界はゾンビだらけの世の中となっていて、
主人公である大学生コロンバスは、生き残るためのルールを自分なりに考案し、
そのルールを実践して、なんとかゾンビにならず生き延びているんだ。
そのルールってのが、彼の行動を通して紹介されていくのが、面白かった。
たとえば、ゾンビが襲ってきた時、昔と違って今時のゾンビはすばしっこいので、
走って逃げなければいけないし、そのために「有酸素運動を欠かしてはいけない」。
また、ゾンビは銃で一度撃ったくらいじゃダメで、「二度撃ちしてトドメを刺せ」。
他にゾンビにいつ襲われるか分からないので、どこにいても「逃げ道を確保する」とか、
ほんまに用心深いことこのうえない。
そういう行動をとるたびに、画面にルールの文字まで出てきよる。
なんか今までのゾンビ映画のパターンの気になる部分を、ちょい正そうとしてるみたい。

コロンバスは、キュートな姉ウィチタに恋心を抱くんだけど、
元来引きこもりで、どうも女性経験もあまりない彼は、なかなか恋を成就させるまでには至らない。
でも、最後に、ウィチタや妹のリトルロックが、ゾンビの群に襲われ危機一髪という時、
「英雄になるな」というルールを自ら破り、タフガイ・タラハシーと共に彼女たち救出に向かうんだ。
恋する女の子の為に、勇気を振り絞っちゃう!…青春やなぁ。

監督は、本作でデビューしたルーベン・フライシャー。
コマーシャルやミュージックビデオを撮っていて、
テレビのリアリティ番組「Rob&Big」ってのが人気を博し、
劇場映画の監督デビューのチャンスを掴んだそうだ。
リアリティ番組ってのが、僕にはいまいちどんなもんか分からないんだけどね。

人間達がゾンビに襲われるのをスローモーションで見せる
オープニング・タイトルのバックの映像なんか見ていると、
いかにもミュージックビデオ出身の監督やなって思うな。
なんていうか、映像センスが、ちょいイキなんよ。
展開も無駄がないし、アクションとユーモアをバランス良く配し、
ゾンビvs人間のアクションも、キレがいいし、どこかカラッと明るいタッチ。
脚本のおかげもあると思うけど、色々すったもんだはあったけど、
最後には、それぞれが互いを必要と感じ、新しい<家族>になっていくんだなってのを、
とても自然に、気持ちよく感じさせてくれる。

深みはないけど、娯楽映画としちゃ、個人的にはなかなか楽しめたし、
主人公達に愛着みたいなもんも湧いてきてしまったやん。

大学生役は、「アドベンチャーランドへようこそ」(09)「イカとクジラ」(05)の
ジェシー・アイゼンバーグ。引きこもりの臆病青年にピッタリだ。
この子、気弱いキャラやらせたら、ピカイチやね。
タフガイ・タラハシー役はウディ・ハレルソン。そんなに好きな俳優じゃなかったんだけど、
大好物のスポンジケーキ「トゥインキー」を必死のパッチで探しまくる子供じみたところがあるキャラに
妙に親しみを覚えてしまい、なんか好きになってしまったわ。
やりてガール・ウィチタ役エマ・ストーンの、ちょい狡猾で気の強そうなキャラもナイスマッチ。
妹役は、「リトル・ミス・サンシャイン」で好演しとったアビゲイル・プレスリン。
それに、ハリウッドのビバリーヒルスの超豪邸の主人としてビル・マーレイが、本人役で登場。
タラハシー達が豪邸の映写室でマーレイ出演の「ゴーストバスターズ」を観たりするんだけど、
今でも、マーレイって、アメリカじゃ大物俳優の一人なんかしらね。
彼の出演作って、最近は日本であまり公開されないし、
アメリカ映画界でのマーレイのランクってのが、よくわからない。
「ゴーストバスターズ」も26年も前の作品だしなあ。
良い俳優だとは思うんだけどね。

関西じゃ、7月24日、シネ・リーブル梅田他で、夏休みロードショーのようでおます。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

「ホフマン物語」(52年・イギリス) ロメロを映画製作に導いたクラシカル音楽ムービー

ホフマン物語

40~60年代に作られた、今じゃクラシック・ムービーと呼ばれる映画群。
僕は、劇場未公開の新作を追いかけてるのが好きだけど、
そんなクラシック映画を見るのも好きだ。

クラシック映画と言っても、まだ見たこともない作品がいっぱいあるし、
自分にとっちゃ、初めて見る作品は、
制作年が新しいか古いかの違いだけで、
古くっても、新鮮な感動を覚え、映画的陶酔感みたいなもんに酔わされることがある。
ただただ古くさいだけの作品もあるけど。

この「ホフマン物語」は、ずっと昔、中学生の頃かな、
多分NHK教育テレビだったと思うんだけど、そこで初めて見て、
どこか幻想的で、こってりとした映像美に魅入られた覚えがある。
だから初めて見る作品じゃないんだけど、
もう一度見たい作品ではあった。

7~8年ほど前、紀伊國屋書店から本作のDVDが出ると知り、
また見てみたいな~と思ったんだけど、
紀伊国屋書店リリース作品って販売のみでレンタルされないし、
買うには5000円は高いし、見られへんな~と諦めていたら、
主にクラシック洋画専門にリリースしているジュネス企画から、
今年再び発売され、宅配レンタルTSUTAYA DISCASでレンタルできると判った。

それでやっと何十年ぶりかで、ブラウン管で再見できたのであ~ります。

昔、運動会の駆けっこ競技などで良く流れた曲「天国と地獄」で知られる
フランスの作曲家オッヘンバッハのオペレッタの遺作の映画化で、
原作じゃヒロインは、オペラ歌手だったのをバレリーナに変更し、
バレエ・シーンを大幅に増やして、映画的に動的要素をプラス。

詩人のホフマンが、少女の人形に恋したり、
悪魔に操られる娼婦によって自分の影が奪われるなど、
なんともファンタジックな3つの物語で構成されているんだけど、
画面合成やマルチ画面など、映画ならではの映像テクニックを駆使していて、
幻惑的で、なんとも魅惑的な映像世界に、またまたシビれさせてくれよりましたわさ。
「ホフマンの舟歌」の旋律にもうっとりよ。

マスター・オブ・ホラーなんて呼ばれている
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」のジョージ・・ロメロは、
この「ホフマン物語」を子供頃に見て深い感銘を受け、
映画製作を志したって、意外なエピソードがある。
ロメロも、アーティスティックな幻想的映像世界に魅了されてしまったんだろうね。
彼の作るゾンビものとは、えらい違いがあるように思えるけど、
非現実世界を描いているって点では、「ホフマン物語」と共通する部分があるのかもしれないな。

60年近く前の作品なのに、今でも不思議に古くささは感じない。
モイラ・シアラーの、もう見事としか言いようのない、素晴らしいバレエ。
体がコンニャクみたいにメッチャ柔軟で、アクロバティックとも言える踊りに、
ほんま、見とれてしまうんよ。
衣装や美術セットも、ほんまに丁寧に作り込まれていて、幻想世界の構築に抜かりないし。

ちょい、アンダーグラウンドムービーの奇才、ケネス・アンガーの「快楽殿の創造」(54)じみた、
とろけるような退廃的映像ってのも、かいま見れる部分もある。

出演は、シアラー始め、本物のバレエダンサーやオペラ歌手で固められていて、
ダンスも歌声も、めっちゃ本格的なんだけど、
ただ、ホフマンに扮するロバート・ラウンズヴィルは、顔が街の電気屋のオッサンみたいな、
舞台なら濃いメークで何とかなっても、映画となると、どうも地味というか色気がないというか、
ちょい物語世界とはそぐわないような気がしないでもないわな。
3つの話すべてに登場し、それぞれのヒロインを裏で操ったり、
死に至らしめたりする男に扮したダンサー、ロバート・ヘルプマンは、
悪魔的なダークなニュアンスを漂わせ、存在感たっぷりだし、彼の方が印象的だ。

監督は、これまたファンタジー系の名作「天国への階段」(46年)の
マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー。
「天国への階段」じゃ、天国をモノクロ、地上世界をカラーで描いていて、
当時としちゃ、なかなか斬新な撮影手法だ。
鉄格子を幽霊となった主人公が通り抜けるシーンがあるんだけど、
これが60年前の作品とは思えない見事なトリック撮影で、
初めて見た時はビックリしてしまった。
撮影は、名カメラマン、ジャック・カーディフ。
アイ・ヴィー・シーから発売されたDVDじゃ、
公開当時のテクニカラーを再現するデジタル・マスターなんで、
とっても鮮やか、ビューティフル・フルフル・フルモンティよ!
この作品、日本橋のDVDショップで、アウトレット商品として1000円で手に入れた。

ところで、なにかの雑誌を読んだところ、
クラシック洋画というのは、どうしてもお客の需要が少ないらしく、
ソフト会社も、そんなに力を入れてリリースするってことはなく、
レンタル店でも、クラシック・コーナーはあるにはあるけど、申し訳程度がほとんど。
フォックスなど、クラシック映画リリースに頑張ってる会社もあるけど、
販売のみでレンタルが少ないのがね~。
貧乏人のために、いっぱいレンタル化して欲しいやんかいさ~。

ま、お客はどうしても新作に飛びつくし、わからないでもないけど、
個人的には、クラシック作品のリリースの充実も望みたいところでおまんにやわ。

「ホフマン物語」 ジュネス企画 2010年3月25日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

「ロフト.」(08年・ベルギー) 死体を巡る、5人の男達の“心の秘密”

ロフト.

2年ほど前に大阪で開催された「ヨーロッパ映画祭」で、大阪賞を受賞したにもかかわらず(でもないか)、
劇場未公開となったベルギー&オランダ映画「ザ・ヒットマン」(05年)をDVDで見て、
その面白さに、ウホウホ喜ばせてくれちゃった監督エリック・ヴァン・ローイ。
そんな彼の新作だと知り、早速、レンタルして見ましたわさ。

「ザ・ヒットマン」ってタイトル、映画祭上映時のタイトルは「アルツハイマー・ケース」で、
その名の通り、アルツハイマーを患う初老の殺し屋が主人公のサスペンス。
丁度、フォックスの話題作「ヒットマン」が上映された時期にあり、
映画レンタル業界お得意の便乗主義丸出しのタイトルを付けられ、ジャケットもモロ「ヒットマン」のパクリ。
でも、中身は、シャープな演出で、物語も起伏に富み、かつヒネリを利かせ、
映画的興奮にワクワクさせられたのよ。

本作「ロフト.」は、本国ベルギーじゃ、
国民の10人に1人が劇場に足を運ぶ大ヒットとなったそうで、約6ヶ月のロングラン。
おかげ(?)で日本でも、無事劇場公開されたけど、ほとんど話題にならなかったみたい。
ま、ベルギーの大ヒット推理サスペンス映画と言われても、知名度ある俳優が出ているわけでもないし、
いまいち興味が湧きにくいかもな~。

新築高層マンションの最上階のロフトルームを、
建築家ビンセント、医者クリス、ルクなど妻を持つ5人の仲間が、秘密の情事部屋として共有していた。
ある日、その部屋で、手錠をかけられた血まみれの女の全裸死体を、ルクが発見。
早速、部屋のカギを持つ5人がロフトに集まり、
互いのアリバイや、女とのトラブルなどを問いただし、犯人探しを始める。
そして、暴かれていく、男達の秘密…。

ロフトでの、男達の腹のさぐり合いをメインに、
それぞれの過去の出来事、そして事件後の警察での取り調べと、
時間軸を交差させながらストーリーは展開するけど、
脚本がうまいせいもあるし、5人のキャラがきっちり描き込まれていて、見ていて混乱させられることはない。
男達の秘密が、次々と露わになり、やがて真実が判明するに至り、
一件落着と思わせておいて、その後に、またもうひとつ意外な事実が…ってのもニクイやおまへんけ。

この手の推理ドラマって、未見の映画好きの人ために、
あまりネタばらしって出来ないけど、なかなか巧妙なシナリオだ。
こいつが犯人やと思わせるミスリードの仕方も、なかなかよ。
登場人物誰もが疑わしく、映画を見ている者に、いろいろな憶測をさせながらも、
その裏をかくというか、一枚上手の展開に、まさか、そんなことが…。

後で考えたら、真犯人の動機に少々無理があるような気もするけど、
見ている間は、テンポの良い展開で、物語がラストまでスムーズに展開し、
あまり気にならない。

監督のエリク・ヴァン・ローイって人は、ネットで調べたところ、
1962年生まれで無類の映画狂なんだって。
テレビで、ハリウッドスターとのトーク番組を持っていたり、クイズ番組のホストもしたそうだ。
そのせいかどうか、どうもこの人、メジャーかつグローバルな感覚で映画作りをしているようで、
本作の舞台はベルギーだけど、
演出タッチはそのままに、舞台をアメリカの都会に置き換えても、全然違和感がないように思えるな。

監督の出身地は、ベルギーはフランダース。
フランダースと言えば、泣かせる児童小説「フランダースの犬」を思い浮かべてしまい、
のどかな田舎のイメージが強いところって気がするけど、そんな土地で生まれた監督が、
現代感覚のキレのある映画を撮ったってのが、なんかオモシロイ。
本作の脚本を担当したバルト・デ・パウも、フランダース生まれ。
二人は、友人なんかしらね。

出演は、医者クリスに、「ザ・ヒットマン」で刑事を演じていたケーン・デ・ボウ。
建築家ビンセントに、これまた「ザ・ヒットマン」に出ていたフィリップ・ペーテルス。
この二人に加え、マティアス・スクナールツ、ブルーノ・ファンデン・ブロッケ、ケーン・デ・グラーヴェの5人の男の演技アンサンブルが、ベリーナイスだ。
「ザ・ヒットマン」で主役を演じたヤン・デクレールも、クリスの弟の義父で、ちょい役出演。
この人、“ベルギーのジャン・ギャバン”と称される名優だそうで、
確かに、ヤンさんが登場すると、画面に厚みみたいなものが加わるな~。
余談だけど、この人もフランダース出身みたい。

なんかフランダース出身者仲間で、この映画を撮ったみたいやんかいさ~。
フランダースって、才能ある映画陣を生み出す土壌みたいなもんがあるんやろか。

男優陣に比べ、女優陣は、いまいち地味めで、目立たないな。
出演場面じたい少ないってのもあるけど。
死体となる女性(演じるマリエ・ヴィングもフランダース出身)も、
ヌードも披露して頑張ってるんだけど、
男達を虜にするには、顔立ちや雰囲気が、いまいち魅力に乏しいというか…。
こんな女のために、あんなことが…ってのがね~。
ま、フランダース出身ってことで、
エリク監督がキャスティングしてしまったのかも知れないけど。
そこだけが、ちょい不満でおまんにやわ。

角川映画 2010年2月26日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード