FC2ブログ

「ナタリー」(11年・フランス) 最愛の人を失った女とサエない男の、ほっこり優しいラブストーリーにグッときたやんかいさぁ!

ナタリー
フランスで25万部のベストセラーになった恋愛小説を、原作者のダヴィド・フェンキノスと彼の兄ステファン・フェンキノスが共同監督した、ちょいユーモラスで、ほっこりと温かいラブストーリーでおます。
去年の第20回・大阪ヨーロッパ映画祭でされたんだけど、主演が「アメリ」のオドレィ・トトゥにもかかわらず、劇場未公開、DVDVスルーとなってしもたんよね。
いくらフランスのベストセラーの映画化と言ったって、美女と平凡でサエない男の恋物語って、日本じゃウケないと映画配給会社が判断したんかしらね。

監督が、原作者とその兄で、2人にとって初の劇場作品ってことだし、ひょっとしたら頭でっかちで、ひとりよがりな映画になってるかもとも思ったんだけど、ま、初監督の兄弟のお手並み拝見とばかり、レンタルしてみやした。

で、見終わったら、心がうららかな春の陽射しに包まれるような、
なんとも心地よい気分に浸らせてくれる作品であ~りました。

ナタリーは、3年前に最愛の夫を事故で亡くして以来、仕事一筋の生活を送っていた。
彼女が勤める会社の社長は、彼女に気があり、言い寄るんだけど、
もう誰も好きになれないと思っているナタリーは、それをすげなく拒否。
ある日、亡き夫を想っていたのか、うわの空状態のとき、
自分のオフィスにやって来た、同僚でサエない風貌のスウェーデン人マーカスに、突然キスをしてしまう。
自分でもモテないと自覚しているマーカスにとっちゃ青天の霹靂(へきれき)、
今度は自分からナタリーにアタックしようとするが、彼女はキスのことを覚えていなかった。
そして、いいお友達、いい同僚でいましょうと言われ、それを素直に受け入れるマーカス。
そんな素朴で心優しいマーカスに、ナタリーはいつしか惹かれ始めていく‥。

まず、オープニンの喫茶店のシーンがニクイやん。
若い頃のナタリーが喫茶店に入ると、ハンサムな若い男フランソワが彼女が何を注文するか考え、
もしアプリコットなら声をかけてみようと思っていたら、彼女がその通り注文。
店から2人が揃って出た時、彼が突然、彼女を抱き寄せてキス!
初対面なのに、なんで唐突にキスを?なんでナタリーは驚きもせず、それを受け入れたん?
と思ったら、2人はとっくに恋人同士で、初めての出会いの場を再び訪れていたんだと判る。

フランソワがナタリーに求婚する場面も、雪降る夜の町中で、手をつないだカジュアルな服装の2人を、
カメラがぐるりと一回りする間に、服が白のウエディングとスーツに変わっていき、
それで、結婚したことが、こっちに伝わってくる。
なんかセンスのいい省略の仕方というか、語り口だな。

フランソワが亡くなり、3年が経ったってのも、
普通なら字幕で何年後とかでるところを、
映像で上手に見せる(ナタリーの親友ソフィーの妊娠と2歳児)など、
初監督らしく、いろいろと映像展開に工夫を凝らしていて、
それも、あざとさを感じさせない、なんかナチュラルなタッチで描かれるところが好感もてるな。

ナタリーにキスされて、マーカスがダイい自分でもモテるんだと心躍らせながら町を歩くと、
すれ違う女性達が、彼に色目を使ってくる妄想にふけるところも、
T-rexの「ゲット・イット・オン」がバックに流れ、ウッキウキの彼の心情をさらりと見せるし。

兄のステファン監督は、本作の前に短編を数本撮っていたらしいけど、映像センスは、なかなかやん。
映画前半のフランソワが亡くなり、抜け殻のようになったナタリーのうつろな姿を、
ことさら悲劇的に描くこともせず、それでいて、彼女にすんなりと共感してしまえるような、
見せ方のさじ加減が、なかなか巧みだなって気がする。
こういうシーン、日本映画なら、どうもベッタベタのお涙頂戴になってしまうんよね。

また、音楽の使い方も、小粋だな。
「ゲット・イット・オン」もそうだけど、フレンチ・ポップスやヒット曲を、
主人公の心情を代弁もするように画面に流れ、映像が弾んでくるんだ。

オドレィ・トトゥは、もう誰も愛せないと思っていたのに、
マーカスに出会って、心が癒されていき、
少しずつ、新しい恋に踏み出していこうとするヒロインを、とても自然体で好演してる。
外見より中身で相手を見極めていくってのも、彼女が演じると、なんか説得力あるし。
ファッションも、生活感があるのに、どこかオシャレっぽいのもナイスやん。

そして、彼女と恋に落ちるマーカス役のフランソワ・ダミアン。
おつむの毛が寂しくて、お世辞にもハンサムとは言えない風貌で、服のセンスもダサダサ。
ナタリーに好意を寄せる社長や親友のソフィーも、
彼と初めて会ったとき、まさかナタリーが惹かれている彼だとは
これっぽちも思われず、無視されてしまうんよ。
ま、ナタリーの最愛の夫が、ハンサム(演じるはフランス期待の若手スターらしい、ビル・マルマイ)
だっただけに、仕方ないかも。

ナタリーから、良い友達のままでいましょと言われ、そうしようと心に決めたのに、
徐々に恋心がつのっていき、そんな自分をセーブしよと、
社内でもナタリーをわざと避けたり、心優しいだけに、
なんともいじらしいじゃあ~りませんか。
それでいて、ナタリーから彼女が子供時代に夢中になったお菓子ペッツのこと聞いたら、
それをプレゼントしたりしよるし。

そんなダサいけど心優しい人を、
ダミアンは、フランスじゃ人気コメディアンらしいけど、
オドレィ同様に、オーバーアクトにならず、自然体で演じてる。
ちょい気になる、良い俳優に出会ったなって感じ。

ラストの、ナタリーが子供の頃から青春時代を過ごした、
生まれ育った家の庭を見ながらマーカスがつぶやくモノローグ。
「彼女のすべてを知っているこの庭に、僕は隠れていよう」

見ていない人にはわからないかもしれないけど、
これから愛する人・ナタリーを、ずっと見守っていこうする意思表示みたいで、
グッきてしまったやんかいさあ。


カルチュア・パブリッシャーズ 2013年11月20日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「海の上のバルコニー」(10年・フランス) 幼い頃に愛した人と再会、でも彼女は突然消えた‥

海の上のバルコニー
アカデミー賞受賞作「アーティスト」で、日本でも名が知られるようになった(かな?)ジャン・デュシャルダン主演の、ちょいミステリー風味のフレンチ・ラブロマンスでおます。
今年の2月にWOWOWで放映されたらしいけど、劇場は未公開。
このブログで以前紹介した、僕の好きな映画「OSS117 私を愛したカフェオーレ」で、オバカで小粋なコメディ・センスを発揮したデュシャルダンだけど、ラブロマンスものはどうじゃろかい?と気になってレンタルすることにしたんよね。
で、感想だけど、もともとハンサム系の顔立ちだし、恋愛ものでも、なかなか良いところを見せてるやん!
でも、彼より、ヒロインを演じたマリ・ジョゼ・クローズの存在のほうが際立っていたけどさぁ。

南フランスのプロヴァンスで、妻子と暮らし、妻の父の不動産会社で働いているマルク。
ある日、取り扱い物件の別荘案内のために、義父に同行したマルクは、
購入業者の代理の金髪女性を見て、見覚えが有ることに気付く。
そして彼女が、紛争中のアルジェリアに住んでいた少年時代に、猛烈に恋したキャティだと気付く。
彼女の宿泊先を訪れると、キャティのほうから誘うように体を引き寄せられ、
この瞬間を待ってましたとばかりに、情熱的な愛のひとときを過ごしてしまうマルク。
だが彼女は、突然、彼の前から姿を消した。
それどころか、母から、キャティは紛争中に亡くなったと聞かされる。
はたして、マルクと過ごしたキャティは誰だったのか‥。

監督は、「愛と哀しみのボレロ」などに出演した女優で、
監督作にカトリーヌ・ドヌーヴ主演「ヴァンドーム広場」(98)がある、ニコール・ガルシア。
脚本も共同で書いていて、アルジェリアでの少年時代の描写をちょこちょこ差し挟みながら、
前半はマルクの視点で物語が進み、後半から、キャティと名乗るヒロインの視点に移る構成。
そして、この後半で、幼い頃のいじらしい恋心を、ずっと胸の奥にしまっていたヒロインの心情が、
ググッとクローズアップされ、ヒロイン主体の作品だったんだと気付かされる。

女性監督らしく、マルクとキャティ、それぞれの視線や微妙な表情を、
とても繊細に映像に写し取っているって気がするな。
ただ、ヒロインに比べ、マルクや彼の家族の描写は、ちょい不足気味で、あいまいな部分もあるけど。

どこかメランコリックで叙情的な、「リトル・ダンサー」のスティーブン・ウォーベックの音楽が
作品のラブロマンス・ムードを盛り上げてる。
南フランスの海沿いの街をとらえたジャン・マルク・ファーブルの撮影もベリーグッド。
オープニング・クレジットの、夜明け近くのプロヴァンス(と思うんだけど)の
青みがったか街の風景、どこか幻想的で、引き込まれるような美しさやんかいさぁ。

未見の人のために、ネタバレになるんで、あまりストーリーは書けないけど、
ヒロインの恋は、はたして成就するのか否か‥。

一応デュシャルダンがクレジットでもトップにきていて、彼なりに好演しているけれど、
最初に書いたように、マリ・ジョゼ・クローズの存在感でがとにかく大きいわ。
そんなに美人ってわけでもないんだけど、その分、親しみがわくってところもあるし、
謎めいているように見せていても、どこか人間くさくって、
だからこそ、僕は彼女にすんなり感情移入してしまったというか。

前に何かの映画で見たような気がして、なんだったかなぁと考えていて、
フランソワ・クリュゼ主演のミステリーの佳作「唇を閉ざせ」(06)に出ていたんだと判った。
「唇を-」では、主人公の妻の役で、死んだはずなのに、実は生きていたって役だったな。

マルクの会社のイタリア人の同僚セルジオ役に、「ゴモラ」 「穏やかな暮らし」の名優トニ・セルヴィッロ。
ジャケットに、彼の名前なんてなかったので、ゲスト出演かなと思っていたら、意外や重要な役柄。

そして、イタリアの往年の人気女優、CCことクラウディア・カルディナーレが、
マルクの母役で登場。1938年生まれだから、本作出演は75歳。
昔の面影は、さすがにないし、声もしわしわだけど、まだ健在だったんだ。

ラブロマンス系の作品って、僕はあんまり見ないんだけど、
久しぶりに、その手の作品を目にして、たまには見るのもいいもんだと思いましたわさ。

余談だけど、ヒロインの部屋に、スティーブ・マックイーン主演作「ブリット」のポスターが貼ってあった。
監督の趣味なのか、美術スタッフの趣味なのか、ちょっと気になった、こともないか。

ミッドシップ 2013年5月24日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード