FC2ブログ

「ローンウルフ 真夜中の死闘」(14年・アメリカ) 盲目の年老いた退役軍人が狼男退治に命をかける、レトロムード漂うホラーやん!

ローンウルフ 真夜中の死闘
ドラキュラやミイラ男と並ぶ、ポピュラーなホラー・モンスターのひとり、狼男が登場する、ちょっと風変わりなホラー・ムービーがこの「ローンウルフ 真夜中の死闘」。

何が風変わりかっていうと、主人公は年老いた盲目の退役軍人で、ベトナム戦争でのある出来事で心が壊れてしまい、家族とも距離を置いて孤独に生きているって設定だし、物語の舞台となるのが年寄りだらけの高齢者専用住宅地なんよね。

その住宅地に狼男が出没し、老人たちを食い殺すって話で、主人公を演じるのは快作「ステイク・ランド 戦いの旅路」(10)でタフなヴァンパイア・ハンターを演じていたニック・ダミチ。
彼、アメリカのインディペンデント系の作品で活躍している人のようで、「ステイク・ランド-」じゃ脚本もこなす才人みたい。他の脚本作にカニバリズムをテーマにした「肉」(13)があり、どうもホラー指向が強いみたい。
59年生まれだから、本作の出演時は55歳だけど、老けメイクで老人になりきり、孤独に生きる主人公を力演してるやん。

高齢者専用住宅地に、愛犬シャドーと共に引っ越してきた盲目の退役軍人アンブローズ。
新居の壁に食い込んでいた得体のしれない爪を見つけ、不安がよぎる。
その夜、隣人のデロリスが何者かに襲われた。
激しい物音に目を覚ましたアンブローズは、壁を叩いて彼女の名を呼び続けた。
そんな彼のもとに、デロリスを襲った者が侵入し、彼にも襲いかかってきた。
必死に抵抗し、何とか追い払うことは出来たが、
彼を助けようとしたシャドーは息絶え絶えの深手を負った。
アンブローズは、シャドーの苦しみを見かね銃弾を撃ち永眠させた。
翌日、やってきた警官から、デロリスが惨殺された事を知ったが、
近くの森の野生動物が襲ったのだろうと結論付けられる。
でも、昨夜は満月で、ひと月ごとに似た事件が起こっていると聞いたアンブローズは、
襲った者の正体を悟り、一人でそれと戦おうと準備を始めた…。

狼男をモチーフにしながら、主人公の心の闇と、彼と息子夫婦の気まずい関係など、
ドラマ要素を巧みに絡め、どこか80年代チックなレトロなムードを漂わせ描いているな。

監督は、「NITOROニトロ」「スクリーム・アット・ナイト」の
アルゼンチン出身のアドリアン・ガルシア・ボクリアーノ。
僕にはお初の監督だけど、キレの良い演出と編集で、
主人公の心情や周囲の人間関係など、端的に手際良く見せてくれる。
それなりに腕のある監督やないのって思ってしっまたわ。

狼男は、今どきのアメリカ映画に珍しく着ぐるみで登場し、
モッサリしていて動きも妙にダサいところがあるけど、
不思議にこの作品には似つかわしい気がしたな。
人間から狼男に変身していく様でも、CGを僅かに使っているだけで、
あくまで着ぐるみにこだわっているみたい。
狼男を通して、主人公が抱える心の闇を、彼らを倒すことで振り払い、
人生を終えようと覚悟を決める心情に焦点を当てているからで、
監督が、狼男をあまりリアルに見せないでおこうと心掛けたのかもしれない。

アンブローズが、最後の闘いに挑むとき、彼にとって正装である軍服を着るなど、
ちょっと「ローリング・サンダー」を思わせるところもあるが、
退役後も、戦争で心が壊れ、まともに暮らすことができなくなった彼が、
それにケジメをつけるために制服を着たんだろうな。

亡き妻のエンゲージリングの使い方もナイスやん。

ただ、ストーリーに説明不足気味な部分もいくつかあって、
なぜアンブローズがすぐに狼男の存在を察知できたのか?
狼男と教会の神父の関係は?銃砲店でアンブローズの前に銀の銃弾を買ったのは誰?
などなどだが、見ている間はそんなに気にならない。

ダミチを筆頭に登場するのは中年や老人ばかりで、
ノッポの神父スミスに「刑事グラハム/凍りついた欲望」(86)で殺人鬼を演じたトム・ヌーナン、
教会へのバスの世話係グリフィンに「ブギーマン(ハロウィンⅡ)」(81)のランス・ゲスト、
墓石屋のオヤジに「肉」のラリー・フェセンデン他、クセのあるオッサン役者が並んでいる。
彼らのうちの誰が狼男だったのか?
気になる人は作品を見てチョンマゲ!

ラストに、アンブローズの息子ウィルが、様々な思いを込めて満月に向けて銃弾を発射するところ、
なんだか胸に軽くジワ~と来てしまったわ~。

ところで、アドリアン・ガルシア・ボクリアーノ作品って本作も含め、ほとんどが劇場未公開だけど、
彼の過去の作品がみたくなってきなぁ!DISCASで宅配レンタルしようっと!


アクセスエー 2017年8月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ソムニア -悪夢の少年-」(16年・アメリカ) ちょい切なくて温かい、ホラー風味のダーク・ファンタジーでおまんにやわ!

ソムニア -悪夢の少年-
悪夢を扱ったホラー映画と言えば、眠ると殺人鬼フレディに襲われる悪夢世界におちいり、夢の中なのに本当に殺されてしまう「エルム街の悪夢」をまず思い浮かべてしまうけど、はたしてこの未公開ホラーじゃどんな悪夢が登場するのか!

「ソムニア -悪夢の少年-」って邦題から、少年が恐怖の悪夢体験をする話かなと思って見たんだけど、意外や意外、ちょい切なくてヒューマンな味わいもあるダーク・ファンタジーで、ラストじゃちょいウルッときてしもたやん。

愛する息子ショーンを亡くしたジェシーとマークの夫婦。
二人は悲しみから立ち直ろうと、8歳の少年コーディを里子として迎え入れることにした。
おとなしくて礼儀正しいコーディだったが、
彼は、なぜか眠りにつこうとせす、蝶の図鑑を眺めて夜を過ごすのだった。
そんなある夜、ジェシーとマークがリビングでくつろいでいると、
突然目の前に、色鮮やかな蝶たちが現れ、二人の周囲を飛び交った。
次の夜には亡くなったはずのショーンまで現れた。
驚きよりは嬉しさのあまり息子を抱きしめるジェシーだったが、
その姿はカスミのようにすぐに消えてしまった。
そして、起きてきたコーディが「ごめんなさい、僕が夢を見たから」と二人に告げた…。

冒頭、スヤスヤと眠る少年コーディの前に男が凶器を持って現れ、彼を手にかけようとするが…
ってな、いかにもホラー映画のオープニングっぽい場面で始まり、
いったい少年にどんな邪悪な魂が潜んでいるのかと興味をわかせ、ツカミはOK。

そしてジェシーたちの家で起こる不可思議な現象が描かれていくんだけど、
どうもホラーじみたエグイ描写は避けているみたいで、飛びかう蝶や死んだ少年の愛くるしい笑顔など、
なんとも幻想的でファンタジック。

と思って見ていたら、突如、不気味で禍々しい怪物らしきものが現れ、ジェシーの夫マークを…。

適度にホラーっぽい描写を交えながら、
物語は、特別な能力を持つがゆえの少年の心の闇と哀しみを、
じんわりと描き出していくんよ。

コーディが、怪物をキャンカーマンと呼ぶんだけど、
その名前にも、切ない理由があったりして…。
また、蝶が現れる理由も。

映画「シックス・センス」じゃ、
8歳の少年コールは、死んだ人間を見ることができる能力に悩んでいたけど、
本作のコーディもコール同様、ある能力を持ったゆえに悩んでいる。

監督・脚本のマイク・フラナガンは、
「人喰いトンネル」(10)「オキュラス/怨霊鏡」(13)と、ホラー中心に撮ってる人みたいだけど、
「ソムニア-」じゃ、ホラー要素は控えめに、ジェシーとコーディの心情にスポットをあて、
肉親を失ってしまった人間の悲しみゆえの行動を、
最後に心温まる(!?)ダーク・ファンタジーとして、手際よく描いて見せてるな。
ただ、里子を紹介するソーシャルワーカーの女性や学校のイジメっ子など、
多少描写不足気味なところもあるけど。

コーディに扮しているのが、第88回アカデミー賞で作品賞などにノミネートされた「エール」で、
ヒロインの息子を演じていたジェイコブ・トレンブレイ。
自分の特別な能力に悩み怖れながらも、誰かを傷つけてしまう少年を、
とてもナチュラルに演じていて、物語に説得力を与えているなあ。
放送映画批評家協会賞で若手俳優賞をゲットしたのも納得の演技よ、ほんまに。

ジェシー役ケイト・ボズワースは、
最初は少年コーディの能力を身勝手な理由で使おうとするけど、
その過ちに気付き、彼の出生の秘密を探り、心の闇を解きほぐしていこうとするヒロインを好演。
「スーパーマン・リターンズ」(06)じゃロイス・レインを演じるなどスター女優になりそうなのに、
なんかいまいち地味な感じ。演技力はあるんだけど、華に欠けるのかなぁ。

ところでジェイコブ君は、「エール」で、アメリカじゃ天才子役なんて言われて、
今後も出演作が続々あるみたいだけど、誰かさんみたいにヒン曲がったり落ちぶれたりせず、
俳優として順調に成長していって欲しいな、なんて老婆心ながら、思ってしまいましたわさ。

ギャガ 2016年9月16日レンタル&セル・リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「マザーハウス 恐怖の使者」(13・ベネズエラ) 始まりは”恐怖”、そしてエンディングは…。驚きの展開を見せる、上出来のオカルト・ホラーやんかいさぁ、ほんまに!

マザーハウス 恐怖の使者
ベネズエラ映画って、日本じゃほとんど見る機会がないけど、世界のホラー映画祭で結構話題になったらしいベネズエラ製オカルト・ホラーが、この「マザーハウス 恐怖の使者」。

ベネズエラって国の名は知っていたけど、ほとんど馴染みのない国だし、南アメリカのどこらへんかも即座には分からなかったので、ネットで調べたら、南アメリカの北部。カリブ海に面したところで、南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られる国なんだ。

そんな自然に恵まれた国のホラー映画って、どんなもんじゃろと見たんだけど、これがもう、めちゃめちゃオモシロかった。

邦題から、家に邪悪な怨念がこもった「呪怨」やアメリカ映画「たたり」もどきの作品かと思ったら、全く違うのよ。
もう、後半30分の展開といったら、それまでの物語がものの見事にくつがえされ、それどころか…。

何ていうか、何を書いてもネタばれになってしまい、
まだ未見の人に、肝心の部分を伏せて説明するのがめっちゃ難しい作品なんだわさ、ほんまに。
僕が、最初に見たときは、ええっ!まさかっ!なな、なんと!と驚かされまくり、
そして、ラストじゃ涙腺がジワッと…。
充実の映画体験をさせられたやんかいさあ!

時は1981年。
気絶していたらしい中年の女ドゥルセは、ふと眼を覚ました。
頬に切り傷があり、手に鏡の破片を握っていた。
慌てて愛しい息子レオポルドを探すドゥルセ。
そして、地下室で、夫フォセが死んでいるのを発見した。
そばに、おどおど気味のレオポルドが、奥の開いた扉の前に立っていた。
彼女は、レオポルドを抱き寄せようと手を差し伸べた。
だが、彼がドゥルセの方に歩きだしたとき、急に何者かに扉の向こうに引きずり込まれ、
厚い扉が轟音をたてて閉ってしまった。
翌朝、ドゥルセは、夫と消息不明の息子を殺害したとして終身刑になり、監獄暮らしとなった。
決め手は、夫を差したナイフに、彼女の指紋がついていたから。
そして、30年後、ドゥルセは高齢を理由に釈放され、
警官の監視付きで、自宅で暮らすこととなった。
定期的に、40歳近い教区の司祭マリオが、彼女のもとを訪れ、いろいろと相談に乗ろうとした。
そして…。

映画は、30年前の事件が起こる以前のドゥルセ一家の話と、
老齢となった現在のドゥルセの話が交差しながら、
謎めいた殺人事件の全容を解き明かすというか、
見ているものを、後半で一気に”時の迷宮”へと導いていく。

彼女たちが住んでいた大きな家では、以前にも住人の失踪事件が幾度か起こっていた。
最初に、家を建てたのはイギリス人。
なぜか、その土地に家を建てることに強いこだわりを持っていたそうで、
そのイギリス人一家も、失踪したらしい。
誰も住む者がいなくなり、政府に買い上げられた家を、
5年前に、めちゃ安で手に入れたのが、フォセとドゥルセだった。

フォセは失業中で、一家にはレオポルドとロドリゴの、やんちゃ盛りの二人の息子がいた。
事件の前、ドゥルセは、家で不気味な怪現象に直面し、不安を覚えた彼女は、
霊媒師に来てもらって、家に何か憑りついていないか確かめようとしていた。

30年ぶりに、我が家に戻ってきたドゥルセだが、
家の中で、見知らぬ老人を目にしたり、またもや怪現象に、おののくことに。

製作・監督・脚本は、アレハンドロ・イゴルダ。
多分ベネズエラ出身だと思うけど、脚本が実に巧妙に練られているな。
母ドゥルセが息子に、お守り代わりに与えるムーンストーンの使い方もうまいし、
霊媒師のセリフ、レオが母に差し出したメモ書きなど、
随所に見せる、ちょい謎めいた伏線の張り方も絶妙。

その緻密極まりないと思える脚本を、ものの見事に映画ならではの演出で、
見ている側を翻弄しちゃってくれるのよ。

ドゥルセ役、ルディー・ロドリゲスの熱のこもった演技が、作品をグッと引き締めてるし、
息子レオポルドに扮した子役ロズメル・ブスタマンテも、
純朴でやんちゃ盛り、それでいて母を慕う息子を、とても自然体で演じてる。

……もう、これ以上、この映画のことは書けましぇ~ん!

とにかく予備知識なしに、まずは見てチョーダイ!

しかし、エンドクレジットの前に、「最高の母ディオニーとママリダに捧ぐ」って文字が出てくるの、
なんだか深い余韻を残しよるやないの。
監督は、愛する母親のために、この映画を作ったんやろか、
だから、ああいう結末にしたんやろか。
ホラー映画で、最後にこんなウルウル気分にさせるなんて、イダルゴ監督、ニクイわぁ!

アクセスエー 2015年12月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ババドック ~暗闇の魔物~」(14年・オーストラリア) 母子家庭を襲う”魔物”は、心の闇が生んだ妄想の産物か、はたまた現実に存在するのか!ジメッと暗くて、ほんのり不気味!

ババドック ~暗闇の魔物~
前回紹介したのがアメリカ産ホラーだったけど、今回は、オーストラリア産ホラー「ババドック ~暗闇の魔物~」。
「エクソシスト」の監督ウィリアム・フリードキンが、「この作品よりも怖い映画を見たことがない。私だけでなく見た人すべてを怖がらせるだろう。」と自身のツイッターで絶賛していたそうで、それならホラー映画好きの僕としちゃ、見ておかなくちゃとレンタルしたんよね。

なんでも、本国のオーストラリア・アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞したそうで、海外の映画祭でも話題になったんだって。
それほど世界で話題になったらしいのに、日本じゃ劇場スルーとなっちっち。

10月18日深夜には、WOWWOWプライムで放映されるみたい。

夫を事故で亡くし、介護施設で働きながら、7歳の息子サミュエルと暮らすアメリア。
夜、サミュエルは、母が本を読み聞かせてもらいながら眠るのが習慣になっていた。
やんちゃ盛りで、ちっとも言うことを聞かないサミュエルに手を焼くアメリア。
とうとう通っていた学校で問題を起こし、休学扱いとなってしまったサミュエル。
そんなサミュエルが、ある夜、アメリアの知らない絵本を取り出し、読んでほしいとせがんだ。
それは、”ババドック”というキャラクターが登場する奇妙な飛び出し絵本だった…。

予備知識なしに見たので、最初は、
サミュエルが魔物ババドックに憑(と)りつかれててしまう話かなと思っていたら、
母親のアリエルの方が、ババドックの絵本に憑りつかれてしまい、
やがて正気を失っていくというか、現実と妄想の区別がつかなくなる状態に陥り、
どんどん狂気じみていく姿を描いた作品やった。

まだ若いアメリアは、夫のいない寂しさから、夜、自慰にふけったり、
仕事帰りに、駐車場で男女のキス場面を目撃しては心が揺らいだり、
性的欲求をもてあましている節がある。
生活も、ゆとりに乏しく、贅沢らしいこともできない。
そして、何かと問題を起こしてしまう息子。

いつしか気持ちがすさんでいた彼女の夢の中にババドックが現れるんだけど、
それは、精神的に追い詰められ気味の彼女の病んだ心が生み出した妄想なのか、
それとも実在する魔物なのか…。

アメリカ映画なら、魔物の存在をはっきりと見せ、
親子がその魔物に立ち向かうという、判りやすい物語になってしまうところだけど、
本作じゃ、それがあいまいというか、はっきりと提示しない。
アメリアの心が生んだ妄想の産物かもしれないと匂わせ、
なんていうか、サイコロジカルな心理サスペンス・ホラーって感じなんよ。

監督は、本作が初監督・初脚本となるジェニファー・ケント。
彼女のことネットで調べたけど、なにせ突如出現したらしい女流監督だけに、詳細は不明。
でも、低予算ながら、オーストラリアの風土をあまり感じさせないダーク・ブルーな色調で、
鋭い切れ味の映像展開を見せ、映画的センスはなかなかのもんやと感じさせてくれるな。
あまりハッタリをきかさず、どこか不気味なニュアンスを画面に漂わせちゃてるところもナイス。

アメリアを演じたエシー・デイヴィスの演技も、作品に大いに貢献しているな。
一人息子に優しく接していたかと思うと、
ババドックに憑りつかれてからは、息子に邪険な態度をとり、はては愛犬を…。
心に闇を抱えるヒロインを、陰と陽を巧みに使い分けて、実にリアルに演じてる。
彼女の狂気に陥った演技は、生々しい怖さが滲み出ていて、ビビッてしもたわ、ほんまに。
「オーストラリア」に出ていたらしいけど、僕にとっちゃ、お初の女優さんで、
確かな演技力を持つアクターやん。

息子役ノア・ワイズマンも、お手製ボーガン(洋弓銃)を作ったり、
従妹にあんなことしたり、ちょいエキセントリックでアブナゲな少年を、これまたリアルに演じてる。

クライマックス近くで、
アレックスが7歳にして初めての誕生祝いをひらいてもらうことになるんだけど、
それまで一度も誕生祝いをしなかったのは、彼を生んだ日が、
夫が自動車事故を起こした命日だったから。

ということは、ババドックの存在というのは、やはり彼女の…。

そして思わせぶりなラスト。
ひょっとして、ババドックは…、そしてアメリアとサミュエルは…。

すっきりしないところが、妙に見ている側の心にしこりを残してしまう、
でもそれがちっとも嫌じゃない、そんな作品であ~りました。

トランスフォーマー 2015年9月4日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「呪い襲い殺す」(14年・アメリカ) ウィジャボードで悪霊呼び出してしまい、オヨオヨヨ!ビリリ・バリリ・ブーやんかいさぁ!

呪い襲い殺す
8月にこのブログで書いた「恐怖の人体研究所」に続く、ユニバーサル絶叫シリーズの1本が、この「呪い襲い殺す」。
本当は、「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」(14年・アメリカ)を書こうと思ってたんだけど、長年連れ添った夫が猟奇殺人鬼であると知った妻の複雑な心情を描くって、ちょい面白そうな題材だったのに、見たら、ちっとも盛り上がれないガックリ・クリクリ・クリックリな作品だったので、こっちにしたんよね。
なんていうか、ヒロインの心情がちっとも伝わってこなくって、メリハリにも欠けているというかね。

「呪い襲い殺す」は、欧米版「こっくりさん」であるウィジャボードで、悪霊を呼び覚ましてしまった若者たちの恐怖を描いたオカルト・ホラー。
なんでも全米で4週連続トップ10入りしたヒット作らしいけど、日本じゃ劇場未公開でソフトスルーとなっちっち。

見たら、けれん味ほどほど、キレの良い演出でサクサクと展開する娯楽作であ~りました。
ティーン向けなのか、エグイ描写もあんまりないし、
スナック頬張りながら気楽に見るには丁度いいって感じかな。

突如自殺した親友デビーが、死ぬ前に一人でウィジャボードを使っていたことを知ったレイン。
彼女の死の理由を知ろうと、妹のサラ、恋人のトレバー、友人のイザベル、
それにでデビーの恋人ピートの5人で、ウィジャボードを使ってデビーの霊を呼び起こすことにした。
だが、呼び起こされたのは…。

ストーリーに、目新しさっての左程ないけど、
何かが起こると思わせておいて何も起こらなかったり、
ボードの文字を示すブランシェットの真ん中に丸いガラスが埋め込まれていて、
そのガラスを覗くと禍々しい霊が突如見えたり、
ホラー映画のツボをそこそこ押さえた演出で、そつなくまとまった作品だな。

監督のスタイルズ・ホワイトって人は、
「ポゼッション」「ブギーマン」など、ホラー映画の脚本を担当していた人らしいけど、
無難でくせのない演出を心掛けたみたいだけど、できたら、クライマックスで、
もうちょっとガツンッとくるシーンを見せてほしかったような気もするな。

しかし、どこか、一昔前のホラー・テイストみたいなもんが漂ってるってところは、
個人的にはナイスだったやん。

デビーが使ったウィジャボードの秘密が徐々に分かり始め、
ある忌まわしい存在が明らかになっていくんだけど、
そのカギとなる養護施設の老女を演じているのが、リン・シェイって女優さん。
彼女、「エルム街の悪夢」「クリッター」「ヒドゥン」、最近じゃ「シグナル」、
それに劇場未公開の「チレラマ」など、ホラーやSF映画でよく見かける女優さんで、
1943年生まれだから、本作出演時は71歳になってるんだけど、
この種のジャンル系作品に不思議にぴったりとハマる人で、本作でもいい味出してるやん。

主演のレイン役オリビア・クックは、リン・シェイが出ていたSFスリラー「シグナル」で、
主人公の恋人を演じていた若手女優さんだけど、
ナタリー・ポートマンをもっと庶民的にしたような顔立ちと雰囲気で、
多分、本作が初主演となるんだろうけど、力まず、柔軟に演じていて、
ちょっと注目しちゃおうかなって思ったやん。

彼女の妹役アナ・コトーも、個性的な顔立ちで、
小悪魔的ニュアンス漂い、こちらもなかなか魅力的。
ネット調べたら、ほとんど出演作が見当たらず、
ひょっとしたら本作が劇場映画デビュー作かもしれないな。

ところで、瀬々敬久監督が撮った和製ホラー「KOKKURI こっくりさん」(97)ってのがあり、
女子高生たちの危うい心理を、レズ・ニュアンスを漂わせながら描いた作品で、
細部はほとんど忘れたけど、なぜか印象に残っていて、もう一度見てみたいと思うんだけど、
DVDが出ているんかな~?

NBCユニバーサル 2015年9月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード