FC2ブログ

「フェーズ7」(09年・フランス) 恋人が凶悪ミュータントになっても愛し通せるかな!

フェーズ7

洋画・邦画問わず、最近の作品タイトルって、英語のカタカナ表記や外来語ばかりで、
たまに、何の意味か、よく判らない時がある。
本作の「フェーズ7」って言葉も、雑誌「DVDデータ」の新作案内ページで見た時は、
最初、何の事やらさっぱり判らなかったけど、
感染者を怪物化するウィルスが猛威を振るうとか書いてあったので、
どうも、フェーズってのは、感染の度合いのことではないだろうかとかってに推測したわさ。

レンタル店で、この作品を目にした時、ジャケットの題名の下に、
サブタイトルとして「超厳戒感染レベル」とあったので、やっぱり感染の度合いだったんだなと納得。

「フェーズ」のことをネットで調べたら、
世界保健機関が、感染が世界的に大流行する危険性や、
事前対策を実施する必要性について知らせることを目的として、警戒レベルを6段階に分類しているそうで、
フェーズ1は「ヒト感染のリスクが低い」、2は「ヒト感染のリスクはより高い」、
3は「ヒトからヒトへの感染は無いか、極めて限定されている」とかあって、
4、5を飛ばして、6は「世界的大流行が発生し、急速に感染が拡大する状態」のことらしい。

その警戒レベルのもう一つ上の「フェーズ7」。

世界保健機構じゃ、「インフルエンザ・パンデミック計画」に、フェーズ7ってのがあり、
これは、パンデミックが発生する前の状態へ急速に戻ることとしていて、
インフルエンザの回復期のことらしい。

7が回復期と言うことは、感染がおさまってきた時期であって、
ちっとも超厳戒感染レベルじゃないと思うんだけど、いかがなもんでしょうか?

ま、それはともかく、
本作は、去年、日本で催された「フランス映画祭2009」で上映されたそうだけど、
劇場公開には至らず、DVDスルーとなってしまったみたい。

リリースされたのは去年の11月だけど、ジャケットのインパクトがいまいいち弱いし、
よくある感染パニック映画やないけ、と手に取らなかったんだけど、
たまたま、100円レンタル・キャンペーンってのをやっていて、
他のDVDを借りるついでに、ひょっとしたらオモロイかもと、おまけに借りたんだ。

で、これが、意外に、出来の良い、ホラー風味のSF感染サスペンスで、
なかなか面白がらせてくれましたわさ。

舞台は、感染すると凶悪なミュータントになってしまうウィルスが蔓延する世界。
恋人同士である看護士らしきソニアとマルコは、黒人女兵士の指示のもと、救急車で、
まだ感染していない怪我人救助を行っていた。
だが、マルコが、感染者に襲われた時、女兵士が銃で殺すが、感染者の血を謝って口に入れ感染しまう。
女兵士も死に、残った二人は、ひとけの全くない荒れ果てた病院に避難し、救助を待つことにする。
ソニアの懸命な介護にもかかわらず、マルコの状態は悪化し、徐々にミュータント化していくが…。

ドラマの中の季節は、一面雪に覆われた冬。
がらんとした病院内の冷えびえとした空気が、二人の孤独感を、うまく際だたせているね。

マルコの精神がどんどん病んでいき、凶暴になってソニアに襲いかかり、
恐怖感からソニアは彼から必死で逃げるけど、
まだわずかに人間の心を持っていたマルコが、自分自身に絶望し泣きわめくと、
優しく抱きしめるソニア。

愛する相手が異形の怪物に変わり果てていっても、まだ愛することができるのか。
愛しているなら、相手に対して何をしてあげればいいのか。
SFホラーの形をとりながら、「愛」をきっちり描いているところが良いなあ。

僕なら、そんな状況の時、どうするだろうか。
愛する相手をほったらかしにして逃げ出してしまうんじゃないだろうか。
ん~、どうするかな…。

この後、二人だけのドラマだと映画として持たないって監督は考えたのかは知らないけど、
中盤から、未感染の武装グループが登場し、アクション要素が強い展開となっちゃう。

確かに、ソニアとマルコの二人だけの物語だったら、地味といえば地味だけど、
僕としちゃ、その部分だけを掘り下げて描いてもええんではとも思ってしまった。
でも、そうしてしまうと、風変わりなアート系作品になってしまうかもね。

基本的に、エンタテインメント作品なわけで、アクション要素が必要だったんだろうね。
だけど、ベーシックな「愛」の部分はちゃんとラストまで押さえてるし、ま、いいか。

案の定、武装グループとソニアのバトルがあり、
ミュータントと化したマルコも、武装グループに襲いかかったり、
いろいろあって、マルコとソニアは、最後にある決断を下すことに…。

監督は、ディヴィッド・モーレイ。フランス人かどうかはわからいけど、
メリハリの利いたシャープな演出で、ソニアとマルコの心理描写も丁寧に描いている。
マルコがミュータント化していく過程も、こうして少しずつ人間でなくなっていくって感じを、
どこか切なさみたいなものを漂わせつつ描写していくところも、うまい。
脚本担当の、ヨハン・ベルナール&ルイ=ポール・ドサンジュのおかげもあるだろうけど。

ゾンビと違って、生きていながら自分自身が怪物化していってしまうわけで、
自身の変化に絶望し、悲嘆にくれてしまうなど、俳優の演技力を要求されると思うけど、
マルコ役のフランシス・ルノーは、それを巧みに演じて見せてる。
特殊メイクで容貌が不気味になっても、目の動かせ方ひとつで、悲しさ切なさを語ってくれるんだ。
ソニアに扮するエレーヌ・フジュロールも、少々地味な印象の女優さんだけど、
恋人の変貌に嘆き悲しみ、それでも気丈に振る舞うヒロインを好演し、物語に説得力を与えている。

アメリカの、この手の映画だったら、
ラストは主人公が助かって良かった良かったとかで終わりそうなところが、
切ない余韻を残してエンディングを迎えるところも、個人的には、ええ感じでおましたわ。

ところで、恋する人が怪物化するったら、
ディビッド・クローネンバーグ監督の「ザ・フライ」もそうだったなあと、思い出した。
「ザ・フライ」も、ちょい切ないところはあったけど、
切なさの度合いでいったら、「フェーズ7」のほうが上かもって気がするな。

角川映画 2009年11月27日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : 日本未公開作品
ジャンル : 映画

リノ・ヴァンチュラ (フランス) ゴツくて渋くて男くささマンマン男優

シシリアン

フランスの映画男優で、僕が一番好きなのは、リノ・ヴァンチュラ。
映画ファンなら、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカスと共演した「冒険者たち」が有名なだけに、
顔を知らない映画ファンはいないだろう。
男くささたっぷりのタフで頼れるオヤジって雰囲気の俳優さんだけど、
ほんのり優しさみたいなものが漂い、実に味わい深くって、なんか良いんだな~。
フランスの映画俳優だけど、出身はイタリア。

そんな彼が刑事を演じ、
アラン・ドロンとフランス映画界の大御所ジャン・ギャバンと共演した「シシリアン」(69)のDVDが、
大阪はナンバ、TSUTAYA戎橋店で、1000円で売っていたので、つい買ってしまった。
前から欲しかった作品で、そのうち廉価版で出るだろうなと待っていたんだけど、なかなか廉価版が出ず、
TSUTAYAでレンタルもされず、もう見られないんやろな~と諦めていただけに、
メッチャ嬉しかったやんかいさ~。

監督は、「地下室のメロディー」「太陽の下の10万ドル」などのベテラン、アンリ・ヴェルヌイユ。
音楽はイタリアのエンニオ・モリコーネ、撮影は「太陽がいっぱい」の名カメラマン、アンリ・ドカエ。
キャスト&スタッフ充実しまくりの作品だけに、中身も、個人的には文句なしに楽しめましたわさ。

ローマからニューヨークへ空輸される5000万ドルの宝石強奪を企むシシリア人ファミリーの顛末を
クールなタッチで描いたもので、ドロン、ギャバン、ヴァンチュラの役柄が、キャラにナイスマッチ。

話がシシリアン・ファミリー中心だけに、ファミリーのボス役ギャバンや、女癖の悪い泥棒役ドロンに比べ
刑事役のヴァンチュラの登場場面は少ないけど、それでも、要所要所に登場し、
ラストも、ギャバンと共にビシリッと締めるちゃってくれる、おいしい役だ。

航空機内で宝石強奪を実行し、航空機ごとハイウェーに着陸させるってな、
スケールはデカイが、ほんまにそんなに巧くいくんかいな?と多少の疑問も湧くけど、
フランス映画らしく、キャラ描写が丁寧で、俳優の魅力とあいまって、
フィルム・ノワール的雰囲気は、ぎりぎりそこなわれていないので、僕としては許してしまえるな。

ところでヴァンチュラ出演作って、ビデオ・ソフト化されているものは多いけど、
DVDソフト化となると、実に少ない。オモシロイ映画があるのにな~。
一番DVD化して欲しいのは、「女王陛下のダイナマイト」(66)。
カタギになっていた男が、昔のヤクザ仲間とイギリスの犯罪一味の争いに巻き込まれ、
ダイナマイト爆破合戦を繰り広げるって話で、ジョルジュ・ロートネル監督らしい、
すっとぼけたユーモアとアクションのバランスが、なんともグッドな快作。
これまた僕の好きなフランス女優ミレーユ・ダルクが花を添えているのもエエ感じでおまんにやわ。

もう1本、DVD化希望は「ギャング」。
フィルム・ノワールの名匠と言われるジャン・ピエール・メルヴィルの秀作。
題名通り、ギャングの非情な世界を、重く沈んだ、それでいてつややかにムーディーに描いた、
2時間半のリノ・ヴァンチュラの代表作のひとつ。
中古のビデオは持っているんだけど、画質が悪くって、プロローグの刑務所脱出シーンなんて、
画面が真っ黒けで、何をしているのか全く判れへん始末よ。
この作品、メルヴィルを敬愛するアラン・コルノー監督が、
ダニエル・オートトゥイユ主演でリメイク「マルセイユの決着(おとしまえ)」(07)したけど、
これはこれでフィルム・ノワール・ムード満々、悪い出来ではなかったけど、
やっぱり、「ギャング」に比べると、なんか物足りないところがあるんよね。

DVDで、僕が持っているヴァンチュラ出演作品は、「影の軍隊」と「ラムの大通り」。
「影の軍隊」は、ユニバーサルから1500円と廉価で出たのが嬉しかったわさ。

ラムの大通り

「ラムの大通り」(71)は、「冒険者たち」のロベール・アンリコ監督の、
ノスタルジックで切ない、でもってユーモラスな、胸がキュ~ンとくる大好きな作品。
確か6~7年前、ハピネットってソフト会社から2800円で出たのを買ったんだけど、
ネット・オークションで調べたら、今じゃ1万円以上で売られていた。

1920年を舞台に、密造酒運搬の男が、映画館で見たハリウッド女優に夢中になり、
映画館に通い詰めるんだけど、そんな時、その女優と偶然出会い、恋に落ちてしまうが…。

スクリーンの中の憧れの女優と、現実世界で愛し合うなんて、
映画ファンの心をくすぐりまくるストーリーに、ウレシカルカル・カルパッチョ!よ。

ハリウッド女優役は、当時のフランスのセックス・シンボル、ブリジット・バルドー。

普段は無骨で怖いもの知らずなタフガイなのに、
スクリーンのバルドーをじっと見つめるヴァンチュラの、
うぶな少年のような眼差しが、なんともステキだった。

気まぐれで小生意気、でも愛らしくってチャーミングなヒロインを、
バルドーが、楽しげに演じているのも、これまたステキ。

ヴァンチュラ出演作で日本劇場未公開ながら、
なぜかDVDリリースされているのが、「メドゥーサ・タッチ 恐怖の魔力」(77)。
これは、TSUTAYAで、50パーセント引きのセールをやっていた時、手に入れた。

メドゥーサ・タッチ/恐怖の魔力

建物を破壊したり、人間に災いをもたらしたり、超能力テレキネシスを悪用する男の正体を、
交換研修でフランスからイギリスにやってきた中年刑事が暴こうとする、SF風味のサスペンスの快作。

ネットで調べたら、いろんな映画系ホームページで、この作品に関して書かれているので、
今さらって気もするし、あまり詳しく書かないけど、
イギリスの演技派リチャード・バートンの
ほとんど横になったままで身動きしないのに、眼力(めじから)バリバリの不気味な迫力にゾックゾク。
彼を追いつめるには、やはりタフで厳ついヴァンチュラでなきゃ太刀打ち出来ないわな~、
と思わせちゃってくれる。
そのために、わざわざフランスから来てもらい、出演してもらったんだろうね。
それに充分応えて、映画をグッと引き締めてるな、ヴァンチュラさん。

リノ・ヴァンチュラ プロフィール

1919年、イタリア生まれ。50年に、レスリングでヨーロッパチャンピオンになる。
だが、怪我をし、レスリング選手を断念。
たまたま、ギャング役を探していたジャック・ベッケル監督に見いだされ、
ジャン・ギャバン主演の「現金に手を出すな」(54)で映画デビュー。
その後、「死刑台のエレベーター」(58)「モンパルナスの灯」(58)
「自殺への契約書」(59)「バラキ」(72)ほかに出演。
若い頃は、アクション系の作品出演が多かったが、
50代前後からは、クロード・ルルーシュの「男と女の詩」(73)
「サンデー・ラバーズ」(80)「レ・ミゼラブル」(82)他、いろんなジャンルに出演。
1987年、心臓マヒのため死去。

「シシリアン」 フォックス・ホーム・エンターテイメント
「ラムの大通り」 ハピネット
「メドゥーサ・タッチ/恐怖の魔力」 紀伊國屋書店



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

「ザ・コールデスト」(08年) 雪山の殺人鬼に、ヒエヒエ・ヒヤヒヤヤ~ッ、ゾゾッ!!

ザ・コールデスト

劇場未公開作を見る場合、作品のアタリ・ハズレの確率といったら、
やはりハズレの割合が多いわさ。
未公開作品に関する情報って、ほんと少ないから、
僕がレンタルする場合だけど、選ぶ基準といったら、
まずは名の知れた、または気になる監督や俳優がいるかどうか、
そして、何かの賞をとっているかぐらいで、
あまり、キャッチコピーに釣られないようには心がけている。
だいたい、DVDメーカーの作品キャッチコピーって、大袈裟なのが多すぎるんでおまんにやわ。
後は、自分なりの感かな?

それでも、有名監督なのに、なんでこんなカスみたいな映画を撮ってしもたん?とか、
有名俳優の名をメインにして、あたかもその俳優が主演のように思わせておいて、
実は全くのちょい役で、わずかしかしか顔を出さず、あげくに作品の出来もなんかな~?とか、
賞をとったと言っても、ほとんど名前の聞いたことのない賞で、賞を取ったのにこれか?とか、
ガックリ・クリクリ・クリックリ!な作品に、しょっちゅう出くわしてしまう。

いくらレンタル料金が400~500円と安いにしても、やはりハズレは避けたいもんだ。
見てる時間がもったいないもんな~。

僕が最近、未公開作を選ぶ時の参考にさせてもらっているのが、
某レンタルビデオチェーンに勤務している人のブログ『[SAMPLE]ビデオながら見日記』 。
仕事柄、劇場未公開作を見る機会が多い人みたいで、
気になる作品を、そんなにマニアックにならず、かつ評論家ぶることもなく、
映画ファンの目で、どこがオモシロイかオモシロクナイかを、作品紹介を交えて書かれていて、
映画好きな人ならばこその素直なコメントやな~ってところが好感が持てるんよね。

前置きが長くなったけど、
そこで、紹介されていたのが、このノルウェー産ホラームービー「ザ・コールデスト」。

実は、本作、08年12月にリリースされた劇場未公開作「コールドプレイ」(06年)
の続編で、リリース会社が変わってのリリース。
ヒロインも、前作に引き続き登場しているのに、ジャケットのどこにも、それが明記されていない。
不親切やないの、ほんまに。

コールドプレイ

「コールドプレイ」じゃ、雪山でスノーボードを楽しむ5人の若者が、
仲間の1人が大怪我をし、偶然見つけた古びた山荘に留まるハメになるんだが、
そこは殺人鬼の住みかで、仲間が次々と、殺人鬼の餌食に…。
そして、最後の1人となったヒロインが、殺人鬼に立ち向かい、
何とか死に至らしめて、ザ・エンド。

パンチの効いた、メリハリのある演出で、なかなか面白がらせてくれた快作だった。
殺人鬼も、「ハロウィン」のブギーマンことマイケルもどきに、
不気味で、モンスターじみていて、結構迫力あったし。
後半の畳みかけるようなスリリングな展開には、ほんとハラハラさせられたわさ。

その続編が「コールデスト」と言うのを知ったのは、
『[SAMPLE]ビデオながら見日記』のおかげでおます。
ほんと、あっりがっとさんです。

前作は、山荘が舞台だったけど、今回の舞台は雪山のふもとの病院。
前作で唯一生き残ったヒロインが、病院で治療を受けているんだけど、
山荘での忌まわしい記憶にさいなまされ続けている。
そんな彼女から雪山での出来事を聞いた警官達が、雪山を捜索。
被害者達や殺人鬼の死体を発見し、病院の安置室に収容する。
そして、そこで死んだと思われていた殺人鬼がよみがえり、
病院スタッフを血祭りにあげ、ヒロインはまたもや殺人鬼と対決することに…。

「コールドプレイ」の監督は、ロアー・ウートハウグって人で、
「ザ・コールデスト」は、マッツ・ステンバーグって監督に交代しているけど、
緊張感を最後まで持続させ、なかなか手堅くシャープな演出がベリーナイスでおます。

今時のホラーって、結構えぐいスプラッター描写で驚かせるってのが多いけど、
この2本、それを避けて、カット割りやカメラアングル、それに音の使い方など、
もっぱらキレの良い演出力で、ハラハラさせようとしているところに好感が持てるな。
ある意味、オーソドックスな恐怖演出といいますか。

続編だけに、アメリカ映画なら、初っぱなから殺人鬼の殺戮をガンガン見せるところだけど、
本作じゃ、殺人鬼がよみがえるのは、30分ほど後。
それでも、警察署長が山荘の過去を調べたり、傷ついたヒロインのヒロインの心情など、
サスペンスムードをそこなうことなく、物語を展開させるんだ。
監督に、ちゃんと演出力がある証拠だわさ。

前作じゃ戦うヒロインは1人だったけど、今回は、もうひとり、女医も参戦。
脚本は、前作と同じトーマス・モルデスタッドで、
前作同様、人物描写をキチンを書き込み、血を通わせているせいだろう、
ストーリー展開に、あまり無理は感じさせない。
ただ、殺人鬼の過去がほんの少し明らかになるんだけど、
どうも「ハロウィン」のマイケルにだぶってしまうな~。

2作連続のヒロイン役のイングリッド・ボルゾ・バーダル。
美人ってわけでもないけど、
傷つきながらも戦おうとする強いヒロイン・キャラに説得力を与える好演ぶりだ。
女医役の女優さんも、地味だけど存在感あるし。
その他の役者も、薄っぺらさがなく、物語を押し進めてくれるし。
病院の患者で、ヒロインと親しくなる少年が、ハリー・ポッター・シリーズの第1作
の時のダニエル・ラドクリフに似ていて、なかなか可愛かったな。

とにかく、劇場未公開のホラー系の作品って、アホな演出にアホな役者、それに安っぽい撮影で、
ガックリくることが多いんだけど、この2本は、期待を裏切らない面白さでありました。
ネットで調べたら、シリーズ3本目も作られるそうだけど(もう完成しているかも)
日本でリリースされるんやろか。
ま、リリースされるにしても、また日本題名が変わって、
リリース会社も変わってしまうかも知れないな~。

「ザ・コールデスト」 インターフィルム 2010年3月5日リリース
「コールドプレイ」 タキ・コーポレーション 2008年12月5日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : 日本未公開作品
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード