FC2ブログ

「ハートブロッカー」(07年・アメリカ) ダメ男がヌイグルミのおかげで、頼れるヒーローにヘ~ンシンってか!

ハートブロッカー

少年二人の前に、でっかい頭で全身ブルーの人形というかヌイグルミが横たわってる、
不思議っぽいジャケット写真にひかれて、レンタルしてしまった作品でありやんす。

キャッチコピーが「ちょっと変わったスーパーヒーロー」だったから、
てっきり、このブルーのキャラが、正義のために悪と戦う、お子さま向けファンタジーかな?
とも思ったけど、中身は全く違って、
ダメ青年が、ヌイグルミを着たおかげで、ほんの少し、頼れるイイ男になっていく、
ちょいハートウォーミングで、ほんのりグッドな気持ちにさせてくれる映画でありましたわさ。

ろくに仕事も出来ず、すかんぴんで、人生の落ちこぼれ状態の青年サルマンン。
そんな彼が、イラク従軍中の兵士である兄に代わり、
やんちゃ息子二人をかかえ、てんてこ舞いしている義理の姉レスリーを助けるため、彼女の家にやってきた。
でも、子供達の面倒をろくに見ることもできず、
逆に子供から殺したるとにらまれたり、姉の足を引っ張るばかり。
一度はサルマンを追い出そうとしたレスリーだったが、
家計の足しにと、彼女の勤める会社のバイトの仕事を彼のために見つけてきた。
そのバイトとは、会社のシンボル・キャラのヌイグルミを着て、チラシ配りをすることだった…。

シンボル・キャラの名前が、本作の原題にもなっている「KABLUEY(カブルーイ)」。
目も口もないノッペラボウの、まん丸の頭で、無機的というか、実にシンプルこのうえないキャラ。
でもって、配るチラシの色がショッキング・ピンク。
だだっ広い畑の真ん中を通る一直線の道路のそばに、カブルーイがチラシ抱えて立ってる姿は、
どこかお茶目な感じだし、なんかファンタジックっぽいな。

カブルーイ姿で立っていて、
その会社に投資して大損したって中年女から罵倒され、車でひかれそうになったり、
また、若いブルーカラーの男達から、頑張れよとビールをもらったり、
小さなエピソードが綴られていく。
また、カブルーイ・ヌイグルミを気に入った金持ちの奥さんに、
子供達のためのパーティーにぜひ来て欲しいと呼ばれたりもする。
そのパーティに集まった子供達の中には、サルマンを嫌っていたレスリーの息子達もいたけど、
息子が人気のカブルーイ・ヌイグルミから這い出したサルマンを偶然目撃してしまい、
オジサンはヒーローなんだと思って、ころりと態度を変え、なついてしまうっての、なんか微笑ましい。

そして、いろいろあって、いつしかレスリーや子供達とイイ関係を築いていくサルマン。
やがて、兄がイラクから帰ってくることになった。
帰還した兄が、妻や息子達と抱き合っているのを見つめるサルマンは…。

イラク戦争って、アメリカ人にとっては身近とも言える出来事だと思うけど、
残された家族には、どうも生活援助ってなかったみたいで、生活に四苦八苦していたんだなって、
結構リアルな問題も描かれていて、話に現実感がある。
レスリーが、1年以上夫に会えないからと、日々の生活のしんどさと寂しさゆえからか、
会社の上司といけない関係になっていったり、これまたシリアスっぽい。

監督は、主人公サルマンを演じてるスコット・プレンダーガスト。
ネットで調べたら、ステージでのコメディアンやコメディ・ライターなどをしていた人だそうで、
本作が、監督・脚本・主演を一人でこなした、劇場デビュー作。
デビュー作だけに、演出の手際がいまいちやなって思わせる部分もあるけど、
しんどい現実をきっちり取り込みながらも、
おだやかなユーモアと、ほろ苦さを適度にブレンドして、
人なっつこくて、ほっこり優しい気持ちにさせてくれる、味わいのある作品に仕上げていると思う。

個人的に、ホロッとさせられたのが、サルマンが会社に通う時に乗るバス内での
魔法瓶を大事そうに抱えている老人のエピソード。
ある時、それを窓から投げ捨てられてしまい、ガックリ落ち込む老人なんだけど、
数日して老人がバスに乗ったら、いつも座る自分の席に…。
サルマンの心の成長みたいなもんも感じさせ、
それをセリフでなく、映像でさらりと見せるところがニクイわぁ。

ラストじゃ、兄がサルマンに、面倒見てくれてありがとうってなシーンがあるかと思っていたら…。
ここんところの見せ方も、ニクイやんかいさぁ。いかにも映画的で、さりげなく余韻を残しちゃってさぁ。

レスリー役は、TVシリーズ「フレンズ」のリサ・クロドー。
そんなに美人じゃないけど、生活の匂いプンプン、ごく普通の人妻を無理なく演じてる。
驚いたのが、カブルーイを罵倒する中年女に扮した「未知との遭遇」「トッツィー」のテリー・ガーの老け加減。
ぶくぶくに太っていて、しわだらけで、最初誰か全く判らんかったわさ。
役柄のために、わざわざ、特殊メイクで太って見せてるってわけでないみたいだし。
2度目に見て、目の辺りでガーやと、やっと気づいたけど、顔の輪郭がまるで変わってしもてるわ。

この作品、アメリカじゃ、インディーズ系の作品だけど、
封切り時、口コミでそこそこ人気を集めていたらしい。
でもまあ、主役はもちろん他の役者もネームバリューがそんなにあるわけでなく、日本に入ってこなかった。
でもって、2年ちょっと経ってからの日本版DVDリリース。
それも、たいしたPRもされずじまいで、
そのうちレンタル店の棚から人知れず消えていってしまうんやろな。
ちょっと切ないわぁ。

しかし「ちょっと変わったスーパーヒーロー」ってコピー、
確かに、ささやかながら子供達のヒーローにはなったけど、どこがスーパーヒーローやねん!
ほんまに!怒るで、しかし!(横山やすし口調で)でありやんす。

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010年7月21日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「トレイター 大国の敵」(08年・アメリカ) テロリストの中の裏切り者はいったい誰じゃい?

トレイター 大国の敵

1994年から1998年にかけて、関西地方じゃ、
毎日放送で深夜に放映されていたアメリカTVドラマ「ピケット・フェンス ブロック捜査官メモ」。
ウィスコンシン州のローマという町で毎回起こる事件を地元保安官達が捜査するって話だけど、
起こる事件がいちいち奇妙というかシュール。
口のきけない美女が踊りながら銀行強盗をやらかしたり、牛の胎内で人間の子が成長していたり、
カエルのぬいぐるみを着た犯罪者、それにUFOなんかも絡んできて、起こる事件がなんか普通じゃないんだ。
起こる事件はへんてこりんだけど、
保安官一家や、一家を取り巻く若い保安官補、それに判事、市長、お調子者の弁護士など、
多数の登場人物が織りなす群像人間ドラマでもあるんよね。
なんていうか、ミステリー要素とホームドラマ要素をミックスし、
それに異常なシチュエーションをまぶしたような、ブラックユーモアを漂わせつつも、どこか心温まるというか、
一言では説明しにくいけど、不思議な面白さに満ちたTVドラマだった。
僕は、1・2話の「ブリキ男の変死体 前後編」で、このドラマにハマってしまい、
毎回欠かさず見ていたし、録画していた。
この前、やっと全3シーズン、ビデオからのDVD変換が終わり、久しぶりに見直しておりやんす。

このTVドラマで、職務に忠実だが、融通があまり利かない黒人の地区検事役で出ていたのが、ドン・チードル。
確かシーズン2からの出演だったと思うけど、
目立った役柄ではないけど、ドラマの中でしっかり存在感を示していて、
味のある俳優だなって思った記憶がある。
次に、彼を映画で見たのは、ポール・トーマス・アンダーソン監督作「ブギーナイツ」(97)。
カントリー&ウェスタン大好きのポルノ男優って、ちょい風変わりなキャラを、さらりと演じていたな。
その後、「ホテル・ルワンダ」(04)でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、
大作「アイアンマン2」に出るなど、なかなかの活躍だ。

前置きが長くなったけど、そんなチードルが、制作も兼ねて主演したのが、
このテロリスト映画「トレイター 大国の敵」。
トレイターってのは、辞書で調べたら裏切り者って意味。
最近は、洋画タイトルって英語ばかりで、時々、辞書で調べなきゃ、
何の意味か判らないことが多い。困ったもんだ。

幼い頃、テロで父を殺されたサミール。
成人後、中東イエメンに現れたサミールは、
テロ一味にプラスティック爆弾を売りつけようと交渉していた時、軍に急襲され一味と共に逮捕されてしまう。
投獄中、一味の一人オマールと親しくなり、テロ参加を誘われる。
そして、オマールの仲間の手引きで脱獄後、一味に加わり、爆弾製造を始めるサミール。
FBIのクレイトンは、兵士時代、特殊部隊に所属し、爆弾製造に詳しいサミールをマーク。
彼を追いつめ、一味撲滅を図るが…。

サミールは、本当にテロリストなのか?
一味に潜入した、政府機関の人間ではないのか?

この謎が、前半の大きな見所となるんだけどね。
そして、後半は、アメリカに入国したサミールやオマール達が進める爆破計画の行方。

世界各国のロケにより、制作費もそれなりにかかっていて、スケール感を出そうとしているし、
描写もソツがないと言えば、ないんだけど。
どうも、緊迫感がいまいち不足しているというか。
一本調子の演出で、ドラマに起伏が乏しいって印象なんですわ。
クライマックスの、果たしてアメリカの爆破テロは成功してしまうのか否かの、
刻々と迫る爆破までの時間経過も、なんか、ハラハラ感が弱いというか。

でも、テロというビビッドなテーマを扱ったストーリーは悪くないし、
クエイトンに「メメント」「ハートロッカー」のガイ・ピアース、
政府機関関係者に「消されたヘッドライト」のジェフ・ダニエルズと、キャストもそれなりに充実している。

監督・脚本は、「ディ・アフター・トゥモロー」の脚本に参加していたジェフリー・ナッチマンって人。
脚本の才はあっても、演出の才は、いまいちみたい。

だから、僕としちゃ、もっと面白く、かつ胸に迫る映画にできたのに、
もったいないなぁって思いましたわさ。

チードルって、誠実そうな顔立ちだけに、テロ犯役っていうミスマッチ?と思わせる役柄を
きっちり演じていて、演技力で演出の弱さをカバーしているな。
話が一段落した後の、ラストに見せる物憂げな表情もなかなか良いんだけどね。

その物憂げな表情に、重みを感じさせないのは、監督さん、アカンやないけ。

ガイ・ピアーズも、いまひとつ見せ場がないというのもなぁ。
サミールの周辺をうろちょろと走り回っているだけって感じだもん。
まだ、オマール役サイード・タグマウイのほうが、ピアーズより目立ってる。

この物語、監督が「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラスなら、
緊張感バリバリ、めっちゃスリリングな作品になったかもしれない。
とにかく惜しい作品でありました。

気分直しに「ピケットフェンス」を見ようっと。

ところで、「ピケットフェンス」は、第1シーズンがアメリカでDVDリリースされているらしい。
日本のソフト会社のどこかで、リリースしてくれへんやろか。
ま、16年前の作品だし、日本じゃ知名度もないし、無理な話やろけど。

インターフィルム 2010年8月6日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「アウトランダー」(08年・アメリカ・ドイツ) 宇宙からきた男が、バイキングと共に凶悪生命体と戦うんだけどね…!

アウトランダー

ジョン・ハートって良い役者だと思うし、どんな役でもこなしてしまう実力はあると思うけど、
本作「アウトランダー」のバイキングの一族の長(おさ)ってはのどうもなぁ。
小柄で、ちっともタフに見えない体格だし、それを髭をたくわえたり衣装でカバーはしているけど、なんかなぁ。
「処刑人」の兄弟の父親を演じたタフおやじ、ビリー・コリノーや、
「新スター・トレック」のピカード艦長ことパトリック・スチュアートだったら、
体格もがっちりしているし、いかにも部族を率いるバイキングの長ってイメージにピッタリなんだけど。

「アウトランダー」を見てまず感じたのが、ハートの役柄の不似合いさ。
映画って、当たり前のことだけど、小説と違って生身の人間が役柄を演じるわけだから、
やはり役柄にふさわしい俳優を使わなくっちゃ。

役柄の不似合いさの事から書き出してしまったけど、
このSFアクション「アウトランダー」、なんて言うかキャストもそうだが、
ストーリーにしても、どこかバランスの悪いというか、スッキリしないものを感じたわさ。

はるか遠い惑星からやってきた宇宙船が、
8世紀の地球のノルウェーに墜落し、ただ一人生き残った男ケイナン。
彼は、地上を探索中に、バイキングの一族に捕らえれてしまう。
そのころ、船内に潜んでいた凶悪生命体が、村々を次々と襲い皆殺しにしていった。
バイキングの村にも凶悪生命体が現れ、数人を殺害。
ケイナンは凶悪生命体の仕業だと察知しているが、
それを信じず熊の仕業だと考えるバイキング達と共に退治に出ることに。
そこで、長を救ったことからバイキング達の信頼を勝ち取ちとる。
やがて、凶悪生命体がその姿を彼らの前に現した。
ケイナン達は、生命体の息の根を止める策略を開始するが…。

冒頭、宇宙船がノルウェーの湖に激突水没し、命からがら岸辺にたどり着いたケイナン。
そこで、知識伝達マシンみたいなのを使って地球の情報を脳裏に焼き付けるんだけど、
なんでも、地球を植民地候補惑星のひとつにしていたとかはまだ納得できるけど、
自分の墜落した場所がノルウェーとか、言語はノルウェー語とか、その他諸々の情報まで、
なんで遙か彼方からきた異星人のマシンにインプットされていたかが腑(ふ)に落ちないんよね。
まさか、大昔に地球に探索に訪れて、隅々まで細部にわたって探索しまくってたんかいな。
なんかねぁ、ウソでも、納得できるウソをつかなきゃ。
でもって、ノルウェー語を話すとかいいながら、バイキングの言葉は英語。
異星人であるケイナンも英語。デタラメもええ加減にせなあかんやないけ。

ケイナンに淡い恋心を抱いていく、少々お転婆な長の娘フレイアとか、
腕っ節はいいが長の地位とフレイアを狙い、ケイナンを敵対視したがる男ウルフリック、
それにケイナンを慕う孤児の少年や、ケイナンに好意的に接するお人好しっぽいバイキングなど、
この手の映画にお決まりのキャラが登場するのは、
物語を豊かにするためには必要な要素だし、悪くはないんだけどね。
でも、いまいち描き込み不足というか…。

監督は、「アンダーワールド:ビギンズ」の脚本担当だったハワード・マイケン。
本作も脚本を兼ねているけど、脚本家あがりにしては、物語の荒さというか穴ぼこがあっちこっちに。
だいたい異星人であるはずのケイナンが、あっさりとバイキングに溶け込み過ぎるし、
異星人と地球の人間との違いがなさ過ぎというか、まったく同じ感じ。
未来から過去にタイムスリップしたとかって話ならまだしもね。
でもって、アクションシーンの演出が、短いカット繋ぎだらけで、戦闘状況がなんか判りずらいんよ。
バイキングの時代だけに、剣と盾、それに弓矢など、生身の人間の戦いになるわけだけど、
その生身の人間っぽさって感じが、そんなに漂ってこないし。

凶悪生命体がなぜ宇宙船に潜んでいたか、またなぜ生命体が凶悪になったのか、
それはケイナン達の種族が犯した過去の悪しき行為のせいなんだけど…ってサイドストーリーは、
ちょい目新しい気はしたけど、それもあんまり本筋にはからんでこないしなぁ。
ケイナンが過去の過ちをちょい悔いるだけで、
凶悪生命体は、「エイリアン」みたいに、ただ殺戮を好む生き物としか描写されないんだから。
生命体なりの悲しみなんて、微塵も画面に出てこないのよ。

ま、凶悪生命体の造形もそんなに悪くないし、撮影や美術は、そこそこ丁寧でB級感はないんだけど、
演出力がBマイナス級って感じよ。ガツンッとこないんだわさ。

ケイナン役は、「パッション」のジム・カヴィーセル。惑星に残した妻子を想うシーンじゃ、
切なげな瞳がナイスな感じだけど、この人、どこか地味っぽい印象で、あんまり溌らつ感がないなあ。
この役柄、彼に合ってないんじゃないじゃろか。
彼より、ウルフリック役のジャック・ヒューストンの方が、印象に残る。
最初は憎まれ役だけど、後半は、なかなか美味しい役柄に転じちゃうのよね。
顔立ちも映像に映えるし、体からエネルギッシュな力強さみたいなものを発散していて、
セクシーな魅力もあるし、彼の今後の映画界での活躍に、ちょい期待してしまうなぁ。
気になって、ヒューストンのこと検索エンジンで調べたけど、
本作に出た意外は、全く情報を見つけられなかった。多分、イギリス人なように思うんだけど。
フレイア役は、「アンダーワールド」で女吸血鬼に扮していたソフィア・マイルズ。
多分、「アンダーワールド」つながりで、マケイン監督から抜擢されたんじゃなかろうか。

そして、僕の好きなギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ」シリーズのヘルボーイこと
ロン・パールマンが、敵対する部族のリーダー役で登場してる。でも、メッチャもったいない使われ方。
別にパールマンでなくてもええんと違うって思ってしまったわさ。
せっかく出演してもらうなら、見せ場のひとつも作ってあげなきゃ。
監督は、あの個性的な顔が欲しかっただけなんかしら。
最初に書いたけど、風体でキャストを決めるんなら、バイキングの長にジョン・ハートは、やっぱり違うと思う。

しかし、ラスト、あんなんで凶悪生命体を死に追いやることができたんだろうか。
人間なら死んでしまうところだけど、曲がりなりにも、めっちゃ凶暴でどう猛で恐ろしく強靱な生命体なのに…。
やっぱ、脚本の詰めが甘いんと違う。

最後に、フレイヤがケイナンのことを
「彼は神の使いだ。でも、彼は神のもとへ戻らずここに残ることを選んだ」と語り、
監督は、物語を神話的エンディングで締めるつもりだったみたいだけど、
このセリフ、ちっとも心に響きませしぇーん、でおましたわ。

パラマウント 2010年8月6日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード