FC2ブログ

「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」(08年・イギリス) 暴君・ウェルズに振り回される演劇志望の高校生の、甘酸っぱくてほろ苦い物語でおまんにやわ

僕と彼女とオーソン・ウエルズ

今さら言うのもなんだけど、
アメリカ映画史にその名を残す「市民ケーン」(41)。
子供の頃、NHK教育テレビでこの作品を見た記憶がかすかにあり、
あまり話は理解できなかったけど(何せ幼かったんで)、
大胆な構図のモノクロ映像の美しさだけは印象に残ってる。
数年前に、もう一度見てみたいなと思い、
500円の廉価版DVDを買ったことあるけど、
傷だらけでボヤケタ画質にガックリ・クリクリ・クリックリ!でおましたわ。
ムカムッカ!
ま、それはともかく、この映画を監督・主演したのがオーソン・ウェルズ。
彼が、ニューヨークで劇団を主宰し、野心的な舞台に情熱を傾けていた20代前半の時に、彼と出会い、彼の舞台に立つことになった高校生を主人公にした物語が、本作でおます。
どうも実際に若者が短期間だけ劇団に参加したことがあるらしく、それを基に書かれたロバート・カプロウの小説を映画化したんだそう。

原題は「ミー・アンド・オーソン・ウエルズ」だけど、
商売を考慮したのか「彼女」って言葉をプラス。
それで、映画好きの女性にもアピールしようとラブロマンス色を匂わせたみたいね。

1937年、ニューヨーク。
演劇志望の高校生リチャードは、ブロードウェイでオーソン・ウェルズと出会い、
気にいられて、彼が主宰する劇団がマーキュリー劇場で一週間後に上演する舞台「ジュリアス・シーザー」の
旗役に出演することになった。
リハーサルで見た、ウェルズの横柄で身勝手な独裁者ぶりに驚きながらも、
彼のありあまる才能に魅入られるリチャード。
ジョセフ・コットンなど劇団のメンバー達とも親しくなり、
劇団の事務担当のソニアに抱いたほのかな恋心も、トントン拍子に真剣な恋へと進む。
そして、舞台当日を迎えるが‥。

スイングジャズっぽい音楽が流れる冒頭から、オールディーズ・ムード満々。
衣装や美術など、1930年代の時代色が、丁寧に再現されているな。

ブロードウェイにやって来たリチャードが、最初に出会うのが同年代のグレタ。
楽器店で、ガーシュインの曲をピアノで弾きながら、
ガーシュインが亡くなったと落ち込んでいる彼女を元気づけるんだ。
話が弾み、「私は、芝居を書きたいの。
私の書いたモノがニューヨーカー紙に載るのが夢なの。
でも、学校の先生からは『見込みはある』と言われるだけ。
『才能がある』と言って欲しいのに。私の作品、ニューヨーカーに載せられるかな」
グレタの問いかけに、ちょっと間を置き「見込みはある」と答えるリチャード。
ムフフッとさせよるやん。

まだ自分が何ものなるかわからない将来、夢を追いかけている若者達の姿が、
なんかマブシー!って気がしたな。
僕にとっちゃ、夢を追いかけるなんて、はるか昔のことだっただけにねぇ。

楽器が弾けたことが幸いし、劇団員となったリチャードが、
劇団メンバーから教えられるルールが「ウェルズを批判しないこと。そして彼の態度に目をつぶること」。
実際にリハーサルが始まるや、ウェルズの専制君主ぶりったら半端じゃない。
それでも、多少の反発は覚えながらも、ウェルズの意向をくみ取っていくメンバーたち。
カリスマ的な彼の才能を信じ切っているからなんだ。
すごい才能を持った人間の前では、誰でもひれ伏してしまうかもねぇ。

ウェルズの横暴ぶりに、彼の良き協力者ジョン・ハウスマンも、
根を上げて、突き放すような態度に出ることもあるけど、
それでも、結局は一緒に舞台を成功させようと頑張っちゃうしね。

ウェルズが、ラジオの生放送ドラマに出演する時、
リチャードを連れて行くんだけど、車中で彼に、
小説「偉大なるアンバーソン家の人々」を見せ、
全てを失う男の物語で、主人公が私の父に似ているんだと話す。
その後、ラジオスタジオでの生放送の時、脚本を勝手に変え、
「偉大なるアンバーソン-」のセリフを入れてしまう。
他の声優達は戸惑ってしまうんだけど、なぜかおとがめ無し。
やっぱ、彼の才能を認めざるを得ないんやろね。
しかし、ウェルズのほんまに傍若無人ぶりもはなはだしいやんかいさぁ。

この「偉大なるアンバーソン-」は、ウェルズが42年に映画化しているけど、
ずっと以前から愛読していたんだね。

リチャードは、失敗をやらかしながらも、劇団に馴染んでいき、ソニアと一夜を過ごすことも出来た。
彼は、ソニアを愛していると思いこんでいたが、ソニアはそうではなかった。
彼女は自分の夢を実現させるために、ウェルズとも‥。

ラストに、リチャードは美術館でグレタと会い、彼女から感謝される。
ソニアのつてでグレタの書き物をニューヨーカー誌編集部に持ち込むことができ、
なんと掲載が決まったのだ。
彼女は、夢に一歩近づいたんだ。

リチャードの夢はまだどうなるか判らないけど、グレタに勇気づけられたようだね。

コットンから「君は何者だ。将来はどうなる」とリチャードが問われる場面があるけど、
自分が何者になるか、それを見つけるのは自分自身でしかない。
まだ若いんだ、これからそれを見つけていこう、諦めず希望を胸に抱いていかなきゃ。
そんなリチャードの思いを感じさせるラスト。
胸がちょいキュンと来てしまいましたわさ。

監督は、リチャード・リンクレーター。
インディペンデント映画界で注目され、「スクール・オブ・ロック」や
実験風の「スキャナー・ダークリー」を撮ってる人だけど、
本作じゃ、オーソドックスな演出タッチで、リチャードを軸に、
ウェルズ劇団の人々を丁寧に描いて見せてるな。

主演は、アメリカのヤングスター、ザック・エフロン。
TVドラマ「ハイスクール・ミュージカル」でブレイクした若手らしいけど、、
いかにもなアイドルフェースが苦手な僕は、彼の出演作ってほとんど見ていない。
見たのは「ヘアスプレー」ぐらいかな。
本作じゃ、アイドル臭はほとんどなくて、演劇に憧れる高校生を、とてもナチュラルに演じてる。

オーソン・ウェルズ役は、クリスチャン・マッケイ。
初めて見る俳優さんだけど、20代のウェルズを、存在感たっぷりに力演。
英国アカデミー賞で助演男優賞、英国インディペンデント映画賞にノミネートされるのも納得の名演技よ。

他に、グレタ役は、エリア・カザンの孫娘らしい、ゾーイ・カザン。
美人じゃないけど、劇作家志望の女の子ってこんな感じやろなってのをうまく出してる。

ソニア役は、バズ・ラーマン版「ロミオとジュリエット」のクレア・デインズ。
「ロミオ-」の時は、清純な美女だったのに、なんかちょいブサイクになったように思うのは僕だけか。

本作には、オーソン・ウェルズを始め、映画界で活躍した実在した人物がいろいろ登場するね。
ジョン・ハウスマンも、俳優・映画プロデューサーとして名をはせた人で、演劇界でも大物的存在。
映画制作作品には「炎の人ゴッホ」「明日になれば他人」、
出演映画にはウディ・アレンの「私の中のもうひとりの私」、「ザ・フォグ」「裸の銃を持つ男」などがあり、
「ペーパー・チェイス」(74)で、アカデミー助演男優賞を受賞してる。
劇団メンバーのひとり、ジョセフ・コットンは、ウェルズの「市民ケーン」で映画デビューし、
同じウェルズ作「黒い罠」、ヒッチコックの「疑惑の影」、キャロル・リードの「第三の男」と
結構名作が多い俳優さんだ。
「僕と-」じゃ、女好きのやさ男ってイメージで登場してるな。実際にスケベな男やったんやろか。
同じ劇団員のノーマン・ロイドは、ヒッチコック作品「白い恐怖」や「逃走迷路」に出演している。
多分、他の劇団メンバーも、映画界で活躍している人がいるんだろうな。

とにかく、往年の映画を色々見ている映画ファンなら、興味深さたっぷりでおます。
ソニアが、後半、大きく飛躍するために
大物映画プロデューサー、デビッド・O・セルズニックに会いに行くってシーンもあるし。
セルズニックと言えば「風と共に去りぬ」の製作者よ。

自分のなりたいもの、自分のしたいこと、それを追い求め続けること。
そして、なりたいものに近づくよう頑張ること。
そんなことを、さりげなく語ってくれる、僕にとっちゃ、なかなか心に響くものがある映画でした。

さてさて、君のなりたいものは何でしょね?

オンリーハーツ 2011年12月21日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」(10年・韓国) お茶目な名探偵とオトボケ犬商人のコミカルなバディ・ムービーね!

朝鮮名探偵 トリカブトの秘密

去年1月に公開され、韓国じゃ470万人を動員する大ヒットとなったのが、この「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」。
日本でも、去年の10月、大阪韓国映画週間で2回ほど上映されたらしいけど、知らなかったなぁ。
僕は、探偵ものが結構好きなんで、どんな名探偵ぶりを見せてくれるんやろかと、興味津々レンタルして見てみることにしましたわさ。

時は、正祖16年(18世紀後半ね)。官僚の公納(朝廷に納めるモノらしい)不正横領を疑った王は、名探偵としても知られる史書編纂職のキムに調査を命じた。
不正に関わった役人殺害に使われた針の跡から、ヒメトリカブトが関係ありとにらんだキムは、ヒメトリカブトの里・積城(チョンソク)に赴くが‥。

冒頭、犬商人ソビルが役人殺害犯に間違われて役人達に追いつめられ、あわや逮捕という時、
ちょっと待て!のかけ声と共に、突如、空からヒューと舞い降りてきた名探偵キム。
でも着地に失敗するボケをかましよる。
そして、得意の名推理で、真犯人を言い当てるが、真犯人は牢獄で謎の刺客に殺害されてしまう。
殺害原因を調べていたキムは、ヘタこいて殺害犯に間違われ、彼もまた獄中の身に。
同じ監房には、犬商人ソビルがいた。
彼の助けで、何とか牢獄から脱出したキムたち。
野原の一軒家に逃げ込んだが、役人達に取り囲まれ、風前のともしびに!
だが、役人達と派手なアクションを繰り広げながらも、知恵を働かせて機器を逃れることにあいなった!

ここまでが、だいたい15分弱かな。
一軒家での豪快なアクションに、すっとぼけたユーモア、それにちょいミステリー要素まで含め、
キムとソルビのキャラ描写も抜かりなく、韓国時代劇のエンタテイメントにズブズブと浸らせちゃってくれる。

なんて言うか、ロバート・ダウニーJr&ジュード・ロウ版「シャーロック・ホームズ」の
韓国版に近いかなって気がするな。
とにかく、キムとソビルのコンビぶりが実にナイスなんよ。
知的なのに、どこかお茶目でお調子者的なところもあるキム、
ひょうきんで、トボケまくり、キムの身勝手なところにボヤきつつも、
彼を慕い、共に悪事に立ち向かうところがいじらしいやないの。

積城には、イム半書(官僚)から依頼された、
甥の嫁で亡くなったハヨンが烈女だったかどうかの調査も兼ねていた。
「烈女」って言葉、初めて聞いたけど、調べたら、節操が堅くて気性の激しい女性のこと。

積城に着くやいなや、どこかからの弓矢の雨が!
難を逃れたと思ったら、ソビルの背中に‥。
どこまでもトボケまくりのソビルさんよねぁ。

そして、謎の商人ハンの存在を知り、ハン宅を訪れたら、現れた主は妖艶な美女。
イチコロで彼女にクラクラしてしまうキム。
だが、彼女には重大な秘密があった‥。

推理モノとしちゃ、そんなに本格的じゃなく、込み入った展開でもないので、
実は彼女が‥とか、真の悪党は‥ってのは、見当がつくんだけど、
笑いとアクションが程良くブレンドされ、キレの良い演出もあいまって、
エンタテイメントの王道まっしぐら!
メッチャ楽しめるんでおまんにやわ。

「キム女官の隠された魅力」という、当時のエロ本みたいなもんの使い方も
少々ベタな気もするけど、うまく笑いに繋がってるし、ラストでのそれの使い方もエエやん。
後半に出てくる複雑な算法を解く器具ってのが、まんまルービックキュービックなのも笑わしよる。
ホタルを仕込んだ懐中電灯はナイスアイデアやおまへんけ。

韓国には、キリスト信者が多いらしいんだけど、
正祖の時代は、信者は迫害されていたらしく、
そんな時代背景も上手に取り入れられているのも、ええ感じ。

CGによるどう猛で巨大なイヌまで登場。
あまり上手いCD技術とは思えないけど、時代劇には不思議にマッチ。

キム役は、「ベートーベン・ウイルス」のキム・ミョンミン。
ソビルに「オールドボーイ」のオ・ダルス。
僕には馴染みのない役者さんだけど、ハンサム系とブサイク系の2人のバディぶりは文句無しね。
ソビルには、ハン同様秘密があって、ラストに判るんだけど、その時の渋い表情もニクイやん。
そして、ハン役、実は○○のハン・ジミン。
作品を未見の人にはバラせないけど、作品につややかな彩りを添えていて、ええやんかいさぁ。
名前はちょっと判らない王役のムッチリボディの男優さんも、
キム同様お茶目なところがあって、印象に残ったなぁ。
あと、謎の刺客役の老人、こちらも名前は不明だけど、ちょい不気味っぽくて、これまたナイスやん。

監督は、キム・ソギュン。
「オールド・ミス・ダイアリー」を撮ったぐらいしか、判らないんだけど、
時代劇に、巧みに現代感覚を持ち込み、娯楽要素満々の作品を仕上げた手腕、グッドやないの。
なんでも、「朝鮮名探偵-」は、大ヒットしただけに,同じキャストで続編が作られるそうで、
日本で、それも見れたらエエのにねぇ。

ツイン/ポニーキャニオン 2011年12月21日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード