FC2ブログ

「ロストガール」(10年・アメリカ・イギリス) 心の離れた中年夫婦とスレた少女、3人の心は通い合えるのか否か!でおまんにやわ

ロストガール

「エイリアン」のリドリー・スコットの息子ジェイク・スコットの監督作ってのに興味がひかれ、見てみることにしたんだけど、これがなかなか、とても穏やかな気持ちにさせられる佳作でありやんした。
ジャケットは、”16歳の誕生日、私はストリッパーだった”って、
ちょい刺激的なキャッチ・コピーに、クリステン・スチュアートの名がクローズアップされ、
彼女主演の切ない青春ドラマと思ってしまいがちだけど、
後ろの赤いライトの下、小さく写っているデブオヤジ、「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のジェームズ・ガンドルフィーニが実質の主役。
ま、ガンドルフィーニのデブ顔アップじゃ、誰もレンタルしないし、商売的には正しい判断かもね。

それに、「トワイライト」シリーズで一躍人気者になったクリステンが出ていなかったらDVDリリースもなかったかもしれないな。

娘を事故で亡くして以来、
互いの心が疎遠になってしまった、ダグラスとロイスのライリー夫婦。
ダグラスは、食堂のウエイトレス・ビビアンと浮気を重ねていが、
ある日、彼はニューオーリンズに出張することになり、
ビビアンを誘うが、彼女は突然の心臓発作で死んでしまう。
心にむなしさを抱えたままニューオーリンズに赴いたダグラスは、
偶然入ったストリップ・クラブで、娘の雰囲気に似ていたマロリーと出会う。
ストリッパーをしながら平気で売春する彼女のすさんだ暮らしを見かねた彼は、
ニューオーリンズにとどまり、彼女の面倒を見ようと決意。
妻ロイスに、しばらく帰らないと連絡を入れると、
娘を失って以来、15年間、自宅に引きこもっていた彼女は、
一念発起し、夫がいるニューオーリンズへと車を走らせた‥。

ジェイク・スコット監督は、
ミュージック・ビデオやCMで活躍していた人で、R.E.M.のクリップ「エヴリバディ・ハーツ」で
、MTV賞最優秀監督賞、最優秀躍進賞を獲得。
「プランケット&マクレーン」(00)で劇場映画監督デビューを果たしている。
そんな彼だけに、父親譲りのスタイリッシュな映像で攻めてくるんではと思いきや、
登場人物たちを、ほんの少し距離を置きながら、
穏やかな眼差しを投げかけているような演出タッチで、なんともエエ感じ。
映像に凝ることもなく、ニューオーリンズやライリー夫婦が住むインディアナポリスの土地の
空気感みたいなものをナチュラルに映像に映し取ってる気がするな。
でも、淡々とした中に、アクセントとして軽めのユーモアやシビアさをさりげなく差し入れ、
物語に奥行きを与えているのよね。
オープニングで、赤い炎をあげて燃えさかる車を映し、それの意味が少しずつ判ってくるという、
構成もいい。ケン・ヒクソンの脚本のせいかもしれないけど。

ドラマティックな出来事が起こるわけでもなく、地味と言えば確かに地味で、
こじんまりとしたストーリーだけど、メインキャスト3人の好演もあいまって、
ラストじゃ、彼らを応援したくなって来るというか、
春の日差しのような優しさが僕の胸に広がってくるというか。

メイン3人の中で、僕が一番印象的だったのが、ロイス役の「ザ・ファイター」のメリッサ・レオ。
彼女は、娘の死に関わる、悔やんでも悔やみきれない過去があって、
それ故に引きこもりになっているんだけど、
15年ぶりに自動車に乗った時、オロオロして車をゴミ箱にぶつけたり、
ドライブインで、中年男に声を掛けられ、「誰かに誘われるの久しぶり、嬉しかった」と微笑んだり、
ちょっとした仕草の中に、内なる感情を見事に表現。
熟女の色気をほんのり漂わせ、なんとも上手い役者さんだ。
マロリーに、悔やみきれない過去を話す時の表情も、もう絶品ですがな!
さすが、「ザ・ファイター」で、アカデミー助演女優賞に輝いただけのことはあるやんかいさぁ。

ダグラス役ガンドルフィーニは、ズングリ堅太りを通り越して、
ブクブクブヨブヨの肥満体型になってしもてて、
その分、人の良い平凡な町のオヤジ・ニュアンスたっぷり。
以前のような脂ぎったところが薄まったのか、マロリーとエッチ無しの約束で彼女の家に住み込み、
彼女の行動に口を挟まず、かいがいしく世話を焼くキャラに説得力をもたらしてる。
15年ぶりに妻と愛し合うんだけど、その時の嬉しいような気恥ずかしいような、
やっと元のさやに収まることが出来た安堵感みたいなものを、サラリと演じて見せ、
これまた好演。
初めて、ガンドルフィーニって演技派なんだと思えたわさ。

そしてマロニー役クリスティン・スチュアート。
10代のストリッパーって役柄だけど、脱ぎはなし。
でも、クラブで、卑猥な言葉でダグラスに迫るところとか、
脱がなくても、妙に生々しいエロスの匂いプンプン。
幼い頃に母を自動車事故で失い、一人で生き抜いてきたようで、
すさみまくった生活を送りながらも、芯の強い、でもどこかもろいマロリーを、
気負い感じさせず、リアリティたっぷりに演じてる。
人の優しさを知り、ほんの少し、人を思いやる感情が芽生えていくところもイイなぁ。
「ミッションX」じゃ、可愛さ満々で勇敢だけどあどけない少女だったのに、成長したもんだ。

マロニーの本名は、アリソン。
ラスト、妻との愛情を取り戻したダグラスにマロリーから電話がかかるんだけど、
ダグラスが、彼女を「いつでも連絡をおくれ、アリソン」というところ、
なんかジーンときてしまいまたわさ。
もうマロリーに戻って欲しくないという彼の願いがイタイほどわかるから。

ところで邦題は、意味不明の「ロストガール」だけど、
原題は「ウェルカム・トゥー・ライリー(ライリー家へようこそ)」。
内容から言ったら、絶対原題の方がいいんだけどなぁ。

ジェイク監督、次回作もホノボノ・シリアスなヒューマンドラマでせめてくるんかしらね。
父リドリーと同ジャンルの作品だったら嫌でも比較されるから、
それを避けるため、本作のような映画志向になるんじゃないかと、勝手に考えるんだけど。


AMGエンタテイメント/アメイジングDC 2012年3月2日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ザ・ホール」(09年・アメリカ) 少年少女が恐怖心を乗り越える、ジュブナイル版「トワイライトゾーン」やんか!

ザ・ホール

「グレムリン」のジョー・ダンテ監督の新作、と言っても3年前の作品になるんだけど、それがこの「ザ・ホール」。
アメリカじゃ、初登場4位のスマッシュヒットを記録したらしいのに、なぜか日本で劇場公開もされず、3年寝かせたあげくのDVDスルー。
もともと3D映画として作られ、ヴェネティア映画祭に新設された最優秀3D映画賞をとってるそうだが、リリースされたのは、当たりきしゃりきの2D版。仕方ないわね。
ま、それはともかく、僕の好きな監督だし、早速見てみることにしたんでおまんにやわ。

で、個人的には、なかなか面白かったかな。
ダンテらしい、マニアックなお遊びってのはあんまりないけど、
そつなく作られたファミリー向けファンタジー・ホラーの娯楽作として、安心して見れるのよ。ちょいダークな彩りもエエ感じやし。

ニューヨークから田舎町に引っ越してきたトンプソン一家。
ある日、絵を描くのが好きな兄デーンと弟のルーカスは、
地下室の床に、厳重に鍵の掛けられたトビラを見つけた。
見つけたカギでトビラを開けると、底なしのような深くて暗い穴があいていた。
2人は、お隣さんのキュートな女の子ジュリーとともに、穴の内部を調べることにするが‥。

この作品、僕には、ダンテも参加した劇場版ファンタジー・オムニバス
「トワイライトゾーン 超次元の体験」(83年)の長編版って気がしたな。
「トワイライトゾーン」ってのは、
59年より放送が開始されアメリカで人気を集めたSF&ファンタジー系のテレビシリーズで、
86年に復刻新生シリーズ「新トワイライトゾーン」が放送されている。
新生版には、ウェス・クレイブン、ウィリアム・フリードキンに混じってダンテも参加。
劇場版「トワイライトゾーン 異次元-」のダンテ編は、田舎町にやって来た女教師が、
どんなことでも思い通りに出来る超能力を持つ少年と出会う話だけど、
ポップでマンガチック、でもって、ほんのり心優しい出来だった。

「ザ・ホール」は、いちおうホラーがベースにある作品だけど、
今時のホラーみたいに、血のりたっぷりでもないし、エグイ描写があるわけでもない。
謎の「穴」は、その穴を覗いた者が恐れているものを見破り、
現実に、その恐れているものを出現させ、相手を怯えさせ、ひどい時には死に至らしめるんよね。
穴を覗いたばかりに、ジュリーは、不気味な少女の姿を目にしてしまうし、
ルーカスは、自分が怖いと思っていたピエロ人形に襲われそうになる。
そしてデーンは、最も恐れる存在である人物に‥。

そんなに目新しいストーリーじゃないけど、少々のケレン味を効かせ、
手際の良い演出で、テンポよく見せてくれる。
トンプソン一家は転居を繰り返しているんだけど、その理由ってのが徐々に物語りに絡んでくるし、
穴のそばで見つけた皮ベルトも、最初は意味不明だったのに、ラストでなるほどねぇと‥。
ジュリーが身につけてるネックレスや、カールがデーンのスケッチブックに描いた絵など、
小道具をうまく使っているし、
デーン達それぞれに苦くて悲しい思い出があったりして、結構シナリオが丁寧みたい。

そんなに予算がかかっていないようだけど、
前の住人で、変わり者カールが住んでいる廃工場の中の、
電球をいっぱい垂らし、昼でも点けっぱなしの、どこかファンタジーめいた部屋とか、
穴の中に存在する、遠近感を無視したようなシュール極まりない室内とか、
ビジュアル的にも、それなりに凝っていて、あまり安っぽさは感じない。

従来のダンテらしさはあまりないって書いたけど、
彼の作品に必ず顔を出してるディック・ミラーは、ピザの配達員でワンシーンきっちり登場するし、
ルーカスが見ているテレビには、イギリスの怪獣映画「怪獣ゴルゴ」(多分そうだと思うんだけど)
がチラリと映し出されてるし、細かいところでダンテっぽさを匂わせちゃってくれるわさ。

3Dを意識したらしい画面が随所にあるけど、
こじんまりとした話なので、それほど立体感にこだわらず見れるかな。
ラストの対決シーンだけは、3Dならどんな感じなんやろと、ちょい気になったけど。

主演は、「ダレン・シャン 若きバンパイアと奇怪なサーカス」のクリス・マッソグリア。
「ダレン-」は興行的にコケタみたいで、続編が作られず、中途半端な終わり方のまんまで残念。
僕は、結構気に入ってたんやけどね。ジョン・C・ライリーのバンパイヤも渋かったし。
ルーカスに、「ミスト」「ダークナイト」の子役ネイサン・ギャンブル。
ジュリーに、「ラブソングができるまで」のヘイリー・ベネット。
ダンテの、ティーン達の演出に手慣れているせいもあるけど、
それぞれが活き活きした演技を見せてるし、3人のアンサンブルがベリーグッド。

あと、変わり者カール役は、すっかり老けてもた「帰郷」のブルース・ダーン。

さて、デーン達は、いかに恐怖心を克服するか、というかできるか。
気になる人はレンタルして見てチョンマゲ!


AMGエンタテイメント/アメイジングDC 2012年5月2日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣」(11年・アメリカ) ボンクラ騎士が勇者になってまう(?)、下ネタ含みのファンタジー・アドベンチャー・コメディってか!

ロード・オブ・クエスト ~ドラゴンとユニコーンの剣~

ファンタジー系の映画って好きだから、よく見るけど、劇場未公開のこのジャンルの作品で面白いと思えるものにはなかなかお目にかかれない。
本作も、メジャーなキャストやスタッフが揃ってるけど、アメリカ本国じゃコケたそうだし、タイム誌じゃ去年の最低映画トップ10のひとつに挙げられてるし、最低映画を選ぶ第32回ゴールデンラズベリー賞では、出演者の一人ジェームズ・フランコが最低助演男優賞にノミネートと、評判はすこぶる良くない。
それでも見てみようかなと思ったのは、オスカー女優ナタリー・ポートマンが、勇ましい女戦士に扮してるってのが気になったから。
それと、僕の好きなコメディ作品だってところ。

時代は、大ざっぱに中世。
ボンクラでひねくれ者のブサイク王子サディアスと、
その兄で勇敢なハンサムガイ、ファビアス王子。
その兄が、怪物退治を終え、
助けた囚われの姫君ベラドンナと共に城に帰ってきた。
ファビアスとベラドンナは結婚することになったが、式の当日、
姫を狙う邪悪な魔術師リザーや老魔女トリオが現れ、彼女を連れ去ってしまった。
ベラドンナ救出のため、ファビアスは、いやがる弟サディアスとともに、リザーの城に向かうが‥。

二つの月が重なる夜、
リザーが、ドラゴンを生み出すために処女を犯そうするけど、勇者達に邪魔されもくろみは失敗。
次に二つの月が重なる100年後を待っていろと捨てぜりふと共に消える、
いかにも、ファンタジー・アドベンチャー風のオープニングで、
これから始まる物語にそれなりに期待感が高まるんだけどね。

そして100年後、
小さい人ばかりのドワーフ国で、あわや絞首刑寸前の主人公サディアスとその召使いコートニー。
下ネタ・ギャグをかましながら、なんとか逃げることができるんだが、
ま、これでツカミはOKとばかり、タイトルクレジットに突入。

劇画風味の切り絵アニメのようなタイトルシーンは、なかなかオモシロイ。

で、いよいよメイン・ストーリーとあいなるが、
なんて言うか、ここからが、どうにもこうにも盛り上がりに欠けるんよね。
リザーが姫をさらう場面とか、ファビアスたちが五頭蛇のモンスターと戦うなど、
SFXを駆使した、派手なシーンもあるんだけど、それとコメディ・タッチの物語とのバランスかな、
それがしっくり噛み合っていないというか。
リザーと対決を迎えるクライマックスも、なんだかなぁ。

下ネタ・ギャグも、笑えるところもあれば、不発気味のところもあるし。
脚本が、少々ザツ過ぎるんとちがう?

その脚本を担当したのは、本作の主演でもあるダニー・マクブライド。
ジャック・ブラックを薄味にしたような風貌で、役柄にはマッチしているんだけど、
どうも主役をはるには、ちょい弱い感じがするのよ。
「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」「ファンボーイズ」など
コメディ畑で活躍している人だけど、脇で光るタイプみたいね。
脚本は、ベン・ベストって人との共作だけど、物語の構成力もいまいち。
ボンクラ王子が、なにゆえ一皮剥けて勇敢な戦士に変貌を遂げたのかも、よう判らんし、
そんな彼に、なにゆえ女戦士イザベラの心が傾いてしまうのかも、アイマイだし。
もっと、脚本を練って欲しいやんけと思ったわさ。

ところで、どうもマクブライドさん、
ストップ・モーション・アニメの巨匠レイ・ハリーハウゼンの
特撮映画「タイタンの戦い」や「アルゴ探検隊の冒険」が大好きみたい。
ファビアスの機械仕掛けの愛鳥サイモンは、「タイタン-」に登場したゼンマイ仕掛けの鳥まんまだし、
五頭蛇も、「アルゴ探検隊-」で主人公が戦う七首の竜ハイドラもどきだし。
3人の不気味な老魔女ってのも、「タイタンー」じゃ盲目の魔女をイメージしているのかも知れない。

CGとストップ・モーションの違いはあるけど、
なんだかハリーハウゼン愛みたいなものが感じられて、
そこんところは個人的に好感が持ててしまったわぁ。
僕も、ハリーハウゼン好きなんで。

お目当てのナタリー・ポートマンは、イザベルに扮し、五頭首を刀剣でなぎ倒したり、
派手なアクションを披露(スタントウーマンがやってる可能性ありありだけど)。
気丈な女戦士ぶりで、しなやかな魅力を放ってる。
なんか、こんな作品に出てしまうのが、もったいない感じ。
ちゃんとしたファンタジー・アドベンチャー映画に出て欲しいわ、ほんまに。

ファビアス王子に、「127時間」「猿の惑星 創世記」のジェームズ・フランコ。
本作の監督デビッド・ゴードン・グリーンの「スモーキング・ハイ」に出演した縁で出たのか、
弟思いの勇敢でカッコ良いけど、超オンチな戦士を、飄々と演じてる。
彼、笑いのセンスもあるみたいだし、最低助演男優賞にノミネートされなくてもええんと違う?

邪悪な魔術師リザー役は、男前のジャスティン・セロー。
俳優にして、「トロピック・サンダー-」「アイアンマン2」の脚本も担当した才人だそうだけど、
なんか邪悪っぽさ不足で、マクブライド同様、どうもキャラが際立たない。
まだ、3人の老魔女のほうが、不気味っぽくて映画のアクセントになってる。
ベラドンナ役、「(500)日のサマー 」のズーイ・デシャネルは、歌手としても活躍していて、
ミュージカルもどきに、フランコとデュエットで熱唱。
世間知らずでバージンの姫を、トボケ気味に可愛く演じてるけど、これまたなんか弾けてないなぁ。

デビッド・ゴードン・グリーン監督。
どうも自分に不向きなジャンルだったのか、登場キャラがいずれもパッとしないのよぉ。
ポートマンだけ、存在感あるけど。
演出力がヒドイってわけでもないんだけどね。やっぱ脚本の問題か。

ま、全くつまらない作品ってこともなく、ボーッと見てる分にはそこそこ楽しめるかな。

グリーン監督、今度、D・アルジェントの「サスペリア」のリメイク作を作るらしいけど、
僕の好きな映画だけに、グリーンにだけは手がけてほしくないなぁ。
監督念願の企画だったらしいけど、
彼の手に掛かると、最初から失敗作になるのが目に見えてるようでさぁ。
そう思いませんこと?


ジェネオン・ユニバーサル 2012年4月25日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード