FC2ブログ

「トレンテ ハゲ!デブ!大酒飲みで女好き!超・肉食系スーパーコップ」(98年・スペイン) 不道徳&無軌道オヤジ刑事、大暴れってか!

トレンテ ハゲ!デブ!大酒飲みの女好き!超・肉食系スーパーコップ
僕の好きなスペイン映画「どつかれてアンダルシア(仮)」(99年・監督=アレックス・デ・ラ・イグレシア)で、人気お笑いコンビの、どつかれ役ニノを演じていたサンティアゴ・セグーラが監督・主演した、ラテンなノリのピカレスク・アクション・コメディの快作やん。
何でも「トレンテ-」はスペイン本国だけでなく世界中で大ヒットし、シリーズ化されて4作作られてるらしい。
4作目の「トレンテ4」が、11年・ラテンビートフィルムフェスティバル(東京・京都・横浜)で上映されたそうだけど、知る人ぞ知るって感じで、映画情報サイトallcinemaにも紹介が載っていなかったくらい。
ハゲでデブで不潔極まりないオヤジが主人公だけに、今の日本じゃヒットしがたいってことで(多分)、劇場未公開の憂き目。
「ボラット」「ブルーノ」の、ちょいヤバ・コメディで知られるサーシャ・バロン・コーエンがハリウッドリメイクを予定してるらしいけど、そちらはひょっとしたら日本公開ありかもね。

どちらにしろ、DVDリリースもないやろなぁと思っていたら、
99年の第1作がめでたくリリース。
さっそくレンタルして見たんだけど、めっちゃオモシロカッタのよ。

マドリードの下町に、車椅子の父親フェリペと、超小汚い部屋で暮らすトレンテ。
「ウイスキーとコーラで俺の体は動いている」と、毎日酒をかっくらい、
身障者の父に、路上で物乞いを平気でさせてる、不道徳極まりない不良ポリス。
そんな彼が、向かいに越してきた魚屋の息子ラフィと親しくなり、
ラフィのいとこ、エロさ満々のアンパーロに一目惚れし、欲情指数が急上昇。
ある日、行きつけの食堂が、ツケが貯まって入店差し止めとなり、
仕方なく中華料理店に行くんだが、実はその店には‥。

本作で、スペインのアカデミー賞とも言えるゴヤ賞で、サンティアゴが新人監督賞を受賞したそうな。
ってことは、監督デビュー作になるんかな。
ラフィと彼の母親が、超分厚いレンズのメガネをかけていて、出目金みたいな顔だったり、
ラフィの妹ピリーが、小柄でブサイクで超デブで、すぐ奇声を発したり、
登場キャラが、生活感はあるのに、いずれもビジュアル的にちょい誇張され、どこかマンガチック。
また、トレンテの父親なんて、物乞いをさせられ、得た金を息子に巻き上げられてしまうという、
悲惨チックな仕打ちを受けてるのに、父親に悲惨さの影は微塵もない。
コミカルでコッテコテ、不道徳で、ちょいグロテスクなのに、
サンティアゴは、どこかカラッとドライな、活きのいい演出で、快調に物語を展開して見せてる。

部屋にブルース・リーと・シュワルツェネッガーのポスターを飾っているラフィは、
銃オタクで、やたら銃に詳しかったり、
ラフィの仲間ってのが、007スパイ映画マニア、すぐ格闘技を披露したがるカンフー・マニアと、
オタクな連中だらけで、見た目も性格も、どこか普通から逸脱気味。
カンフー・マニアが「次のアクションスターは、マーク・ダカスコスだ」って言うのには、笑ったな。
結局、ダカスコスは、テレビ版「クロウ」に出たくらいで、スターになれずじまいで、消えたも同然だもん。

とにかく、トレンテを筆頭に、見た目も性格も個性強すぎキャラが続々登場し、
ストーリーに弾みをつけてるな。

後半じゃ、トレンテは、なりゆきでヘロイン密売組織と戦うことになり、
ラフィや彼の仲間達と一緒に、組織の密売現場に向かうんだけど、
彼らに誘拐されたアンパーロが、喜々としてギャング達の股間に顔をうずめて、
ナメナメ奉仕にはげんでいたりして、緊迫感がないったらありゃしない。
派手な銃撃戦を繰り広げ、最終的にトレンテが手に入れようとしたのは‥。

人情なんてクソ食らえ、酒と女と金に執着する、ドアホ刑事を、
サンティアゴ・セクーラが、ふてぶてしさ満々に快演。
ムチャしよる男なのに、なぜだか不思議に嫌いになれないな。
なんていうか、感情移入はできないけど、あまりのムチャぶりに呆気にとられて、
笑うしかしゃあない、許したろって気になってくるというか。
ある意味、本能の赴くままに生きてしまえるトレンテが、羨ましい部分もあるかも。
とにかくトレンテって個性が強烈過ぎるんよね、ほんまに。

ラフィ役は、本作でゴヤ賞・新人賞にノミネートされた、ハビエル・カマラ。
ペドロ・アルモドバル作品「トーク・トゥ・ハー」(02)の看護士役が印象的だった俳優だ。
「トレンテ-」じゃ、終始魚眼レンズメガネかけてて、最小は「トーク」の彼だとは気付かなかったけど。
ガンマニアで童貞、でもってトレンテと違って少しは正義感のある青年を飄々と演じてる。

そして、トレンテの父親役、トニー・レブランク。
息子にイジメられてるのに、そんなのへとも思わず、ラテンな陽気でやりすごすオヤジを好演。
ゴヤ賞・助演男優賞の受賞も納得の、存在感ある演技を披露してるやおまへんけ。

それから、「007スカイフォール」にも出ているハビエル・バルデムが、カメオ出演してる。
ラフィの仲間がたむろするビリヤード場で、顔にキズある男でね。
注意して見なきゃ気付かないけどさ。
ハビエルの兄カルロスが、悪党の一味役で出ていて、その縁かもね。

トレンテ第1弾が、こんなに面白かったんだから、続けて第2弾・第3弾とリリースしてくれないかなぁ。
第2弾じゃ、ハビエル・カマラが続投出演してるらしいしね。
そのためには、レンタル店で、もっとみんなが借りてくれなきゃアカンわね。
でも、「ハゲ!デブ!大酒飲みで女好き」って副題、女性客へのアピール度ゼロだし、
ジャケットカバーのセクーラのブサイク顔じゃアカンかなぁ。

エプコット 2013年4月5日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「オンディーヌ 海辺の恋人」(10年・アイルランド・米) 漁師の男が海の精オンディーヌ(?)と恋に落ちるんだけどねぇ‥。

オンディーヌ 海辺の恋人
「クライングゲーム」「モナリザ」「インタビュー・ウィズ・バンパイア」「狼の血族」と、僕のお気に入りの映画を撮ったアイルランド生まれのニール・ジョーダン。
メジャーな監督さんだし、主演が「トタールリコール」(12)のコリン・ファレルなのに、本作「オンディーヌ--」は、なぜかDVDスルー。ま、テレビモニターで見れるだけでもましか。
名の知れた監督と俳優が出ているのに劇場未公開になるって、作品の出来がいまいちの場合が往々にしてあるけど、多少の不安を覚えながらも、好きな監督だし、とりあえず見てみることにしやしんした。

で、これが、ちょいファンタジー要素をプラスしたラブ&ヒューマンドラマとして、そこそこ楽しめたんよ。
香港のウォン・カーウァイ作品「天使の涙」「恋する惑星」の撮影で知られるクリストファー・ドイルが写し取った、アイルランドの海と島のヒンヤリとした透明感漂う映像の美しさもベリーナイスだし。

漁師シラキュースは、引き上げた網に美しい女性がかかっているのを発見する。
海でおぼれたと思い病院に連れて行こうとするが、彼女はそれを拒否。
自分のことは誰にも知らせないで欲しいと頼まれ、
人の良いシラキュースは、彼女を亡き母が暮らしていた古ぼけた家にしばらく居てもらうことにする。
彼には、腎臓の病気を患う幼い娘アニーがいて、娘の透析にはいつも同行し、側に付いていた。
助けた女性のことを、海の精にたとえ、おとぎ話としてアニーに聞かせるシラキュース。
病院から電動車椅子を支給され、自由に動き回ることが出来たアニーは、
父の後を追いかけ、祖母の家で彼女を目にする。
彼女は本物の海の精、アザラシの女セルキーだと思いこむアニー。
そして、シラキュースが漁の時、彼女が歌を口ずさむと、
ロブスターや魚が大量に獲れるという、不思議な現象がおこった‥。

ジョーダン監督は、シリアスなドラマに、
海の精というファンタジックな要素を巧みにブレンドし、
ちょいサスペンス・テイストもプラスして、気持ち良い余韻を残す作品に仕上げてるな。
彼って、一つの作品に色々な要素を、上手にブレンドして物語を作り上げるのが、
とっても上手い監督だと思う。
「クラインゲーム」や「モナリザ」でも、サスペンスと、男の純な恋心を描くラブストーリーが、
違和感なく絡まり合い、時に切なく、時にほんわかとした、味わい深かい作品だったもんね。

主演のコリン・ファレルは、スター・オーラを全く漂わせず、
過去にアル中だった主人公が、そのせいで娘が危険な状態に陥り、
それ以降2年7ヶ月禁酒を続けている、ごく普通の田舎の漁師を、力むことなく、さらりと演じてる。
彼、アメリカのメジャー作品が多いから、てっきりアメリカ出身だと思っていたら、
実は、アイルランド出身やったんやね。
彼と惹かれ合う謎の美女役アリシア・バックレーダ。
初めて見る女優さんだけど、ちょいセクシーでプロポーションもグッドだし、
ナチュラルな美しさが魅力の女優さんだ。
アニーの目の前で、アリシアが海からゆっくりと姿を現し、2人が初めて言葉を交わす場面があるけど、
どこか神秘的なイメージが漂ってて、アニーならずとも、彼女を海の精と信じてしまいそうよ。

そのアニー役の女の子、アリソン・バリー。
この子が、めちゃくちゃ良い演技を見せるのよ。
なんでも、本作が映画初出演らしいけど、重い病気を患いながらも、
とても健気で、父を愛し、でもって、おとぎ話を信じて、
海の精と信じる女性のために、結構無茶なこともするアニーを力&快演。
彼女を発見しただけでも、この作品は僕には充分価値あるものって気がするな。
美少女ってこともないんだけど、笑顔がとっても可愛らしいしね。
他の作品でも、お目にかかりたいやんかいさあ。

もう一人、ジョーダン作品じゃ、お馴染みのスティーブン・レイが、牧師役で顔を出していて、
コリンとの、とぼけた会話場面じゃ、作品にほんのりユーモラスな味を加味している。

物語の後半は、ドナーカードとか多分にご都合主義的な展開になるけど、
これも海の精のおかげと思っていれば、そんなに気にならない。
そして、助けた美女の秘密も、やっぱり‥。

ちょっと気になったのは、夜のシーンが、画面が暗すぎて、
何が起こっているのか、少々判りずらいところ。
劇場の大画面じゃ、そうでもないんだろうけど、テレビモニターで見る分には、ちょっとなーって感じ。

とにかく、気持ちの良い作品でありましたわさ。


アース・スター・エンターテイメント 2013年3月22日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「21ジャンプストリート」(12年・米) 新米警官コンビがドラッグ元締め探しのために高校に潜入捜査するんよねぇ!

21ジャンプストリート
ジョニー・デップが人気スターの地位を築くきっかけとなった、アメリカで1987~90年に放映されたテレビ・シリーズ「21ジャンプストリート」。
青少年特別犯罪捜査課の警官達の活躍を描いたもので、日本じゃテレビ未放映で、2006年にフォックスからDVDリリースされている。でもあまり話題にならなかったみたい。
それを、現代版にリニューアル映画化したのが、この「21ジャンプストリート」で、アメリカじゃ興行成績も良かったらしく、続編企画も進行中だとか。
だけど、日本じゃDVDスルーに直行。ま、デップ版のテレビシリーズも、あまり知られていないし、しゃあないわなぁ。

愛読しているシネマガジン「映画秘宝」で、ナイスな評価だったので、見てみることにしたんだけど、今時の学園ライフ描写が楽しい、気楽に楽しめる娯楽作でありやんした。

高校時代の同窓生、頭は良いがチビ&デブでイジメられっこのシュミットと、
バカだけど体育会系でイジメっこのハンサムなジェンコ。
なぜか、2人は同じ警察学校に入り、互いの弱点をカバーしあっていくうちに、親しい友となる。
そんな2人は、見た目が若いからと、青少年特別犯罪捜査課に配属され、
新種のドラッグが蔓延している高校への潜入捜査を命じられた。
2人は兄弟と偽って、すんなり入学はしたんだけど、
校長が勘違いして、ジェンコは理科系の教室にいかされ、
シュミットは苦手な体育の授業に参加することに‥。

イヤな思い出しかないシュミットは、高校に戻るのおっくうだったのに、
演劇部で女の子とエエ感じになったり、ドラッグ密売人の生徒とも親密になったり、
だんだん捜査の主導権を握るようになる。
反対にジェンコは、モテモテ時代はどこへやら、オタクな科学部員達と地味~につるむ日々。
でも、科学部員達と親しくなったおかげで、科学知識を手に入れ、ラストでエエとこ見せるんよね。

シュミットに扮する「スーパー・バッド 童貞ウォーズ」のジョナ・ヒルが、
ジェンコに扮する「G.I.ジョー」のチャニング・テイタムと共に製作総指揮し、
ヒルが本作の原案・脚本にも参加しているそうだけど、
今時の高校生達の生態をまのあたりにして、
「マンガ好きで環境意識が高く寛容なやつがモテる。僕も10年遅くに生まれていたらモテたのに」
とぼやくところ、なんかヒル自身の本音みたいでクスクスリやん。
それを聞いてジェンコが、「ドラマ『GLEE』のせいだ」とほざきよるのも、これまたクスクスリ。

劇場版は、テレビ・オリジナルと違って、コメディ要素を盛り込んだってことらしいけど、
オリジナル版を見ていないので、何とも言えないけど、軽めのジェネレーションギャップみたいなもんを、
さらりと笑いで描写していて、ケラケラッラよ。
シュミットが、好きになった女の子メリーに電話すると、
「いつもはメールやツイッターで会話するのに、直接電話くれるなんて珍しい人ね」
なんて言われるのも、オモシロイ。

監督は、アニメ「くもりときどきミートボール」(09)のフィル・ロード&クリスファー・ミラー。
結構下ネタが出てくるけど、軽やかな演出タッチでサクサクと物語を展開してみせるから、
ちっとも下品っぽさは感じない。
シュミット達が、新種ドラッグを体験する場面じゃ、2人が見る幻覚シーンが実にマンガぽくて、
アニメ出身(と思うんだけど)らしいやんと思わせられるわ。
いちおうアクションも、カーチェイスや銃撃戦と見せ場はあるけど、どこか軽めのニュアンスってのも、
そのせいかも。

主役のジョナ・ヒルとチャニング・テイタムの見た目の凸凹コンビっぷりもナイス。
友情にヒビが入りかけても、最後には‥ってのも、この2人なら納得の快演ぶりだわ。

脇じゃ、体育教師ウォルーター役ロブ・グリルが、なんだか目立ちよる。
「ハングオーバー」で警官に扮していた俳優だけど、顔もギトギトしていて、なんか濃いのよ。

そして「映画秘宝」でもバラしていたけど、ジョニー・デップが、
相棒役だったピーター・デルイーズと共に特別出演。
まさかまさかの役柄でね。
でもって下ネタまじりのセリフを吐いて‥。
自分を人気スターにしてくれた作品だけに、デップも義理堅く顔を出したんやろねぇ、多分。

ソニー・ピクチャーズ 2013年3月6日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード