FC2ブログ

「黒蜥蜴」(62年・大映) 女盗賊・京マチ子がムチをビシバシ、ダンシング!キッチュでポップな、アメイジング・ムービーでおまんにやわ!

黒蜥蜴
あちこちのネット・サイトで、ヘンだけどオモシロイと書かれていて、ぜひ見てみたいなあと思っていたのが、この京マチ子・主演の「黒蜥蜴(くろとかげ)」。
それが、初DVD化されると聞き、発売日に大阪ナンバのヤマダデンキに行ったら売り切れ。ヤマダデンキじゃ、大映名作シリーズ廉価版が安く購入(定価2800円が確か1900円)できたのに~。
仕方なく、日本橋のディスク・ピアならあるやろうと行ったら、ここでも売り切れ。人気あるんやねぇ。結局、ディスク・ピアで予約注文して、一週間後にやっと手に入れることができましたわさ。

早速、見てみたんだけど、成る程なるほど、聞きしにまさる面白さ!
ミュージカル風とは聞いていたけど、単なるミュージカルってもんじゃなく、全編、現実感をとことん削ぎ落とし、女賊と名探偵の犯罪と愛を、文学的セリフと遊び心満々のケバくてキッチュな映像で見せる、何ともまか不思議な娯楽作でありました。

一応、作品紹介しておくと、江戸川乱歩の原作を、三島由紀夫が戯曲化したものを映画化したもので、
映画版・脚本は、名匠・新藤兼人。音楽が黛敏郎、歌詞が三島由紀夫と、実にゴージャスなスタッフ揃い。
(撮影当時は、そういう意識はなかったかも知れないけど)

宝石商・岩瀬は、娘・早苗の誘拐予告が届き、名探偵・明智小五郎にボディガードを依頼した。
娘を伴い、明智と共に大阪にやってきたが、そこには、岩瀬のひいき客・緑川夫人がいた。
予告通り、早苗は誘拐されてしまうが、明智の部下で尾行の達人たちにより、彼女は無事救出された。
そして、現場にいた緑川夫人こそが、誘拐の首謀者・黒蜥蜴と見抜くが、まんまと逃げられてしまう。
その後、岩瀬邸で、黒蜥蜴に早苗はまたもや誘拐されてしまった。
彼女と岩瀬所蔵の豪華な宝石「エジプトの星」を、東京タワーで交換すると黒蜥蜴から連絡が入るが‥。

冒頭、いきなり明智小五郎に扮した大木実が登場し、カメラ目線で観客に向かって話し出す。
「昨今は凶悪な犯罪が多いが、犯罪にも夢があり、美しさがあっていいはずです」
そして、ムチの音が響き、網タイツ姿の京マチ子が登場。
タイトルロールのバックで、「黒蜥蜴のテーマ」曲にのって、ムチをビシバシ、妖艶に踊るんよ。
まるで、ステージショーを見ているようなタッチ。
ここでハマるというか、オモシロがらなきゃ、これから始まる物語には入っていけないかもよ。

ミュージカル風と言っても、岩瀬邸の用心棒たちが歌う「用心棒の歌」とか、
黒蜥蜴の部下が、彼女から褒美に宝石を貰って、ステップ踏みながら歌う歌とか、
え、なんでアンタ等がここで?と思ってしまうような場面で唐突に歌が始まる。

京マチ子と大木実も歌うと思いきや‥。

見ている側の予測を、するするとすり抜けてしまうというか、ほんとにあっけにとられてしまうわ。

大阪で、令嬢・早苗が、黒蜥蜴の部下・雨宮と出会う場面じゃ、
互いに見つめ合う背景が、赤い照明に切り替わったり、
(これは、「ウエストサイド物語」で、マリアとトニーの出会いシーンのもじりっぽい)
明智の事務所場面と黒蜥蜴のアジト場面が交互に映り、
カメラがひいていくと、二つの場所が繋がっていて、
明智と黒蜥蜴が向かい合いながら、互いの心情を告げるなど、
時空もひとっ飛びの、映画ならではの演出があったり、とことん人工的な描写に徹してるみたい。

明智と黒蜥蜴の愛のテーマとも言える曲が、随所に流れるんだけど、
これが、切なくも美しい、なかなかの佳曲。
ラストじゃ、女性が歌うこの曲をバックに、明智が黒蜥蜴を腕に抱きかかえて、
紫色に輝く光に向かって、白い階段を上っていくんだけど、なんかウットリしてしまったわ。
(ちょい宝塚歌劇チックな気もしたわ)
別のシーンで、元トランペッターの雨宮が奏でるトランペット・バージョンも聞き惚れたやん。

京マチ子は、確かOSK出身だったせいか、流れるような身のこなしで踊り、
男装も披露しちゃってくれて、なかなかの快演。
女王様っぽい雰囲気もあるし、女ボス的風格も申し分なしね。

ちょい役柄に合ってないかなって思うのが、明智に扮する大木実。
存在感はあるんだけど、どうも生真面目過ぎるというか、無骨というか、
キッチュな虚構世界に合っていないように思ったな。
「子連れ狼 三途の川の子守歌」の悪役三兄弟の弁は、凄みがあってナイスだったけどね。

岩瀬役・ずんぐり小太りの三島雅夫が、やたらハイテンションでオーバー気味にしゃべったり、
岩瀬家の女中の一人を演じる久里千春のキンキン声が耳についたり、
いろんなものが、コッテリコンと、なんか過剰気味。
それが、より人工的テイストを増しているというか、あえてそれを狙ってたんだろね。

他にも、見所、聞き所(文学的で現実味のないセリフの数々)が随所にあって、
何度でも楽しめる、個人的にカルトな作品かな。

監督は、プログラムピクチャーの名手として知られた井上梅次。
彼の劇場映画はあんまり見ていなくて、
テレビのサスペンスドラマ(江戸川乱歩シリーズ他)をいっぱい演出していた監督って印象しかなかったけど、
こんな、ぶっ飛んだ作品を、商業映画として作っていたんだなあと、ちょい見直してしまったわさ。
彼の他の作品も見てみようかな。


角川映画 2013年11月22日発売



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「セール・オブ・ザ・デッド」(08年・アメリカ) 死体泥棒コンビが、生きた死体・アンデッド狩りを始めたばっかりに、えらい目に‥!

セール・オブ・ザ・デッド
ホラー・ジャンルの作品って商売になりやすいのか、毎月、劇場公開・未公開を問わずリリースされ続けているけど、未公開作の場合、ハズレの確率が結構高くて、レンタルするんじゃなかったわ~と後悔することもしょっちゅう。
でも、たまに気の利いたナイスな作品に出くわすことがある。
本作「セール・オブ・ザ・デッド」が、その一本。

08年製作のアメリカ映画だけど、舞台は18世紀のイギリス。
どこかのんびりとしたブラックユーモアに彩られた、小品って感じの作品で、派手さはないし、盛り上がりにも欠けるけど、
懐かしのホラー・テイストみたいなもんが画面に漂い、登場キャラもちょい愛嬌があるし、個人的には充分楽しめた作品であ~りました。

主演は、「ロード・オブ・ザ・リング」でホビットの一人・メリーを演じていた、地味めな顔立ちのドミニク・モナハン。
共演は、「ヘルボーイ」の個性的フェースのロン・パールマンに、「ファンタズム」の怪人トールマンことアンガス・スクリムと、ホラー好きならニンマリなキャスティング。
それに、以前紹介した「ステイク・ランド 戦いの旅路」 「インキーパーズ」と、僕のお気に入りのホラー系作品の製作者ラリー・フェセンデンが、俳優として、モナハンの相棒役で登場。本作の製作も彼みたい。

18世紀のイギリス。
殺人罪に問われ、死刑が言い渡された、墓荒らしの死体泥棒アーサー。
相棒のウィリーは、先にギロチンで首を切り落とされていて、
死を待つ身のアーサーの牢屋に、最後の言葉を聞くと牧師フランシスが現れた。
アーサーは、幼い頃のウィリーとの出会いから彼に語りだした。
貧しい暮らしの中で、母を助けるために、死体泥棒ウィリーの手伝いを始めたこと。
実験材料の死体を欲しがるマッドな博士クイントに15年もこき使われ続けていたこと。
ある夜、胸に杭を打たれた女の死体を見つけ、その杭を抜いたら、
突如動き出して、アーサーやウィリーを襲ってきたこと。
彼女はアンデッドだったのだ!
そのアンデッドを使って、二人で憎たらしいクイント博士を‥。

冒頭、ウィリーのギロチン処刑を見せ、準主役なのに、始まっていきなり死んでしまうんかいな!
と思っていたら‥。

監督・脚本、それに編集までこなしたのは、
スペシャルエフェクト(特殊効果)が専門らしいグレン・マクエイドって人だけど、
そのての監督にありがちな、特撮の見せ場だけ力入れてて、
ストーリー展開や演出がおざなりってこともなく、手際よく、上手にまとめあげてる。
すっとぼけた、ブラックな笑いもなかなか。
演出センスあるな、この人。
特殊効果も、ここぞと言うときに使ってるし、その専門家だけに安っぽさもない。
イギリスのじめっとした時代色を醸し出した映像もいいし、
クラシカルで、不気味さと陽気さをミックスしたような音楽もナイス。

アンデッドの美女の首にニンニクが巻かれていたり、
アンデッドが十字架に弱かったり、バンパイアもどきってのが、
イギリスのハマー映画「ドラキュラ」シリーズへのオマージュって気がしないでもないな。
生きている死体だけでなく、素早い動きのゾンビもどきもでてくるし、
あげくは、まさかまさかの死体まで‥。これには爆笑してしもたわ!

アンガス演じるクイント博士が、死体にバイオリンを弾いて聞かせる、
変な趣味があるってのも、ムフムフフッよ。

前半は、死体泥棒のエピソードが綴られていくけど、
後半は、死体泥僕のライバル、マーフィー一家とのバトルとなり、
アンデッドの奪い合いになるんだけど、アーサーの恋人があっさり‥。
でもって、マーフィー一家の、醜い顔を白い仮面で隠した凶悪女が登場したり‥。

パールマンがただの牧師役で終わるわけないやろなあと思っていたら‥。

低予算ながら、いろいろ工夫を凝らして、
観客がオモシロがる映画を作ろうってマクブライド監督の意欲、
それが、あまり空回りせず、作品からストレートに伝わってくるのがいいな。

ただ、85分とコンパクトな作品だけど、エンディングのあれは余計だったかも。
続編作るつもだったかもしれないけど、ありがち過ぎるやおまへんけ。
そこだけが、ちょい残念やんかいさあ。

それから、ウィリー役のラリー・フェセンデンさん、
安もんのジャック・ニコルソンって顔立ちで俳優専門じゃないみたいだけど、
とぼけた味わいがって、なかなか印象的やった。主役は無理と思うけど。


アメイジングD.C. 2013年12月4日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「クルードさんちのはじめての冒険」(13年・アメリカ)  洞穴暮らしの原始人ファミリーが、はじめての旅に出てしまうアドベンチャー・アニメの秀作やん!

クルードさんちのはじめての冒険
CGアニメ「クルードさんちのはじめての冒険」は、なんでも世界30カ国で初登場第1位に輝き、製作国のアメリカじゃ、10週連続トップ10入りのメガヒットだそうだけど、日本じゃ、あえなく劇場未公開。
これがディズニー作品なら公開されたかもしれないけど、ドリームワークス作品ってことで未公開になったんかしらね。
ドリームワークス作品だって、「マダガスカル」「カンフーパンダ」「シュレック」なんかは、ちゃんと劇場公開されたのにさ。
ま、ドリームワークスの「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」(06)も、ヒュー・ジャックマン、ジャン・レノなどスター俳優が声の出演をしているにもかかわらず未公開・DVDスルーとなったこともあるし。
「マウス・タウン-」は、僕のお気に入りで、ナメクジが愛嬌たっぷりだったし、結構オモシロイ作品だったんだけど。
映画会社や配給会社など、ビジネス的に、いろいろと社内事情があるんだろうね。

さて、この「クルードさんちのはじめとの冒険」。
ケラケラ笑えて、ちょいハラハラ、でもって、家族の絆にホロリとさせられる、
なかなか良くできた作品で、いっぺんでクルード・ファミリーが好きになってしまったわ。

声の出演も、ニコラス・ケイジ、エマ・ストーン、ライアン・レイノルズ他、なかなか豪華。

時は原始時代。
「外に出てはいけない」という家訓を父親グラグはかたくなに守り、洞穴で暮らすクルード一家。
”新しいものはダメ””好奇心も夜遊びもダメ”、楽しいことは全部ダメ
ってな父のルールに、それじゃちっとも楽しくないと、反抗心をつのらせる年頃の娘イーブ。
ある夜、イーブは洞穴の外に明るく光るものを目に、好奇心から外に出てしまう。
そして、初めて”火”を見て驚き、その火をおこした少年ガイと出会い、彼に好意を抱く。
ガイから、もうすぐ世界が終わる、ここから逃げなきゃいけなと聞き、翌朝、グラグに言おうとするが、
その矢先、天変地異がおこり、クルード一家の洞穴は崩壊。
やむなく、新しい洞穴を求めて、一家は外の世界へ旅に出ることとなった‥。

本作は、3Dアニメとして作られたらしいけど、そのせいか、登場キャラの動きは、とても立体的。
冒頭の、一家が食用としてダチョウチックな鳥の卵を盗むシーンなんて、
アメフトもどきのアクションを、縦横無尽なアングルで、ダイナミックかつスピーディーに描いて見せてて、
ワクワクさせられてしまったやん。

僕の好きな快作CGアニメ「ヒックとドラゴン」(10)の監督の一人クリス・サンダースが、
カーク・デミッコと共同で監督・脚本を担当しているんだけど、
「ヒックとドラゴン-」も、3Dで作られてて、とても立体感あるCGアニメだったな。

ヒロインでもあるイーブは、
原始人らしく、体格が女子レスラー・吉田沙保里みたいにガッシリしていて、顔立ちも野生っぽい。
可愛げのかけらもないんだけど、年頃の娘らしく、ガイにほのかな恋心抱いちゃったりして、
だんだん可愛いやんと思えてくる。

父親グラグは、自分が一家を守るんだって意識は強く持ってて、
家族のために自分のルールを押し通そうとする、マッチョなガンコ親父。
でも、住みかを失い、外の世界に出てしまうと、自分じゃ家族を守りきれず、
何かと知恵が働くガイの助けを借りることとなる。
やがて妻や子供達も、ガイを頼りにするようになるのを見て、
グラグは、自尊心を傷つけられ、むかっ腹をたてまくりよる。
でも、ある出来事を境に‥。

イーブの弟でポッチャリ・オデブのタンク、何かにつけて相手に噛みつく幼い妹サンディ、
夫グラグの頭の固さに少々げんなりしながらも、彼に寄り添う妻ウーガ、
そして、元気すぎる楽天的な祖母グラン。
いずれも、個性あふれるキャラ揃いで、軽めのギャグをかましながら、物語をグーンと弾ませてる。

クルード一家だけでなく、登場する原始時代のアニマルも、
風変わりでユニークな生き物だらけ。
足が4本生えてるピンクのクジラっぽいのや、
一家を襲うネコとトラをミックスしたみたいな動物とか、
ピラニアみたいに鋭い歯を持ち、群で襲ってくる真っ赤な鳥もどきとか、
イヌもどき、サルもどきと、もどきだらけ。それも、色合いがめっちゃカラフル。

普通なら、ティラノサウルスとかステゴザウルスとか恐竜を登場させそうなもんだけど、
あえて、それを避けたところがオモシロイやないの。

物語の後半じゃ、グラグが、頭を切り換えて、新しい世界にチャレンジする
頼れるオヤジっぷりを見せるんだけど、ここんところは、ググッとくるやん。

色彩豊かな映像も魅力的だけど、
やっぱり物語の骨格がしっかりしている事が大事だし、
その意味でも、ストーリーがよく練られているな。

クライマックスじゃ、胸が熱くなるというか、気持ちよく感動させられてしもたしね。

できれば、劇場の大きなスクリーンで3Dで見直してみたいやん、ほんまに。

ラストに流れるテーマ曲も、よかったしね。


20世紀フォックス・ホームエンタテイメント・ジャパン 2013年11月20日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード