FC2ブログ

「ターボ」(13年・アメリカ) カタツムリがカーレースにチャレンジするCGアニメでおまんにやわ!

ターボ
アメリカン・コメディが、いくら本国でヒットしても日本じゃ、たいがい劇場未公開・DVDスルーとなってしまうけど、アメリカン・アニメも最近じゃ、同じ憂き目にあってるみたいで、本昨「ターボ」も、世界興行収入が日本円で約280億円のヒット作ながら劇場未公開・DVDスルー。
カタツムリが主人公ってことで、日本じゃ当たらんやろな、公開止めとこと会社の人が思ったんかしらね。
ちなみに本作は、3Dと作られたようで、3Dブルーレイも発売されているみたい。
ツタヤ・クラブ・マガジン誌で見開き2ページで紹介されていたし、リリース会社の20世紀フォックスにも特別ページが設けられていたし、ちょっと気になって観てみたんよ。
季節もぼちぼち梅雨時に入るし、カタツムリのアニメ観るには打ってつけかなとも思ったしね。
もちろん、3Dではなく2Dで。

観た感想だけど、トロトロ進むカタツムリがレーサーに憧れてるって設定が面白いし、
兄弟の絆みたいなもんを上手に絡めて、そつのない出来上がり。
ただ、登場キャラを多彩に登場させるのはいいけど、
メイン以外のキャラをいまいち生かしきっていないというか、ただの彩り止まりというか。
でも、飽きずに見れるし、正直なところ、兄弟愛にちょいホロリとさせれたわ。
ほんとに、ちょいだけどね。

テレビでカーレースを観るのが大好きなカタツムリのテオ。
”たとえ体は小さくても、夢は大きく”と日々、進むスピードを上げる訓練を繰り返していて、
レーサー気分が抜けず、ついつい危険な行為に及んでしまい、
それが、安全第一がモットーの兄チェットの心配の種。
ある夜、テオは路上レースの車のエンジンに巻き込まれてニトロを浴び、
それがDNAに作用して、猛スピードで走れる体になってしまう。
そして、カラスにさらわれた兄を助けようと道路に飛び出した。
兄を何とか助けたものの、メキシカンなタコス店を兄アンジェロと営むティトにつかまり、
彼の仲間内で楽しんでるカタツムリレースに参加させられることに‥。

アンジェロにとってもティトは、悩みの種の存在のようで、
寂れたマーケットにあるタコス店を流行らせようと、タコス寿司とかタコス&サル園とか、
いろいろアイデア出すんだけど、どれも失敗で、アンジェロに迷惑ばっかりかけてる!

そんなティトが、レースカー並に猛スピードで走れるテオに目を付け、
今度こそ、店を繁盛させられると意気込んで、
テオをインディ500のレースに参加させることにした!
同じマーケットのネイルサロンのママさんやホビーショップのオヤジ、車修理屋のムチムチ女店主、
それにカタツムリレースに出ていた古株のカタツムリ仲間たちと共に、
意気揚々とレース会場に向かうんだが‥。

監督は、「シュレック」「チキンラン」にスタッフとして関わっていたデヴィッド・ソーレンって人で、
彼の長編デビュー作。
監督だけでなく、原案も彼で、脚本も担当しているみたい。
カタツムリとメキシコ人のそれぞれの兄弟の愛情と絆ってのに焦点をあて、
アニメならではの縦横無尽のアングルで、レースのスピード感を上手に映像で見せてるな。
テオの憧れの人間のレーサー・ギー・カニエとの後半のレースシーンも結構スリリングだし。
でも、3Dで観たら、もっとワクワクさせられそうな気がしたな。

憧れのカニエが、ウヌポレ屋で嫌みなヤツってのも、物語の定番としてワルクはない。
こいつがイヤなヤツだけに、テオに肩入れし、応援したくなってくるわけよ。
おそらく、あちらの劇場では子供達はテオ、テオ、ターボと応援したんじゃなかろうか、多分。

安全が一番のチェットが、背負った殻が傷つき、ニトロ効果も失って走れなくなり、
くじけそうになったテオを「俺の弟は諦めない」と励ますところ、いいなあ。

ただ、ソーレン監督、デビュー作で意欲に溢れすぎたのか、欲張りすぎたのか、
最初に書いたように、せっかく魅力を発揮させられそうなキャラをいろいろ登場させながら、
描写が、ちょい弱いんよね。
レースのカタツムリ仲間も、リーダーのウイップラッシュ、ホワイトシャドー、
チェットと良い仲になるバーンなど出てくるんだけど、
あっさり描き過ぎてて、最後まで誰が誰だか名前を覚えられなかったし、区別もつかなかったわさ。
寂れたマーケットの店主たちも同様に、描写がいまいち弱い。

しかし、声の出演は、テオにライアン・レイノルズ、チェットにポール・ジアマッティなど
なかなか豪華やね。サミュエル・L・ジャクソン、スヌープ・ドッグなんかも声をやってるし。
ティトに、メキシコ人のマイケル・ペーニャが声を演じてるのも、丁寧な心配りがなされてるって気がするし。

ま、いずれにしろ梅雨時のうっとうしい気分を晴らすには、それなりにナイスな作品かも、やん。


20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン 2014年4月23日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」(13年・アメリカ) オバカでノーテンキな世界の終わりムービーってか!

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日
コメディ映画って好きだからよく見るんだけど、本作「ディス・イズ・ジ・エンド-」は、雑誌『映画秘宝』で、町山智浩さんが、「ホントにくーだらない映画観たよ」って紹介しているのを読んで、どれほどくーだらないのか逆に気になって観てみたいな~と思っていた作品だ。
「キル・ビル」のクェンティン・タランティーノ監督が最高に面白いと絶賛したらしいしさ。
「ゆばりファンタスティック映画祭2014」で上映されたんだけど、ま、当然のごとく劇場未公開。でもって、いきなり廉価でDVDがリリースされてしまったわさ。
監督・主演は、劇場公開された脱力ヒーロー映画「グリーン・ホーネット」のコメディ系俳優セス・ローゲン。
彼主演のコメディ系作品は、劇場未公開ながら結構DVDリリースされていて、以前このブログで紹介した「人生はノー・リターン ~僕とオカン、涙の3000マイル~」 「恋するポルノ・グラフィティ」など、笑えて、ちょいジーンとくる佳作だったなぁ。
本作じゃ、アメリカの人気俳優たちが本人役で登場し、アホなサバイバルを繰り広げよるんよね。
で、確かにくーだらなて、お下劣で、でも映画ネタがいろいろ詰まってて、
ちょいマニアックな映画好きなら、それなりに楽しめる作品だったな。

ロスに住むセス・ローゲンは、久しぶりに彼に会いに来た旧友ジェイ・バルシェルを誘って、
ジェームズ・フランコの新築披露パーティに顔を見せた。
パーティには、俳優仲間ジョナ・ヒル、クレイグ・ロビンソンの他、
「ハリー・ポッター」のハーマイオニことエマ・ワトソンや歌手のリハーナもいて、めっちゃニギヤカ。
だが突然、大地震が起こりロスの街は火の海に!
パニックに陥り、フランコ邸から逃げ出そうとした参加者達は、
地面にぱっくり開いた大穴に飲み込まれ、次々と命を落としていっちゃう。
そんななか、かろうじて生き残ったセス、ジェイ、フランコ、ジョナ、ロビンソン、そしてダニー。
なんとか生き抜こうとサバイバルを生活を始めるんだけど‥。

ローゲンが、子供時代からの親友で脚本家のエヴァン・ゴールドバーグと組んで作った初監督作だそうだけど、
彼の出演映画で共演した俳優達がこぞって実名で出演しているって、彼、人望が厚いんだなって思ってしまったやん。
で、俳優達が、「フォレスト・ガンプ」はゾッとするほど駄作だ!とか、
「スカーフェイズ」「ターミネーター2」「グラディエーター」などをネタにアホなセリフを吐きまくりよる。
もちろん自分たちの出演作「127時間」(ジェームズ・フランコ)、「マネーボール」(ジョナ・ヒル)の
それに「グリーン・ホーネット」の映画ネタも忘れちゃいない。
世界の終わり、いわば”審判の日”を題材にしているみたいなんだけど、
モンスターじみた凶悪サタンが登場したり、エクソシストまんまのシーンがあったり、
エンタテインメント要素に抜かりはないんだけど、どこか荒削りというか、映画の構成はエエ加減。
何て言うか、俳優仲間がうれしがって、映画ごっこをしているような、そんな感じかな。
だから、彼らの出演作をあまり観ていないかったら、映画に置いてけぼりをくらってしまうところもあるよね。
特に、彼らのコメディ作品って日本じゃ未公開、DVDスルーってのが多いだけにね。

俳優が実名で出ているからって、素の自分を出しているわけじゃなく、
あくまで実名の自分を演じているわけで、みんなが好物のスナック菓子”ミルキーウェイ”を取り合いしたり、
フランコがズリネタに使ってたエロ雑誌にダニーがザーメンを付けたと口げんかしたり、
アホで幼稚じみた揉め事が連発するんだけど、そんなハリウッドスターのアホさ加減を、
肩の力を抜いて、自虐的になるわけでもなく、みんな面白がって演じているみたい。
ジョナ・ヒルなんて悪魔にとりつかれて、「エクソシスト」の少女リーガンまんまになってしまうのを、
ノリノリで演じて、悲惨な最期を迎えよるし。
「ジュノ」で、同級生のジュノを妊娠させちゃう少年を演じた、ひょろっしたマイケル・セラが、
クスリ大好き、セックス大好きのエロバカ男で登場し、えげつない死に方するし。
ラスト近くには、「GIジョー」のマッチョマン、チャニング・テイタムが、これまた本人役で、
ダニーにオカマ掘られて、彼の奴隷になって出てくるし。

クライマックスじゃ、天国で、あの男性ボーカルグループが‥。

誰もが楽しめる作品とは言い難いけど、アメリカン・コメディが好きなら、
とりあえずは押さえといていんじゃな~いって映画であ~りました。

エマ・ワトソンが、良い感じで大人の女に成長したのを拝めるし。
韓国の歌手サイのアメリカでもヒットした「江南スタイル」を使うセンスも、なんか良かったし。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2014年5月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード