FC2ブログ

「エージェント:スティール」(13年・アメリカ/カナダ) 大泥棒たちが仕掛けるトラップにハメられたのは、誰やねん!ラストで、な、な、何と‥。

エージェント:スティール
僕の愛読雑誌「映画秘宝」で、こいつは久々の拾いものの作品だって紹介されていたので、ちょっと気になり、レンタルして観たのがこの「エージェント:スティール」。
なるほど、確かに、観ている者を上手にダマしてくれ、でもって粋なラストにムフフッとさせられるピカレスク・クライム・ムービーでありやんした。
エンドクレジットのNG集は、ちょっと余計な気がしたけどさ。
しかし、邦題に”エージェント”って付いてるからスパイ映画と勘違いしそうなんやけど、なんでこんな邦題つけたんやろ?
ま、最近の洋画って劇場公開・未公開を問わず、直ぐには意味が分からない英語タイトルが多いし、それが主流になってるみたい。どうでもいいことだけどさ。

しかし、この手の作品って、感想を書くのがなかなか難しいわさ。
何を書いてもネタばらしになりそうでさ。
とにかく観てチョーダイとしか言われへんところがあるんよね。

オープニングは、主人公クランチが、ポーランドの刑務所に入れられるところから始まる。
そのシーンに彼のモノローグがかぶさる。
「人は裏切りの末、真の通貨は金ではないと知る。信頼だ。」
最初は、意味がいまいち分からなかったけど、このセリフ、ラストシーンで効果的に利いてくるんよね。
名うての美術品のすり替え詐欺師だったクランチは、詐欺仲間で腹違いの弟ニッキーの裏切りにあい、
投獄されてしまったんだけど、5年半後に出所し、アメリカでバイクスタントでなんとか生計を立てていた。
そんな彼の前に、突如見知らぬ男が現れ、暴力的にニッキーの居場所を聞き出そうとしてきた。
実は、ニッキーがスーラの名画を、その男と共謀して盗んだんだけど、
ニッキーが独り占めしようと裏切り、絵を持ち逃げしてしまったんだ。
その後、クランチは、昔の仕事仲間バディの部屋で、ニッキーと再会。
激しい口ゲンカが始まるが、その時、バディから、大金になる美味しい仕事を持ちかけられ、
結局、また組んで仕事をすることに。
その仕事とは、世界的に貴重な福音書を美術館に忍び込んで、すり替えること。
一方、スーラ絵画盗難事件を追いかけていたインターポール(国際刑事警察機構)は、
泥棒で元美術鑑定士のサムを減刑をエサに協力させ、ニッキーの行方を探していた‥。

90分とこじんまりとした尺の中、監督・脚本はジョナサン・ソボルは、
登場人物のキャラを手際よく描き分け、ハイテンポでストーリーを展開してるな。
初っぱなの警察とのバイクチェイス・アクションも、そつなく見せるし。
サスペンスとユーモアのブレンド加減も悪くないしね。
名画「モナリザの微笑み」盗難事件のエピソードも、
伏線としてストーリーにうまく組み込んでるのも、エエ感じ。
福音書すり替えのための小道具、見た目がもろ女性器のアートオブジェには、
ちょい引いてしまったけど。妙にリアルぽっ過ぎるんよ。
贋作師がニヤニヤしながらオブジェのワレ目に手を入れてヘンなセリフを吐くんだけど、
笑うどころか、オゾゾッとしてしまったわ。クランチたちも引いてたけど、わかるなぁ。

キャストは、トップランクからは後退気味だけど、スターとしてのオーラは、まだまだ充分な、
「遊星からの物体X」のカート・ラッセルと「メリーに首ったけ」「ランブルフィッシュ」のマット・ディロンが
腹違いの兄弟役で共演しているし、出番は少ないがサム役、「プリシラ」のテレンス・スタンプも、
ポーカーフェィスを崩さず、渋さ&味わい深さ満々の存在感を見せてる。
脇も、クランチの弟子フランシーに、僕の好きな快作アニメ「ヒックとドラゴン」で
ヒックの声を演じたジェイ・バルチェル。彼のウソ臭さビンビンの偽アーミッシュには笑ってしまったわ。
バディに、「シルク」のカナダ出身のケネス・ウェルシュ他、「新・三バカ大将」のクリス・ディアマントポロス、
キャサリン・ウィニックなどカナダ系のベテラン&若手俳優がぞろぞろ顔を出してるみたい。
それぞれ、キャラにあった風貌で、物語をギュッと締めてる気がするな。
熱血漢だけどアホなインターポールのビック役、これまかたカナダのコメディアンらしいジェイソン・ジョーンズの
バカっぽさもナイスでおます。なにしろ、その間抜けぶりにサムから呆れられてしもとるもんね。
ひょっとして監督のジョナサン・ソボルもカナダ出身かもしれないな。

物語にはほとんど関係ない場面だけど、
クランチたちが車を止める、人気の全くない雪の積もった広場で、
ミニバンで飲食店を開いてるむさ苦しい男。
「儲かってるか」とクランチに聞かれ、「さっぱり、ふるわねえよ」とぼやきよるんやけど、
脱力気味のユーモアが漂ってて、ヘンに印象に残るやん。
実際、エンドクレジットの後にも、この場面が再登場するし。
監督、この場面、よほど気に入ってたんかしら。

ラスト、スタンプのセリフ、「私には信頼がある」。グッとくるやんかいさぁ。
映画の締めくくりとして申し分ないし、
このセリフを言ってもらうために、イギリス俳優のスタンプをキャスティングしたのかもしれないな。
なんかそんな気がするんでおまんにやわ。


AMGエンタテイメント 2014年7月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ」(09年・フランス) あの「OSS117私を愛したカフェオーレ」のオバカ・フランス諜報員が活躍(?)するレトロ・スパイ・コメディやんかいさぁ!

フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ
小粋なサイレント映画「アーティスト」(11)でアカデミー作品賞・監督賞・主演男優賞をとったミシェル・アザナヴィシス監督と主演のジャン・デュジャルダンが放ったスパイ・アクション・コメディ「OSS117私を愛したカフェオーレ」の続編が、この「フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ」。
「OSS117私を-」が大して話題にならなかったし、見たいけど、続編は日本じゃ劇場上映はおろかDVDリリースもされへんやろな~と諦めていたらウレシカルカルのDVDリリース。アリガットサ~ン。

前作じゃ1955年のカイロが舞台だったけど、今回は、1967年のブラジル・リオで、のほほ~んと大暴れしよるんよ。
主人公、OSS117ことフランス諜報員ユベールは、前作同様、うぬぼれ屋で高慢、でもって無知のまんま。
そんな彼が、元ナチス幹部相手に、リオの街をチンタラリンと駆けめぐり、世界の平和をそれなりに守りきるんよね。
前作に比べ、展開が少々ユル~イけど、ヒッピーなども出てきて60年代ニュアンスをきっちり盛り込み、バカっぽいのに、妙にセンスが良くって、個人的には充分楽しめたわ。
ヒッチコック・テイストが感じられるのも、アザナヴィイスの映画マニアっぽさを伺えてムフフッとさせられたしさ。

元ナチス高官フォン・ジンメルからフランス国内のナチ協力者リストを手に入れるミッションを受け、
リオに飛んだユベール。
リオに着いたとたん、覆面レスラーの殺し屋に狙われるが、イスラエル諜報機関モサドに助けられ、
モサドの美女ドロレスと行動を共にすることになったユベール。
ジンメルの息子でヒッピーのハインリッヒを見つけ、彼からジンメルの居所を突きとめようとするが‥。

今回のオープニングは、女達に囲まれダンスパーティをするユベールが、
中国人リーの手下たちに銃弾を浴びるシーン。
周りの女達やリーの手下はバカバカ死んでいくのに、
ユベールには一発も当たらず、無事危機を逃れ、中国の令嬢とベッドインとあいなっちゃう。
カメラが窓辺に移ると、飛んできた二羽の小鳥が交尾をおっ始めよる。
ここで、もう、いい意味で脱力しまくりチヨコでおまんにやわ。

リーがいったい何者かは最後まで判らずじまいなんだけど、
リオでも彼の手下たちが神出鬼没に現れては、ユベールの命を狙うんよ。
ま、スパイ映画なら、主人公が誰かに命を狙われるってのはお約束だし、
お約束通りに展開してまっせって感じ。

モサドからジンメル接触への協力を申し込まれたとき、
ユベールのユダヤ人への偏見丸出しの暴言に、ドロレスたちは、引いてしまうけど、
ユダヤ人だけでなく、オープニングの中国令嬢に対しても、トンチンカンで差別丸出しのセリフをはくし、
ブラジル人に対しても一緒。
空気が読めないのか、ジンメルの居所を探すならドイツ大使館に行けばいいと思いつき、
大使館員に、元ナチス党員の名簿はないかと平気で聞いてしまいよるし。
当然、イヤ~な顔されてしまうわな。

飛行機墜落、どう猛なワニ出現、といろいろアクシデントに見舞われるんだけど、
墜落しても傷一つ負わずに助かるし、ワニもモロ張りぼてで、ちっとも恐くない。
ナチの覆面レスラーとの肉弾バトルも、打ち合わせ通りに投げて投げられてまっせって感じモロで、
これまた、ちっとも手に汗握れない。
ほんまにもう、いちいち脱力してしまうわさ。
でも、この脱力さ加減が、なんかええ案配というか、不思議にオモシロがれるんよ。

イグアスの滝でユベールがジンメルともども湖に落っこち、担ぎ込まれた病院での、
これまたオケツがチラチラ見えまくる超微速チェイスなんか、脱力感を通り越して、気持ちよくさえ思えてくる。

前作同様、ヒッピーの乱交パーティにからんだゲイネタもしっかりある。

アザナヴィシス監督、60年代のスパイ映画のエッセンスを、当時流行した分割画面を多用したり、
ファッションやインテリア、美術などに凝りまくって、再現につとめているな。
前作同様、そんな懐かしの娯楽映画への愛情を込めつつ、現在の視点で、
決して批評的にならず、ヤバめの笑いをまぶした、ユルサ際立つエンタテイメントに仕上げているというか。

事件解決後、ドロレスをキスを交わすバックに流れるディーン・マーティンの「誰かが誰かを愛してる」や、
「イパネマの娘」他、音楽の使い方も、耳に心地いいし。

また、ユベールが、なぜか昔サーカスの空中ブランコ乗りだった時、
誤って相手を落下死させたことが原因で高所恐怖症になっていて、
それが、クライマックで、ヒッチコックの「めまい」を思わせるシーンに繋がっていたり、
コルコバードの丘の巨大キリスト像の腕の上でのジンメルとの対決が、
ヒッチコックの「逃走迷路」の自由の女神像での対決シーンを想起させたり、
対決後のカメラの切り替えが、「北北西に進路をとれ」の編集と全く同じだったり、
アザナヴィシスさん、ヒッチコキアン(ヒッチコックの熱狂的ファン)なんじゃな~いと思っちゃったわさ。

主演のジャン・デュシャルダンは、ネアカでバカ、高慢で女性蔑視の偏見主義者、
でもどこか憎めない主人公を、水を得た魚のように、楽しげに飄々と演じてる。
事件を追いながらもリオのあちこちで勝手に記念撮影していて、
その写真がエンディングロールに出るんだけど、お前はリオに何しにいったんや、このアホが!と
ユベールのあまりのノー天気さに、呆れてかえってギッチョンチョン!
最初にフランス諜報局で、秘密兵器(?)アヒル型足こぎボートの設計図が映されるんだけど、
それもきっちり作って、湖を走らせてるという8ミリ風の動画もエンディングには出る始末。

ジンメル役は、ドイツのヴィム・ヴェンダース監督の「まわり道」「さすらい」「リスボン物語」など、
彼のロードムービーで主役を演じていたリュディガー・フォグラー。
地味目の顔立ちでシリアス映画派の人だと思っていたけど、「フレンチ大作戦-」じゃ、
老体(42年生まれ)むち打って、冷酷(でもないか)な元ナチ高官を、そこそこコミカルに演じてる。

ドロレスや役ルイーズ・モノは、初めて見るけど、美人には違いないが、
前作のヒロイン、ペレニス・ペジョに比べて、いまひとつ線が細いとうか、印象が弱いな。
そこんところが、ちょっと残念な気も。

もし、3作目が作られるなら、アジアを舞台に、
謎の中国人リーの正体を明かしてほしいやんかいさぁ、ほんまに。


アクセスエー 2014年7月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード