FC2ブログ

「キッズ・リベンジ」(12年・アメリカ) 攻撃能力バリバリの少年が、罠を仕掛けて悪党どもをやっつける、活きのいいバイオレンス・アクションやんかいさぁ!

キッズ・リベンジ
ジャケット・カバーの少年がいまいち可愛げがないし、ちょい安っぽいイメージがして、あまり見る気はしなかったんだけど、DISCASのユーザー評や他の映画ブログで、意外に面白かったと評されていたので、それでは見てみようかなとレンタルしたんだけど、これがなかなか面白かったんでおまんにやわ。

少年が悪党どもをやっつけるといったら「ホーム・アローン」チックなネアカでコミカルな作品を思い浮かべるけど、本作は、ちょいダークでバイオレンス・レベルも高く、コミカル要素はゼロ。
最初は、少年にいまいち感情移入できなかったんだけど、ストーリーが進むうちに、ちょい暗い過去を背負った彼に肩入れしたくなってきちゃうんよね。

原題は「Aggression Scale」。
日本語に訳すと”攻撃性尺度”で、意味は「他者への身体的、または精神的苦痛となりえる攻撃的行為の頻度を測る尺度」のことだと、
映画の冒頭で説明されているけど、てっきり悪党どもの攻撃性のことかなと思っていたら‥。

親同士が再婚し、郊外の一軒家に越してきたビル一家。
再婚相手マギーの娘ローレンは、都会から離れて暮らすのに不満で、
義理の弟となるったビルの息子オーウェンに対してもつっけんどん。
引っ越した翌朝、突然、男たちが家に押し入り、金を返せとビルやマギーに銃を突きつけてきた。
実は、ビルが、マフィアのボス、ベルバンスの大金を横領したのではと疑われたんだ。
マギーが殺されてしまい、現場を目撃したローレンは怯え、慌てて家から逃げ出そうとするが、
男たちの人に見つかり、もはやこれまで!と思った時、
突如、オーウェンが金属バッドを振りかざし、思いっきり男を殴りつけてきた‥。

ジョギングから自宅に戻った女性が、玄関で唐突に○○されてしまう
思いがけないオープニング・シーンから、なかなか小気味良い演出で、タイトにストーリーが進むな。
48時間の保釈中に国外逃亡をはかるベルバンスが、部下のロイド達に、
自分の大金を横領した人間を見つけて殺し、金を取り戻せと命じたことで、
次々とそのターゲットが命を落としていき、ビルも狙われてしまったんだけど、
低予算ながら、ムダのないセリフ、ムダのない映像展開で、
85分と短い尺に、すっきりとまとめ上げてるやん。

オーウェンの暗い過去、それゆえに身につけたスキル、そして彼のずば抜けた知的能力。
あっという間に雑誌の迷路を解いたり、手近なモノを駆使して罠を作り、
それで悪党どもをやっつけていくところは、なかなか痛快だ!
オーウェンは、映画じゃ一言もセリフを発しないし、笑顔もほとんど見せないんだけど、
それが余計に彼を、孤高とまではいかないけど、特異な存在に見せていて、
次はどんなことするか、彼の行動に注視させられてしまうんよね。

オーウェン役ライアン・ハートウィグは、初めて見る少年俳優だけど、
そんなに可愛いってわけでもなく、と言ってヒネクレてるってイメージでもなく、
心に闇を抱えた主人公を、微妙な表情の変化で、巧みに演じてるって気がするな。
ロイドを罠にかけて、チラリと不敵な笑みを一瞬見せるところなど、ちょいググッときてしもたやん。
いざとなったら、家族となった義理の姉を守ろうとする心意気もエエ感じやし。

ネクラでキモイ弟をもってしまったとブツクサ言う姉ローレン役ファビアン・テリーズも、
初めて見る女優だけど、そんなに美人ってわけでもなく、どこにでもいる気ままなハイティーンって雰囲気で、
自分の過ちで手に怪我したり、悪党に襲われギャーギャーわめきまくって、良いところなし。
でも、彼女にも少々暗い過去があったのがチラリと描かれ、
徐々にオーウェンを頼れる弟と信頼していくところは、そこそこ好感がもてるかな。

マフィアのボス、ベルバンス役は、「ツィン・ピークス」のローラ・パーマーの父役で知られるレイ・ワイズ。
出演者の中では、唯一メジャー系の男優さんだけど、出番は少ないが、
それなりの貫禄で映画をグッと引き締めてるな。

監督・編集のスティーヴン・C・ミラーは、「ゾンビ・トランスフュージョン」など、
低予算作品を作い続けているようで、本作同様、劇場未公開作ながら
日本でDVDリリースはされてるみたい。
彼の他の作品は見たことないけど、本作を見る限り、演出センスや映像センスは悪くないし、
B級ながら娯楽作のツボをしっかり押さえた映画作りが出来る人って気がするやん。
映画らしい伏線のはり方もそソツがないし。
単にバイオレンスなアクションだけでなく、オーウェンとローレンの心の闇も、
くどくどと説明過多にならず、さらりと描き、見る側になんとなく想像させるところもナイスだし。
脚本のベン・パウエルの力もあるかもしれないけどね。

ただラスト、ドバッと派手に終わって欲しかったて気もしたな。
ま、低予算だし、これはこれで良しとするか。

しかし、他の作品で、またオーウェンの活躍をちょっと見たくなったなぁ。
これ1本で終わらせるには、もったいないキャラなような気がするんよね、ほんまにさ。
ひょっとしてアメリカじゃ続編が作られていたりして‥。


トランスワールドアソシエーション 2014年8月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「俺たちスーパーマジシャン」(13年・アメリカ) マジシャンたちの熱くてオバカなバトルにゲラゲラ・ワクワク・ハッヒフヘホーってか!

俺たちスーパーマジシャン
この前、テレビでなんとなく「真実解明バラエテイー!トリックハンター」を見ていたら、すっかり成長した、てじな~にゃの山上兄弟(なかなかハンサムに成長した19・20歳)が、”海外0円の旅”ってコーナーに出ていたんよ。
カンボジアで、手品を披露しながらお金をゲットし、アンコールワットまでたどり着こうとするのもので、披露するマジックのネタばらしもされていて、板に空いた3つの穴の真ん中に腕、両側に野菜を入れ、ギロチンの刃をグサッと降ろすと、野菜だけが真っ二つに切れて腕は無事ってギロチン・マジックのネタもバラされていたわ。
なるほど、そういう仕掛けだったのねと納得しながらも、ネタが解ってしまうと、なんだか夢がなくなってしまうというか、残念感みたいなものも感じてしまったな。
マジックのネタって、知らないほうが夢があっていいんだ、やっぱり。

てなことで、って、この「俺たちスーパーマジシャン」。
ラスベガスのマジシャンを主人公にしたコメディだけど、”えげつないほど笑えるコメディ”ってキャッチフレーズにひかれて見たら、そんなにえげつないほどは笑えなかったけど、
友情やロマンスありの、基本はオーソドックスな、普通に楽しめるアメリカン・コメディでありやんしたわ。

ラスベガスのホテルで人気のマジシャンコンビ、バート&アントン。
小学生の時からの親友同士だったけど、
バートは、人気にあぐらをかいて、放漫でうぬぼれの強いイヤ~な性格になってしまい、
おとなしいアントンとの仲もギクシャク。
そんな時、過激なパフォーマンスで大評判のストリートマジシャン、スティーブが現れ、
彼に負けじと、宙づりの透明ボックスに入り高温に耐えて何日も過ごす新ネタを路上披露しようとしたが、
バートのせいで大失敗。
結局、二人は決別し、俺だけで充分と一人でステージに立つバート。
でも、客は遠のき、ホテルと契約もうち切られ、蓄えもなく、どんどん落ち目になっていくバート。
メチャ安ギャラで、元ショー関係で活躍した老人専用の介護ホームでの余興マジックを引き受けるが、
そこで、バートが幼い頃、彼にマジックの面白さに目覚めさせた元マジシャン、ランスに出会った‥。

以前紹介した未公開作「奇人たちの晩餐会USA」(10)で、
はく製ネズミのジオラマ作りが趣味の奇人を快演していたスティーブ・カレルが、
珍しく、女を見下す、身勝手でイヤ~な性格の男で登場。憎まれキャラに挑戦かと思ったら、
介護ホームでランスに会ってからは、あっさり良い人に変わってしまいよる。
彼って、やっぱり、どこかヘンだけど、基本は良い人ってのが似合うな。

相棒アントン役は、スティーヴ・プシェミ。
「ゴーストワールド」(00)の古いレーコード・オタクが印象深かったけど、
心優しいが、ちょい気が弱くって、人生に不器用ってイメージが、役柄にナイスマッチ。
バートとケンカ別れしてから、貧困層の多い国を訪れ、慈善活動に励むってのも、なんか彼らしい。
でも、貧しい子供達へのプレゼントがマジックのネタで、
ちっとも喜ばれないところが、なんかズレてるというか勘違いしているというか。

そして、過激パフォーマンスのスティーブに、ジム・キャリー。
自分のホッペをナイフで切ってそこからトランプを出したり、赤く燃える石炭の上で一晩横たわったり、
12日間オシッコを我慢したりと、キャッチコピーどおり、彼のパフォーマンスがいちいちエゲツナイ。
でもって、笑えるというより、なんか引いてしまうわさ。
一昔前のジムっぽく、アクの強いオーバーアクトで見せてるだけに、
ウソっぽくはあるんだけど、それでもなぁ。

脇じゃ、「リトル・ミス・サンシャイン」でカレルと共演したアラン・アーキンが、元マジシャン、ランス役。
ベテランだけに、枯れた渋さで、なんか味わい深いやん。
死んだと見せかけて○○○しちゃう、お茶目なところもクスリとさせるし。

それに、僕の好きなドイツのコメディアン&監督のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒが、
マジシャン仲間の一人、動物使いのルーシャス役で登場。
2シーンしか登場しないけど、ベンガルトラに噛まれてたり、
いつも身体のどこかに包帯巻いているってキャラだけど、
彼のドイツ・コメディでのぶっ飛びオバカ・キャラは封印されていて、
ギャグそんなに笑えないし、なんかモノ足らないわさ。
ひょっとして、本作がアメリカ進出の第1弾ってことで、とりあえずは顔を出しときまっせって感じなのかな。

あと、紅一点、バートの助手に「カウボーイ&エイリアン」のオリヴィア・ワイルド。
ホテル社長に、この前亡くなったセクシーなデブ中年、「ソプラノズ」のジェームズ・ガンドルフィーニ、
それに、ラスベガスの人気マジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドもちらりとゲスト出演。

監督は、ゴカイ(ミミズの一種)に人間が襲われるB級ホラー「スクワーム」(76)に主演していたドン・スカーディノ。
スティーブの過激パフォーマンスのルーツも、ひょっとしたら「スクワーム」なのかも知んない。
今までテレビ映画を手がけていたみたいだけど、ま、手慣れた演出で、破綻なく映画をまとめ上げてるな。

ところで、クライマックスがバート&アントンとスティーブのマジック合戦となるんだけど、
バート達のマジック”消える観客”、あれマジックと呼んでいいんかしら?
なんか、スッキリしないんやけど。

てじな~にゃの山上兄弟のマジックのほうが、まだマシやんと思ってしまいましたわ、ほんまにね。
気になる人は見てちょうだイリュージョン!

ワーナーブラザース・ホームエンターテイメント 2014年8月6日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード