FC2ブログ

「ヒックとドラゴン2」(14年・アメリカ) バイキングの青年と相棒のドラゴンが、邪悪な一味と戦う、結構深い中身のファンタジック・アドベンチャーやんかいさあ!

ヒックとドラゴン2
一作目のCGアニメ「ヒックとドラゴン」(10)が滅法面白かったので、この続編「ヒックとドラゴン2」を見ることにしたんだけど、一作目以上にダイナミックな空中バトルにハラハラ、主人公の心の成長物語としてもググッと胸にくるものがあり、僕みたいなオッサンが見ても充分楽しめるアニメだったやん。

なんでも、あの「ベイマックス」を抑えて2015年のゴールデン・グローブ賞のアニメ作品賞を受賞したらしく、海外じゃ世界37ヶ国で大ヒットしたんだそうな。
でも、日本じゃ、あえなく劇場未公開でソフト・スルー。ま、全く見ることが出来ないよりかはマシかもしれないけど。
でも、この作品は劇場の大きなスクリーンで見たかったなぁ。
ドラゴンたちの空中バトルが、とにかく迫力満々、スケール感たっぷりだし、劇場で見たら興奮しまくれるやんて思うからさ。
映像もとことん緻密で美しいしね。

本作をリリースしている会社・20世紀フォックスって、
以前このブログで紹介した、原始時代が舞台のファミリー・アドベンチャーの秀作「クルードさんちのはじめての冒険」(僕のお気に入りアニメよ)も、劇場未公開でソフトスルーだったし、どうもアニメ作品を冷遇してるみたいやないの。

ま、それはともかくこの「ヒックとドラゴン2」、
前作から5年後の話で、ヒックは20歳の青年になっている。

バイキング(人間)とドラゴンが共存する平和な島・バーク島。
羊をボールに見立てたドラゴンレースがにぎやかに開かれている中、
ヒックは、相棒のドラゴン・トゥースと共に空中散歩しながら、
新しい島を見つけ、地図に書き加えることを楽しんでいた。
そんな時、見慣れない島を発見、
後からやって来た女友達アスティと共に島に近づくと、
その島のリーダー、エレットに急にドラゴン泥棒呼ばわりされ、
ドラゴンを捕まえにかかってきた…。
なんとか逃げ切ったヒックたちだが、
今度は、ドラゴンを操る仮面を被った謎の人物が彼の前に現れた…。

今回は、一作目に登場しなかった母親ヴァルカが初登場。
バーク島の長(おさ)で父親のストイックから死んだと聞かされていた母と出会い、
戸惑いながらも、彼女からその理由を聞き、
自分も、彼女の考え方を受け継いでいるんだと気付く。
そして、ヒックを探しに後からやって来たストイックが、ヴァルカと20年ぶりに再会。そして…。
この場面、じんわりと胸に染みいるのよ。
決して単純なお子さま向けに終わらせない作品やなと、思わせられたやん。
登場キャラの心の機微が、ちょっとした表情や仕草を通して丁寧に描かれててね。

監督は、前作でも監督・脚本を担当していたディーン・デュボア。
前作じゃ、ヒックが、それまで人を襲うと恐れられていたドラゴン・トゥースと友情を育み、
人間とドラゴンが仲良く共存するまでが描かれていたけど、
今回は、ドラゴンを自分の支配下におさめようとする邪悪な男ドラゴの一味と、
あくまで共存を主張するヒックたちの対決が主軸になっている。
そして、その闘いを通して、ヒックが、自分の生き方を見つけ、
その生き方から逃げないと決意するまでが、説得力をもって描かれてる。

若い時って、誰でも、自分はこれから何をして、どう生きていこうか、迷ってしまうことがあるやん。
自分探しというかさ、それは歳くっても探し続けてしまう場合もあるけどね。

デュボア監督は、ドラゴンたちのスペクタクルなアクションを、
縦横無尽なカメラワークで見せ、アドベンチャー・スピリットをビンビンに感じさせながら、
ヒックや両親の心情も抜かりなく描写し、気持ちよい感動に浸らせてくれる。
ユーモアも忘れちゃいないし。

ドラゴも単純な悪党ではなく、暗い過去を引きずっていて、
それがヒックとは真逆の方に向いていったって設定だし、
また、何かを成し遂げようとしたら、何かが犠牲になるときもあり、
それを受け入れる覚悟を持たなきゃいけないという、人生訓みたいなことも、
押しつけがましくなくメッセージされるし、この作品、結構深いやんて思ってしまうわさ。

ヒックのドラゴン乗りの仲間たちやドラゴの手下エレットのエピソードなど、
物語に弾みをつける要素が、程良い加減で詰め込まれてるし、
ドラゴンたちも、お茶目なヤツから超巨大でどう猛なヤツまで、それぞれ個性的な造形だし、
とにかくビジュアル、ストーリー共々、娯楽アニメとしちゃ文句なしの出来でおまんにやわ。

しかし、あのメイン・キャラが、まさか、あんなことになるなんて…。
気になったら見てチョーダイ。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015年7月3日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(14年・ノルウェー・他) 死んだ息子の復讐のために、オヤジが除雪車に乗って悪党狩りを繰り広げる、風変わりな雪国クライム・サスペンスでおま!

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
一面雪に覆われたノルウェーの街を舞台にした、ちょっと風変わりなクライムドラマが、このノルウェー・スウェーデン・デンマークの3国制作の「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」。
主演が、僕のお気に入りのスウェーデン俳優、ステラン・スカルスガルドだったので、見てみることにしたんだけど、ジャケット・デザインからガン&カーアクション満載の派手っぽい映画かなと思ったら、とぼけたユーモアがちょこちょこ垣間見える、どこかオフビートなタッチの、なんとも奇妙な味わいのクライム・サスペンスでありましたわさ。

ステラン・スカルスガルドって、最近は「マイティ・ソー」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズなど、コミック・ヒーローアクション映画に博士役で顔を出していて、アメリカ映画での活躍が目立つけど、僕が彼のファンになった作品が、引退を決めたプロの殺し屋に扮したイギリス映画「キス★キス★バン★バン」(00)。
この映画は、主人公が引退後の初仕事として、
33年間一度も外に出たことのない男ババ(心は子供)の世話をするってな話で、
ドンパチはあるけど、ちょいハートウォーミングなクライムドラマ。
無邪気なババに振り回される元殺し屋を、スカルスガルドが、
味わい深く演じていて好きになってしもたんよね。

ノルウェーの雪深い山間部で長年にわたり除雪業を営んでいたニルス。
町から市民賞をもらいうけ、悦に入っていた時、
愛する息子が、コカインの過剰摂取で亡くなったとの知らせが入る。
絶望のあまり、ライフルを口にくわえて死のうとした時、
息子の友人が現れ、自分がコカインを盗んだせいで、
その巻き添えになって組織に殺されたと告げる。
復讐に燃えるニルスは、銃を手に除雪車に乗って、
組織のメンバーを見つけては、次々と殺していく。
そして、組織のボス、伯爵にたどり着くが…。

ニルスが息子の復讐に立ち上がるのは、愛するものを失ったゆえの行動と理解はできるけど、
ギャング達への殺しの手際の良さにちょっと驚いてしまう。
そして死体を金網で巻いて大きな滝に投げおろすんだけど、
そうすれば魚が中に入って肉をむさぼり死体が浮き上がることはないから。
それまで、普通の平凡なオヤジだったのに、いとも鮮やかに次々と命を奪い、
死体の処理の仕方までソツなくこなすなんてね。
彼が、スウェーデン(多分)からの移民であるらしいことはセリフから知れるんだけど、
じゃあ母国で兵役についていて、それで銃の扱いに慣れているのか、
それとも殺人の経験があるんでは、ってのは想像するしかない。

長年連れ添った妻が、一人息子の死で心が壊れてしまうのは分かるんだけど、
急に夫に触れられるのも拒否し、あげくは置き手紙を残して家を出てしまう。
そして、手紙には…。
ニルスと妻の間に、どういう心のすれ違いがあったのか、
これまた、いろいろと想像するしかない。

あまり多くを語らず、物語は、ある意味淡々というか、
大きな起伏があるわけでもなく、といってダラダラしているわけでもなく、
不思議なテンポで展開する。

手下を次々と殺された伯爵が、
同じコカイン売買を行ってるセルビア人のギャングの仕業だと思いこみ、
縄張り争いに発展して、セルビア・ギャングのボスの息子を殺してしまったことから、
今度は、伯爵側が息子への復讐とばかり彼らの標的となってしまいよる。

また、ニルスの兄が、伯爵の亡き父の手下だったことから、
ニルスは、兄に復讐の手助けを頼むんだけど、
彼から紹介された殺し屋に伯爵殺害を依頼すると、
殺し屋は、いともあっさり、〇〇〇〇しまいよる。

とにかく人がバカバカ殺されていくんだけど、
あえて残虐な場面は画面に映さず、場合によっては殺しのシーンさえ登場せず、
誰かが死ぬと、黒バックに白い文字で十字架の下に
死んだ人間の名前が記された静止画面が出るだけ。
これが、時々すっぼけたタイミングで出てきて、ついクスリッとしてしまう。

セルビア・ギャングたちが、雪景色が珍しいのか、
なぜかスキー場で楽しんでいて、一人がパラグライダーで空を飛んでいったり、
伯爵の部下が、車の中でカンツォーネ風の音楽を聴いていて、突然歌い出したり、
ちょこちょこ、変というか、オフビートなユーモアが飛び出してくる。

物語の後半で、ニルスが、伯爵の息子を誘拐するんだけど、
息子が眠れないから本を読んでとせがまれると、
ニルスは除雪車の解説書を読んで聞かせるのには、笑ってしもたわ。

監督ハンス・ペテル・モランドって、初めて聞く名だけど、
どこか、わざと、おとぼけ気味の演出センスをちらつかせて、
ありがちな復讐サスペンスものを、ちっともありがちでない
奇妙なテイストの作品に仕上げているな。
ノルウェーならではの一面の雪景色ってのを効果的に使った映像センスも良い感じ。

スカルスガルドは、復讐に燃えるタフなオヤジ・キャラにピッタリとハマってる。
ほんの少し哀愁みたいなもんが滲み出ているところもベリーグッド。

驚いたのが、セルビア・ギャングのボス役に、
「ベルリン 天使の詩」の名優ブルーノ・ガンツが扮していたこと。
アート系作品によく顔を出していたスイス生まれの男優さんだけど、
えらく老いぼれた風情に、なんかもの悲しさを感じてしまったやん。
本作出演時は74歳だから、当然といえば当然かも知れないけど、
ほんまにヨボヨボっぽくってさぁ。

ま、とにかく、ちょっと風変わりな味わいのサスペンス映画であ~りました。

オンリー・ハーツ 2015年7月3日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード