FC2ブログ

「呪い襲い殺す」(14年・アメリカ) ウィジャボードで悪霊呼び出してしまい、オヨオヨヨ!ビリリ・バリリ・ブーやんかいさぁ!

呪い襲い殺す
8月にこのブログで書いた「恐怖の人体研究所」に続く、ユニバーサル絶叫シリーズの1本が、この「呪い襲い殺す」。
本当は、「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」(14年・アメリカ)を書こうと思ってたんだけど、長年連れ添った夫が猟奇殺人鬼であると知った妻の複雑な心情を描くって、ちょい面白そうな題材だったのに、見たら、ちっとも盛り上がれないガックリ・クリクリ・クリックリな作品だったので、こっちにしたんよね。
なんていうか、ヒロインの心情がちっとも伝わってこなくって、メリハリにも欠けているというかね。

「呪い襲い殺す」は、欧米版「こっくりさん」であるウィジャボードで、悪霊を呼び覚ましてしまった若者たちの恐怖を描いたオカルト・ホラー。
なんでも全米で4週連続トップ10入りしたヒット作らしいけど、日本じゃ劇場未公開でソフトスルーとなっちっち。

見たら、けれん味ほどほど、キレの良い演出でサクサクと展開する娯楽作であ~りました。
ティーン向けなのか、エグイ描写もあんまりないし、
スナック頬張りながら気楽に見るには丁度いいって感じかな。

突如自殺した親友デビーが、死ぬ前に一人でウィジャボードを使っていたことを知ったレイン。
彼女の死の理由を知ろうと、妹のサラ、恋人のトレバー、友人のイザベル、
それにでデビーの恋人ピートの5人で、ウィジャボードを使ってデビーの霊を呼び起こすことにした。
だが、呼び起こされたのは…。

ストーリーに、目新しさっての左程ないけど、
何かが起こると思わせておいて何も起こらなかったり、
ボードの文字を示すブランシェットの真ん中に丸いガラスが埋め込まれていて、
そのガラスを覗くと禍々しい霊が突如見えたり、
ホラー映画のツボをそこそこ押さえた演出で、そつなくまとまった作品だな。

監督のスタイルズ・ホワイトって人は、
「ポゼッション」「ブギーマン」など、ホラー映画の脚本を担当していた人らしいけど、
無難でくせのない演出を心掛けたみたいだけど、できたら、クライマックスで、
もうちょっとガツンッとくるシーンを見せてほしかったような気もするな。

しかし、どこか、一昔前のホラー・テイストみたいなもんが漂ってるってところは、
個人的にはナイスだったやん。

デビーが使ったウィジャボードの秘密が徐々に分かり始め、
ある忌まわしい存在が明らかになっていくんだけど、
そのカギとなる養護施設の老女を演じているのが、リン・シェイって女優さん。
彼女、「エルム街の悪夢」「クリッター」「ヒドゥン」、最近じゃ「シグナル」、
それに劇場未公開の「チレラマ」など、ホラーやSF映画でよく見かける女優さんで、
1943年生まれだから、本作出演時は71歳になってるんだけど、
この種のジャンル系作品に不思議にぴったりとハマる人で、本作でもいい味出してるやん。

主演のレイン役オリビア・クックは、リン・シェイが出ていたSFスリラー「シグナル」で、
主人公の恋人を演じていた若手女優さんだけど、
ナタリー・ポートマンをもっと庶民的にしたような顔立ちと雰囲気で、
多分、本作が初主演となるんだろうけど、力まず、柔軟に演じていて、
ちょっと注目しちゃおうかなって思ったやん。

彼女の妹役アナ・コトーも、個性的な顔立ちで、
小悪魔的ニュアンス漂い、こちらもなかなか魅力的。
ネット調べたら、ほとんど出演作が見当たらず、
ひょっとしたら本作が劇場映画デビュー作かもしれないな。

ところで、瀬々敬久監督が撮った和製ホラー「KOKKURI こっくりさん」(97)ってのがあり、
女子高生たちの危うい心理を、レズ・ニュアンスを漂わせながら描いた作品で、
細部はほとんど忘れたけど、なぜか印象に残っていて、もう一度見てみたいと思うんだけど、
DVDが出ているんかな~?

NBCユニバーサル 2015年9月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「オフロでGO!!!!!タイムマシンはジェット式2」(10年・アメリカ) バカおやじ達がオフロ型タイムマシンで、今度は未来にレッツラ・ゴン!やんかいさあ~。

オフロでGO!!!!!タイムマシンはジェット式2
以前、このブログで紹介した劇場未公開コメディ「オフロでGO!!!!!タイムマシンはジェット式」(10)の続編が、これまた劇場未公開ながらDVDリリースされたので、前作がそこそこ楽しめたし、レンタルして見てみたんよね。

今回は、前作で主演だった「マップ・トゥ・ザ・スターズ」のジョン・キューザックが登場せず、彼をくうほどの濃~いキャラで目立ちまくってたハゲおやじ、ロブ・コードリーが主演。

いちおう前作でタイムスリップしちゃったオッサンたちが、人生をやり直すってところで終わったけど、その後の話が本作なので、前作を見ていないと、何のこっちゃと言いたくなってしまうようなオープニング。
僕だって、前作を見たのが何せ4年以上前だったし、ロブ・コードリーが、いきなりロングヘアで胸をはだけて登場し、威張りくさっているのには、いったい何がどうなってるの?と戸惑ってしまったわ。
で、乏しい記憶をたどって、そういえば彼は若いころはへヴィメタ好きで、ロック・ミュージシャンとして人生やり直し、人気者になったんだっってのを思い出した。
しかしなあ、前作の、人生をやり直して成功するってシーンは、
確かエンドクレジットで語られるだけだったような気がするし、不親切極まりないやんかいさぁ。

過去にタイムスリップして人生やり直したおかげで、今やネットビジネスで儲けまくってるルー。
だが、彼が開いたパーティのさなか、謎の暗殺者によって股間を打ち抜かれ、瀕死の重傷を負ってしまう。
仲間のニックや息子のジェイコブは、ルーを救うには過去にタイムスリップすればいいんだと、
またまたオフロのタイムマシンを使ったんだけど、たどり着いたのは、2025年の未来だった…。

前作同様、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」もどきの展開で、それにオゲレツ・ギャグをまぶしまくってる。
過去じゃなく未来に行ってしまうということは、ルーは重症状態のままのはずなのに
全く無傷でピンピンしていて、股間もゲンキ!
息子のジェイコブが、これは並行する異次元の世界にきてしまったから、テレビドラマ「フリンジ」と一緒なんだ、
そのせいで傷を負ってないんだ、なんてエエ加減な理屈をつけ、それにみんな意味なく納得しまいよる。
「フリンジ」だけでなく、「CSI」や「ターミネーター」「ルーパー」など、人気ドラマや映画を
いちいち引き合いに出すところが、映画好きだけに、なんかニンマリしちゃったやん。

やがて、未来の人間が過去に戻ってルーを暗殺しようとしたんだってことが判り、
ルーたちは、犯人探しのために、かっての仲間アダムの助けを借りようと、
彼の家に行くと現れたのは息子のアダム(父と同じ名前なんよ)。
そして、4人で、犯人捜しを始めるが…。

2025年のニックは、過去にヒット曲を放ち、今じゃ忘れられた歌手ってことになっていて、
なぜかテレビ番組出ることになり、それが、観客がゲストにやってほしいことのアンケートを取り、
リクエストの多かったものを、バーチャル(いわゆる仮想現実ね)でやるって番組で、
ルーがふざけて「男同士のセックス」って言ったら、それが選ばれてしまい、
言い出しべえのルーがニックとバーチャルで合体するハメに?
ロブが、前作同様に、またまたオケツ丸出しの裸になってしまいよる。
この人、「X-MEN」のヒュー・ジャックマンみたいに、胸板が厚く、意外に引き締まった体していて、
ボディ自慢なのか、脱ぐのが好きなんやろかしらねえ。

監督は、前作に引き続きスティーブ・ピンク。
前作よりテンポがスピーディで、メリハリはあるような気がするけど、
笑いのツボが、ちょっと空回り気味なところもあるな。
人工頭脳を持った自動車ネタも、あんまり生かしきれてなかったし。

ロブ・コードリーは、脇役専門の俳優さんだけど、
自分が主役ってことで構えてしまったのか、妙な張り切り具合で、演技に不自然っぽさを感じたな。
主役ってのに慣れていなくて、ぎこちなくなってしまったみたいなさ。
脇のニック役のクレイグ・ロビンソン、ジェィコブ役のクラーク・デューク、
それにアダムの息子アダム役のアダム・スコット(「ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族」)が、
軽やかに自分の役柄を演じているのにね。

個人的には、メッチャ面白かったとは言えない作品だけど、
エンディングで、4人が過去のいろんな時代にタイムスリップして、
歴史をいじくりたおすところは、バカバカしくって、結構オモロかった。
この部分をメインにして映画を作ってくれたらと思うくらいよ、ほんまに。

パラマウント・ジャパン 2015年8月12日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード