FC2ブログ

「ゲット・サンタ! 聖なる夜の脱獄大作戦」(14年・イギリス・アメリカ) 不審者サンタクロースが、刑務所から脱獄しちゃう、ほっこり優しいユーモラスなファンタジーやん!

ゲット・サンタ! 聖なる夜の脱獄大作戦
巨匠リドリー・スコットが送る ジングル・ファンタジー・アドベンチャー」ってジャケットのコピーにひかれてレンタルして見たのが、この「ゲット・サンタ!…」。

有名監督が製作しているからって、出来がいい時もあればワルい時もあるし、本作は”TSUTAYAだけ”で借りることができるんだけど、それさえ、”TSUTAYAだけ”作品借りて、ガックリクリクリ・クリックリしたこと結構あったし、眉に唾つけて見てみることにしたんよね。

で、見てみると、意外とオモシロかったやんかいさぁ。
ほんわかユーモラスで、ちょっぴりファンタスティック、
なんだか、ほっこりと優しい気持ちにさせてくれるんよ。

舞台は現代のロンドン。
クリスマスの2日前、逃がし屋稼業のスティーブは刑期を終えて出所した。
そんな彼に、離婚した妻アリソンと暮らす愛する息子トムから電話がかかってきた。
「家のガレージにサンタさんがいて、困っているから助けてあげてほしい」と。
なんでも、サンタが乗った新しいソリが電線に引っかかり、
地面に落ちて故障し、トナカイたちも逃げ出してしまったんだと。
だが、駆けつけたスティーブは、サンタが本物だとは信じれず、追い払ってしまった。
町をさまよったサンタは、犬猫保護施設でトナカイたちを見つけた。
ところが、逃がそうとしたところを見つかり、不審者扱いとなって刑務所に入れられてしまった。
翌日、そのことを知ったトムは、父スティーブを無理やり説得して、
刑務所のサンタに面会に行くことに…。

イギリスのベテラン俳優ジム・ブロードベント扮するサンタクロースが、なんともいい味を出してるな。
初めての刑務所生活に、ちょいビビッっているのか、
囚人のひとり、ステーブの仲間でもあったバーバーに「刑務所で生き抜く方法」を教えてもらったり、
なんかお茶目っぽくて、とっても親しみを感じさせてしまうんよ。
所内でもクリスマスは祝うらしく、サンタも準備を手伝うハメになるんだけど、
見事な切り紙細工を披露したり、木のオモチャを鮮やかに彩色したり、囚人たちに感心されまくり。
でもって、囚人一人一人の子供のころのクリスマスにまつわる切ない話をし始めちゃう。
本物のサンタだけに、彼らが子供だった時のことを、ちゃんと覚えているんだ。
それを聞いて、なんだかジーンと胸に熱いものがこみ上げてくる囚人たち。
見ていて、僕も、囚人たち同様に、胸にジーンときてしもたやん。

ジム・ブロードベントと言えば、「ハリー・ポッター」シリーズで、
ホグワーツ魔法魔術学校の、闇の魔術に対する防衛術を教えるホラス教授に扮していたけど、
囚人で、サンタに何かと食って掛かる小生意気な小人・サリー役のワーウィック・デイヴィスは、
ホグワーツ学校の、ゴブリンの血をひくフィリウス教授に扮していた俳優さん。
ハリー・ポッターの教授二人が共演しているの、なんだかムフフッとさせられたやん。
ラストじゃ、二人仲良く…。

余談だけど、ワーウィックは、映画「スター・ウォーズ」に登場するイウォーク族のウィケット役が
映画デビューらしく、12月公開の「スター・ウォーズ」新作にも、登場するとかしないとか。

いつしかサンタが本物のサンタだと信じはじめたスティーブは、
息子の信頼を裏切らないためにと、トムと一緒にサンタ救出に乗り出す。
そして、サンタの本を頼りに、異次元世界・エルフの町に行き、
エルフたちの協力を得て、古いソリに乗って、夜空を刑務所へと飛んでいく…。

エルフの町から持参したカバンには、
どの扉でも開けることができる魔法のカギとか、トナカイのフン発射銃とか、
秘密兵器(?)がいろいろ入っていてるのが、なんだか楽しい。
さすが、秘密兵器がばんばか登場する007ジェームズ・ボンドを生んだ国やん。

監督・脚本のクリストファー・スミスは、イギリス監督で、
「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテ主演のホラー「0:34 レイジ 34 フン」(04)
ぐらいしか記憶にないんだけど、テンポのいい展開で、ユーモアをまぶしながら、
現実世界にさらりとファンタジック要素を絡ませ、ラストまでなめらかに見せきってくれてるな。

カエルがペットの冷酷チックな、スティーブのデブ女保護観察官や、
刑務所の強面黒人囚人など、登場キャラそれぞれに個性的で、
物語に膨らみをもたらせているのもベリー・ナイス。

スティーブが、懐かしい玩具ルービックキューブをいまだに持っていて遊ぶんだけど、
そのアイテムの使い方もうまいやん。

スティーブ役レイフ・スポールは、
これまた「ハリー・ポッター」シリーズに出ていたデブ男ティモシー・スポールの息子だけど、
父親と違ってシュッとした体型で、くせのない顔立ちの男優さん。
リドリー・スコットの「プロメテウス」にも出ていたみたいだけど、あまり印象には残っていないな。
いまいち強烈な個性に乏しい人だが、どこか頼りなさそうなのに、
踏ん張るときは踏ん張っちゃうパパ役を、ナチュラルに演じてる。

エンディングが、ちょっとアイマイというか、中途半端な気もしたけど、
そこんところは、イギリス映画っぽい(?)かなとも思ってしまうな。

ところで、気になったセリフ
「大人は子供が望むほど大人じゃない。子供から愛を学ぶんだ」
僕に子供はいないけど、なんだか、ちょっぴり深みがある言葉って気がしたな。

カルチュア・パブリッシャーズ 2015年11月11日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ブック・オブ・ライフ~マノロの数奇な冒険~」(14年・アメリカ) メキシコの祝祭「死者の日」がモチーフの、カラフル&ポップなメキシカン・ファンタジーやん!

ブック・オブ・ライフ~マノロの数奇な冒険~
僕の好きな監督のひとり、「ヘル・ボーイ」シリーズや「パシフィック・リム」のメキシコ出身監督ギレルモ・デル・トロが製作に参加したってことで、見たい見たいと思っていたアニメが、この「ブック・オブ・ライフ…」。
なんでも、今年の10月に”新千歳空港国際アニメーション映画祭”で無料上映されたらしいけど、劇場公開はなしで、DVDスルーとなっちっち。
今年のゴールデン・グローブ賞ノミネート、アニメのアカデミー賞と言われるアニー賞でキャラクター・デザイン賞受賞など、それなりに評価され、注目されているのにね。

監督は、メキシコのアニメーター、ホルヘ・グティエレスで、自国の祝祭「死者の日」(ディア・デ・ロス・ムエルトス)を題材に作った、ちょいダークなアドベンチャー・ファンタジーだけど、”死”を扱っているのに、明るくって、パンチが利いた、ラテンなノリの、すこぶる楽しいアニメだったやん。
今じゃ当たり前になったCGアニメなんだけど、登場キャラを、デフォルメされた木彫りの人形ぽく造形していて、不思議に手作り感みたいなもんを感じさせるのも気に入ったわぁ。

代々闘牛士の家系に生まれた男の子マノロ、勇敢な軍人の息子ホアキン、将軍の娘マリア。
3人は大の仲良しで、いつも一緒に過ごしていたが、
マノロとホアキンは、いつしかマリアに淡い恋心を抱くようになっていた。
故人への思いをはせる祝祭”死者の日”の夜、
死者の国の支配者ラ・ムエルテとシバルバが、その3人を見つけ、
将来、どちらがマリアと結ばれるか、賭けることにした。
ラ・ムエルテはマノロに、シバルバはホアキンを選んだが、
賭けに負けたくないシバルバは、ホアキンに”永遠の命の勲章”を渡すというズルをした。
そして時は流れ、大人になった3人が再開したとき…。

映画のオープニングは、現代を舞台に、ワルガキ達が、博物館に連れてこられて、
ツアーガイド嬢に、メキシコ資料エリアを案内され、
そこに陳列された「生命の本(ブック・オブ・ライフ)」を開き、
メキシコの古い言い伝えを話して聞かせるところから始まる。
”メキシコが宇宙の中心になる”から、地下には、
愛する人の記憶に生き続ける死者の世界「思い出の国」と
誰も思い出すことのない気の毒な死者の世界「忘れ人の国」があるということ。
そして、それらの世界が出てくる物語が、マノロ、ホアキン、マリアが登場する、
これからお話しするものなのよと。

現代から、マジカルな伝奇ワールドへすんなりと導いてくれるな。

マノロは、闘牛士より音楽家になりたかったけど、
父の期待に応えようと、闘牛士としてデビューを果たす。
でも、突進してくる獰猛な牛を鮮やかにかわすことができても、
心優しさゆえに、最後に剣で牛を殺すことはできなかった。

周囲は彼に失望するが、マリアだけはそんな彼を心良く思った。
マリアがマノロと結ばれちゃマズイと思ったシバルバは、
毒蛇を使って、マノロを死者の国へ追いやってしっまた。

そして、ここから、死者の国が舞台となるんだけど、
”思い出の国”は、色彩が乱舞するというか、とにかくカラフルでお祭り気分満々。
ほんま、うっとりしちゃうし、この世界だけで一本の映画にしてほしいやんと思うくらいよ。
そこでは、亡き母や、闘牛士だった祖父や祖祖父などがにぎやかに登場するんだけど、
いずれも死者っぽくなくて、陽気、元気、ノーテンキ!

後半じゃ、死者の国の人間たちが、現実世界に飛び出して、
マノロと共に大暴れするし、死の世界と現実世界が入り乱れる展開が、
なんか、メキシカンな生死観っぽく感じられるな。
生と死が地続きで、死ぬことがこの世の終わりじゃないみたいなね。

自分がなりたいものになる、なろうと努力する、それはとても大事なこと、
そんなメッセージがさりげなくメッセージされるところも、良い感じ。

DVDには吹替もあるけど英語版じゃ、
アメリカでも活躍する「エリジウム」のメキシコ俳優ディエゴ・ルナ、
「アバター」のゾーイ・サルダナ、「ジュピター」のチャニング・テイタムと
人気俳優が声をつとめているけど、シバルバの声に「ヘル・ボーイ」のロン・パールマン、
死者の闘牛士に「マチューテ」のダニー・トレホと、マニアックなチョイスもあり、ムフフって感じ。
大物オペラ歌手プラシド・ドミンゴも、オペラ好きの死者の住人の声を担当していて、
しっかり美声を聞かせるところも、これまたニクイやんかいさぁ。

本作は、3D作品だったそうだけど、確かに3D効果を意識した絵作りだけに、
劇場で3Dで見てみたい気がするなぁ。
ま、2Dでも、見ることができるだけでもましなのかもしれないけど。

20世紀フォックス・ホームエンターテイメント・ジャパン 2015年11月6日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード