FC2ブログ

「クランプス 魔物の儀式」(15年・アメリカ) 伝説の魔物がクリスマスに子供たちを襲っちゃうダーク・ホラーファンタジーでおまんにやわ!

クランプス 魔物の儀式
もうすぐハロウィーンだけど、ハロウィーンを扱った映画に「ブライン・シンガーのトリック・オア・トリート」(08)って、DVDスルーながら良く出来た作品があって、僕のお気に入りの1本なんだけど、その作品の監督マイケル・ドハディの新作がこの「クランプス 魔物の儀式」。
なんでもアメリカじゃ初登場第2位を記録したヒット作らしいんだけど、「ブライアン・シンガーのトリック・オア・-」に続いて、今作もDVD&ブルーレイ・ソフトスルー。
ま、それはともかくドハディ作品ってことで、期待満々見たんよね。

でこれが、ドハディの前作同様、ユーモアとホラーを上手にブレンドしたダーク・ファンタジーに仕上がっていて、個人的にはなかなか満足できたやん。
少年が主人公ってこともあって、前作ほどのホラー色は薄いと思いきや、後半はホラー風味全開ってのもウレシカルカルよ!

クリスマスは、母サラの妹一家がやってきて一緒に過ごすのが恒例の少年マックスの家族。
でも、マックスは妹一家のいじわるな従姉弟(いとこ)たちとはちっともソリが合わない。
食事の席で、マックスがサンタへの願い事を書いた手紙を従姉弟に取られ、
みんなの前で読み上げられてバカにされたことから、怒りと失意で、手紙を破り捨ててしまった!
すると、翌日に豪雪が降り積もり、そのうえ停電し、家に閉じ込められた状態に…。
そして、姉のベスやいとこ達が次々と何かに襲われて姿を消していった…。

オープニングで、映画会社ユニバーサルや制作プロダクションのロゴが凍った状態で出てくるのが、
これからダーク・ファンタジーの始まりですって宣言しているみたいで、なんかムフフとさせられる。
そして続くクレジットタイトルのバックじゃ、クリスマス商戦で客が押しかけるデパート売り場の状況を、
親たちが商品を取り合ったり、混雑ぶりをちょい皮肉っぽく描写。

マイケル・ドハディ監督は、本作の脚本も書いてるけど、
マックスの父トムの母オミが普段は母国語のドイツ語(と思うんだけど)しかしゃべらなかったり、
平凡なファミリーとはどこか異質な匂いをちょこちょこ漂わせていて、
知らず知らずのうちにファンタジーの世界に誘い込んでいくようなタッチがなんか良い感じ。

マックスがサンタへの手紙を破り捨てたことで、
悪い子に罰を与えるという、ヨーロッパ中部の伝説の魔物が現れ襲ってくるってことなんだけど、
確かに、従姉弟たちはフテブテしくってイジワルで悪い子っぽいけど、
最初に襲われるのがマックスの姉ベスってのは、どうなんじゃろ?
ま、家族のことより彼氏に会うのを優先したってことはあるけどさぁ。

なんかクランプスの出現する理由が、ちょっと弱いって気もするけど、
それを補強する(?)のが、マックスの祖母オミの少女の頃の身の上話。
ここは、立体感のあるモノトーンのCGアニメで描かれ、ファンタジー色がより濃厚に。
ドハディは、元アニメーターらしいけど、その手腕をビンビンに発揮したみたい。

そして、クランプスの手下らしき人形の形のクッキーが、釘打ち機を連射したり、
ぬいぐるみのクマが凶暴な牙をむいたり、次々と家族に襲いかかってくる!

そんな魔物たちとマックスたちの攻防戦は、血こそ出ないけど、パンチが利いていて、
なかなかスリリングだし、ダークなのにポップなアクション・ホラーを見ているって感じ。
ちょっとジョー・ダンテ作品「グレムリン」を思い出したわさ。

最後に、クランプスがその姿を現すんだが、ほんとに不気味このうえない。
マックスもとうとうクランプスに捕まえられ、そして…。

ファミリー向けのホラー・ファンタジーなら、ラストはめでたしめでたしとなるところなんだが…。
ドハディさん、ニクイやんかいさぁ。

母親サラ役は、最近はママさん役ならお任せって気もするオーストラリア出身のトニ・コレット。
僕は、彼女が母国で主演した「ミュリエルの結婚」(94)が大好きなんだけど、
「リトル・ミス・サンシャイン」「ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー」と、
どうも最近は、ママさん役で印象に残ることが多い女優さんみたい。
「シックス・センス」でも、ハーレイ・ジョエル・オスメントのママを演じていたし。
どこか普通の生活の匂いを感じさせるからかもね。

物語の肝となる祖母のオミに扮しているのは、
42年生まれのオーストリアのウィーン出身のアクトレス。
初めて見る女優さんだけど、ベテランらしい年季の入った演技で、抜群の存在感。
クランプスがヨーロッパ中部の伝説の魔物ってイメージに説得力を持たせるために、
ドハディ監督、わざわざ彼女に出演してもらったんじゃないかな。

マックス役は、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」でジョン・ファブローの息子を
演じていた(と思うんだけど)エムジェイ・アンソニー。
主人公の割には、周りの大人たちの出番が多くて、ちょいかすみがちで、
たいして活躍もしないけど、出しゃばらず控えめに、そつなく役柄をこなしてるって感じかな。

本作は、ユニバーサル絶叫シリーズの1本としてリリースされたんだけど、
絶叫とはいかないけど、娯楽作としちゃ充分に楽しめる作品であ~りました、ほんまにね。

NBCユニバーサル 2016年10月5日レンタル&セル・リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「ソムニア -悪夢の少年-」(16年・アメリカ) ちょい切なくて温かい、ホラー風味のダーク・ファンタジーでおまんにやわ!

ソムニア -悪夢の少年-
悪夢を扱ったホラー映画と言えば、眠ると殺人鬼フレディに襲われる悪夢世界におちいり、夢の中なのに本当に殺されてしまう「エルム街の悪夢」をまず思い浮かべてしまうけど、はたしてこの未公開ホラーじゃどんな悪夢が登場するのか!

「ソムニア -悪夢の少年-」って邦題から、少年が恐怖の悪夢体験をする話かなと思って見たんだけど、意外や意外、ちょい切なくてヒューマンな味わいもあるダーク・ファンタジーで、ラストじゃちょいウルッときてしもたやん。

愛する息子ショーンを亡くしたジェシーとマークの夫婦。
二人は悲しみから立ち直ろうと、8歳の少年コーディを里子として迎え入れることにした。
おとなしくて礼儀正しいコーディだったが、
彼は、なぜか眠りにつこうとせす、蝶の図鑑を眺めて夜を過ごすのだった。
そんなある夜、ジェシーとマークがリビングでくつろいでいると、
突然目の前に、色鮮やかな蝶たちが現れ、二人の周囲を飛び交った。
次の夜には亡くなったはずのショーンまで現れた。
驚きよりは嬉しさのあまり息子を抱きしめるジェシーだったが、
その姿はカスミのようにすぐに消えてしまった。
そして、起きてきたコーディが「ごめんなさい、僕が夢を見たから」と二人に告げた…。

冒頭、スヤスヤと眠る少年コーディの前に男が凶器を持って現れ、彼を手にかけようとするが…
ってな、いかにもホラー映画のオープニングっぽい場面で始まり、
いったい少年にどんな邪悪な魂が潜んでいるのかと興味をわかせ、ツカミはOK。

そしてジェシーたちの家で起こる不可思議な現象が描かれていくんだけど、
どうもホラーじみたエグイ描写は避けているみたいで、飛びかう蝶や死んだ少年の愛くるしい笑顔など、
なんとも幻想的でファンタジック。

と思って見ていたら、突如、不気味で禍々しい怪物らしきものが現れ、ジェシーの夫マークを…。

適度にホラーっぽい描写を交えながら、
物語は、特別な能力を持つがゆえの少年の心の闇と哀しみを、
じんわりと描き出していくんよ。

コーディが、怪物をキャンカーマンと呼ぶんだけど、
その名前にも、切ない理由があったりして…。
また、蝶が現れる理由も。

映画「シックス・センス」じゃ、
8歳の少年コールは、死んだ人間を見ることができる能力に悩んでいたけど、
本作のコーディもコール同様、ある能力を持ったゆえに悩んでいる。

監督・脚本のマイク・フラナガンは、
「人喰いトンネル」(10)「オキュラス/怨霊鏡」(13)と、ホラー中心に撮ってる人みたいだけど、
「ソムニア-」じゃ、ホラー要素は控えめに、ジェシーとコーディの心情にスポットをあて、
肉親を失ってしまった人間の悲しみゆえの行動を、
最後に心温まる(!?)ダーク・ファンタジーとして、手際よく描いて見せてるな。
ただ、里子を紹介するソーシャルワーカーの女性や学校のイジメっ子など、
多少描写不足気味なところもあるけど。

コーディに扮しているのが、第88回アカデミー賞で作品賞などにノミネートされた「エール」で、
ヒロインの息子を演じていたジェイコブ・トレンブレイ。
自分の特別な能力に悩み怖れながらも、誰かを傷つけてしまう少年を、
とてもナチュラルに演じていて、物語に説得力を与えているなあ。
放送映画批評家協会賞で若手俳優賞をゲットしたのも納得の演技よ、ほんまに。

ジェシー役ケイト・ボズワースは、
最初は少年コーディの能力を身勝手な理由で使おうとするけど、
その過ちに気付き、彼の出生の秘密を探り、心の闇を解きほぐしていこうとするヒロインを好演。
「スーパーマン・リターンズ」(06)じゃロイス・レインを演じるなどスター女優になりそうなのに、
なんかいまいち地味な感じ。演技力はあるんだけど、華に欠けるのかなぁ。

ところでジェイコブ君は、「エール」で、アメリカじゃ天才子役なんて言われて、
今後も出演作が続々あるみたいだけど、誰かさんみたいにヒン曲がったり落ちぶれたりせず、
俳優として順調に成長していって欲しいな、なんて老婆心ながら、思ってしまいましたわさ。

ギャガ 2016年9月16日レンタル&セル・リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード