FC2ブログ

「ミッドナイト・スペシャル」(15年・アメリカ/ギリシャ) 不思議な能力をもつ少年と彼の両親が織りなす、優しくて切ないSFミステリー!

ミッドナイト・スペシャル
「ミッドナイト・スペシャル」って、深夜テレビの安いバラエティ番組のタイトルみたいで、見ようか見まいか迷ったんだけど、TSUTAYAが出してるフリーの月刊マガジン3月号で、注目の話題作として取り上げていたので、それなら見てみようかとレンタルしたんよ。

ま、TSUTAYAマガジンのお勧め作品って、ちょうちん記事っぽいのもあり、記事にノセられて借りたらガックリクリクリ・クリクッリ!ってこともしばしば。
特に劇場未公開作の場合は、ネットでもあまり紹介記事を目にすることがないし、作品を見てみるまでは期待感と共に不安感もあるんよね。

そんな数少ない劇場未公開作の紹介記事サイトで、僕がけっこう参考にさせてもらっているのが、前にもこのブログで書いたけど、レンタル店で働いているらしい人が運営しているブログ「[SAMPLE]ビデオながら見日記」。
お客の立場を考えて、主観も交えながら作品を紹介しているところに好感が持てるんよ。

ま、それはさておき、この「ミッドナイト・スペシャッル」(原題も「MIDNIGHT SPECIAL」とまんまだった)、
今どきのSFものにしては、CGを多用することもなく、ドラマ要素に重点を置いた作りで、
じんわりと心におだやかな余韻を残す、実に気持ちの良い作品だった。

カルト教団の師カルヴィンの養子である不思議な能力を持つ8歳の少年アルトンは、
実の父ロイと彼の親友ルーカスと共に、教団から脱出し、ある目的地に向かうため、逃亡を続けていた。
アルトンの能力を救世主として利用していたカルト教団は、彼を取り戻そうと追っ手を差し向け、
また、アルトンの発する言葉が国家の機密情報に触れたことから、政府もアルトンの行方を追っていた。
逃亡の途中、実の母サラも合流し、目的地に近づきつつあったとき、
アルトンはなぜか衰弱していき、追っ手もすごそばまで近づいてきていた…。

物語の背景がかなり端折られていて、
ストーリーが少々解りづらいところがあり、最初はちょっと戸惑ってしまうんだけど、
やがて、不思議な能力もつ少年と父と母の家族の絆に焦点が絞られていき、
いつの間にか、愛する息子へそそぐ揺るぎない愛の姿が、じんわりと浮かび上がってくるんだ。

未見の人のために、ネタバレになるから、あまり詳しくは書かないけど、
アルトンが、なぜゴーグルで目を隠し、夜にしか行動できないのか?
彼の持つ能力は、どこから授かったものなのか?
アルトンたちが向かう目的地には何があるのか?
様々な?がクライマックスで明らかになるところは、なるほどそうだったのねぇと納得、納得。

監督・脚本のジェフ・ニコルズは、インディペンデント系の作家らしいんだけど、
エンタメ要素をちょろちょろっと散りばめながら、人間ドラマを軸に据えた作品を目指したみたい。
だから、今どきのSFと言っても、派手な見せ場連発ってことはない。
それゆえに劇場未公開となったのかもしれない。
特典映像で、監督は1980年代のSF映画チックなものを目指したって言ってるけど、
クライマックスは、確かにそんなテイストを感じとれるな。
また、主要な登場人物の心理描写に無駄がなく、
さりげない言葉や行動の端々から、それぞれの心情がくみ取れるような演出はなかなか。
あまり説明過多にならず、映画を見ている者に、
いろいろと想像する余地を残しているのも、個人的にはナイス。

ロイ役のマイケル・シャノンは、ニコルズ作品「テイク・シェルター」(11)「MUD マッド」(12)と、
ニコルズ作品の常連アクターだけど、目力(めじから)が強くって、少々アクの強い顔立ちだが、
息子のために、何が何でも突き進でいく愛情あふれる父親を、説得力たっぷりに好演。
ときおり垣間見せる優しい笑顔が、またいいんだ。

親友のルーカス役は、「ブラック・スキャンダル」「エクソダス:神と王」のジヨエル・エドガートン。
彼、15年にスリラー「ザ・ギフト」で監督デビュー(脚本も兼ねてる)を果たしているけど、
演出手腕もなかなかで、物語の肝となる主人公の幼馴染を不穏な不気味さを漂わせ、
淡々と演じていて、結構面白かった。

意外だったのが、国家安全保障局の局員ポール役で、
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(15)でカイロ・レンに扮したアダム・ドライバーが
ちょいユーモラスで味のある演技を見せていたこと。
「スター・ウォーズ・フォース-」のときはいまいち好感を持てなかったけど、
このポールは、なんか親しみが湧いたなあ。

他に、母サラにキルステン・ダンスト、カルト教団・教祖にサム・シェパード。

そして、物語のキーとなるアルトン役ジェイデン・リーベラー。
ごく普通のあどけない少年のようでいて、どこか人間離れした存在を、
とてもナチュラルに演じていて、彼なくしては、この映画が成立しなかったんじゃないと思うくらい。

とにかく、派手なSF映画を期待するとサービス不足で肩すかしを食っちゃう作品で、
見た人の好き嫌いが分かれそうだけど、僕は、なかなか気にいったし、
また見直したいと思ってしまったやん、ほんまに。

ちょっと気になったのが、エンドクレジットで流れるカントリー曲。
意外な選曲やないのと思ったけど、歌詞に意味があるんかなぁ。
訳詞の字幕が出なかったので、ちょっとモヤモヤしてしまいましたわさ。


ワーナーブラザース ホームエンターテイメント 2017年3月8日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「DRAGON ドラゴン」(15年・ロシア) 可憐な花嫁と謎めいた青年、そして“ドラゴン”のピュアなラブ・ファンタジーやん!

DRAGONドラゴン
モンスターが登場するSF映画やファンタジー映画が好きでよく見るんだけど、CG技術で楽チンにモンスターをクリエイトできる昨今、劇場未公開のモンスター登場作品も増えているみたい。
でも、未公開作の場合、基本的に低予算の作品が多いせいか、しょぼいCGで作られたモンスターは下手くそな演出も相まって、迫力不足もいいところだし、薄っぺらくてガックリクリクリ・クリックリってのがほとんど。
話も、人間たちがそんなモンスターたちに襲われ、逃げまどい、最後は反撃に出るという、ありがちな展開。
だから、劇場未公開のモンスター登場系作品って、ここのところ避けてきたんだけど、このロシア映画「DRAGON ドラゴン」は、近くのTSUTAYAの店じゃ、ファンタジー・ジャンルでずっと上位の人気だったので、レンタル・リリースが去年の9月だったけど、ちょっと気になりレンタルしたんよ。

で、これが良い意味で予想を裏切る、なんともファンタジック&ビューティフル、
フォークロアな味付けもベリーグッドな上出来のロシアン・ムービーだったやん。

昔々の物語。
ロシア辺境の小さな国の侯爵の娘ミラは、
ドラゴン退治をした英雄の孫イーゴリの花嫁になろうという日に
いなくなったと思われていたドラゴンが突如現れ、さらわれてしまった。
そして遠い海の孤島の穴倉に閉じ込められるが、
そこで彼女と同じように囚われの身だという謎めいた青年に出合う。
なんとか穴倉から脱出したミラは、青年の行動に怪しさを感じ取り、
彼から逃げようとして、崖から真っ逆さまに落ちてしまう。
だが、青年がとっさに飛び降り、人間からドラゴンの姿となって…。

真の姿はドラゴンだが、人間になりたいと願う青年。
そんな彼に、最初は恐怖を覚え、孤島からの脱出を必死に試みるミラが、
徐々に青年と心を通わせ、彼に“夢”という意味のアルマンと名前を与えるなど、
2人が親密になっていく様子が丁寧に描かれてるな。

舞台が孤島に移ってからは、
青年=ドラゴンとミラの二人だけの話になるんだけど、
ミラを演じるアリョーナ・チェーホフの可憐にしてキュートな魅力と、
柔軟な演出センスでちっともダレることはない。

監督は、アメリカ映画界に進出し「ウォンテッド」などを撮った「ナイト・ウォッチ」の
ティムール・ベクマンベトフの作品に携わったインダル・ドジェンドゥバヴ。
タイの伝統的な影絵チックなもので英雄のドラゴン退治の様を見せたり、
どこか民話風なニュアンスを漂わせながら、ドラゴンや奇抜な孤島の景観など、
CG映像のレベルも高く、すんなりとファンジーの世界にいざなってくれるやん。
ロシアの民族衣装も美しいし、どこか牧歌的でロマンティックな音楽もグッド・グッドよ。

最初は、ドラゴンvs乙女のバトル・ムービーかと思っていたら、
「美女と野獣」チックなピュアなラブ・ストーリー。
女性に触れると、ドラゴンの性(さが)から逃れることができず、
愛しはじめたサラを襲い殺してしまいそうと悩むアルマン。
そんな彼を心から愛しく思うミラは、彼の気持ちを察し、
一人小舟に乗って孤島から離れていく。
そして、無事、国に戻ったミラは、再度イーゴリと結婚式をあげようとするが…。

人間は、愛する人には花を贈るのが普通とか、
アルマンがミラを喜ばせようと夜空に花火を打ち上げたり、
オッサンが見るには、少々こっつ恥ずかしいような場面もあるけど、
不思議に、すんなりとヒロインに感情移入してしまうし、
心地よいエンディングには、めっちゃ心が和んでしもたわぁ。

ミラ役のアリョーナさんは、
ロシア国内でも人気上昇中の女優だそうだけど、
見た目が可憐なのに少々勝ち気で、自分の運命を自分で切り開いていくヒロインを、
存在感たっぷりに演じ、現代感覚もあり、作品にちょいモダンな味わいをプラスしているかな。
だから、いにしえの民話風ファンタジーなのに、あまり古臭いって印象はないな。
ファンになってしもたわ。彼女の出演作、他にあるなら見たいやんかいさぁ。
ドラゴンの化身・アルマン役も、
ニューヨークで一流誌のモデル経験もあるマドヴェイ・ルィコヴってのも、
モダン風味に貢献してるやん。

ただ、ちょっと残念に思ったのが、
アルマンの孤島でのお友達、アライグマとネズミを掛け合わせたようなミニ・モンスターが、
添え物的で、主人公たちにあまり絡まず、
せっかく登場させたのにもったいないやんと思ったこと。
これがアメリカ映画、とくにディズニー映画なら、もう少し目立つ活躍をさせて、
物語に弾みをつけるところだけどね。

いずれにしろ、モンスターであるドラゴン系作品の異色ラブ・ファンタジーとしちゃ、
充分楽しめる作品であ~りました、ほんまに。

KANの歌じゃないけど、最後に愛勝つのよねぇ~。


インターフィルム 2016年9月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード