FC2ブログ

「湿地」(06年・アイスランド/デンマーク/ドイツ) 「このミステリーがすごい!」選出のアイスランド作家のミステリー小説の映画化なんだけどねぇ!

湿地
僕が、アイスランドのミステリー作家アーナデュル・インドリダソンの小説「湿地」を読んだのが今年の6月ごろ。
確か、書店で彼の小説「緑衣の女」の文庫本が目立つように並べられていて、手に取って後書の解説を読んだら、北ヨーロッパで最も優れたミステリに贈られるガラスの鍵賞を前作の「湿地」に続いて受賞したとか書いてあって、ちょっと気になり、自宅近くの東成図書館にあるかなぁと探しに行ったら、単行本が3冊あったので、まずは「湿地」を借りて読んだんだ。

で、柳沢由実子さんの翻訳も良かったのか、すいすい読めたし、なかなか面白かった。ただ、アイスランドの地名や人名が耳慣れない長ったらしいものが多くて、最初は少々戸惑ったけど。巻頭に物語の舞台となるアイスランドのレイキャヴィックの地図があったので、何度も見直したやんかいさぁ。
続いて日本では翻訳2作目の「緑衣の女」を読み、3作目の「声」も読んだんだ。
いずれも期待にたがわず面白く読めたわ。
4作目の「湖の男」の翻訳本が今年の9月に発売されたので、図書館で貸し出し予約を入れたけど、人気があるのか、まだ未読でおまんにやわ。

そんな、00年に発表され、12年に日本で翻訳本が発売された「湿地」の映画化作品がリリースされると知り、どんな風に映像化したのか興味津々、レンタルしたんよね。
06年制作の映画だから、11年目にしてのリリース(劇場未公開)だが、なんで今頃とも思ったけど、A・インドリダソンの名前が日本でもそこそこ知られるようになってきたんかなぁ。僕の周囲の人間は誰も彼の名前を知らなかったけど。
多分、知っているのはミステリーや推理小説好きの間だけなんやろなぁ。
なんでも、北欧映画祭「トーキョー・ノーザンライ・ツフェスティバル2015」で上映されたらしいけどね。

さて、映画版「湿地」。
原作の脚色に関しては、小説で後半に登場する重要な人物を最初に登場させたり、
少なからず構成を変えたところはあったけど、大幅な変更はなく、小説通りに物語は展開していたな。
小説でもそうだけど、過去の出来事により、哀しい運命にさらされた人間たちの心情を描いた人間ドラマ的要素が強いミステリー小説だけに、それをより明確に見る側に伝えるために構成し直したんだろうな。
90分ちょっとの尺なので、長編小説をコンパクトにまとめ過ぎてるやんとも思ったけど、
途中でダレることもなく、さくさく展開するのも悪くないかなぁ。
主人公のエーレンデュル警部に扮したイングヴァール・E・シーグルソンも、
小説のイメージに近い気がしたしね。

舞台はアイスランドのレイキャヴィック。
あるアパートで老人ホルベルグの死体が発見される。
捜査にあたったのは、エーレンデュル警部と
部下の女性警官エリンボルグと男性警官シグルデュル。
被害者の部屋を調べたとき、机の引出しの裏から古い封筒を見つけ、
中に海沿いに立つ墓の写真が入っていた。
墓に刻まれた故人の名前を調べ、それが4歳で亡くなった少女の墓と判った。
そして、被害者との関係を探っていくうちに、過去に起きた忌まわしい出来事が次々と明らかになり…。

冷え冷えかつ荒涼としたアイスランドの風景の中、
物語は、捜査を続けるエーレンデュルや部下たちの行動が、タイトに描かれていく。
監督は、「ハード・ラッシュ」(12)「2ガンズ」(13)「エベレスト 3D」(15)など、
後にアメリカ映画を撮るようになったアイルランド出身のバルタザール・コルマウクル。
「ハード・ラッシュ」は、インドリダソンも脚本に参加しているところを見ると、
コルマウクルと親しい関係にあるのかも知れないな。
あまり、独自の演出センスってのは感じないけど、登場キャラをそつなく描き分け、
地味でメリハリに乏しいけど、そこそこの切れ味でストーリーを運んでいくやん。
重要な人物を原作と違って最初に登場させたことで、
時間軸的に少々混乱を生じさせる部分があるのが、ちょっと残念な気もするけどね。
コルマウクルは、脚本も手掛けてるけど、それなら、
映像的にもう少し工夫を凝らすとかしたら良かったのに。

エーレンデュルと、非行に走ってドツボ状態の娘エヴァとの関係など、
サイドストーリーを、メインの事件の結末と絡める、エーレンデュルが呟くラストのセリフは、
じんわりと切なさが漂い、いい感じだったけどね。

結局、自分ではどうにもできない現実を前に、“負の遺産”を絶とうとして起きた哀しい事件。
そして、結末もまた…。
こういう、もの悲しい話に、良くも悪くもアイスランドの風景がピッタンコとハマるなぁ。
監督も、それを意識したのか、俯瞰による風景を度々差し挟んでる。

それに、レクイエムを思わせる女性や男性のコーラスが、
哀しい人間の運命をなだめ、死者の安息を願うように流れるのも、なんかしんみりさせよる。

エーレンデュル警部に扮したイングヴァール・E・シーグルソンは、
ネットで調べたらアイルランドのレイキャヴィック出身で63年生まれ。
地味な風貌だが、渋さが滲む男優さんで、「エベレスト 3D」にも出ているけど、
実直に仕事をこなしながら、どこか孤独感を漂わせてる主人公を好演。
ちょっぴり寂しげなたたずまいが役にハマってるな。

脇のハンサム刑事シグルデュル役ビョルン・フリーヌル・ハラルドソンや
太目の女性刑事エリンボルグ役オーラフィア・フロン・ヨンスドッティルも、
多分アイスランドの俳優さんじゃないかと思うけど、
2人が、作品にちょっぴりユーモアをプラスしていて、いいアクセントになってる。

そして、物語の鍵となる、
娘をある病気で亡くした遺伝子研究会社で働くオルン役のアトゥリ・ラフン・シーグルスソン。
繊細そうな顔立ちで、自分の哀しい過去を知ったが故に心に渦巻く苦悩を、手堅く演じている。

しかし、アイルランドの俳優の名前って、一度じゃ覚えられないものばっかりやん。

ミステリーだから、あまり内容を詳しくは書けないけど、
ジャケットのコピーにあるような「世界的ベストセラーを完全映画化」とまではいかないが、
北欧ミステリーにちょっぴり触れてみるって気持ちで見ると、
小説を未読の映画ファンなら、それなりに楽しめるんとちゃう、と思える作品であ~りました。
ほんまにね。


アメイジングD.C. 2017年11月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「盗聴者」(16年・ベルギー/フランス) 几帳面な中年男が盗聴テープを巡る政治事件に巻き込まれる、タイト&クールなサスペンスやん!

盗聴者
「最強のふたり」で、日本でも少しは名前が知られるようになったフランス俳優フランソワ・クリュゼ。
僕が、彼の出演作を最初に見たのが「ラウンド・ミッドナイト」(86年)。伝説のジャズ・ミュージシャンと彼の音楽を愛するフランス・デザーナーの話で、クリュゼは、一人娘を育てる、やもめのデザイナーを力まず、さらりと演じていたな。

脇役が長かった人だけど、彼の主演作を初めて見たのが、劇場未公開でソフトリリースされた「唇を閉ざせ」(06年)。妻を殺された男が、彼女を巡る事件に巻き込まれるサスペンスだけど、なかなか面白かった。彼、この作品でセザール賞・主演男優賞をとったんよね。

そんなクリュゼ主演の新作が、この「盗聴者」。
失業中の主人公が、盗聴テープの聴き起こしの仕事についたばっかりに、殺人が絡んだ政治的事件に巻き込まれるサスペンスで、知らぬ間に事件に巻き込まれ、どんどん追い詰められていく平凡な男を好演していて、作品自体も地味ながら、なかなか楽しめたな。

デュバルは、知り合いの葬儀で、昔なじみのドグリューに会い、
自分はいま失業中で職を探していると彼に話した。
数日後、ある企業から仕事オファーの電話がかかってきた。
オフィスに面接に訪れると、代表者クレマンから、いろいろ質問された後、
君は右翼か左翼かと聞かれ、政治には興味がないと答えると採用OKになった。
クレマンは、保護すべき人や国にとって危険な人物を監視する業務を行っていると語り、
彼らの電話の盗聴記録テープの聴き起こしが君の仕事だと伝えた。
真面目で几帳面な性格のデュバルには、うってつけの仕事で、
指定された殺風景な部屋で、黙々とテープの聴き起こしを続けた。
ある時、テープから、アルジャンと呼ぶ声が聞こえ、何かただならぬ様子にぎょっとした。
しばらくして、デュバルは、たまたま読んだ新聞にアルジャン夫妻が殺された記事を目にした。
怖くなったデュバルは、辞職しようとしたが、クレマンの部下シェルフォが現れ、
今辞めたらどうなるか分からないぜと意味ありげに語り、
自分を君の車で、ある場所まで送ってくれと言い出した…。

最初に、以前の会社で働くデュバルが描かれ、
勤勉だが神経質で几帳面過ぎるばっかりに、ノイローゼ気味になるところを見せ、
主人公の性格を端的に描いてる。
それから二年の間に、妻と離婚し、職を失い、酒に溺れていたことが、
デュバルの数少ない言葉から、うかがい知れる。

ネットで調べたら、監督トーマス・クルイソフの劇場映画デビュー作のようだけど、
脚本も彼が手がけていて、タイトな作品作りを心掛けたみたいで、
セリフは必要最小限に止め、無駄な描写を極力排し、
平凡で人生の負け犬みたいな男が、知らず知らずのうちに身の危険にさらされる姿を、
ひんやりクールなムード漂うシャープな映像で描いてやろうとしたみたい。

だから、見る側が、映像や人物の行動から、物語を読み取っていかなきゃいけないところがある。
アメリカ映画のように、分かりやすくは作られていないんよね。
そのせいで、劇場未公開となったのかも知れないなぁ。

パソコンやスマホなど、今どきのデジタル情報社会で、盗聴テープをヘッドフォンで聴きながら、
紙に書き取っていくアナクロ的な方法が時代錯誤な気もしたけど、
監督は、一昔前のクライム・サスペンスの匂いを出したかったのかもしれないな。
いちおうクレマンに「デジタルは信用できない。情報が簡単に流出し、制御不能になる。
だから紙とテープを使う」と言わせていて、それなりに説得力を持たせようとしているけど。

話は、大統領選や中近東で拉致された人質にまつわる暗躍行動など、
政治的な背景が徐々に浮かび上がってくるんだけど、あまり小難しく描かれず、
とにかく、主人公が危険な世界に陥ってしまい、さあどう切り抜けるかを、
じんわりと緊張感を漂わせながら見せるな。

ラストは、もうちょいスリリングな展開があっても良かったような気もしたけど。
なんかあっさりし過ぎているような感じ。

フランソワ・クリュゼは、あまりスター・オーラを感じさせないベテラン演技派だけに、
追い詰められる男をリアリティたっぷりに演じ、さすが上手い役者やなと思わせる。
彼が演じるから、ハラハラさせるんやろなぁ。

謎めいたクレマン役のドゥニ・ポダリデス、治安総局のリーダーのラバルト役サミ・ブアジラなど、
脇の男優も、地味ながら渋めの俳優を配し、物語をギュッと締める役割を果たしているな。

デュバルが、断酒のために通っていたグループワークで知り合う女性サラを演じたアルバ・ロルヴァケルは、
そんなに美人ってこともないけど、ほのかにナチュラルな色気を放っていてチャーミング。
アメリカ映画なら、彼女もクレマンの一味とかの設定になりそうだけど、
最後まで平凡な普通の女性にしているところも、好感が持てたやん。

ま、いずれにしろ地味っぽい作品ではあるけれど、
僕にとっちゃ、それなりに面白がれた作品であ~りました。


アットエンタテインメント 2017年10月4日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード