FC2ブログ

「私立探偵ストライク」(17年・イギリス) 義足のやさぐれ探偵とネアカチックな美人秘書のミステリーやん!

私立探偵ストライク
「ハリー・ポッター」シリーズで知られる作家J・K・ローリングが、新人男性作家ロバート・ガルブレイスとして2013年に発表した探偵小説をテレビドラマ化したのが、この「私立探偵ストライク」。
彼女が別名で発表したのは、「ハリー・ポッター」で有名になり過ぎて、そのイメージで見られてしまうことに抵抗があったかららしい。

日本じゃ、スターチャンネルで放送され、レンタルされたんだけど、探偵ものが好きなんで観てみることにしたんだ。

主人公は、アフガン戦争で片足を失った義足の私立探偵コーモラン・ストライク。
彼の事務所に派遣秘書としてやってきたロビン・エラコットと共に様々な事件の真相を探るミステリーで、
3枚リリースされ、3つの事件が描かれてる。

プロローグとも言える第一章「カッコウの呼び声 ~スーパーモデル死亡事件~」は、3話構成で3時間。
(第二章・第三章は前・後編で2時間)
ストライクとロビンの出会いから始まり、人気モデルの転落死の真相を探る話だけど、
次々と怪しげな人物が登場するわりに、ちょっと展開がユッタリ気味で、あまり緊張感はないかな。
そのぶんストライクとロビンのキャラを丁寧に描いていて、
物語が進むにつれ二人の背景が少しずつ分かって来るんよ。
ストライクの母が元ファッションモデルで父がロックスター、
そして母の死をきっかけに彼がオックスフォード大学を中退して軍に入隊したことが語られる。
また、ストライクには姉がいて、彼女は金欠でやさぐれ気味の弟を心配しており、
一緒に暮らそうと持ちかけるんだけど、彼はそれをはねのけてる。
ロビンは、大学で心理学を学んでいたけど中退しており、結婚を約束したマットと同棲していて、
二人で家を購入するために給料の良い会社への面接に行くんだけど、せっかく就職が決まったのに…。
第二章以下で、彼女の悲しい過去が少しずつ明かされ、
どうして探偵という仕事にそれほど興味を抱くのかが分かってくる。

ちょっと陰気でだらしない生活を送りながらも、ストライクの推理能力はなかなかのもで、
事件現場に行くと、いつも様々なものをコンパクトカメラやスマホで撮りまくり、
その画像をじっくりと眺めて推理を働かせ、真相に近づいていくところはなかなかよ。
ストライクとは反対にネアカなロビンは、機転がきいて行動力もあり、
パソコンにも精通していて情報収集能力が抜群だし、
ストロングの強い味方としての存在感がビンビンッ。

ラストにストライクは意外な真犯人を追いつめるんだけど、
義足ゆえに犯人にやられそうになった時も、ロビンが…。

アメリカのドラマなら、もう少しタイトにメリハリをつけて展開するんじゃないかと思うし、
登場するキャラ達の人間関係も分かりやすく描かれると思うけど、
ストロングとロビン以外のキャラは、ちょっとあっさりし過ぎな気もしたな。
ロンドン警視庁のウォードル刑事や裏稼業のシャンカーなど、
ストロングとどういう関係なのか、いまいち分からないし。

第二章の「カイコの紡ぐ嘘 ~小説家惨殺事件~」は、失踪した小説家を、彼の妻の依頼で探す物語。
中盤で小説家の死体が発見されるんだけど、
少々猟奇的なところもあり、ちょいゾゾッとさせられる。
ラストにストライクが怪しい人間たちの中から真犯人を名指しするんだけど、
まさかこの人物とはっと、ちょっと驚かされたやん。

この話も人間関係がちょっとややこしくて、
途中で何度か前に戻して同じシーンを見直したわさ。
それにしても死体のアレを犬に…。

ロビンは、探偵業にますますハマっていき、
ストロングの秘書というより、彼の相棒チックな存在になっていく。

第三章「悪しき者たち ~探偵脅迫事件~」は、ロビン宛に切断された足の入った小包が事務所に届く、
これまた猟奇じみたオープニング。
その足が若い女性のものと分かり、その女性があるマンションの部屋に訪れた同時刻に、
ストライクもその部屋に訪れていたことが監視カメラから判明し、
彼は殺人犯とみなされそうになるが…。

3人の容疑者らしき人物が登場するけど、
これまた容疑者に説明不足気味なところがあり、
僕には、いまいち物語に入りこみにくいところがあったかな。

3話とも監督は違うけど、映像のムードは一貫しているな。

ストライク役トム・バークとロビン役ホリディ・グレンジャーは、
僕にはお初な俳優だけど、役柄にはぴったりハマってる。
投げやりな日々を送りながらも不思議に女にはもてちゃうストライク、
恋人の反対を無視してまで探偵業にのめりこむロビン、
2人が恋に落ちるのではなく、あくまで相棒としての立ち位置で、
友情を育んでいくところが、なんか良い感じ。

このソフトは字幕のみで吹替えがないのが、僕としてはちょっと残念やったなぁ。
吹き替えなら、もう少し情報量が増えて、推理物として、
話や人間関係が分かりやすくなったのではとも思えるからさぁ。

いずれにしろ、探偵ドラマとしては、まずまずって感じの「私立探偵ストライク」だけど、
ストライクとロビンのその後の活躍がちょっと見たい気もしたやん。


ワーナーホームビデオ 2018年11月21日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード