「ハッピーサンキューモアプリーズ」(10年・アメリカ) 人は誰でも、誰かに愛される価値があるんよ、多分!

ハッピーサンキューモアプリーズ
厳しい寒さが身に応える昨今だけど、
なんだか心にポワポワした春風が吹き込んでくるような、
とても優しい気分にさせられる映画だな、この「ハッピーサンキューモアプリーズ」って。

この作品、サンダンス映画祭で観客賞を受賞したらしいけど、きっと僕同様に、優しい気持ちにさせられた映画ファンが多かったかもしれないな。
米テレビシーズ「ママと恋に落ちるまで」の主人公役で一躍人気者になった男優ジョシュ・ラドナーの監督デビューで、脚本・主演と3役もこなしてる。

ニューヨークで暮らす売れない作家サム。
寝過ごして、出版社での打ち合わせに遅れそうになり、
慌てて部屋を飛び出すが、地下鉄で家族とはぐれた黒人少年を見過ごすことが出来ず、一緒に出版社に連れて行くハメに。
迷子として警察に彼を届けたのに、いつの間にかサムの後をついてきてしまう。
少年の名はラシーン、里親と暮らしているらしく、そこには戻りたくないと言う。
仕方なく、しばらくの間、自宅に住まわせることにするが‥。

サムは、街で出会ったキュートな女性に恋心を抱き、
彼女がカフェで働いてるのを見かけ、ラシーンを出汁にしてお近づきになろうとする。
最初に彼女のことで判ったのは、クラブで歌っていて、ニックネームはミシシッピ。
夜、酒が入り、良い感じになって彼女がサムの部屋まで来たはいいが、
新年に軽い女にならないと誓ったからエッチはしないと言われ、ちょいガックリ。
でも、サムは思いつきで、エッチなしの3日間の同居を提案。
なんとなく、その提案を受け入れるミシッシピだけど‥。

そんなサムの、何でも話せる親しい女友達アニーは、体中の毛がない脱毛症だけど、
それを気にすることもなく、日々、仕事に励んでいるが、
別のフロアの法律事務所の男性が、何かと彼女にモーションをかけてくる。
彼の名はサム。友達と混同するからと、サム2と呼んでる彼は、ハンサムでもセクシーでもないし、
アニーは無視し続けるだけど、彼は勝手に彼女の写真を撮ってしまいよる。
ある日、アニーは、昔、自分の心を傷つけた男に誘われ、ついつい会ってしまい、
でもってエッチするんだけど、結局、また傷つけられてしまう。
次の日、落ち込んで暗い気持ちでオフィスに行くと、机の上に数枚の写真が置いてあった‥。

もう一人、サムの幼なじみで、画材店で働くのメアリーは、恋人のチャーリーと同棲中。
ロスから帰ってきたチャーリーが、ロスに移り住んで、あちらで仕事をしたいと言いだし、
ここは私の故郷だからと、ニューヨークを離れたがらないメアリーと口ゲンカしてしまう。
そんな時、メアリーは妊娠していることを知り‥。

ラドナーは、3つのラブストーリーを、ナチュラルなタッチで軽やかに綴ってみせる。
登場女性それぞれの、ほろ苦い過去は、セリフの端々に語られるだけで、
ちょい説明不足な気がしないでもないけど、
脚本も書いてるラトナーが、あえて多くを語らないようにしている節があるみたい。
作品の雰囲気が重くなってしまうのを避けたかったのかもね。

でも、女性キャラを演じる女優達3人、アニー役マリン・アッカーマン、メアリー役ゾーイ・カザン、
ミシシッピ役ケイト・マーラが、そんな過去を引きずる心の傷みたいなものを、
上手に表情や仕草でちらちらと匂わせ、人間味たっぷり、
演技の見せ所もそれぞれ用意されていて、なかなかの好演ぶりだ。
シネマトゥディ・サイトに載っていた、本作に関するラドナーのインタビューでも、
「他の女優が演じていたら、全く完成度の低い映画になっていたかもと思うほど適役なキャスティング」
と、彼自身、納得のキャスティングだったみたい。

女優達の存在感に比べ、男優陣は、ちょいかすみ気味だけど、
アニーに、レストランで愛の告白をするサム2、
「いい人だけど、つき合えない、は聞き飽きたよ」と女性にフラレっぱなしの人生を語り、
それでも「僕に君を幸せにするチャンスをくれ、愛することは僕の得意分野だから、試してみて」とアプローチ。
控えめななかにも、必死で愛する思いをなんとか彼女の胸に届けようとするサム2の姿、
いじらしいじゃあ~りませんか。
そして、席を立とうとするアニーに目を閉じてもらい、再び愛の言葉を語り続けるサム2。
アニーが目を開けた時、彼女の目に映ったサム2は‥。
テレビ界で活躍しているらしい地味顔のトニー・ヘイルが、
誠実だけど少々風変わりで、恋に縁遠い男を、味わい深く演じてる。
このシーン、グッとくるなあ。

過去の苦い思い出にこだわり、ミシシッピの歌を聴かないと言っていたサムが、
最後にとった行動も、これまた良いなあ。
その時の、ミシシッピの、今の自分の心境を歌った歌詞が切ないだけにねぇ。

ちょっと残念なのが、少年ラシーンが、そんなに物語にからまないところ。
彼の言動によって、サムの心にも変化が起こるってわけでもないし。
ラシーンの絵の才能にサムが気付くんだけど、ただ気付くだけだし。
ま、アメリカじゃ、誰かの里子である子供を、何の連絡もせず、
自分の部屋に住まわせるのは、誘拐と見なされるらしく、案の定‥。
でもただそれだけで、なんていうか、ラシーンが作品に登場する必然性が弱いような気がするんよね。

過去のことは過去のこと、引きずっていたらダメ、
人は誰でも愛される価値がある、
だから、自分を愛してくれる人が現れたら、それを大事にしなきゃ。
ほんの少し、気持ちを切り替えて、前向きになったら、しあわせが訪れるかも。
男運の悪かったアニーやミシシッピ、家系が離婚者ばかりで結婚に踏み切れないメアリー、
でも、彼女たちは過去を引きずることを‥。

とにかく初監督と思えないほど、気負いを感じさせず、
登場人物の心の機微をさらりとすくい取り、こなれた演出を見せるラドナー。
第2作も、監督・主演で撮りあげ、またまたサンダンス映画祭で好評らしかったけど、見たいやんかいさあ。

ところで、メアリーがチャーリーとある映画監督のことを話題にする場面があるんだけど、
「みんな彼に辛口過ぎるよ。最高の映画を何本も撮ってる。数が多すぎるだけよ」と
彼女が言うんだけど、この監督って、多分、W・アレンのことかしらね、
アレンもニューヨークを舞台にした映画を何本も撮ってるし、違うかなぁ。


トランスフォーマー 2012年12月7日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード