「ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー」(11年・米) 天才少年は、心に問題を抱えてるファミリー達を救えるのか?

ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー
『TSUTAYAだけ!』って文字が、赤字に白抜き文字が目立ち過ぎる、TSUTAYA独占DVDレンタル商品の1本がこれ。
製作総指揮がジュリア・ロバーツってのが、セールスポイントのひとつみたいだけど、地味目の俳優が揃い、聞いたことのないトライベッカ映画祭ってのに出品したらしいけど賞をとったわけでもないし、見過ごされてしまいがちの作品だよね。
僕も本作のことは、あまり気にもとめておらず、宅配レンタル・DISCASの予約に入れていたのも忘れていたくらい。
で、送られてきた本作を見てみることにしたんだけど、
シニカルかつオフビートなユーモアに彩られた、なかなか面白い映画でありましたわさ。

1歳になる前に言葉を話し、写真記憶(目にしたものをすべて記憶できる能力)があるIQ310の超天才小年ヘンリー。
10歳で大学生となってしまうんだけど、ある日、祖父スタンから、自分はフェミニストの母パトリシアが精子バンクを利用した人工授精で生まれ、腹違いの姉がいると知らされ驚いてしまう。
そして、ヘンリーは、精子ドナーである父と、生物学上の姉に会ってみたいと考える。
一方、生物学上の姉、12歳のオードリーは、心理学者ある父スラヴキンの著書「同性愛は先天性か、後天性か」の表紙に彼女の写真を使ったせいで、周囲にレズビアンと誤解され、学校でイジメにあう毎日。
当然、彼女と父の関係も悪化の一途。
そんな2人の前にヘンリーが現れ、パトリシアも含めて4人が一堂に会することに‥。

監督のデニス・リーが、アメリカ映画学校の学生対象の映画賞で短編映画賞を受賞した作品を、
長編化したものだそうで、脚本も彼の手になるもの。
母パトリシアは、少女時代、自分の誕生日に起こった出来事(母の死)がトラウマとなり、
息子の誕生日にロウソクに火をつけることができないでいたり、
養護施設にいる祖父スタンは、従業員にメキシコ人が多かったので覚えたと、
わざわざ流ちょうなスペイン語で、ヘンリーの出生の秘密を話しよるし、
オードリーは、イジメにあっても表情ひとつ変えず、
それをクールに受け流しているし(心の内じゃ、ひどく傷ついてるんだけど)、
どこか、普通にみえて普通から逸脱しているような、
奇妙に明るく、でもって皮肉っぽい演出タッチがオモシロイな。
オードリーなんて、普通なら、痛々しくて可哀想って描写になるところが、そうはならない。
ダニー・モダー撮影による、カラッと明るく、乾いた空気感漂う映像のおかげもあるかな。

他にも、自分が黒人だと信じている精子ドナーの受付の白人男が登場したり、
パトリシアの双子の兄達のバカっぽい死に方があったりするし、
主人公が、IQ310で、世界に2番目の超天才少年って設定も、変わってると言えば変わってる。
だいたい、ヘンリーが大学生になったのも、カトリックスクールで
「神は存在しない」と言いまくったせいで退学になったから。

けっこう風変わりな設定のストーリーで、クセのあるキャラだらけだけど、
登場人物の心情を、根っこのところで、きっちり描かれているので、すんなりと物語に入っていける。
奇をてらってるだけじゃないところに、リー監督の演出センスのきらめきを感じるやん。

キャストじゃ、ヘンリーに扮するジェイソン・スペヴァックがすこぶる良い。
笑顔がなんともチャーミングで、素直っぽくて、
彼の存在が、風変わりな物語に説得力を与えていると言っても過言じゃなわさ。
オードリー役のサマンサ・ワイインスタインは、初めて見る少女俳優だけど、
美人じゃないけど、無表情のなかにも、心のキズをちらりと漂わせてて、これまた上手い。
なんでも、クロエ・グレース・モレッツ主演のリメイク版「キャリー」に出ているらしいけど、
日本公開されたら、彼女目当てで見てみようかな。
パトリシア役は、ベテラン、トニ・コレット。
僕は、彼女主演のオーストラリア映画「ミュリエルの結婚」が好きなんだけど、味のある女優さんだ。
「シックスセンス」の母親役も良かったし。
スラヴキン役は、「トロン・レガシー」「アリス・イン・ワンダーランド」に出ていたらしいマイケル・シーン。
2本とも見たけど、彼の出演場面、ちっとも思い出せないけど、ま、それなりに好演かな。
祖父のスタン役フランク・ムーアは、もっぱらTV作品が多いみたい。
クローネンバーグの「ラビット」(77)にも顔を出しているみたいだけど、知名度はほぼゼロ。
でも、本作じゃ、警官上がりのヘンな色ぼけオヤジを快演。なかなか印象深いやんかいさあ。

本作の英語題名は「Jesus Hhenry Crist(ジーザス・ヘンリー・クライスト)」。
映画中、誰かが、「くそ、なんてこった!」って意味で「ジーザス・H・クライスト」と叫ぶんだけど、
それが最後に、題名通りの言葉が出てくるところ、なんかニクイやん。

ちょい残念なのは、ヘンリーが18歳になった場面。
スペヴァックの成長後を演じる男優が、なんかなあ、ぬぼーとしていて、
ちっとも天才に見えないし、いまいちなんですわ、ほんまに。

感動するって作品じゃないけど、ほんのり温かく優しい気分に浸らせてくれる作品ね。

とにかく、デニス・リー、注目すべき若手監督の一人になるかもね。


カルチュア・パブリッシャーズ 2013年1月23日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード