「魔法の国のプリンセス」(04年・アメリカ・アイルランド・イギリス) 『服従』の魔法をかけられたって、メゲずに前向き、元気満々ヒロインやん!

魔法の国のプリンセス
「レ・ミゼラブル」で、今年のアカデミー助演女優賞をとったアン・ハサウェイ。そのおかげか、04年に彼女が主演した作品がリリースされやんした。
急に注目を浴びだした旬の女優の過去の劇場未公開がソフトリリースされるってのは、シャロン・ストーン、モニカ・ベルッチなど、結構あったけど、たいがいが女優の名前でレンタルしてもらおうって会社の魂胆が見え見えで、中身いまいちの作品が多かったような。
この「魔法の国の-」も、スカだったらイヤだなあって、ちょい不安はあったけど、僕がよく見ているブログ「SAMPLEビデオながら見日記」で、見応えある良作と高評価だったので見てみることにしやしんした。

でこれが、実に楽しいポップ感覚のファンタジーで、気分もハッピー・ハッピー・ハッピッピー。なかなか楽しませてくれたやんかいさぁ。

「魔法の国のプリンセス」って、ありきたりすぎる邦題だけど、元々は、アメリカ児童文学のニューベリー賞受賞のゲイル・カーソン・レヴィンの人気児童書が原作。日本でも「さよなら『いい子』の魔法」って題で出版されているみたい。
しかし、DVDの邦題、もう少し頭ひねって考えて欲しいもんやわ、ほんまに。
なんでも、この映画化作品は、劇場公開時、3週間トップ10以内にランクインしたそうで、それなりのヒット作。

生まれたら妖精から贈り物を授けられる国で誕生したエラ。
お調子者の妖精ルシンダから彼女が授かったのは「服従」の魔法。
それは、自分の意志とは関係なく、相手の言われたに通りしなきゃいけない、ちょいやっかいな魔法。
数年後、美しい女性に成長したエラ。
優しい母の死後、貧乏貴族の父が再婚し、継母と彼女の娘たちハティとオリーヴと暮らすこととなったけど、
ハティ達は、とにかく意地が悪い。
でもって、エラの「服従」の秘密をかぎつけてからは、イジメもエスカレート!
そんな時、エラは、近々国の王位を継ぐことになった王子チャーモントと出会う‥。

軽やかなポップミュージックをバックに、エラが誕生する、のどかな田舎町が映し出され、
イギリスのコメディ集団モンティ・パイソンの一人エリック・アイドル(アップがないので判りにくいけど)が、
新聞配達人風情で、物語の語り部として登場。
この導入部で、何となく現代感覚のおとぎ物語やなってのが判るな。

チビの妖精、巨人、人食い鬼など、童話に出てきそうなキャラがいろいろ出てくるけど、
チャーモント王子が、今風のアイドルスター的存在で、彼のファンクラブまであり、
その会長がハティで、彼が現れるとキャーキャー熱狂するし、
繁華街の階段は木製エスカレーターになっていたり、あちこちに現代的要素が加味されてるんよ。
音楽だって、ヒットポップスやロックが、次々流れるし。

人間にいじめられていたのを、エラが救ったチビの妖精スネランは、
本当は弁護士になりたいのに、国の決まりで、歌ったり踊ったり、
人を楽しませる職業にしかつけないと嘆いていたり、
巨人の村じゃ、巨人の美女が「『ジャックと豆の木』の話のせいで、
巨人は恐くて醜いと思われてる、グリム兄弟のせいよ」とぼやいたり、
キャラやセリフも、ヒネリが利かせてあって、ムフフッよ。

原作を読んでいないので、どこまで映画的にアレンジされているのか判らないけれど、
ヒロインが、やっかいな魔法を抱えながらも、メゲることなく、
自分の運命を何とか切り開こうと、強い意志を持って行動する姿は、なんか見ていて気持ちいい。
巨人や人食い鬼や小さな妖精たちが、人間に自由な権利を奪われてるって設定もユニークだし。
彼らが、そんな境遇に陥るハメになったのは、
チャーモント王子の叔父で、王子の父なき後、国を取り仕切ってるエドガー卿のせい。
このエドガーのペットというか相棒に、人語をしゃべるヘビがいて、
もちろんCGによるアニメ風スネークだけど、いかにもおとぎ話にピッタリ。
ドジな妖精のせいで、分厚い本に変えられた元男性とかも、楽しいやん。

監督トミー・オーヘイヴァーって、初めて聞く名だけど、
クセのない演出で、テンポよく物語を展開し、ダレるところ一切なし。
ユーモア・センスも、ええ感じやし。

アン・ハサウェイは、エラのキャラクターにピッタリね。
魔法に悩みながらも溌らつ元気、王子に対しても、対等に自分の意見をはっきり言うし、
彼女によって、王子の心も、国の住人達のことを考えるようになり、
彼女を愛するようになるのも納得ね。
本作じゃ、クィーンの曲を、歌って踊るシーンもあり、ミュージカル女優の一面も(?)。
とにかく彼女の存在が、本作の魅力のかなりを占めてるって気がするわ。

チャーモント王子に扮するは、ヒュー・ダンシー。
あまり馴染みのないイングランド出身の男優だけど、純情で素直っぽい雰囲気に好感が持てる。

ワル役・エドガー卿には、ケイリーエルウィズ。
ロブ・ライナー監督作「プリンセス・ブライド・ストーリー」(87)じゃ、
ヒロインを助ける正義の味方を颯爽と演じていたスマートなハンサムガイなのに、
ちょい太ったのか、がらりと変わって、髭を蓄えたワルを渋めチックに演じてる。
でも、ラストにはアホな運命が‥。

エラと行動を共にするチビのスネラン役、エイダン・マクアードルも、美味しい役だ。
彼の出演作をネット調べたけど、どうもテレビ作品で活躍してるみたい。

他に「オペラ座の怪人」のミニー・ドライバー(妖精マンディ)、
「インディペンデンス・デイ」で、ウィル・スミスの恋人を演じたヴィヴィカ・A・フォックス(妖精ルシンダ)、
「奇人たちの晩餐会USA」の怪演が記憶に残るルーシー・パンチ(ハティ)など、
脇役も、なかなか充実してる。

ラストで、登場キャラが全員登場、
画面に向かってシンギング&ダンシングっての、
宝塚歌劇のフィナーレみたいで、うれしがらせるやないの、ほんまに。


AMGエンタテイメント 2013年5月2日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

「映画ベース」のご案内

大今里シネマ通信ブログ 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ未熟なサイトではありますが、
面白い映画を見つけられる、そして面白い映画を面白いと言えるサイトに
何としてもしていきたいですので、
どうかご協力頂けないでしょうか?

一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------
プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード