「人生はノー・リターン ~僕とオカン、涙の3000マイル~」(12/アメリカ) オカンの深すぎる愛は、息子には、やっぱ厄介かも?ってか

人生はノー・リターン~僕とオカン、涙の3000マイル
ミュージカル映画「ファニー・ガール」(68)で知られる歌手&映画女優のバーブラ・ストライサンド。
女優さんとしては、そんなに好きってこともないんだけど、
僕は、彼女の初監督作「愛のイエントル」(83)が好きで、また見たいなと思っているのに、なかなかDVDが出ないんよねぇ。
「愛のイエントル」は、女性がまだ学問を自由に学ぶことができなかった時代に、男装して学校に潜り込む話で、愛あり笑いあり、もちろん彼女の歌もありの、それなりに格調もある秀作だったんだけど。
バーブラの男装姿も、そんなに違和感なかったし(鷲鼻で美人じゃないせいもあると思うな)。
ま、それはともかく、この「人生はノー・リターン-」。
彼女の出演作を久しぶりに見たけど、出演時70歳だったとは思えない若々しさに、まずビックリ。
でもって、女の色気もほのかに漂い、なんともチャーミング。
何て言うか、彼女の新たな魅力を再発見した、軽やかなタッチで母と息子の愛情を描いた、ユーモラスなロードムービーの佳作でありました。

エコ洗剤を開発し、その商品をなんとか売ろうと頑張ってる発明家のアンディ。
でも、なかなか思うように洗剤を扱ってくれる店は見つからない。
そんな彼の母、夫に先立たれ一人暮らしのジョイスは、何かと彼の世話を焼きたがり、
しょっちゅう電話をかけてくる。
ある日、母から結婚前につき合った別の男性のことを聞き、
アンディは、早速調べて、その男性に母を引き合わせようと考える。
何かと煩わしい母を厄介払いしたいって思惑もあって。
そして、セールスプロモーションのためのアメリカ大陸横断旅行に母を誘う。
息子と一緒に旅ができるとはしゃぐジョイスだったが、
旅の途中で何かと騒動が起きてしまい‥。

息子役は、「40歳の童貞男」「スモーキング・ハイ」などコメディ映画の出演が多いセス・ローゲン。
生真面目で世渡り下手、商品売り込みも説明が専門的すぎて、
相手にすげなく断られる発明家を、さらりと演じてる。
バーブラとセスの親子っぷりが、相性がよかったのか、ナイス・マッチングだ。
互いに、肩の力を抜いて、自然体で役柄を演じているみたいで、
親子ならではの愛情と絆みたいなもんが、映像にほんわかと滲み出てるんよね。

2人の道中で起こる騒動も、大げさなものじゃなく、小さな出来事の数々を通して、
母子お互いの気持ちが、以前に比べ、ほんの少し理解でき、
また、相手の気持ちを素直に受け止めていくことができるようになるってところが良いんよね。
おかげで、母の助言を受け入れて、商品PRのプレゼンテーションに臨んだら‥。

本作の脚本担当のダン・フォーゲルマンが、
自分の母とのニュージャージー州からラスベガスへの旅行した実話をベースに書いたそうで、
あまりウソ臭いエピソードなんか差し挟まないように心がけたのかもしれないな。
テキサスのステーキハウスの大食いエピソードは、ほんまかいなと思わないでもなかったけど。
バーブラの体つきであれはちょっとなぁ。ま、ギャル曽根って例もあるし、あながちウソとも言えないし。

監督は、僕は未見だけど「幸せになるための27のドレス」のアン・フレッチャー。
女性監督らしい、主人公たちの微妙な表情のとらえ方がうまい。
ちょい、メリハリには欠ける気もするけど、こじんまりとした物語だし、
あまりドラマティックな展開を避けて、母と息子の愛情がさりげなく伝わるようにしたのかも知れない。

アンディが、自分の名が、母がかって愛した恋人の名だと聞かされ、
オヨヨッと、複雑な表情を浮かべる場面があるんだけど、
「子供には愛した人の名をつけたいものよ」
とにっこり笑う母ジョイス。
このセリフが、ラストに上手に生かされ、そこでなんだか、ついホロッときてしまったわ。
ニクイ脚本やないの、ほんまにさぁ。

余談だけど、ジョイスが趣味でカエルグッズを集めていて、家にずらりと並んでいるんだけど、
亡くなった芸人、木川かえるさんを思い出してしまったわ。
雑誌の取材で、木川さん宅を訪れ、カエル・グッズの数々を見せてもらった思い出があるんで。
ちょい懐かしがりましたわさ。


パラマウント・ジャパン 2013年6月7日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
映画レビューサイト「映画ベース」で本作のレビューを拝見し
こちらまでお邪魔してしまいました。
心なごむ素敵なレビューですね。
これは未見ですが、セスも好きなのでぜひ観たいと思います。
プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード