「エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者」(12年・ノルウェー) 粗野な盗賊たち相手に、少女が必死のパッチで戦うんやわさ!

エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者
以前、このブログで紹介した「コールデスト」の時に取りあげた佳作ホラー「コールドプレイ」の監督ローアル・ユートハウグの新作(多分ね)が、この「エスケープ 暗黒の-」。
「コールドプレイ」の時は、ヒロインが殺人鬼い立ち向かっていたけど、今回は、中世時代のノルウェーの原野を舞台に、少女が女ボス率いる盗賊たちに立ち向かう、シンプルかつメリハリの効いた痛快アクション。
82分と短い尺ながら、ムダのない演出でラストまで一気に見せきる、ナイスな出来の娯楽作であ~りました。

1363年のノルウェー。
ペストの大流行で人口の半数が命を落としてから10年。
国は荒れ果て、無法地帯とかしていた。
新たな希望を求めて馬車で旅をしていた家族が、
突如現れた盗賊団に襲われ、
両親と幼い弟が殺され、少女シグネだけが捕らえられた。
彼女が生かされたのは、盗賊団の女ボス・ダグマルが溺愛する幼い少女スリッグのために、
彼女の妹を生ませるためだった。
だが、スリッグは、同情からかシグネを逃がそうとし、成り行きで彼女もシグネと共に逃亡してしまうことに。
怒り狂ったダグマルは、厳つい手下どもを引き連れ、執拗にシグネ達を追うが‥。

北欧の広大な原野のロケーションが、サバイバル・ムード満点だ。
映像に深みと奥行きがあり、物語にリアリティを生み出すしてるな。

最初は、幼い弟を助けられなかったのを悔い、ただ怯えるだけだったヒロインが、
スリッグと一緒に逃亡するなか、彼女を守ろうと、強くたくましくなっていくところが良い感じ。
2人を追うダグマルにも、暗い過去があり、それ故にスリッグを可愛がっていたんだけど、
それがラストで上手く生かされるところもグッド。

盗賊団の武器が、ホーガン、オノ、弓、剣とバラエティに富んでいて、
アクションが単調にならないよう気配りがなされているのも、これまたグッド。

ユートハウグ監督、娯楽のツボをしっかり押さえてて、
かつ演出センスも実にシャープで、野蛮な世界で頼もしく成長していくヒロインを、
キッチリと映像で見せきってるなぁ。
音楽の使い方も的確だし、スローモーションもここぞという時に使い、
やたらめったら使わないのもいい。
最近のアクション映画で、意味なくスローモーションを多用しまくるケースを時折見かけるだけにね。

シグネ役、イザベル・クリスティーネ・アンドレア(多分そうだと思うんだけど)は、
そんなに美少女ってわけでもなく、どこか素朴さと力強さを秘めたヒロインを、
力いっぱい演じてるって気がして、好感が持てるなぁ。
衣装は、ボテッとしていて少々野暮ったかったけど。
シグネと心を通わせるフリッグを演じた少女(8~9歳ぐらいかな)も、
可愛いだけじゃなく、シグネのために心優しい気遣いをみせるなど、なかなか演技が達者。
そして、ダグマル役のイングリッド・ボルゾ・ベルダル。
ほとんどノーメイクで、荒くれ男達を率いるタフで冷徹な女ボスを、説得力満点に好演。
ユートハウグ監督の「コールドプレイ」で、殺人鬼と戦うヒロインを演じた女優さんだけど、
スレンダーでどこかボーイッシュな雰囲気が、本作のキャラにハマってる。
ちらりと見せる母親の顔が、ちょい切ないやん。

とにかく久しぶりに、充分満足のいくヒロイン・アクションであ~りました。


トランスフォーマー 2013年6月7日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード