「スパイな奴ら」(12年・韓国)  日々の暮らしに追われてる潜入スパイ達が、久しぶりの暗殺任務にオタオタオタってか!?

スパイな奴ら
韓国に北朝鮮スパイが潜伏する話と言ったら、日本でもヒットした「シュリ」(99)を思い浮かべるけど、「スパイな奴ら」は、そんな韓国に10年以上潜伏し、普通の生活に馴染んでしまったスパイ達が、久しぶりの暗殺命令を受け、オタオタしてしまう、コミカル要素たっぷりの娯楽作。
最初は、あまり見たいとは思わなかったんだけど、主演が、僕のお気に入りのコミカル時代劇アクション「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」で、お茶目な主人公を演じたキム・ミョンミンが主演だと知り、俄然興味がわいて見ることにしたんでおまんにやわ。
で、これが、ほのぼのとしたユーモアに、派手なアクション、ちょいシリアス&ペーソスな要素まであり、なかなか楽しめる娯楽映画結であ~りました。

なんでも現実に、韓国には、北朝鮮からの潜伏スパイが数多くいるらしく、その数5万人以上だとか。
そんな潜伏スパイの一人、暗号名「キム課長」は、
22年もの長い潜伏生活の間に結婚し小学生の息子を持ち、
ちんけな貿易会社を営みながら、バイアグラの密売に精を出す、そこそこ平穏な日々を送っていた。
ところがある日、本国の工作員リーダー「チェ部長」から、
韓国に亡命した元北朝鮮外務副相の殺害命令が彼に下された。
早速、工作員仲間、身障者の息子を女手ひとりで育ててる不動産屋の「カン代理」、
アメリカ牛肉輸入阻止に頑張ってる酪農家「ウ代理」、
そして40年以上も潜伏していた初老男「ユン顧問」を召集し、
「チェ部長」を迎えて、殺害計画を立てることにしたが‥。

4人とも、10年以上、何の指令もなく平穏に暮らしていたせいで、
平和ボケというか、いざ任務と言われても、少々戸惑いがち。
でもって、各自所持していた拳銃も、キム課長のは、
山に埋めていた場所に土地開発でマンションが建っていたり、
ウ代理のは飼っていた牛に踏まれて壊れたり、
ユン顧問に至っては、年のせいで保管場所を忘れてしまっている始末。

それでも、外務副相が病にかかっており、医者が治療のために、彼の隠れ家を訪問していると知れば、
ミッション・インポッシプルもどきに、変装して、病院で医者の財布に発信器をしかけたり、
パソコンを駆使して、隠れ家のセキュリティ装置を調べたり、やることはそれなりにやるんよね。

でもって、キム課長は、隠れ家の金庫に大金があるとにらみ、
楽な生活を送るために、チェ部長たちが暗殺実行中に、それを盗んでしまおうと計画しよる。

これに、韓国の国家情報院のハンが、以前からキム課長がスパイだと疑い、
彼の会社に、自分の部下を女子事務員として潜入させているって話が絡まってくる。
また、ハンとキムそれぞれの息子は、同じ少年野球チームのメンバーで、
前から、二人は顔見知りだったりして、その少年野球大会も、後半でスリリングな展開を見せるのよ。

脚本・監督は、復讐劇サスペンス「破壊された男」(10)でキム・ミョンミン」と組んだウ・ミンホ。
なんでも、「破壊された男」は韓国で100万人動員のヒット作らしいけど、
日本じゃDVDリリースのみで、未公開。今度、見てみようかな。
ユーモアとアクションのバランスがいい感じで、展開もメリハリが利いている。
たぶんにベタな部分もあるけど、キム課長が携帯電話で北朝鮮に住んでる母との会話や、
カンとウの恋愛ざた、ユンの故郷・北朝鮮への思慕など、
登場キャラ、それぞれの心情を、端的にさらりと描いているところも、いい感じ。

キム・ミョンミンは、「朝鮮名探偵 トリカブト-」で見せた、どこかトボケタ匂いを残しつつも、
普段は平凡に生きてるのに、自分のせいで、「チェ部長」によって息子が危険な目にあわされると知るや、
必死のパッチで、それくい止めようとチェに対決を挑み、過激なバトルを繰り広げるなど、
なかなか気骨のあるところも見せ、がんばりまくってる。
ユン顧問に扮するは、「グエルム 漢江の怪物」「火山高」などのベテラン、ビョン・ヒボン。
カン代理に「カル」のヨム・ジョアン、ウ代理にチョン・ギョウン。
それぞれ、生活の匂いを漂わせながらも、仕方なく任務につかざるを得ない人間くさいキャラを好演。

対する冷酷無比なチェ部長に、「王の男」「アタック・ザ・ガス・ステーション」の不細工顔のユ・ヘジン。
もう少し男前の男優を使ったら良さそうなもんだけど、
ヘジンみたいな男優が演じるだけに、妙にリアリティーを感じるところはあるかな。
日本なら、もうちょっと見栄えのする男優を使うところだけど。

結局、亡命者殺害は、成功するか否か!
なるほど、そういう風に結末を迎えるのねってな、あっけらかんとしたラストも、ナイスでおます。


カルチャ・パブリッシャーズ 2013年8月21日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード