「サブマリン」(10年・イギリス) 妄想少年が抱える恋のつまづきと家族のトラブル、はたして彼に平穏な日々は訪れるのか?ってね!

サブマリン
この「サブマリン」は、去年の夏にレンタル・リリースされたんだけど、青春映画ってどうも興味を持てないジャンルなんで、そのうち見ようと思ったまま冬になり、ジャケットの、少年のエリをたてたダッフルコート姿が、なんか冬っぽいし、見るなら今でしょ!ってことで見たんだわさ。
なんでもこの作品、11年の東京国際映画祭のワールドシネマ部門で上映されていて、本国イギリスじゃ、英国アカデミー賞でノミネートされたらしいのね。去年の12月に東京の新宿シネマカリテでDVDによる限定レイトショーされたようだけど、リリース時は未公開だから、未公開作として紹介してしまうわさ。

見た感想だけど、15歳の少年の心情を、なんともセンシティブ、かつユーモラスに描いていて、映像センスも瑞々しいし、なかなかの佳作。もっと早く見りゃよかったやんと思ってしまいましたわさ、ほんまに。
「人生を生き抜くために、空想の世界の自分を思い描く」主人公にも、僕は、すんなり共感できたしさぁ。

舞台は、80年代のイギリス南西部のウェールズ地方の町。
オリバーは、妄想にふけりがちな15歳。
授業中に、もし自分が死んだら、立派な葬儀が行われて、
クラスメイトはテレビ取材で嘆き悲しみながら自分のことを追悼する、なんてことを思い描いてる。
そんな彼が、元カレと別れたばかりの同級生ジョルダナに、ほんの少し淡い思いを寄せるんだけど、
ある日、なぜだか彼女から呼び出しをくらい、唐突にキスされてしまう。
オリバーは、彼女は”恋人”なったんだと勝手に思いこみ、キスの次はエッチ初体験と期待に胸を膨らます。
だが、そんな時、隣の家に母親ジルの結婚前の元カレ、マークが住むことになり、
父ロイドと母の間に亀裂が生じるんじゃないか、それなら自分が何とかしなきゃ!と
勝手に頭を悩ますハメに‥。

監督は、英国TVコメディ「ハイっ、こちらIT課!」などに出ていた俳優で、
アークティック・モンキーズ他のミュージックビデオの監督なども手がけていたリチャード・アヨエイド。
本作は、彼の長編初監督作なんだけど、ミュージックビデオで培った(と思うな)キレのある映像、
柔軟でナチュラルな演出タッチで、オリバーの心の揺らめきをサラリと画面にすくい取っていくな。

海や水溜まりなど、水のイメージが随所に登場し、オリバーが失意のどん底に落ち込んだ時、
「サブマリン」のタイトル通りに、オリバーは妄想の中で海に飲み込まれて沈んでいったりもする。
ラストじゃ、その海に‥。

音楽は、ミュージックビデオの縁なのかアーティック・モンキーのアレックス・ターナーが担当。
揺れ動く青春物語を、爽やかチックに彩るのに貢献してるなぁ。

ジョン・ダーンソーンの原作を脚本化したのもアヨエイドだけど、
どこまで原作に忠実か判らないが、オリバーの独白が、
うっすらとシニカルさが滲むユーモラスなセリフで、ムフフッとさせられる。
「人生がメロドラマなら、面倒がおきた時はフェードアウトできるといいのに」なんてセリフ、ニクイないの。

オリバーに扮するクレイグ・ロバーツ。
クセのない顔立ちでハンサムでもないが、初々しさの中に、ほんのりトボケタ風情を漂わせてて、
エッチの欲望もそれなりにビンビンな妄想少年を、イヤミなく好演してる。

オリバーの恋人になるジョルダナ役、ヤスミン・ペイジも美人ってわけでもないんだけど、
ちょい小生意気でクールを装いながら、心の深いところでは結構モロイ部分もある女の子を、
気負わずに演じてる。

オリバーの母に、以前このブログで紹介した「ハッピー・ゴー・ラッキー」のサリー・ホーキンス。
彼女、今度はSF大作「GODZILLA」に出演してるみたい。
良い女優さんだけど、あんまりメジャーな作品には合わないような気がするんだけど。

父親に、「チャーリーとチョコレート工場」でチャーリーの父を演じていたノア・テイラー。
恋人のできた息子オリバーに、自分が女性と交際を始めた時に聴いた曲を集めたカセットテープを
プレゼントする(テープには失恋したとき用の曲も入ってる)なんて、
地元の大学で魚に関する授業を受け持ってる、ちょっぴり風変わりな父親を、
まじめくさった顔で演じていて、なんかオカシイ。

そして、母の元カレに、俳優で「思秋期」で監督もつとめてるパディ・コンシダイン。
いかがわしい伝道師を商売にしてる、いかにも胡散臭い男を、ほんとに胡散臭そうに演じてる。

アヨエイド監督の二作目「ザ・ダブル/分身」(13 主演=ジェシー・アイゼンバーグ)が、
去年の東京国際映画祭で上映されたけど、シュールで哲学的でユーモアもある新感覚スリラーだそうで、
ちょっと気になるなあ。
どうも劇場公開の予定はなさそうだし、早くDVDソフト・リリースせえへんかしらね。


アース・スターエンターテインメント 2013年8月21日発売



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード