「チャイル・プレイ 誕生の秘密」(13年・アメリカ) シリーズ6作目で、やっと1作目に繋がった、恐怖一直線の人形ホラーの快作やん!

チャイルド・プレイ 誕生の秘密
アメリカン・ホラーの人気キャラクターのひとり、グッドガイ人形のチャッキー。5~6歳ぐらいの子供の大きさの人形で、殺人鬼の邪悪な魂がのり移っていて、めっぽう残虐な殺人を繰り返すんよ。
第1作「チャイルド・プレイ」が88年に公開され、アメリカで大ヒットし、シリーズ化されて5本作られたが、去年がチャッキーの映画登場から25年目になるということで、生誕25周年記念ってわけでもないけど、6本目に当たる最新作が、この「チャイルド・プレイ 誕生の秘密」。
5作目までは、日本でも劇場公開されたのに、本作はDVDスルー。
なんでも、アメリカでもDVDルーだったらしく、日本でそうなったのも仕方ないなあ。

ホラー映画好きの僕は、熱烈なチャッキー・ファンってわけでもないけど、シリーズは全部見ているし、やっぱ、人気シリーズの新作と聞けば見逃す手はないと、見たやんかいさぁ。

シリーズものって、作品の出来不出来があるけど、本作は、80年代ホラー・テイスト漂う、
キレの良い快作に仕上がっていて、個人的には満々マ~ンゾクでありやんした。
ホラー映画好きなら見て損はないと思うけど、どうじゃろかい。

足が不自由で車椅子生活の娘ニカが、母と住む家に、ある日、母宛てに差出人不明の荷物が届いた。
箱を開けると、中には80年代に子供達に人気を博したグッドガイ人形・チャッキーが入っていた。
そして、その夜、母が不審な死をとげた。
母の突然の死に悲しむニカのもとに、姉のバーブ一家が、フランク神父と共にやってきた。
バーブの娘アリスは、チャッキーが気に入り、抱きかかえて遊ぶようになる。
ニカが夕食の支度をしていた時、彼女がちょっとキッチンから出たスキに、チャッキーが急に動き出し、
食事の皿のひとつにネズミの駆除剤を密かに入れた‥。

監督は、第1作「チャイルド・プレイ」の原案・脚本を担当したドン・マンシーニで、
シリーズ全部の脚本を書き、5作目の「チャイルド・プレイ チャッキーの種」(04)で
監督もこなしている、チャイルド・プレイ一筋の人。
「チャッキーの種」は、コミカルな要素が強かったけど、初心に戻ろうとしたのか、
今回は、シリアス・ホラー路線で突っ走ってる。それも、80年代ニュアンスのアプローチで。

ニカが住んでる家が、築100年以上は経ってるかと思える、じめっとした湿気ぽい古びた家ってのが、
いかにも恐いことが始まるで~って雰囲気濃厚。
スマホやノートパソコンが出てくるけど、現代的ニュアンスは、映像からはあんまり感じられないな。
ニカのために2階に上がるエレベーターが設置されているんだけど、これもなんか古めかしいし。
マンシーニさん、現代を舞台にしながら、あえて70~80年代のホラー・テイストを狙ったみたい。
恐怖演出は、けれん味ビンビン、チャッキーの邪悪さ不気味さを、うまく見せてるな。
首が飛んだり、眼球に包丁がグサリッと刺さったり、スプラッター描写も、
エグイことはエグイけど、あくまでチャッキーの邪悪さを見せるためだけであって、
ゾゾゾッとはするけど、あまりしつこく描写はしないしね。
夜のシーンが多いけど、巧妙なライティングで、何をしているか見えにくいってこともないし、
うまくホラー・ムードを漂わせてる。
撮影のマイケル・マーシャルのおかげだね。

チャッキーの表情も、特殊技術が進化しているおかげで、表情にぎこちなさがなく、
あどけない表情が、空恐ろしい顔つきに自然に変わるところなど、ベリーナイスやんかいさぁ。

後半、ニカに迫るチャッキーが、なぜ彼女の家にやって来たか語るんだけど、
そこで、話が、シリーズ1作目に繋がるんよね。
成る程、25年目にして、やっと物語が一巡りしたのかと、妙に納得させられてしまったわ。
ニカが、どうして下半身が不自由な体で生まれてきたのかって理由もね。

ヒロインのニカ役は、フィオナ・ドゥーリフ。
「チャイルド・プレイ」シリーズ全作で、
チャッキーの声を演じてる個性派俳優ブラッド・ドゥーリフの実の娘だそうだけど、
は虫類顔のブラッドには似ず、そこそこ美人に育ったみたい。
下半身が不自由ながら、恐れを封じ込めて、果敢にチャッキーに立ち向かう姿、勇ましいやないの。
チャッキーの脳天にナイフをズブズブズブリッと刺してやっつけるんだけど、皮肉にも‥。
とにかく、フィオナ嬢、絶叫しまるし、なかなかの力演やん。
父親に似て、今後は、個性派女優に成長していくかもよ。

ブラッド・ドゥーリフも、チャッキーの思い出話の中で登場するんだけど、
若い頃とほとんど変わっていない、というか全く老けていないのにビックリやん。
特殊メイクしているのかも知れないけど、元々、個性的な顔立ちだけに、老けにくいんかしらね。
僕は、彼が主演した、トビー・フーパー監督「スポンティニアス・コンバッション」(89)が好きなんだけどねぇ。
人体発火現象を扱った、ホラーテイストもあるSF映画で、ラストがなんとも切なくて、もの悲しいのよ。

カメオ出演として、「チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁」「チャッキーの種」に出ていた
ジェニファー・テイリーが、チラリと登場。
ブラッドと違って、老けてしまったけど、相変わらず色っぽさを匂わせてる。
どうも、チャッキー人形の送り主らしい人物に扮してる。

なお、エンドクレジットが始まったからって、DVDを止めちゃいけない。
クレジットの後に、事件後の6ヶ月後として、ワンシーンあるんよ。
「アイアンマン」シリーズがそうだったけど、最近はこういうの時々あるよね。
ここで、シリーズ1作目の主人公の少年アンディ役だったアレックス・ビンセントが、同じ役柄で登場。
でもって、彼に届けられたチャッキー人形を‥。

なんか、シリーズの同窓会的な気もする作品って気がしないでもないなぁ。

でも、以前のシリーズ作を見ていなくても、本作は本作で充分にオモシロがらせてくれるはず。
ホラーがダメな人は別やけどさ。


ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント 2013年12月20日発売



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード