「ある殺人に関するテーゼ」(13年・アルゼンチン・スペイン) 元弁護士が、自分の教え子が殺人犯だと思いこむんだけど、実は‥!ってな異色サスペンスでおま。

ある殺人に関するテーゼ
このブログで「クリミナル」を紹介したとき、法月(のりづき)倫太郎の推理小説「生首に聞いてみろ」のこと書いたけど、どうも彼の作品にハマってしまったみたいで、彼の処女長編「密閉教室」を、これまたBOOK OFFの105円コーナーで見つけてゲット。
学校の密閉された教室で高校生の死体が発見されるんだけど、その教室の机と椅子がすべて消えていた!という、なんとも謎めいた展開で、そのトリックを級友の高校生が解き明かしていくんよ。
で、最期に彼が真犯人を突きとめる、と思いきや‥。
いちおう犯人らしい人物は示されるんだけど、ちょっとスッキリしないような、でも納得してしまえるというか、なんとも複雑な余韻が残る小説だったな。ちょい青春小説的なおもむきもあるし、面白いことは面白いんだけどね。

さて、この「ある殺人に関するテーゼ」は、「密閉教室」とは別の意味で、やはり複雑な余韻が残ってしまう、異色ミステリーだったなぁ。
一応ミステリーの形をとっているけど、元弁護士が殺人犯とにらんだ相手が本当にそうなのか、単に彼の勝手な思いこみで突っ走ったようにも見えるし、何て言うか、犯罪の迷宮にハマりこんでしまった男の悲劇というか‥。

アルゼンチンの法科大学院で教鞭をとっている元弁護士のロベルト。
自分のゼミに、級友の息子で優秀な生徒ゴンサロがやって来た。
ある日、ゼミの最中に、大学構内の駐車場で、若い女性の惨殺死体が発見された。
被害者がつけていた蝶の形のネックレスと、ゴンサロの蝶にまつわる話から、
彼が犯人ではと疑いを持ったロベルト。
独自に調査を始めようとするなかで、偶然、被害者の妹ラウラと知り合い、好意を抱くが‥。

殺人現場に残された、”彼女に似た女は殺す”とボロ紙に書かれた犯人のメッセージ。
このメッセージが、ある意味、ロベルトの迷走のきっかけともなるみたいなんだけど、
映画は、重要そうな部分を小出しするだけで、見ているこちらも、まごつかされてしまう。

ゴンサロの両親と親しかったロベルトは、ゴンサロの誕生日も一緒に祝ったんだけど、
その写真のゴンサロの母が、殺された女性と同じ髪型だったってのが意味ありげ。

ゴンザロは、父と一緒にDNA鑑定をしたことがあるなんて言うし、
ひょっとしたら自分は、母がロベルトと不倫して生まれたのではと疑っているのかも。

ロベルトがゴンサロの部屋に忍び込んで見つけた薬局のレシートをたよりに、
同じ薬局で殺人に使われた道具を買うと、ピッタリ一致する金額。
ピカソのあまり有名でない絵画が好きだという、絵画にまつわるゴンサロの意味深なセリフ。
ロベルトの部屋にあったペーパーナイフの紛失。

様々な伏線が随所に提示され、それをもとにロベルトが真犯人なのかどうか推理してね、
と言われているような感じだな。

一応、ディエゴ・パスコウスキって作家の原作があるみたいだけど、邦訳本はあるんかな。

監督は、エルナン・ゴルドフリードって初めて名前を聞く人。多分アルゼンチンの人だろうな。
演出はシャープで、淀みなく、メリハリを利かせながら展開して見せるし、実力は結構あるみたい。

なんでも、本国アルゼンチンじゃ、この映画、100万人動員の大ヒットだったそう。
もしかしたら原作がベストセラーになっていて、そのせいもあったんじゃなかろうか。

主演のロベルト役は、
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したサスペン「瞳の奥の秘密」でも主演をはったリカルド・ダリン。
自分の判断を信じ、病的なまでに突っ走り、どんどんドツボにハマリ込んでいく主人公を力演。
なぜか、主人公がボクシングが趣味で、サンドバッグにがんがんパンチを食らわせるシーンもあり、
初老近い年齢なのに、セクシー&タフっぽさもアピールしてる。

ゴンサロに扮するのは、「EVAエヴァ」に出ていたアルベルト・アルマン。
おとなしそうな顔立ちなのに、どこか得体の知れない不気味っぽさを漂わせてて、
ひょっとしたら彼がやぱりと思わせる、なかなかに絶妙な演技を見せている。

そして、2人と関わりを持ってしまうラウラに、カル・リヴェロ。
スレンダー・ビューティなのに、庶民っぽさもあり、なかなか魅力的だな。

しかし、1回見ただけじゃ、小出しの伏線まで目が行き届かないし、
もう一度見直したら、ロベルトの妄想だったのか、ゴンサロが真犯人なのか、ヒントがつかめるかな。

アルゼンチンで100万人動員というのも、1回見ただけじゃわからないから、リピーターが結構いたのかも。
それを狙って作られた映画なら、製作者も商売上手やんかいさあ、ほんまにね。

ミッドシップ 2014年2月21日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード