「ファミリー・アゲイン 離婚でハッピー!?なボクの家族」(13・アメリカ) 両親の離婚を経験し、ちょい傷ついて大人になった人間は、ハッピーをゲットできるのかな~!

ファミリー・アゲイン 離婚でハッピー!?なボクの家族
離婚率が高いアメリカには、子供時代に両親の離婚を経験し、心にキズを抱えて成長した大人ってのが多いらしく、そういう人を「A.C.O.D」(Adult Chilren of Divorceの略で、本作品の原題)と名付けた、ちょいビターなコメディでおます。
なんでも、アメリカの映画評論家が「2013年サンダンス映画祭No.1ムービー」に挙げたそうで、ちょっと気なって見てみたんだけど、重くなりそうなテーマを、ドライかつユーモラスに描いていて、クスクス笑えて、けっこう面白かったやん。

9歳の誕生日に、両親が大ゲンカして離婚し、誕生パーティを台無しされた心のキズを抱えながら、なんとかマトモな大人に成長したカーター。
小さなレストランを経営し、つき合って4年になる恋人ローレンもいて、ナイスな日々を送っていた。
ある日、彼の弟トレイが日本人女性キエコとつき合って4ヶ月で結婚を決め、「式に別れた両親を呼んで欲しい」と頼まれる。
離婚後、いがみあったまま20年も疎遠になってる父ヒューと母メリッサを説得しようとするが、
すんなりとことは運ばない。
困り果てて、子供の頃に世話になったカウンセラー・ジュディスに相談にいくが、
そこで彼女が、自分の境遇をネタにした、離婚が子供に与える影響の本を出し、
それがベストセラーなっていたこと知り、がく然となる。
それどころか、20年後の現在のカーターを追跡調査したいとまで言われる始末。
でもって、父と母を無理矢理会わせることに成功したまではいいが、
それぞれ配偶者がいるのにヨリが戻り、2人のエッチをカーターが目撃してしまうハメに‥。

監督は、脚本家出身のステュー・ジッカーマンって人で、本作が初監督作。
ステュー自身もA.C.O.Dだそうだけど、適度な距離感で、
身勝手過ぎる親たちに振り回される主人公を、軽快なタッチでテンポよく描いて見せてる。
ところどころに、オフビートな笑いを、さりげなく差し挟むのもニクイわ~。
元妻とのエッチを目撃されて慌てふためくヒューが、息子を追いかけて家の外に出た時のセリフ、
これには笑ったわ、そんな状況で、そんなこと言うか!ほんまに。

マトモに大人になれたと思っていたカーターが、
結局最後に、自分が子供の頃のトラウマを引きずったままでいたと自覚するわけなんだけど、
で、どうしたかというと‥。

アメリカ映画らしい安易なハッピーエンドに終わらせず、
見ている側に結論をゆだねるってところも、これまたニクイやんかいさ~。
監督自身の経験から、ありきたりのハッピーエンドだけは避けたかったのかもね。

カーター役は、「やさしい嘘と贈り物」(08)で息子を演じていたアダム・スコット。
「人生はノー・リターン 僕とオカンの涙の3000マイル」(12)や
「アートスクール・コンフィデンシャル」(06)など、
脇で、ちょい顔出てま~すって印象しかなかった俳優だけど、
身勝手な親に振り回される主人公を、オーバーアクトにもならず、ナチュラルに演じてる。
本作の製作総指揮も務めてるみたいだし、ひょっとしたら、彼もA.C.O.Dなのかもね。よく判らないけど。

父ヒュー役に、「扉をたたく人」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたリチャード・ジェンキンス、
母メリッサに、懐かしい「ホーム・アローン」シリーズのママ役キャサリン・オハラ、
弟トレイに、「キック・アス」のポッチャリ・ボーイ、クラーク・デューク、
カーターの恋人ローレンに、「ダイ・ハード4」で、ブルース・ウェインの娘を演じていた
メアリー・エリザベス・ウィンステッドと、ベテランから若手まで適材適所のキャスティングで、
それぞれ上手に物語に弾みをつけてる。

ジュディスに協力しているA.C.O.D体験者の女性に、スター女優ジェシカ・アルバが扮してるけど、
カメオ的出演かと思ったら、カーターとあんなことになる何て‥。
ステュー監督のお友達で、友情出演したんやろか。

もうひとり、ヒューの再婚相手サンドラ役のエイミー・ポーラー。
バカ・コメディ「俺たちフィギュアスケーター」(07)で、
悪知恵の働く女性スケーターを怪演していた女優さんだけど、
見るからにイケズそうで傲慢だし、印象が強烈やんかいさぁ!
彼女だけ、なんか存在がオーバー気味ね。

ところで、子供が結婚することで、ケンカ別れしていた元夫婦が再会し、ヨリが戻ってしまう話と言えば、
これも劇場未公開でDVDスルーのコメディ「もう一度アイ・ラブ・ユー」(97)を思い出すな。
ベッド・ミドラーとデニス・ファリナ共演で、監督が「天国から落ちた男」「オー!ゴッド」のカール・ライナー。
堅実な結婚を望む子供(娘)と、情熱のままに突っ走る両親を軽やかなタッチで描いた快作だったわさ。
「ファミリー・アゲイン-」を両親の側から見た作品とも言えるかもね。
ビター・テイストは皆無で、ロマンチックな要素が強かったけど。機会があったら見てチョーダイ!


パラマウント・ピクチャーズ 2014年3月12日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード