「7BOX <セブン・ボックス>」(12年・パラグアイ) パンチの効いた庶民チック・スリラー・アクションの快作やん!

7BOX セブン・ボックス
韓国映画「漁村の幽霊 パクさん、出張す」を書こうと思っていたんだけど、物語に沈没船が出てくるし、韓国の旅客船事故のこと考えたら、ちょっと不謹慎な気がしたので、去年末に見て面白かったパラグアイの映画「7BOX」を書くことにしますわさ。

パラグアイって国、名前は知っていても、どこに位置するのかよく解らなかったのでネットで調べたら、南アメリカのアルゼンチンやブラジルに挟まれた内陸国。
6000人を越える日本人移住者が住んでいて、日本ともナイスな友好関係を築いているんだとか。知らんかったなあ。
なんでも歴代映画製作本数が20本以下の映画後進国だそうだけど、その国で大ヒットし、サン・セバスチャン映画祭、マイアミ国際映画祭など、世界各国の映画祭で評判を呼んだのがこの「7BOX」なんだって。
それで気になって見たんだけど、これがすこぶる活きのいいサスペンス・アクションで、滅法オモシロかったじゃあ~りませんか!ほんまに。

時は2005年。
パラグアイのスラム街にある市場で、荷物運びの仕事をしているビクトルは、
テレビに映されるアクション映画やラブストーリーが大好きな少年。
欲しかった動画撮影機能付きのケータイを手に入れるため、
精肉店で働いている男から、謎めいた7つの箱を運ぶ仕事を引き受けた。
だが、仕事を横取りされたと怒った商売敵のネルソンが、箱をぶん取ろうと追いかけてきた。
女友達リズの助けもあり、難を逃れることはできたが、
ビクトルは、箱の中身が気になりだし、人の居ない倉庫で箱の一つを開けたら中には‥。

オープニングの、コマ落としで猥雑にして活気あふれる市場を捉えた映像に始まり、
映像テンポが実にキビキビしていて歯切れが良いんだ。
ほとんど手持ちカメラによる撮影みたいだけど、実際のスラム街で撮影し、
エキストラも地元民だそうで、荷台やカメラを取り付けるなど、
臨場感たっぷりの映像を生み出してるんよ。

ビクトルをはじめ登場人物達も生活感が充分匂ってくるし、
かつ個性的な顔立ちで、物語に弾みがついてるな。

ビクトルを中心に、彼に付きまとう小生意気なリズ、
韓国料理店で働くビクトルの姉タマラ、
そのタマラに恋心を抱いてる料理店の韓国人の息子、
仕事中に破水し、病院に担ぎ込まれるタマラの女友達、
病気の息子のクスリ代が必用で必死にビクトルを追いかけ回す商売敵のネルソン、
悪事を働いている精肉店のオヤジと、彼の悪党仲間のメガネ男、
ケータイショップの女店員にうつつを抜かしてる小太りの警官、
それに、箱の一つを盗む黒いTシャツの男、
それぞれが、7つの箱を巡って絡み合っていくんだけど、
結末に至るまで脚本がよく練られていて、それ見事に映像化しているやん。
スリル、ユーモア、アクション三拍子揃った
ほんまワックワクドッキドキの、痛快エンターテインメントでおまんにやわ。

ビクトルとリズの甘酸っぱいラ~ブラブなところもチラリと見せるし、
テレビの中の物語世界に憧れるビクトルのラストの表情など、
どこか、ほのかな青春映画風味を感じさせるところも、なんか良いわぁ。

ビクトルの周りで、けっこう人が死ぬんだけど、
ビクトルのあの表情のおかげで、あまりむごたらしさは感じさせないな。

ネルソンがちょっと可哀想な気もするけど、ま、あんなことまでやったら仕方ないか。

監督は、1990年から共同で短編やテレビ映画を撮っていた
パラグアイ出身のファン・カルロス・マネグリアとタナ・シェムポリ。
本作が、劇場長編映画第1作になるらしいけど、柔軟な演出手腕&脚本の構成力はなかなか。
この映画1本で終わらず、どんどん撮って欲しいやんかいさぁ。

なんでも、出演者はほとんど素人だそうだけど、
ビクトル役のセルソ・フランコ、リズ役のビクトル・ソサほか、
本作で初めて見る顔ばかりだけど、いずれも役柄にナイスマッチ。
ビクトル・ソサは、化粧っけがないスッピンみたいだけど、よく見るとなかなかの美形。
彼女を、別の映画でも見てみたい気がしたわ、ほんと。

ところで、あまり物語に絡まないのに、タマラ達が警察に連れられる場面で
なぜか女装のオカマ・オヤジが出てきて、妙に印象に残るな。
単なる物語のアクセントとして登場させたにしては、目立ちすぎな気もするし。
素人だけどオモシロイ・キャラから出しちゃおうて監督が考えたのかな。
でも、素人にしては演技が達者っぽかったし。
ま、どうでもいいっちゃ、どうでもいいことだけど。


トランスフォーマー 2013年12月6日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード