「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」(13年・アメリカ) オバカでノーテンキな世界の終わりムービーってか!

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日
コメディ映画って好きだからよく見るんだけど、本作「ディス・イズ・ジ・エンド-」は、雑誌『映画秘宝』で、町山智浩さんが、「ホントにくーだらない映画観たよ」って紹介しているのを読んで、どれほどくーだらないのか逆に気になって観てみたいな~と思っていた作品だ。
「キル・ビル」のクェンティン・タランティーノ監督が最高に面白いと絶賛したらしいしさ。
「ゆばりファンタスティック映画祭2014」で上映されたんだけど、ま、当然のごとく劇場未公開。でもって、いきなり廉価でDVDがリリースされてしまったわさ。
監督・主演は、劇場公開された脱力ヒーロー映画「グリーン・ホーネット」のコメディ系俳優セス・ローゲン。
彼主演のコメディ系作品は、劇場未公開ながら結構DVDリリースされていて、以前このブログで紹介した「人生はノー・リターン ~僕とオカン、涙の3000マイル~」 「恋するポルノ・グラフィティ」など、笑えて、ちょいジーンとくる佳作だったなぁ。
本作じゃ、アメリカの人気俳優たちが本人役で登場し、アホなサバイバルを繰り広げよるんよね。
で、確かにくーだらなて、お下劣で、でも映画ネタがいろいろ詰まってて、
ちょいマニアックな映画好きなら、それなりに楽しめる作品だったな。

ロスに住むセス・ローゲンは、久しぶりに彼に会いに来た旧友ジェイ・バルシェルを誘って、
ジェームズ・フランコの新築披露パーティに顔を見せた。
パーティには、俳優仲間ジョナ・ヒル、クレイグ・ロビンソンの他、
「ハリー・ポッター」のハーマイオニことエマ・ワトソンや歌手のリハーナもいて、めっちゃニギヤカ。
だが突然、大地震が起こりロスの街は火の海に!
パニックに陥り、フランコ邸から逃げ出そうとした参加者達は、
地面にぱっくり開いた大穴に飲み込まれ、次々と命を落としていっちゃう。
そんななか、かろうじて生き残ったセス、ジェイ、フランコ、ジョナ、ロビンソン、そしてダニー。
なんとか生き抜こうとサバイバルを生活を始めるんだけど‥。

ローゲンが、子供時代からの親友で脚本家のエヴァン・ゴールドバーグと組んで作った初監督作だそうだけど、
彼の出演映画で共演した俳優達がこぞって実名で出演しているって、彼、人望が厚いんだなって思ってしまったやん。
で、俳優達が、「フォレスト・ガンプ」はゾッとするほど駄作だ!とか、
「スカーフェイズ」「ターミネーター2」「グラディエーター」などをネタにアホなセリフを吐きまくりよる。
もちろん自分たちの出演作「127時間」(ジェームズ・フランコ)、「マネーボール」(ジョナ・ヒル)の
それに「グリーン・ホーネット」の映画ネタも忘れちゃいない。
世界の終わり、いわば”審判の日”を題材にしているみたいなんだけど、
モンスターじみた凶悪サタンが登場したり、エクソシストまんまのシーンがあったり、
エンタテインメント要素に抜かりはないんだけど、どこか荒削りというか、映画の構成はエエ加減。
何て言うか、俳優仲間がうれしがって、映画ごっこをしているような、そんな感じかな。
だから、彼らの出演作をあまり観ていないかったら、映画に置いてけぼりをくらってしまうところもあるよね。
特に、彼らのコメディ作品って日本じゃ未公開、DVDスルーってのが多いだけにね。

俳優が実名で出ているからって、素の自分を出しているわけじゃなく、
あくまで実名の自分を演じているわけで、みんなが好物のスナック菓子”ミルキーウェイ”を取り合いしたり、
フランコがズリネタに使ってたエロ雑誌にダニーがザーメンを付けたと口げんかしたり、
アホで幼稚じみた揉め事が連発するんだけど、そんなハリウッドスターのアホさ加減を、
肩の力を抜いて、自虐的になるわけでもなく、みんな面白がって演じているみたい。
ジョナ・ヒルなんて悪魔にとりつかれて、「エクソシスト」の少女リーガンまんまになってしまうのを、
ノリノリで演じて、悲惨な最期を迎えよるし。
「ジュノ」で、同級生のジュノを妊娠させちゃう少年を演じた、ひょろっしたマイケル・セラが、
クスリ大好き、セックス大好きのエロバカ男で登場し、えげつない死に方するし。
ラスト近くには、「GIジョー」のマッチョマン、チャニング・テイタムが、これまた本人役で、
ダニーにオカマ掘られて、彼の奴隷になって出てくるし。

クライマックスじゃ、天国で、あの男性ボーカルグループが‥。

誰もが楽しめる作品とは言い難いけど、アメリカン・コメディが好きなら、
とりあえずは押さえといていんじゃな~いって映画であ~りました。

エマ・ワトソンが、良い感じで大人の女に成長したのを拝めるし。
韓国の歌手サイのアメリカでもヒットした「江南スタイル」を使うセンスも、なんか良かったし。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2014年5月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード