「我が家のおバカで愛しいアニキ」(11年・アメリカ) お人好しでバカ正直な、ちょっぴりウザイ兄貴と妹たちの、ホッコリ・ファニーなドラマに心和むわぁ!

我が家のおバカで愛しいアニキ
クエンティン・タランティーノ監督が年間ベスト10作品に、この「我が家のおバカで愛しいアニキ」を選出したってので、ちょっと気になり見てみたんだけど、なんともホッコリとしたユーモア漂う、いい気分にさせてくれる映画でありました。

バカ正直で人が良すぎるばっかりに、妹たちにトラブルの種をつくってしまうアニキが主人公の、邦題まんまのストーリー。
アメリカじゃ劇場初登場4位と、スマッシュヒットしたらしいけど、主役ポール・ラッドの日本での知名度のなさからか、劇場未公開。WOWWOWでは放映されたらしいけど。
ま、しかたないか。

親切心から知り合いの警官に大麻を売ってしまい逮捕された、
人を疑うことを知らないというか、バカ正直なネッド。
出所後、恋人と暮らしていた家に戻ると、
彼女には新しい彼氏ビリーがいて、
けんもほろろに追い出されてしまう。
ネッドは、3人の妹たち、リズ、ミランダ、ナタリーを頼り、
彼女たちの家に次々と居候することとなったが、
行く先々で、バカ正直がゆえのトラブルを起こしてしまい、
あげくに、またまた大麻を吸ったと監察官に話して、
再逮捕されてしまった‥。

正直は美徳なんて言うけど、この世の中、やっぱ正直すぎると生きずらいもんだが、
正直が故に、周囲に迷惑をかけまくる主人公に、最初は腹を立てていた妹たちが、
ネッドと過ごすなかで、彼の生き方に少しずつ影響を受け、
変わっていくところが、微笑ましくも、なんか気持ちいいな。

所帯持ちのリズは、一人息子リバーに彼の気持ちも考えず英才教育をほどこそうとしていて、
ドキュメンタリー作家の夫との愛情が薄れていくのに少し不安を感じていたが‥。
雑誌編集者のアマンダは、ネッドが偶然耳に入れた有名人のネタで、出世をもくろむが‥。
スタンドアップコメディアンのナタリーは、レズの恋人の弁護士シンディがいるのに、
男性画家とエッチして、妊娠してしまうが‥。

こんなに正直すぎる人間って、実際には存在しそうにないんだけど、
それだけに、ある種ヒューマン・ファンタジーともいえる作品だが、
監督のジェシー・ベレッツが、生活感を漂わせながらも、
どこかノホホ~ンとした演出タッチが、物語に微妙に説得力を持たせていて、
ウソ臭さはあまり感じないな。
のどかっぽいカントリー&ウエスタンの音楽も、作品にナイスマッチだし。
また、90分と短い尺ながら、兄や妹たち、それに脇のキャラまで上手に描き分け、
作品を豊かなものにしているって気がするんよね。

主人公ネッド役は、ポール・ラッド。
このブログで以前紹介した「奇人たちの晩餐会USA」にも出ていた中堅俳優で、
そんなに強い印象や個性は感じなったんだけど、
本作のネッドは、実にハマリ役というか、不思議に存在感を放ってる。
個人的には、彼の代表作はこの映画やんって気がする。

3姉妹は、アマンダに、僕の好きなコミカルなSFホラー「スリザー」のエリザベス・バンクス、
リズに、「ヒューゴの不思議な発明」のエミリー・モーティマー、
ナタリーに「(500)日のサマー」のズーイ・デシャネルと、それなりに華やか。
彼らの母親役に、「恋愛小説家」でヘレン・ハントの母親を演じていたシャーリー・ナイト。
シャーリーと言えば、50年代のデビュー当時は、「ピクニッック」など可憐で美しかったのに、
すっかりデブって貫禄満々、昔の名残ゼロだけど、昔取った杵柄、味わい深い演技を見せるな。

ネッドとまではいかないが、やっぱお人好しなビリー役T.J.ミラーも、
ヌボーとした風貌で、正直者系。彼、ラストでいいとろこ見せるんだ。

ネッドの愛犬の名がウィリー・ネルソンなんだけど、
それがラストで粋な出会いをもたらすのが、これまたグッドやないの。
ヒントは、ドリー・パートン。

ジェシー監督は、脚本も共同で手がけてるけど、
世知辛い世の中だが、ひととき、人を信じ、正直に生きるのも、
捨てたもんじゃないよって言いたかったのかな。
ネッドが”ボクの生き方”はこうだというセリフ。
「まず人を信頼すること。
こっちが疑いを捨てれば、相手も応えてくれる。
いつもじゃないけど。
でも、信じていれば、必要な時に助けてくれる。」

確かにそうかもしれないね。
しかし、今の世の中、だまそうとするヤツが結構多いし、
人を信じにくいからなあ、ほんまに。
そう思いませんこと?


トランスフォーマー 2014年9月5日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード