「昔々、アナトリアで」(11年・トルコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ) 殺人事件の死体探しをする警察官、検事、容疑者たちの、深く重く、切ない心情をじっくりと描いた人間ドラマでおま!

昔々、アナトリアで
国際映画祭のひとつ、カンヌ映画祭の主だった受賞作って、たいがい日本でも劇場公開されるんだと思っていたら、最高賞のパルム・ドール受賞作意外はそうでもないみたい。
本作「昔々、アナトリアで」も、11年にカンヌ映画祭でグランプリを受賞しているにもかかわらず、劇場公開はおろかソフトリリースもされなかったんだけど、今年のカンヌ映画祭で、「昔々、-」の監督ヌリ・ビルゲ・ジェイランの新作「ウィンター・スリープ」がパルム・ドールを受賞したおかげか、めでたくDVDリリース。

トルコ映画って、あまり見る機会ってないし、ましてやジェイラン監督の名前って初めて聞くし(映画界じゃ世界的には有名らしいんだけど)、どんな作品を撮る人なんだろうかと興味が湧いてきて観てみることにしやしんた。

夜のとばりが降りかけ、闇に包まれようとす時間、広々としたアナトリアの高原を走る3台の車。
乗っているのは、警察官、検察官、検死外科医、発掘作業員、そして殺人容疑者。
容疑者が殺して埋めたという死体を探すためにくりだしたんだが、
すぐにでも発見できると思っていたら、容疑者の記憶があいまいで、
一行はだだっ広い高原を、一晩中、転々と移動させられるハメに‥。

2時間半と少々長めの作品だけど、前半は、ただひたすら夜の闇の中を車が走り、
容疑者がここらいしいと言っては停車して、警察官たちが丘を上り下りするシーンが続き、
車中や車外での検察官や外科医たちの会話を聞かせられる、というか見せられる。
最初に、薄闇の中、丘の向こうから3台の車が走ってきて停車し、
死体を探すシーンは、遠くから見下ろすように超望遠の長回しで撮らていて、
いったい何が行われているのかさえ判らない。

普通のストーリー性のある作品に馴染んだ人にとっちゃ、
この前半で、挫折するというか、観るのを止めてしまそうになるんじゃなかろうか。
だって、話がなかなか見えてこないんだからさ。

でも、この前半で、警察官、検察官、検死外科医、そして容疑者の各キャラが、じっくりと描かれ、
なんだか、ボクは、彼らと同行し、死体探しをしているって気分になってきたな。

結局、探し疲れて、警察官の一人がよく知る村で、
食事をとることにするんだが、食事中に突如停電し真っ暗になる。
その時、村長の娘が、炎を灯したランプを胸に掲げて現れるんだけど、
まるで天使が舞い降りたような、神々しい姿に全員が見とれてしまう。
素朴な娘のナチュラルなたたずまいは、ほんとに美しくって、僕も見とれてしまったわ。

翌朝、死体は見つかり、街の病院に運ばれ、検死が行われ、
そして、そこであらたな事実が判明するんだが、
検死医が、不可解な結論を出し、エンディングを迎える。

物語は、シンプルといえば、とてもシンプルなんだけど、
登場人物それぞれの複雑な心情が、折り重なるように描かれていて、
それも、アメリカ映画のように判りやすく描写するんじゃなく、
登場人物の表情や仕草、また画面に映し出されるものを通して、
観ている側に気付かせ、考えさせてしまうというか‥。

検察官の知人の妻の不可解な死(でも、実は)、検死医の別れた妻のこと、
容疑者の犯行の動機、そして被害者の妻と息子の秘密。

なかなか一言でかたずけられるような作品じゃないんだけど、
監督は、端正で深みある映像の中、人間ゆえにしでかしてしまった”罪と罰”、
そして人間ゆえの”残酷な行い”を、
独自の視点で、あくまで人間くささや生活感を維持しながら、
ちょいミステリー要素を加味して、じっくりと見つめ、描こうとしたんだろう。

死体運びのシーンや、検死の時に解剖医が見せるタバコマジックなど、
生活感漂う中に、ほんの少しユーモアを交えるなど、
どこか人なつっこさを感じる描写が差し挟まれるのが、なんか良い感じ。

村長の娘が出てくる場面で、彼女に見とれた容疑者が、
自分が殺した男が目の前に何気なく現れて、普通に食事をしていたり、
そんな幻影を、幻影でないような撮り方をするなど、
ジェイランの演出は、生真面目なようでいて、結構柔軟やんって思ったな。

本人にとっちゃ、ほんの些細なことが、相手の心に深い傷を刻んでしまうこと、
そして、恐ろしい結果を招いてしまうこと、
今の人生から抜け出したのに抜け出せず、諦めて生きるしかないこと、
過去を引きずり、そこからなかなか前へ踏み出せられないこと‥。

淡々と描かれながら、なんとも奥深い、
見直すたびに味が出てくるような、スルメみたいな作品って気がするな。

俳優は、初めてお目にかかる人ばかりだけど、
検死医のムハメント・ウズンエルほか、中高年オヤジばかりだけど、いずれもキャラにびったり。
知らない役者たちのせいもあるが、とてもリアリティを感じさせるしね。
検察官役のヒゲの中年俳優が最後に見せる、なんともいえない複雑な表情も忘れがたいやん。

確かに、劇場公開するには地味すぎるといか、商業ベースに乗りにくい作品だと思うけど、
濃密な夜のシーン、劇場の大きなスクリーンで観ると、また一層味わい深く見れるような、
そんな気もする、個人的には、また見直してみたい映画でありました。

ジェイラン監督のパルム・ドール受賞作「ウインター・スリープ」劇場に観にいこうかな。


オンリーハーツ 2014年9月5日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード