「ドント・ディスターブ!オレたち最強バディ」(12年・フランス) ノンケのオッサン同士が芸術のためにセックスしようとするんだけどね…!

ドント・エィスターブ!オレたち最強バディ
「最強のふたり」の主演で日本でもちょっとは知られるようになったフランソワ・クリュゼが、ノンケなのに男同士のポルノ映画を作ろうとするアーティストに扮した、ちょい風変わりなフレンチ・ムービーが、この「ドント・ディスターブ!…」でおます。
監督は、俳優で「僕の妻はシャルロット・ゲンスブール」などの映画監督でもあるイヴァン・アタルで、本作では主演も兼ねてる。
邦題やキャッチコピー”ノンケのふたりがベッドイン?!燃えるオヤジたちの大暴走”から、お気楽なフレンチ・コメディ映画と思って見たんだけど、どちらかと言うと、ヒューマンとまでは行かないけど、ドラマ要素の強い、ちょっぴりビターな作品であ~りました。
しかし、”オレたち”とか”最強”とか、ヒット映画のタイトル部分を適当にミックスした邦題って、未公開作品にはありがちだけど、中身とかけ離れてるし、どんなもんなんやろ?と思ってしまうわさ。
ま、レンタルしてもらうためにソフト会社も惹きつけるような邦題を付けるわけで、それも致し方ないかぁ。

真夜中、ベンとアナの夫婦が小作りのためにエッチに励んでいた最中、
突然、予告なしに彼らの住まいに現れたベンの学生時代の友人ジェフ。
彼は、世界中を旅する自由きままな生活を送っていたんだけど、
あるアートプロジェクトの資金集めのためにフランスに戻ってきて、
まずは昔の友人にアイサツとばかり訪れたんだ。
といあえず再会を喜び、翌日、ベンはジェフに誘われ、
ギャラリーのパーティーに顔を出した。
そこで出会ったレズビアンのカップルから、シアトルで開かれるポルノ映画祭の話を聞き、
ジェフとベンは、独創的で斬新なポルノ映画を撮ろうじゃないかと盛り上がり、
酔った勢いもあって、オレとお前、ノンケの男二人がセックスする映画を撮ろうと
ホテルを予約してしまった…。

ジェフに扮したクリュゼって、あまりマッチョってイメージがなかったんだけど、
本作じゃ、テンガロンハットをかぶり、髭モジャで男臭さムンムン。
胸毛に覆われた厚い胸板といい、ちょい野性味漂うセックス・アピールみたいなもんを発散していて、
ちょっとビックリこいてしもたやん。
なんか、彼じゃないみたいな。
でも、優しげな瞳は、やっぱりいつものクリュゼだし、
この映画のためにジムに通って体を鍛えなおしたんかしら?

ベンは、妻のアナには、ポルノ映画祭の作品作りの話をするけど、
手伝うだけで、自分がジェフとセックスすることは内緒にしていたのに、
ジェフがそれを彼女に漏らしてしまい、彼女がベン達の関係を怪しみだして、夫婦関係が気まずいことに…。

15年前、同じ美術学校で知り合った画家を目指すベンと詩人を目指すジェフは、
卒業後、一緒に旅に出ようと決めていた。
だが、ベンは、自分の才能に自信を持てず、ごく普通の生活を選び、
ジェフが一人で旅だったという過去があった。

それに、ちょい引け目を感じていたこともあり、
ベンは、ジェフとのポルノ映画作りにOKした節もあるんだけど、
酔っぱらい運転で、一晩、警察の留置所に入れられた時、
ベンは、ジェフに、昔、魅力的な男に惹かれたことがあると、告白を始める。
ひょっとして、自分の中に、男を愛し、体を重ねたい欲望があるんではないかと…。

そして、予約したホテルで、カメラを設置し、セックスに臨むベンとジェフ。
ディープなキスを交わし、そして…。

イヴァン・アタルは、脚本も共作で書いてるけど、
ゲイでない男二人が、酔った弾みでセックスしようとするってアイデアをあまりうまく生かし切れてないというか、
話が、なんか、オモシロク転がらいないというか。
結局、普通の暮らしを選んだ主人公が、旧友に会ったおかげで、
くすぶっていたアート魂がおかしなふうに再燃し、一皮剥けてみようと考えたのに…という、
それだけの話で、なんか肩すかしを食らわされた感があるやんかいさぁ。

演出は悪くないんだけど、ユーモアってのはさほどないし、
ベンとアナの夫婦の気持ちの行き違いも、それなりに描かれるんだけど、
なんか、物足りないじゃあ~りませんか!
見ていて、退屈はしないんだけどね。

レズビアンカップルに、アーシア・アルジェントとアタルの奥さんシャルロット・ゲーンスブールが扮していて、
シャルロットが、ペニスの張り型を腰に付けて、それをいやらしく指でもてあそんだり、
それはそれで、ちょっとドキッとさせられて、見所と言えば見所。
アナ役のレティシア・カスタが、キュートなヒップを丸出しで部屋をうろつく姿も、
ほんわかエロティックでエエ感じだし。

印象的だったのは、留置所で、ダリダのヒット曲「あまい囁き」を唄うシーン。
ベン達が歌い出すと、となりに留置されていた黒人も歌い、
それに実際のダリダの曲も流れるところは、なかなか良いんよ。
字幕で、歌詞も出てくるんだけど、ベンたちの心情とシンクロするところもあるし。
”パローレ”ってのが、”言葉”って意味、初めて知ったわ。
しかし、「あまい囁き」って名曲ですわ。CD欲しくなってしまったやんかいさぁ。
♪パローレ、パローレ、パローレ♪

アルバトロス 2014年12月3日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード