「KRISTY クリスティ」(14年・アメリカ) 女子大生が不気味なカルト集団の”狩り”のターゲットにされてしまって、さあ大変!果たして逃げ切れるんやろか!

KRISTY クリスティ
”TSUTAYAだけ”ってのが、一応ウリというか、TSUTAYAでしかレンタル出来ない作品のひとつが、この「KRISTY クリスティ」。
フリーマガジン「T-CLUB MAGAZINE」で、1ページ使って紹介されていたし、僕の好きなジャンルの映画だし、主演が、このブログで以前紹介したジョー・ダンテ監督の「ザ・ホール」に出ていたヘイリー・ベネットだし、なんとなく興味を抱いてレンタルしてみたのよ。

キャンパスに一人残った女子大生が、カルト集団の魔の手から逃れようとする話で、85分とコンパクトな尺のサスペンス。
めっちゃオモシロイってわけでもないんだけど、適度にスリリングだし、ラストまで一気に見てしまえる、B級娯楽映画でありやんした。

感謝祭で、キャンパスから学友達が次々と実家へ帰省するなか、
ルームメイトと学生寮に残ることになったジャスティン。
だが、ルームメイトも事情ができて実家に戻ることになり、
一人になってしまう。
そして感謝祭当日、夜中にスーパーに買い物に行った時、
フードをすっぽり被った不気味な女が彼女を見つめ「クリスティを見つけた!」とつぶやく。
そしてスーパーからの帰り、その女の車が、ジャスティンが運転する車を妨害!
恐ろしくなり、女の車をふっきって寮まで戻るが、
女は、仲間を引き連れ、警備員を殺害し、ジャスティンを”狩ろう”と、キャンパスに侵入してきた…。

冒頭に、若い女性が謎の集団に無惨に殺される様子が、荒い動画で映し出され、
”時が来た、クリスティを殺せ、それはキリスト信奉者 クリスティを殺せば神も殺せる…”と、
なんとも不気味な狂気じみたカルト教団もどきの言葉がかぶさる。
そして、次の殺す標的”クリスティ”に選ばれてしまったのが、ジャスティン。

門番や警備員が次々と女の仲間達の犠牲となり、どんどん追いつめられていくジャスティン。
だが、彼女のことが心配になり、寮にやってきた恋人のアーロンが…。

怒りに燃えるジャスティンは、逃げまどうことを止め、キャンパスの備品を駆使して、反撃を開始した…。

監督は、『未体験ゾーンの映画達2015』で上映される「ファイナル・デッドクルーズ」(08)の
イギリス出身(と思う)のオリヴァー・ブラックバーン。
タイトでムダのない演出で、それなりに緊張感を持続させてるな。
ただ、夜のキャンパスが舞台ってこともあるけど、画面が暗過ぎるショットのせいか、
人物の行動が判りにくいシーンがちょこちょこあるのが、ちょい残念。
劇場の大画面ならそうでもないんだろうけどね。

ジャスティンを襲う男達のマスクが、アルミホイルをマスク風にかたどっただけの、
実に安上がりな代物だったりして、低予算映画やな、なんて思うけど、
これが意外に、気味悪さが漂ってたりして、ちょっと感心。
彼女が授業で習った、硝酸ナトリウムと水で爆発を起こせるってのも、
ちゃんと反撃の手段に使われてるし。

若い女性の殺人を繰り返す狂気のカルト集団の正体や動機などは、
ほとんど具体的に明かされないんだけど、その曖昧さが、恐いといえば恐いような。

その”クリスティ狩り”の殺人集団が、アメリカの各地に存在しているというニュースが流れ、
ラストに、ジャスティンが、その”クリスティ”となって…

なんていうか、戦うヒロイン・シリーズの誕生物語が、この作品だったんだ、と思わされたやん。

ヘイリー・ベネットは、すごい美人ってこともなく、
いかにも中流家庭で育った、平凡だけど、芯が強く、でもってちょい可愛いってイメージの女優さんだと、
僕は思うんだけど、ジャスティン役にナイスマッチだし、動きもなかなかアクティブ&シャープ。

対する鼻や唇にピアスした、いかにも不気味オーラ満々の女に扮するアシュリー・グリーン。
「トワイライト・サーガ」シリーズに出ている女優さんみたいで、
ネットで調べたら素顔は、ヘイリーより美人やったわ。

ヘイリーとアシュリーの壮烈なバトルが、クライマックスに待ち受けてると思ったら、
なんか肩すかし食らってしまったのは、もの足らなかったけど、ま、いいか。

いずれにしろ、過度に期待せず、ポップコーンでもほお張りつつ、
軽めにワクワクしながら見るには、それなりに楽しめるスリラーかもね。

ただ、エンドクレジットの後に出てくるワンシーン。
意味ありげに見えて、いまいち意味ありげじゃなかったような。
あのフードの人間は、新たな殺人集団のひとりなのか否か!
ほんのちょっとだけ、気になったやんかいさ~!………でもないか。


TCエンタテイメント 2014年12月29日レンタル・リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード