「モール・コップ ラスベガスも俺が守る!」(15年・アメリカ) メタボなオッサン警備員が、ベガスで悪党相手にシッチャカメッチャカ大暴れ!っかな。

モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
アメリカで1億ドルを超える大ヒットを放ったらしいアクション・コメディ「モール・コップ」(09)の6年ぶりの続編が、この「モール・コップ ラスベガスも俺が守る!」(15)。
第1作は、日本じゃDVDスルーとなったけど、続編も、これまたDVD&ブルーレイ・スルー。
ま、前にもこのブログで書いたけど、主演が日本で馴染みのないケヴィン・ジェームズだし、そもそもアメリカン・コメディって、余程のことがない限り、日本じゃヒットしないみたいで、未公開なのは仕方がないといえば仕方ない。

1作目の「モール・コップ」は、腹を抱えるほど大笑いできるって作品でもなかったんだけど、正義感は人一倍強いのに、的外れな行動ばかりしちゃう主人公を演じたデブ親父・ケヴィンのキャラは、好感がもてたし、気楽に楽しめたな。

ケヴィン主演の作品って、消防士に扮し、アダム・サンドラーと偽装ゲイカップルを演じた「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」(07)、動物園の飼育員に扮した「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」(11)など、快作コメディが結構あって、僕にとっちゃ、気になるコメディ俳優の一人。

本作は、そんな彼の、今年製作されたばかりの新作にして、ヒット作の続編。
それなりに期待マンマン見やしたわ。

大型ショッピング・モールで警備員として働くポール。
6年前にモールで起きた強盗人質事件で救ったエイミーと再婚したが、
結婚6日目で彼女に去られ、またもやシングルファーザーとなっちっち。
そんな彼は、警備連盟の総会に招待され、一人娘のマヤとともにラスベガスに行くことに。
だが、宿泊したホテルで、フロアに飾った美術品を狙う強盗事件にマヤや巻き込まれてしまった!
マヤ救出のため、一人で強盗団に立ち向かうポールだったが…!

ショッピングモールから歓楽街ラスベガスに舞台が移ったってことで、
前作よりスケール感が増し、派手な展開にになるのかなと思ったら、あまりそんなことはなく、
意外にこじんまりとしたした作品だった。

男やもめで、一人娘マヤを大事にするあまり、子離れできないでいるポール。
そんな父にうんざりしながらも、父の気持ちを察し、ポールに従ってるマヤ。
でも、ホテルの従業員レインといい感じになり、父に隠れて彼とパーティに行ったりするんよね。

前半は、そんな親子の話に、警備員仲間たちの交流や総会の模様が描かれ、
窃盗団の行動も見せるんだけど、今一つ、物語が大きく弾まない。

ポールが、ホテルの中庭で、ピアノ弾きの調べをバックに、
大きな鳥と格闘(?)するぐらいが、クスリとできるくらいかな。

そして、マヤが窃盗団に捕えられ、それを知ったポールが救出に向かうところから、
やっと話にエンジンがかかり、ポールの悪戦苦闘ぶりを楽しめることとあいなる。

メタボで低血糖症のため、甘いものを欠かすとヘナヘナとヘタり込んでしまうポール。
女の子が舐めてるアイスクリームが滴り落ちるのを、口をあんぐり開けて待っていたり、
涙ぐましいったらありゃしない。

窃盗団に追われて、ホテルの豪華ステージショーに、羽をつけて紛れ出て、
ショーをめちゃくちゃにしたり、そこそこラスベガスぽさも見せてる。

警備員の総会じゃ、警備用ガード用品の展示見本市が行われていて、
そこの展示商品が、後半で悪者退治のために使うってのも、わるくはない。

そして、前作でも登場したセグウェイも、しっかり登場。
物々しい感じの改良型セグウェイも出てきっちゃう。あんまり活躍しないけど。

クライマックスじゃ、総会に出席した、お年寄警備員たちとともに、
窃盗団とバトルを繰り広げるんだけど、なんかマンガチックなバトルで、かる~くワックワック。
そして、最後に、ビルとビルの間にロープを渡し、
ポールがロープを伝ってマヤのもとに駆けつけるってシーンがあり、
そこそこスリリング、ってこともないか。

前作に続いて、ケヴィンが脚本にも参加してるんだけど、
どうも、話が散漫で、締まりがないというか、ビシッとしていない感じ。
ポールに惹かれるホテルの女性支配人や、ホテルのイヤ味な凄腕警備員など、
脇キャラの扱いが、どうもおざなりっぽいんよね。

それでも、ケヴィンにとっちゃ当たり役の警備員ポールを、
デブなのに俊敏な動きで、活き活きと演じていて、やはり好感はもてる。

娘マヤ役は、前作に続いてレイニ・ロドリゲスが演じているけど、
前作でもオデブだったけど、本作じゃ、よりデブっていて、
化粧した顔が、なんかマツコデラックスっぽい!体型もそうだけど。
UCLAに合格したのを、子離れできないポールになかなか話し出せない、
父親思いで心優しいキャラにはぴったりハマっているのは確かだけど。

警備員の爺さん&婆さん達は、いずれも枯れながらもイイ味出していたな。

しかし、この作品、登場人物のメタボ度が、やたら高いやん。
なんか、メタボな人間たちを賛歌しているような、そんな気もしたやんかいさぁ。

特典映像にあった、監督アンディ・フィックマンを見たら、
彼も、ほどほどにデブってたしさぁ。


ソニー・ピクチャーズ 2015年9月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード