「ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族」(09年・アメリカ) ! ガルシアが平凡なオヤジを好演!カル~ク笑えて、ちょっぴりセンチなハートフル・コメディやん!

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族
アメリカ俳優、アンディ・ガルシアって、「アンタッチャブル」や「ブラック・レイン」など、サスペンスやアクション系の出演作品が多く、コメディには、あまり縁のない役者さんだと思っていたんよね。
だから、彼が主演のコメディ、それも8年も前の作品を今頃リリースされても、なんだかなぁって気がしたんだけど、僕が劇場未公開作チェックによく利用させてもらってるブログ「ながら見日記・外伝」で、この作品が好意的に書かれていたので、見てみようかって思ったんだ。
なんでも、毎年春に行われるニューヨーク・マンハッタンのトライベッカ映画祭で観客賞を受賞したってのも興味をそそったし。

共演が、「ラースと、その彼女」のエミリー・モーティマー、「」リトル・ミス・サンシャイン」でオスカーをゲットしたアラン・アーキン、「ファンタステッィク・ビーストと魔法使いの旅」「スーサイド・スクワッド」と近年は大作続きのエズラ・ミラー、それに「ER緊急救命室」シリーズのジュリアナ・マルグリーズと、なかなか豪華。

犯罪者の矯正施設で看守として働いているヴィンスは、結婚20年の妻ジョイスと、
大学生の娘ヴィヴィアン、高校生の息子ヴィニーの家族を養う平凡な男。
そんなヴィンスは、昔からの“役者になりたい”という夢を捨てきれず、
妻や子供たちに内緒で演技スクールに通っていた。
ある日、矯正施設の新入りの囚人トニーが、
調書から自分が若い頃に愛した女に生ませた実の子供と知り、
ヴィンスは、彼にはそのことを伏せ、身元引受人となって家に連れ帰ることにした。
犯罪者を住まわせるなんてと文句たらたらのジョイスだったが、何とか説得。
そして、ヴィンスは、演技スクールで知り合った女性モリーの励ましと勧めで、
映画の公募オーディションを受けることにしたが…。

息子のヴィニーは、クラスメイトのオデブな女の子シェリルが好きなデブフェチ・ボーイ。
家の向かいに住んでる超オデブ女性デニスがネットで運営しているライブ・サイトのファンでもある。
娘のヴィヴィアンは、ある事情で学費稼ぎのために、
程よく育ったボディを使って、家族に秘密の仕事についている。
ヴィンスとは倦怠期真っ最中の妻のジョイスは、
若くて逞しいトニーに、いつしか欲望ムラムラリーン!
彼と二人っきりになったとき、ついつい…。

家族それぞれが、ちょっとした秘密らしきものを抱えているんだけど、
エキセントリックな展開になるわけでもなく、
なんとも軽やかで、どこかほっこりとしたタッチで物語が進む。
監督のレイモンド・デ・フェリッタって初めて聞く名前だけど、
少々ダレる部分はあるものの、登場人物それぞれのキャラ描写が丁寧で、
ソツのない演出だし、気持ちの良い作品に仕上げているな。

オモシロかったのは、ヴィンスが映画オーディションに向かう場面。
いざオーディション現場に行くと数100人の応募者たちが列をなしていて、
あまりの多さに、ヴィンスは、ちょっとガックリ&ビビリンコ。
その列の中には演技スクールの講師(アラン・アーキン)もいて、
互いにニンマリするところは笑ってしもたわ。
並んだ応募者の中から、審査員がピックアップした人間しかセリフ・テストを受けられないんだけど、
そういうところはショービジネス界の厳しさみたいなもんが、ちらりと伺え、なんか説得力あるな。
ヴィンスは、無事ピックアップされてセリフ・テストとなるんだけど、
何せ初めての経験で緊張しまくりちよこで、セリフがしどろもどろ。
でも、あることを思い出したおかげで…。
アンディの、ナチュラルにしてコミカルな演技にオオッと唸らされるナイス・シーンよ。
彼の新しい一面を見せられたようで、これからは、ニヒルな役や寡黙な役柄だけでなく、
コメディにもチャレンジして欲しいなぁ。平凡なオッサンをこれだけサラリと演じられるんだから。
作品のためだろうけど、少々ズングリ気味の体型になってるし、
なかなか上手い役者さんやなぁ、と改めて思ってしまいましたわさ。

ヴィニー役エズラ・ミラーは、現在の彼とは違い、まだ幼い顔立ちだしネアカっぽくて、
屈折感や陰湿さの欠片も感じさせず、デブ・フェチと言っても、
アブノーマルさはゼロで、なんか妙に明るくて健康的。

娘ヴィヴィアンに扮したのは、アンデイの実の娘ドミニク・ガルシア=ロリド。
何となく父親の面影はあるものの、なかなかの美形でプロポーションもグッド。
家族団らんの食事のシーンで、ガルシアがドミニクの胸の膨らみを見つめてしまうところは、
演技とはいえ、実の親娘だけに、妙に生々しさを感じてしもたやん。

妻のジョイス役は、映画で見かけるのは久しぶりのジュリアナ・マルグリーズ。
「ER-」の頃のイメージがまだ残っている僕には、印象が地味になったなぁって思ったな。

とにかく、俳優のアンサンブルの良さも手伝って、個人的にはなかなか楽しめた作品だった。

トランスワールドアソシエイツ 2017年5月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード