「ロジャー・コーマン デスレース2050」(16年・アメリカ) キッチュでブラックでポップでオバカな、B級・近未来レース・アクションやん!

ロジャー・コーマン デスレース2050
アメリカのB映画の帝王なんて呼ばれてるロジャー・コーマンが、75年に制作した近未来カーレース・アクション「デス・レース2000年」をリメイクしたのが、この、自身の名前もタイトルに入れた「ロジャー・コーマン デス・レース2050」(原題も同じ)。
アメリカなら、ロジャー・コーマンの名を付けることで作品に箔がつくのかも知れないけど、日本じゃ、マニアックな映画ファンならともかく、一般の映画ファンに、水戸黄門の印籠のごとく効果があるのかどうか、ちょっと疑問やんと思うのは僕だけかしらね。

ま、僕は、ロジャー・コーマン制作の映画なら、なんでも見るってわけでもないんだけど、75年版は好きだったので、それをどんな風にリメイクしたんだろ、と気になって見てみたんよ。

今回は、ユニバーサルってメジャー会社が関わっているし、今どきのCGを駆使した、それなりに製作費のかかったSFになってると思いきや、いい意味で安っぽい、なんともキッチュでオバカでポップ、でもってブラック風味満々のB級エンタテインメントだった。
CGもほとんど使われず、あえて70年代の映像感覚を、ちょっと新しめにお色直しして、今風テイストを申し訳程度に加味したというかね。

人口が増え続けた近未来。
アメリカ企業連合国(UCA)は、医療技術が発達し、
赤ちゃんがばかばか生まれ、老人が増えすぎた世の中で、
人口を減らそうと、歩行者を轢き殺す大陸横断カーレースを行っていた。
今度のレースの出場者は5組。
過激な宗教団体の教祖タミー、黒人歌手ミネルヴァ、
遺伝子操作で生まれたパーフェクトヒューマンことジェド、AI搭載の人工知能車、
そして、レースに勝ち続けている伝説の男、体の半分は機械のサイボーグ、フランケンシュタイン。
レースは、殺した人間の数や年齢によってポイントを稼ぎ、一番多いものが優勝するシステム。
スタートするやいなや、歩行者を片っ端から轢き殺し彼らだったが、
その裏で、UCA会長の良からぬ計略が着々と進んでいた…。

それぞれのレースカーが、あえて駄菓子的センスを狙ったのか、
あんまりカッコ良さを感じさせず、なんともチープ。
でもって、次々と人を轢き殺していくんだけど、バラバラの手足が景気よくドバドバぶっ飛ぶ様は、
これまたリアルさの欠片もなく、なんかバカバカしさえ感じ、笑ってしまう。
血飛沫たっぷりなんだけど、妙にノーテンキでエグサを感じないんよね。

レーサー達には助手が付いていて、運転手にレンズを向けたカメラ付きのヘルメットをかぶり、
それで自宅にいる観客に映像を送り、バーチャル中継を体感させているってのが、今風かな。

人工知能車にも女性博士が助手として車内に入っているんだけど、
中で何をしているかと言えば、人工知能に股間を刺激させ、アヘアヘ悶えてるだけ。
歌手のミネルヴァは、ニューアルバムPRのためにレースに参加していて、
♪キル、キル、キル~と歌いまくって、殺しまくりよる。
彼女、自分が狙った獲物(人間)を、教祖のタミーに横取りされ、敵対心がメラメララ~!
ジェドは、自分が完ぺきな人間だと強がりながら、心の片隅に弱さを抱えていて、
自分がバレリーナになってしまう妄想を見たりして、彼なりに悩んでいる。
そして、レース勝利が命のフランケンシュタインは、
新しい美人助手にそっけない態度を取りながらも、徐々に彼女に好意を持つようになるが…。

フランケンシュタインが情報を得て、点数を稼ごうと、保育園らしき屋敷に車を走らせるんだけど、
彼らの親たちが障害を持つ我が子を厄介払いしたくて殺したかったからと察知し、
子どもじゃなく、親たちを轢き殺していくのは、すごいブラックやわぁ。

監督は、新人G・J・エクスターンキャンプ。
netflixで配信されたコメディ・ドラマ「フランクとシンディ」をロジャー・コーマンが気に入って、
本作の監督に抜擢したしたそうだけど、5組のレーサー達を手際よく描き分け、
ブラック・ユーモアたっぷりにテンポ良くストーリーを展開しているな。
フランケンシュタイン殺害を図るレジスタンス一味の中に忍者がいて、
アクロバチックにフランケンシュタインに襲いかかるなど、バカバカしいアイデアが飛び出したり、
オモシロければ何でも有りなエンタメ・スピリットも個人的にはベーリーナイス。
ただ尺の制約もあるのか、キャラ描写にそんなに深みはなく、どのキャラも感情移入しがたいな。
何ていうか、キッチュでオバカなバイオレンスを楽しむ単純明快な娯楽作品どまりなんよ。
ひょっとしたら、はなからそれが狙いだったのかも知れないけど。
ラストに、バーチャル中継を見ていた人々が、フランケンシュタインのメッセージを聞いて、
籠っていた家から街に飛び出し、そして…ってところは、ちょいシニカルでムフッとはさせるけどね。

フランケンシュタイン役は、
「ホビット」シリーズで、オーク族の王アゾクに扮していたらしいニュージーランド俳優。
そこそこ男くさくってタフガイっぽいけど、主役にしてはオーラ不足で、なんかB級止まりな感じ。
助手アニー役、マーシー・ミラーも、
飛びぬけて美人ってこともなく、ほどほどにキレイな女優さんて感じ。
アニーは、実はレジスタンスの一味でフランケンシュタインの命を狙っていたって設定で、
彼のそばで過ごすうちに、いつしか彼の味方になるって展開で、
美味しいヒロイン・キャラなんだけど、いまいち弱いんよね。
シャワーシーンがあるのに、ヌードも見せへんのもなぁ。

まだ、黒人歌手ミネルヴァ役フォラケ・オロワフォイェクや、
宗教団体の女教祖・タミー役のアネッサ・ラムジーのほうが、
個性的なキャラを、マンガチックにノリノリで演じていて、存在感があったな。
パーフェクトヒューマン、ジェド役のバート・グリンステッドも、
尻丸出しの極細パンツ一丁も披露し、全身でオバカになりきって怪演していて、
主役より印象が強いやないの。

UCAの会長役は、A級からC級まで、作品を選ばず何でも出ているマルカム・マクダウェル。
ドナルド・トランプもどきの髪型で、イヤミなキャラを力まずリラックスして演じてる。
彼が画面に登場すると、さすがに画面が締まる、ってこともないか。

とにかく、気楽にチューハイでも飲みながらホゲーと見る分には、
楽しめるんと違うって感じの作品であ~りました。

NBCユニバーサル 2017年6月7日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード