「ローンウルフ 真夜中の死闘」(14年・アメリカ) 盲目の年老いた退役軍人が狼男退治に命をかける、レトロムード漂うホラーやん!

ローンウルフ 真夜中の死闘
ドラキュラやミイラ男と並ぶ、ポピュラーなホラー・モンスターのひとり、狼男が登場する、ちょっと風変わりなホラー・ムービーがこの「ローンウルフ 真夜中の死闘」。

何が風変わりかっていうと、主人公は年老いた盲目の退役軍人で、ベトナム戦争でのある出来事で心が壊れてしまい、家族とも距離を置いて孤独に生きているって設定だし、物語の舞台となるのが年寄りだらけの高齢者専用住宅地なんよね。

その住宅地に狼男が出没し、老人たちを食い殺すって話で、主人公を演じるのは快作「ステイク・ランド 戦いの旅路」(10)でタフなヴァンパイア・ハンターを演じていたニック・ダミチ。
彼、アメリカのインディペンデント系の作品で活躍している人のようで、「ステイク・ランド-」じゃ脚本もこなす才人みたい。他の脚本作にカニバリズムをテーマにした「肉」(13)があり、どうもホラー指向が強いみたい。
59年生まれだから、本作の出演時は55歳だけど、老けメイクで老人になりきり、孤独に生きる主人公を力演してるやん。

高齢者専用住宅地に、愛犬シャドーと共に引っ越してきた盲目の退役軍人アンブローズ。
新居の壁に食い込んでいた得体のしれない爪を見つけ、不安がよぎる。
その夜、隣人のデロリスが何者かに襲われた。
激しい物音に目を覚ましたアンブローズは、壁を叩いて彼女の名を呼び続けた。
そんな彼のもとに、デロリスを襲った者が侵入し、彼にも襲いかかってきた。
必死に抵抗し、何とか追い払うことは出来たが、
彼を助けようとしたシャドーは息絶え絶えの深手を負った。
アンブローズは、シャドーの苦しみを見かね銃弾を撃ち永眠させた。
翌日、やってきた警官から、デロリスが惨殺された事を知ったが、
近くの森の野生動物が襲ったのだろうと結論付けられる。
でも、昨夜は満月で、ひと月ごとに似た事件が起こっていると聞いたアンブローズは、
襲った者の正体を悟り、一人でそれと戦おうと準備を始めた…。

狼男をモチーフにしながら、主人公の心の闇と、彼と息子夫婦の気まずい関係など、
ドラマ要素を巧みに絡め、どこか80年代チックなレトロなムードを漂わせ描いているな。

監督は、「NITOROニトロ」「スクリーム・アット・ナイト」の
アルゼンチン出身のアドリアン・ガルシア・ボクリアーノ。
僕にはお初の監督だけど、キレの良い演出と編集で、
主人公の心情や周囲の人間関係など、端的に手際良く見せてくれる。
それなりに腕のある監督やないのって思ってしっまたわ。

狼男は、今どきのアメリカ映画に珍しく着ぐるみで登場し、
モッサリしていて動きも妙にダサいところがあるけど、
不思議にこの作品には似つかわしい気がしたな。
人間から狼男に変身していく様でも、CGを僅かに使っているだけで、
あくまで着ぐるみにこだわっているみたい。
狼男を通して、主人公が抱える心の闇を、彼らを倒すことで振り払い、
人生を終えようと覚悟を決める心情に焦点を当てているからで、
監督が、狼男をあまりリアルに見せないでおこうと心掛けたのかもしれない。

アンブローズが、最後の闘いに挑むとき、彼にとって正装である軍服を着るなど、
ちょっと「ローリング・サンダー」を思わせるところもあるが、
退役後も、戦争で心が壊れ、まともに暮らすことができなくなった彼が、
それにケジメをつけるために制服を着たんだろうな。

亡き妻のエンゲージリングの使い方もナイスやん。

ただ、ストーリーに説明不足気味な部分もいくつかあって、
なぜアンブローズがすぐに狼男の存在を察知できたのか?
狼男と教会の神父の関係は?銃砲店でアンブローズの前に銀の銃弾を買ったのは誰?
などなどだが、見ている間はそんなに気にならない。

ダミチを筆頭に登場するのは中年や老人ばかりで、
ノッポの神父スミスに「刑事グラハム/凍りついた欲望」(86)で殺人鬼を演じたトム・ヌーナン、
教会へのバスの世話係グリフィンに「ブギーマン(ハロウィンⅡ)」(81)のランス・ゲスト、
墓石屋のオヤジに「肉」のラリー・フェセンデン他、クセのあるオッサン役者が並んでいる。
彼らのうちの誰が狼男だったのか?
気になる人は作品を見てチョンマゲ!

ラストに、アンブローズの息子ウィルが、様々な思いを込めて満月に向けて銃弾を発射するところ、
なんだか胸に軽くジワ~と来てしまったわ~。

ところで、アドリアン・ガルシア・ボクリアーノ作品って本作も含め、ほとんどが劇場未公開だけど、
彼の過去の作品がみたくなってきなぁ!DISCASで宅配レンタルしようっと!


アクセスエー 2017年8月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード