「サラリーマン・バトル・ロワイアル」(16年・アメリカ/コロンビア) 社員のみなさん、生き残りたいなら殺し合いを始めましょうってか!

サラリーマン・バトル・ロワイヤル
僕の好きな映画「スリザー」(06年)「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ(14・17年)の監督ジェームズ・ガンが脚本&製作したってので、見ようかなと思ったのが、この「サラリーマン・バトル・ロワイアル」。

邦題もそうだけど、ガンの脚本だから彼の作品に見られるユーモラスでちょいレトロなアクション・ムービーだろうと考えていたら、いやはや何とも、お笑い一切なしで、ひたすら社員たちが殺し合いまくる作品だったやん。

でも殺伐としているかというとそうでもなく、カラッと乾いたタッチでバコバコ展開するので、なかなか楽しめる娯楽作に仕上がっていたやん。
ガン作品でお馴染みのマイケル・ルーカー(「スリザー」じゃ、エイリアンに体を乗っ取られてグロいモンスターになってしまうエロ親父を怪演しとった)や、ガンの弟ショーン・ガン(「ガーデアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」じゃ、ルーカーの手下を演じとった)が顔を出してるのも、ニヤリとさせられたしね。

舞台はコロンビアのボコタ。
アメリカ政府がバックについているらしい会社ベルコ・インダストリーズに出社した社員たちが
仕事を始めようとした時、突然、奇妙なアナウンスが流れる。
「8時間後にほぼ皆死ぬ。30分以内に同僚2人を殺せば生き残る確率がある」と。
何かの冗談だと笑っていたら、突如ビルのすべての窓に頑丈なシャッターが降ろされ、
80人の社員は閉じ込められてしまった。
慌てふためきながら状況を把握しようとロビーに集まった時、数人の社員の頭が吹き飛んだ。
入社時に、危険な国だから用心のためにと頭に埋め込まれた追跡装置と言われていたものが、
爆発して殺されたのだ。
このままでは死ぬと悟った社員たちは、外部へ助けを求める者、保身のために仲間の社員を殺す者など、
それぞれが生き残るために必死の行動をとるが…。

90分弱と短い尺ながら、数多くの社員たちのキャラが手際よく描写され、
見ていて、混乱することなくストーリーを上手に運んでいるな。
下手くそな監督なら、数多い登場人物をさばききれずグチャグチャになりそうなところを、
キビキビしたタッチでスピーディに見せたのは、オーストラリア出身の監督グレッグ・マクリーン。
「悪魔のはらわた」のオーストラリア版とも言える「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」(05)や
ワニが人を襲う「マンイーター」(07)を撮った監督だけど、
この2作は、ちょい不気味ムードが漂っていたかなと思うくらいで、
僕にはさほど面白かったって印象はなかった。
それが、「サラリーマン - 」じゃ、畳み込むようなメリハリの利いた演出センスを発揮し、
社員たちに殺し合いをさせる目的が明らかになるラストまで、一気に見せきってくれるやないの。
エグい殺しもチラッと見せるだけで、露骨に残虐な殺戮を見せびらかそうとしないところもナイス。
ま、この監督なら作品にユーモラスな味を加えないのも納得できるな。
ただ一か所だけ、トイレの殺戮場面での「トイレは清潔に使おう」って張り紙だけはベタだけどクスリツ!

低予算の作品のようだが、スター級の俳優が出ないだけに、
誰が何時死んでしまうかの予想がつかないところもグッド・グッド。

主人公マイク役のジョン・ギャラガー・Jrは「10クローバー・フィールド・レーン」(16)に出ていたらしいが、
僕には、ほとんどお初の俳優だ。
さほどハンサムでもなくタフガイって感じでもなく、ちっともヒーローらしさはないんだけど、
それが、切羽詰まった状況ゆえに、いやでも強くなっていくところを説得力を持って好演してる。

マイクの恋人リアンドラ役のアドリア・アルホナは、ちょいエキゾチックな美人で魅力あったなぁ。
最後には自分にちょっかいを出そうとした同僚のイヤミな男の顔面に思いっきり斧を振り下ろしたり、
パワフルで気丈なところもベリー・ナイスよ。

ジュン・ギャラガー・Jrやアドリア・アルホナもそうだけど、
ネットで調べていたら、本作のキャストには、どうもテレビドラマで活躍している俳優が多いみたい。

マイクと対立する上司のバリー役トニー・ゴールドウィンは、
往年の名プロデューサー、サミュエル・ゴールドウィンの孫で、監督作もあるベテラン俳優。
保身のために片っ端から部下を殺しまくる身勝手な上司を、
品の良いニヒルさみたいなもんを漂わせながら演じてる。
リアンドラに色目を使うイヤミ男ウェンデル役のジョン・C・マッキンリーは、
数々の作品に顔を出してるベテラン脇役俳優だけど、
本作じゃ憎たらしくて冷酷なスケベ親父を実に厭らしさ満々演じてる。
他にも、デブの警備員役ジェームズ・アール、新人社員役メロニー・ディアス、
ズングリ相撲取り体型の上司役ブレント・セクストン、お茶目なメガネ社員役ジョシュ・ブレナーなど、
登場キャラそれぞれが、物語に埋もれることなく存在感を示している。
ジェームズ・ガン監督「スリザー」に町長役で出ていたグレッグ・ヘンリーも、
今回の計画の黒幕として最後に顔を出しよる。

ところで原題が「THE BELKO EXPERIMENT(ザ・ベルコ・エクスペリメント)」。
ベルコと言ったら冠婚葬祭の会社を思い浮かべるけど、
なんだか妙に作品に相応しい原題やなあと思ってしまいましたわさ。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2017年12月2日リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード