FC2ブログ

「ラスト・ウォリアー 最強騎馬民族スキタイを継ぐ者」(18年・ロシア) 生々しい剣と肉体の豪快バトルにワックワクなロシアン・アクションやん!

ラスト・ウォリアー 最強騎馬民族スキタイを継ぐ者
劇場未公開のロアシの娯楽映画って、僕が見たものはたいがいが大味でストーリーもいまいちってのが多かったので、この「ラスト・ウォリアー-」も最初はあまり見る気がしなかったんだけど、他の作品と勘違いしたのか宅配のDISCASにレンタル予約を入れてしまっていて、届いたので仕方なく見たんだけど、これが実に豪快でパンチの利いたバトル・アクションだった。
間違ってレンタルして良かったやんと思ってしまいましたわさ。

時は11世紀のユーラシア大陸のどこか。
オレグ公に仕える戦士リュトボルの住まいを得体のしれない男たちが襲い、彼の妻と生まれたばかりの息子が誘拐されてしまった。
そして、妻子を返して欲しければオレグ公を殺せというメッセージが残されていた。
リュトボルは、密かに公の命を狙う者を探し出すのと妻子を救出するため、住まいを襲われた時に捕虜にした男クニーツァを案内役にして旅に出た。
味方をも欺くために、オレグ公の考えで国を裏切ったことにしたが、それゆえ味方からも追われる身となった。
クニーツァは、遊牧騎馬民族スキタイ族の人間で、傭兵として報酬目当てに様々な暗殺を請け負っていた。
リュトボルとクニーツァは、最初は互いに気を許さず用心していたが、旅を続け、様々な危機を乗り越える中で次第に心を通い合わせるようになった。
そして、スキタイ族の集落に辿り着き、リュトボルは妻子と再会を果たすが、族長は妻たちを誘拐した人物の名は明かそうとはせず、妻たちを引き渡すことも拒否した…。

オープニングは、
クニーツァがスキタイの仲間達と、
荒野の中にポツンとある酒場のようなところで暗殺を繰り広げるんだけど、
手持ちカメラで、ほとんどカットを変えず殺戮シーンを生々しく見せ、
一気に映像に惹きこまれてしまう。
クニーツァの動きも実にシャープで、凄腕暗殺者としての説得力たっぷり。
酒場の従業員を装うために、暗殺ターゲットが来る前に店で働いていた人間達を先に殺すんだが、
暗殺が無事終わった後、クニーツァが店の若者がまだ息があると知った時、
生きていると判ったら自分の仲間に殺されると思い、声を出すなと唇に指をあてるところなど、
暗殺者ながら、どこか心の優しさを滲ませる描写をチラリと差し挟むなど、ニクイやん。

他のバトル・アクション・シーンもそうだけど、
撮り方が実に柔軟で、手持ちカメラによるワンカットで見せる時もあれば、
上から見下ろすような俯角と真横からのアングルで撮ったり、
人物の動きやバトルの様子かがはっきりと判るような撮り方がされていて、実にリアル。
相手の腕を刀剣で切り落とすところも、カットを変えていないような巧妙な編集がなされていて、
ほんまに切り落としたと錯覚させられちゃんちゃこ。
最近の映画に登場するバトルアクションは、細かいカットを繋いで何が何だか分からないまま、
相手を倒しちゃってるてのを目にすることが多いけど、それだけに妙に新鮮と言うか、
ガツンッと手ごたえみたいなもんを感じさせてくれたな。
香港映画みたいにワイヤー・アクションもほとんどないし。
CGもラストでチラリと使うだけというのも好感が持てるわさ。

また、ロシアならではの広大で荒々しい大自然の風景が、
物語にどこか土着的かつ神話的なムードを漂わせていて、これまたナイス。
オレグ公やスキタイの族長が、顔に黄金を塗りたくっていたり、
白塗りの野蛮で奇妙な部族が現れたりするのも、映画の味付けとして面白い。

オレグ公に忠誠を尽くすリュトボルが、
最後に、スキタイ族に暗殺を依頼した人物の正体を突き止め、
そいつをオレグ公の前に差し出すんだけど、その後の展開は、
日本の戦国時代さながら、肉親であろうが裏切りあうというか、なんとも血なまぐさい。
リュトボルがスキタイ族と交わした約束もオレグ公によって…。

監督は、脚本も書いてるラスタム・モサフィールって人だが、
骨太な演出で、ダレルことなくタイトかつシャープに物語を語れるみたい。
キャラ描写も抜かりないし、ちょい注目しておいてもいい監督かも~ん。
そのうちアメリカに招かれて映画を撮ってたりして。

男気あふれるマッチョなリュトボルに扮したアレクシー・ファッジェーフは、
逞しい体つきでいかにも力強い武骨な戦士そのものって感じで、役にぴったり。
ラストに一人で死を覚悟して刀剣を振り上げ
馬に乗って向かってくる相手に立ち向かう姿が、ヒーロー然としていて拍手したくなるやん。

スキタイ族の暗殺者クニーツァに扮した細身で甘いマスクのアレクサンドル・クズネツォフも、
しなやかで見事な立ち回りを見せ、実にカッコイイ。
DVDジャケットの表で、一番前に短刀を構えた姿で出ているのも当然って感じ。
ターゲットを確実に仕留める冷淡さと、時折見せる優しさがミックスされて、
主人公を食ってしまうほどの存在感を見せるな。
スキタイ族の次の族長を決める戦いで、ちょっと油断したばっかりに、あんな最期を…。

出番は少ないが、
リュトボルの妻タチアナを演じたIzmaylova Vasilisa(イズマロバ・ヴァイシリサと読むのかな)は、
気丈な美熟女を控えめに演じていて、なかなか魅力的。

オレグ公に、
アレクセイ・ゲルマンの「フルスタリョフ、車を!」「神々のたそがれ」に出ていたユーリー・ツリーロ。
一癖ある王を、憎々しげに演じてる。

とにかく、久しぶりに面白いロシアの娯楽アクション映画を観れたな~と思える、
個人的には満々満足やんかいさ~な作品であ~りました。


アメイジングDC 2018年6月2日レンタル&セル・リリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード