FC2ブログ

「LOVE,サイモン 17歳の告白」(18年・アメリカ) 隠れゲイのハイティーンの日常を軽やかに描いたグッド・ムービーやん!

Love,サイモン 17歳の告白
自分がゲイであることを隠して家族と暮らす平凡な高校生の日々を軽やか&爽やかに描いた青春ムービーが、この「LOVE,サイモン」。
ベッキー・アルバータリの小説「サイモンvs人類平等化計画」を映画化したもので、日本でも岩波書店から翻訳本が出版されているみたい。

ゲイを扱った作品て、シリアス・タッチになるかコメディ・タッチなるものが多かったけど、本作は青春真っ只中の主人公サイモンの心情を、実にナチュラルなタッチでサラリッと描いていて、なんとも初々しいドラマに仕上がってる。
高校生のサイモンは、自分がゲイであることに後ろめたさはなく、さほど悩んでいるわけでもなく、ただ自分の性癖をカミングアウトすると今までの家族関係や友人関係が壊れてしまうんじゃないかと思い、それが恐くてなかなか言い出せないって感じなんよ。

そんな彼がカミングアウトし、ついでに恋を成就させるまでが綴られるんだけど、
あくまで一人の思春期のゲイの少年の心模様を、特別なものでなく
普遍性をもって優しい視線で描いているところに好感がもてるなぁ。

サイモンは、仲の良い両親と料理好きの妹と暮らす、ごく普通の高校生。
彼はゲイなんだけど、それは家族にも友人にも秘密にしていた。
ある日、友人のリアから連絡が入り、
彼女がネットでブルーと名乗る匿名の人物を見つけ、
彼は同じ学校の生徒で、ゲイであることを隠しているらしいと教えられる。
気になったサイモンは、思い切ってブルーにメールを送る。
返事を心待ちにしていたが、なかなか返事のメールは来なかった。
でも、数日してブルーからのメールやっとが届き、
喜んだサイモンは自分もゲイだと返事をし、ブルーとのメールの交換が始まった。
そして、いつしかブルーに恋心を抱いていくサイモン。
だが、学校のパソコンを使ってブルーにメール送った履歴を同級生に見られてしまい、
ゲイであることを学校でバラされたくなければ、
サイモンの女友達アビーとの仲を取り持ってくれと彼から脅迫される。
仕方なくサイモンは協力するハメになるが…。

監督は、自らゲイであることを公表しているグレッグ・バーランディ。
監督作に、ソフトボールチームを結成しているゲイ達の恋や友情を穏やかに描いた
「ブロークン・ハーツ・クラブ」(00)があり、それのハイティーン版とも言えるのが本作かな。
演出タッチが実に軽やかで、ゲイを誇張して描くわけでもなく、
サイモンの家族や高校生達の普通の日常をサラリと描いて見せる。
サイモンが両親にカミングアウトする場面でも、ここぞとばかりドラマ的に盛り上げようともせず、
両親の反応も実にあっさりと描き、息子がゲイであっても、
それを理解し、なんら愛情が薄れることはなく愛する我が子として普通に接していくって感じだ。
母がサイモンに「もっとアナタらしくなさい。今までよりも」と語りかけ、
父もサイモンに「気付いてやれなくて、すまなかった」と言うところは、
ちょいウルッときてしまったわ。
しかし、理解と愛情のあり過ぎる両親だなぁ、ほんまに。
自分の子供がどんな性向を持っていようと、
一人の人間として愛情を持って素直に認め受け入れるんだもんあぁ。
日本でなら、親子間で気まずくなってし、いろいろトラブってしまいそうな、
そんな気がするけどさぁ。

サイモンを演じたのは「ジュラシック・ワールド」に出ていたニック・ロビンソン。
ゲイであることを隠している、ごく普通の17歳の少年を、
大袈裟にならず、自然体で軽やかに演じているな。
彼の友人達、リア役キャサリン・ラングフォード、アビー役アレクサンドラ・シップ、
ニック役ジョージ・レンデボーグ・なども普通の高校生を好演。

コメディリリーフとしてちょこちょこ顔を出す学校のワース先生役トニーヘイルも、
イヤミなキャラと思いきや好人物で物語にメリハリをつけててベリーナイスやん。

サイモンの父ジャックに扮したのは、バーランティ監督の「かぞくはじめました」に
出ていたジョシュ・デュアメル。
母エミリーに「JUNO/ジュノ」「デアデビル」のジェニファー・ガーナー。
出番は少ないながら、いい味出してる。

この作品、キャスティングがなかなかバランス良いな。
出番が少なくても、それぞれのキャラが物語に埋もれることなく、
それぞれの持ち味を上手に出しているんだよね。
原作のエッセンスを巧みにアレンジした脚本と監督のおかげかな。

サイモンが恋心が通じ、愛する彼や友人たちと一緒に車で登校するラストシーン、
なんだか心地よい春のそよ風に浸っているような、温かい気分にさせられちゃったや~ん!


20世紀フォックス・ホームエンターテイメントジャパン 2018年10月24日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード