FC2ブログ

「ナポリ、熟れた情事」(17年・イタリア) ミステリアスでアーティスティックで、ちょいエロいマカロニ・ドラマやん!

ナポリ、熟れた情事
イタリア映画「あしたのパスタはアルデンテ」(10)「カプチーノはお熱いうちに」(13)の監督フェルザン・オズペテクが撮った、ミステリアスでアーティスティック、官能的でちょい幻想的な、なんとも不思議な味わいの作品だ。

本作は、2018年度イタリア・アカデミー賞に9部門にノミネートされ2部門を受賞したらしいけど、いくら賞を取った作品だって日本じゃあえなくソフトスルー!

しかし、「ナポリ、熟れた情事」って邦題、一昔前のロマンポルノみたいで、アートの香りの欠片もないチッチ!
商売上、エロい邦題にしないとレンタルしてもらえないとソフト会社が考えたんだろうね。

僕は、オズペテク監督の、イタリア映画祭2013で地味に上映され、
劇場未公開のままソフトリリースされた「異人達の棲む館」(13)が
お気に入りの作品だったので、レンタルしたんよね。

映画は、オープニングで部屋から男が飛び出してきて階段を駆け下りようとしたところで、
追いかけてきた女がピストルで彼を撃ち殺す場面から始まる。
女の後ろで倒れた男を見下ろす少女が映し出され、フェードアウト。

そして、現代の演劇会の場面に移る。
演劇を見に来た中年のヒロイン、アドリアーナは、
会場にいた若くてハンサムな青年アンドレアに魅かれる。
彼も彼女を誘惑するような瞳で見つめ、欲望に疼いた彼女は
彼を自宅に引き入れ、互いを貪りつくさんばかりのセックスに溺れる。
翌朝、次に美術館で会う約束をして分かれるが、約束の場所に彼は現れなかった。
かってないほどの極上の快楽を味わった後だけに、がっくりと落ち込むアドリアーナ。
彼女の職業は監察医。
重い心を引きずりながら検死の仕事を始めようとしたが、
目の前に現れた死体は両目をくり抜かれたアンドレアだった…。

冒頭のフェデリコ・フェリーニの「サティリコン」を思わせる演劇といい、
美術館の彫刻や父の形見の目をデザインした置物など、
作品全体にどこかアート風味が漂ってるな。
アドリアーナとアンドレアのセックス・シーンも生々しくも、なんか美的だし。

アンドレアの死体を見たことでショックを受けるアドリアーナは、
偶然、街で彼と瓜二つの青年を見かける。
青年に詰め寄って問いただすと、彼はアンドレアの双子の弟ルカと名乗った。
警察がアンドレア殺害事件を追っているのを知るアドリアーナは、
ルカに疑いがかかるかもしれないと言い、彼を自宅に匿うことにする。
そして、ルカとも、アンドレアの時と同様に関係を持つが…。

物語は、ミステリー要素とヒロインのラブロマン要素、それに彼女の両親の話が、
折り重なるように綴られ、主人公の揺れ動く心模様を描いていくな。
年老いた霊媒師が登場したりするところは、なんか幻想じみてもいるし。

やがて、アンドレアが美術品を盗んで密売する一味の一人だと分かる。

結局、アンドレアを殺した犯人は誰かは明確に描かれないし、
ルカも実は…というところも納得できるような出来ないような。

事件を追う下町に住むやもめの中年警官が、アドリアーナに好意を持ち、
彼女もまんざらでもないという態度を示すところは現実感があったけど、
それ以外の登場人物の誰もが、胡散臭く謎めいていて、
監督は、あえてリアリスティックには描こうとしなかったみたい。

しかし、物語としては何とも中途半端というか、
あいまいなままでエンディングを迎えるんだけど、不思議に映像に見とれてしまい、
このあいまいさに心地よささえ覚えてしまう。

撮影は、オズペテク監督の「向かいの窓」「カプチーノ-」のジャンフィリッポ・コルチチェッリで、
ナポリの街をクラシカルな重厚味を滲ませながら、モダンな感覚も忘れず、
見事にフィルムに映しとっているやん。
ナポリに行ってみたくなったやんかいさぁ!

最初に「ナポリに捧ぐ」って言葉が現れるけど、
この映画は、オズベテク監督独自の、
アートに彩られ魅惑的に満ちた街ナポリ賛歌なんだなと思ってしまったわ。

とにかくナポリの街の様々な風景をとらえた映像が魅力的。
哀愁味がありながらイタリアン歌謡を思わせる音楽の使い方もナイスだし。
オズペテク監督の他の作品でもそうだけど、音楽の選び方がじつに上手いと思うな、

アドリアーナを演じるジョヴァンナ・メッゾジョルノは、中年期の岡田茉莉子に似た
程よく熟した女優さんで、熟れたボディを丸出しにして力演。
オズペテク監督の「向かいの窓」(03)でもヒロインを演じた人で、
イタリアでは多分ベテランの演技派なんだと思うけど、存在感のある女優さんだ。

アンドレアとルカの二役を演じたアレッサンドロ・ボルギは、
チンチン丸出し(ぼかし入り)で謎めいた青年を演じてるけど、
クールなたたずまいが、物語にピッタンコ。

共演は、中年女性や中年男性ばかりで、若い俳優と言えば、少女ぐらい。
いかにも歴史ある街ナポリって雰囲気が漂うのはそのせいかも!

この映画、誰もが面白がれる作品とは思わないけれど、
僕個人としては、それなりに楽しめたミステリー&ラブロマンスな作品であったかナポリ!


アット・エンタテインメント 2019年7月3日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード