FC2ブログ

「ホテル・アルテミス~犯罪者専門闇病院~」(18年・英/米) 豪華キャストがなんかもったいない近未来SFクライム・ムービーやん!

ホテル・アルテミス~犯罪者専門闇病院
最近、出演作がほとんどないな~と思っていたジョディー・フォスターが5年ぶりに映画に復帰したのが、この「ホテル・アルテミス-」。

久しぶりの映画主演なのに、日本じゃあえなく劇場未公開でソフトスルーとなっちっち。

アメリカ本国でも話題にならなかったみたいだし、よっぽど映画の出来が悪いのかな~、でもどれほど悪いんだろう?と興味本位でレンタルしてみたんよね。

で、鑑賞した感想だけど、キャストが豪華なわりに、話が膨らみそこねているというか、実にもったいない出来やなあと思わせる作品でおましたわ。

老け役メイクで主演をはってるジョディ・フォスターをはじめ、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のドラッグス役で知られるディヴ・バウティスタ、
「キングスマン」「ザ・マミー/呪われた砂漠の女王」のソフィア・ブラテ、
「ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム他、実力派から個性派まで揃っているのにね。

監督は、イギリス出身で「アイアンマン3」などの脚本を手がけたドリュー・ピアースで、
彼の監督デビュー作になるんだけど、脚本家上がりにしてはキャラ説明があいまいで、
物語の骨格ももろいんよねぇ。

物語の舞台は西暦2028年のロサンゼルス。
街は水道民営化に反対する市民が暴動を起こし、大混乱に陥っていた。
そんな街のビルの最上階にホテル・アルテミスがあった。

アルテミスは大金を払って会員になった者だけが利用できる犯罪者専門の闇病院だった。
病院を取り仕切るのは年老いた女性看護師ジーンと、彼女の助手兼ガードマンのエヴェレスト。
銀行強盗にしくじり大怪我を負った弟と兄は、アルテミスに駆け込んだ。
ジーンは、早速、弟に治療にとりかかった。
病院には、他に患者として武器商人の男、美人だが凄腕の殺し屋がいた。

そんな時、傷ついた女性警官がホテル・アルテミスのやってきた。
ジーンは、彼女の名前を聞くやいなや、アルテミスに収容することに決めた。
エヴェレストは、病院の規則に反し、自分達の命がヤバくなるかもと反対したが…。

ホテル・アルテミスは、ギャングの大ボス、ウルフ・キングが資金を出し、
ジーンが運営を任されている闇病院。
ジーンは、以前は優秀な医者だったようだが、愛する息子が麻薬中毒で亡くなり、
その悲しみから酒におぼれ、医師免許を取り消された過去があり、
それにウルフ・キングがつけ込んで、アルテミス運営を持ちかけたようである。

銀行強盗の兄は、美徳の女殺し屋と過去に恋愛関係にあったらしいとか、
女性警官とジーンや彼女の息子との関係、それに女殺し屋の標的は誰?など、
いろいろエピソードが並べられるんだけど、どれも食い足りないんよ。

ひょっとして脚本にはもっと各々のキャラが突っ込んで書かれていたのに、
プロデューサーにでも文句を言われてスパスパ削ぎ落としていったんやろか。

SFチックな治療用具などアイテムもいろいろ登場するけど、
あまり近未来的ニュアンスは感じられないし、
別に近未来を舞台にしなくても良かったんとちゃう?とも思ってしまう。

ジョディ・フォスターは、老けメイクでヨボヨボ歩きながら、
昔取った杵柄とばかり、テキパキと犯罪者の治療をこなす老看護師をソツなく演じている。
でも、なんていうか彼女ならでは役柄って気はしないし、
なんで久しぶりの映画出演にこの役柄を選んだんやろ?と疑問に持ってしまったわ。

ラスト近くに登場するウルフ・キング役のジェフ・ゴールドブラムは、
いかにもギャングの大ボスって雰囲気漂ってて、こちらは役柄に合ってる気がしたけど。

映画で目立っているのが、女殺し屋のソフィア・ブラテと、
ガードマンのディヴ・バウティスタ。
2人ともギャング相手に大立ち回りを見せるんだけど、
ブラテのしなやかな身のこなしがベリーナイス。めちゃカッコイイのよ。
スレンダーなプロポ-ションも文句ないし、魅力あるわぁ、彼女。
彼女主演の女殺し屋映画を見てみたいと思ったやん。

ディヴ・バウティスタも強靭な体をフルに発揮して暴れまくりよるし。

しかし、2人が大暴れした後どうなったかは描かれていない。

ひょっとしてピアース監督は本作が当たれば続編を作り、
ブラテとバウティスタを再登場させるつもりやったんやろか?

ほかに、「スター・トレック」シリーズのスポック役のザカリー・クイントが
ウルフ・キングの見栄っ張りの息子役、
「ブラックパンサー」のスターリング・K・ブラウンが、女殺し屋の元恋人で
銀行強盗の兄役で出ていたな。

とにかく、キャストは豪華なのに、各々のキャラを生かしそこなった、
なんとも残念な作品であ~りましたわさ。


ギャガ 2019年11月22日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード