FC2ブログ

「グッド・シリアルキラー」(18年・アメリカ) 悪い親たちを処刑しまくる善良(?)なシリアルキラーってか!

グッド・シリアルキラー
幼い子供への親の虐待が日本でも何かと問題になっているけど、そんな子供に暴力を振るったりするヒド~イ親たちがシリアルキラーによって次々と殺されていくサスペンス。

映画では、虐待にあうのは、幼児ではなく高校生だけどね。でも、子を虐待するヒド~イ親には変わりない。
おそらく、アメリカでもそんな親たちが少なからずいて、それに苦しみ悩んでいる少年&少女も多いんだろうな。

そんな社会的ともいえるテーマを、ちょいホラー風味を加味しサスペンス・タッチで描いたのがこの「グッド・シリアルキラー」。

親たちを殺害するシリアルキラーの男と彼の家族の視点から描かれていて、ある意味、予想を裏切るラストまで、ピカレスクな展開に、僕個人としちゃ、なかなか面白い作品だと思っちゃったわさ。

公立高校でソーシャルワーカーとして生徒たちの相談にのっているエヴァン。
そこで、親や叔父にヒドイ目にあわされている生徒たちの話を聞き、
内心に怒りがこみ上げ、そんな親たちなら殺してしまおうと決意するエヴァン。
実は、エヴァンは幼い頃、父から暴力的に虐待された過去があった。
子供を出産したばかりのエヴァンの妻ローレンは、
夜ごと家を抜け出す夫を、浮気をしているのではと疑うが、
ふとしたことから彼が生徒たちの親を殺害したシリアルキラーだと気づく。
その頃、エヴァンが殺して土に埋めた親たちの死体が発見され、
警察が、彼の周囲を捜査し始めた…。

オープニングは、病院のグラマラスな女医が仕事終わりにシャワーを浴びていて、
殺人鬼にナイフでノドを掻っ切られるシーンでスタート。

そして、その殺人から数か月前に戻って、ストーリーが展開する。

ワル~イ親殺しの話なのに、なぜ女医が殺されるのかは後で分かってくるけど、
この女医が、いけすかないイヤな女なんよ。
それに、彼女を殺したのがエヴァンだと思っていたら、意外や意外!

90分ちょっとの作品だけど、無駄なくテンポよく話がズコズコ展開し、
ダラケタところがないタイトな演出がナイスやん。
監督のヘンリー・ジェイコブソン、ちょっと気にしておいてもいい監督カモ~ン。

適度にスリリングで、適度にシリアス。

殺人シーンも、あまりドロドロと血を流さず、
血みどろスプラッターになりそうなところ寸前で止め、節度がある。
あくまで、エヴァンやローレン、それにマリーの心情を軸に
物語を進めようしているのが好感が持てるやん。

エヴァンの母マリーが、出産したばかりのローレンを手助けしようと、
エヴァンの家にやってくるが、義母をあまり好ましく思わないローレン。
でも、最後には…。

家族を苦しめる親ならいない方がいいと殺しを続けるエヴァンだが、
ヒドイ目にあっていても突然消えた親を心配する生徒もいれば、
消えたことでニンマリ笑みを浮かべる女生徒もいる。

そして、親を殺したのがエヴァンだと気づいた生徒のひとりが、
そのことをローレンに打ち明けたとき、彼女のとった行動が…。

ある意味ハッピーエンドにも思えるラストシーンにニンマリよ、ホンマに。

エヴァンを演じたショーン・ウィリアム・スコットは、「アメリカンパイ」で注目され、
お調子者キャラが得意で、そんなオバカな役柄が多い俳優さんだけど、
本作じゃ、物静かで淡々と殺人を続ける家族思いの主人公を力むことなく好演。
表情や仕草で、内なる狂気をジンワリと滲み出してるのよ。

妻のローレン役マリエラ・ガリガは、テレビドラマで活躍する女優さんのようだけど、
殺人を犯す夫の理由を知った後のローレンの思い切った行動など、
家族を守るためなら何でもやったるわいって潔い妻を、それなりに説得力を持って演じてる。

母マリーを演じたデイル・ディッキーは、数多くの映画やテレビに出演しているベテラン女優。
最初は、近親相姦と思えるほど息子のエヴァンにべったりで、
ローレンから変な眼で見られることもあるが、
彼女も家族に嫌な思いをさせた相手にはしっかり罰してしまうという、
狂気をはらんでいる女性を、さりげなく演じてる。

とにかく、エヴァンを、ユアン・マクレガーなど名のある俳優が演じていたら、
ひょっとして劇場公開もあったかなと思える、そこそこ良く出来た娯楽サスペンスであ~りました。


ニューセレクト 2019年6月3日レンタルリリース



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森晴樹

Author:森晴樹
大阪市東成区大今里生まれ。大阪市内を転々とし、いつのまにか僕が生まれた町、大今里に舞い戻ってきてしまいました。
情報誌、PR誌の編集・原稿執筆を経て、現在はフリーライター。クロスワード他、クイズ製作もこなしとります。趣味は、DVDで映画鑑賞。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QRコード